日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引


注意

Pbytlm と Queprio のクォータは,プレースホルダです。

#2

UAF> SHOW [360,*] /BRIEF

360 のグループ UIC を持つすべてのユーザについて,簡略レポートを表示するコマンド例です。


Owner       Username UIC       Account  Privs Pri Default Directory 
JOHN JAMES  JAMES    [360,201] USER     Normal  4 DOCD$:[JAMES] 
SUZY JONES  JONES    [360,203] DOC      Devour  4 DOCD$:[JONES] 
CLIFF BROWN BROWN    [360,021] DOC      All     4 disuser 
JOY CARTER  CARTER   [360,005] DOCSEC   Group   4 expired 

#3

UAF> SHOW WELCH

制約付きユーザ WELCH の詳細レポートを表示しています。これは,ADD コマンドの 2 番目の表示例と同じです。


 
Username: WELCH                   Owner:  ROB WELCH 
Account:  INV                     UIC:    [14,51] ([14,51]) 
CLI:      DCL                     Tables: DCLTABLES 
Default:  SYS$USER:[WELCH] 
LGICMD:   SECUREIN 
Login Flags:  Restricted Diswelcome Disnewmail ExtAuth 
Primary days:   Mon Tue Wed Thu Fri 
Secondary days:                     Sat Sun 
Primary   000000000011111111112222  Secondary 000000000011111111112222 
Day Hours 012345678901234567890123  Day Hours 012345678901234567890123 
Network:  -----  No access  ------            ##### Full access ###### 
Batch:    #########--------#######            ---------#########------ 
Local:    #########--------#######            ---------#########------ 
Dialup:   ##### Full access ######            -----  No access  ------ 
Remote:   #########--------#######            ---------#########------ 
Expiration:        (none)    Pwdminimum:  6  Login Fails:     0 
Pwdlifetime:       (none)    Pwdchange:      (pre-expired) 
Last Login:        (none) (interactive),     (none) (non-interactive) 
Maxjobs:         0  Fillm:       300  Bytlm:        32768 
Maxacctjobs:     0  Shrfillm:      0  Pbytlm:           0 
Maxdetach:       0  BIOlm:        40  JTquota:       4096 
Prclm:           2  DIOlm:        40  WSdef:          256 
Prio:            4  ASTlm:        40  WSquo:          512 
Queprio:         4  TQElm:        10  WSextent:      1024 
CPU:        (none)  Enqlm:       200  Pgflquo:      32768 
Authorized Privileges: 
  TMPMBX NETMBX 
Default Privileges: 
  TMPMBX NETMBX          

ユーザ WELCH は,メール通知やログイン時のウェルカム・メッセージが送られない CAPTIVE ユーザです。このユーザのログイン・コマンド・ファイル SECUREIN.COM は,このユーザが行う操作すべてを制御する CAPTIVE コマンド・ファイルと思われます。このコマンド・ファイルは決して終了することはありませんが,対応するユーザに代わって処理を行い,適宜ユーザをログアウトさせます。CAPTIVE フラグが設定されていると,ユーザは,Ctrl/Y はじめいかなる方法でも,コマンド・ファイルの制御から逃れることはできません。さらに,ログインできる時間は,平日は 5:00 p.m. 〜 8:59 a.m. に,週末は 9:00 a.m. 〜 5:59 p.m. に制限されています。平日はダイアルアップ回線を使用できますが,ネットワークを通じてログインすることはできません。週末は制約がさらに厳しくなり,発信はまったく行えず,6:00 p.m. 〜 8:59 a.m. の間,DCL の SET HOST コマンドを使用できません。



SHOW/IDENTIFIER

名前,値,属性などの識別子に関する情報を,現在の SYS$OUTPUT デバイスに表示します。



形式

SHOW/IDENTIFIER [識別子名]




パラメータ



識別子名

識別子名を指定します。識別子名は,1 〜 31 文字の英数字です。アンダスコアとドル記号も使用できます。数字だけの識別子は認められません。必ず,英字を 1 文字以上使用してください。識別子名を省略する場合,/USER または /VALUE を指定してください。



修飾子



/BRIEF

識別子名,値,属性だけを表示する簡略リストを指定します。 /BRIEF は,省略時の値です。

/FULL

詳細リストを指定します。識別子の名前,値,属性の他にも識別子の保持者名が表示されます。

/USER=ユーザ指定

表示する識別子を保持するユーザを指定します。 ユーザ指定は,ユーザ名でも UIC でもかまいません。ワイルドカード文字のアスタリスク ( * ) を使用すれば,複数の UIC やすべてのユーザ名を指定できます。UIC は,[*,*], [n,*],{*,n],[n,n] のいずれかの形式とします。ワイルドカードをユーザ名指定に使用した場合 (*),ユーザ名のアルファベット順で識別子が表示されます。ワイルドカードを UIC 指定に使用した場合 ([*,*]),UIC の番号順に識別子が表示されます。

/VALUE=値指定子

リストする識別子の値を指定します。有効な値指定子 の形式は,次のとおりです。

IDENTIFIER:n 65,536 〜 268,435,455 の整数値。%X で始まる 16 進値や %0 で始まる 8 進値も指定できる。

一般識別子と UIC 識別子を区別するため,ユーザが指定した値には %X80000000 が追加されます。

GID:n GID は POSIX グループ識別子である。これは,範囲が 0 〜 16,777,215 (%XFFFFFF) の整数値である。システムは,指定された値に %XA400.0000 を追加し,この新しい値をシステムの RIGHTSLIST に識別子として入力する。
UIC:ユーザ識別子 UIC 標準形式による UIC 値。

SHOW コマンドの画面制御修飾子のリストも参照してください。

/EXACT



/HIGHLIGHT[=キーワード]



/NOHIGHLIGHT (省略時の設定)



/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)



/SEARCH=文字列



/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)




説明

SHOW/IDENTIFIER コマンドは,識別子の名前,値,属性,保持者を表示します。各種の表示形式を,修飾子で指定できます。2 種類の表示形式の例を,次に示します。



#1

UAF> SHOW/IDENTIFIER/FULL INVENTORY

次のような表示形式を出力するコマンド例です。


Name               Value           Attributes 
INVENTORY          %X80010006      NORESOURCE NODYNAMIC 
  Holder            Attributes 
  ANDERSON          NORESOURCE NODYNAMIC 
  BROWN             NORESOURCE NODYNAMIC 
  CRAMER            NORESOURCE NODYNAMIC          

#2

UAF> SHOW/IDENTIFIER/USER=ANDERSON

ユーザ ANDERSON に対応する識別子を次のように表示するコマンドです。


 
Name                              Value           Attributes 
ANDERSON                          [000300,000015] NORESOURCE NODYNAMIC 

識別子の他,その値と属性が表示されています。ANDERSON の UIC を次のように指定した場合も,結果は同じです。


UAF> SHOW/IDENTIFIER/USER=[300,015]


UAF> SHOW/IDENTIFIER/VALUE=UIC:[300,015]



SHOW/PROXY

指定したリモート・ユーザのすべての登録代理アクセス権を表示します。



形式

SHOW/PROXY ノード::リモート・ユーザ




パラメータ



ノード

ネットワーク代理登録ファイルに格納されているネットワーク・ノードの名前を指定します。ノード指定には,ワイルドカード文字のアスタリスク ( * ) を使用できます。

リモート・ユーザ

リモート・ノード上のユーザのユーザ名または UIC を指定します。リモート・ユーザ指定には,ワイルドカード文字のアスタリスク ( * ) を使用できます。




修飾子



/OLD

省略時の NET$PROXY.DAT ファイルではなく, NETPROXY.DAT ファイルから情報を表示するように,AUTHORIZE に要求します。

OpenVMS の最新バージョンを実行していないクラスタ・ノード上で代理データベースが変更されている場合は, /OLD 修飾子を使用して以前のデータベース NETPROXY.DAT の内容のリストを作成することができます。

SHOW コマンドの画面制御修飾子のリストも参照してください。

/EXACT



/HIGHLIGHT[=キーワード]



/NOHIGHLIGHT (省略時の設定)



/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)



/SEARCH=文字列



/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)




説明

SHOW/PROXY コマンドは,ノード名の最初の 255 文字を表示します。ただし,このコマンドは最高で 1024 文字を扱うことができます。



#1

UAF> SHOW/PROXY SAMPLE::[200,100]
 
 Default proxies are flagged with an * 
 
SAMPLE::[200,100] 
     MARCO *                              PROXY2 
     PROXY3                    

[200,100] の UIC を持ちノード SAMPLE 上に存在するユーザの登録代理アクセス権をすべて表示するコマンド例です。省略時の代理アカウント MARCO は,MODIFY/PROXY コマンドで PROXY2 または PROXY3 に変更できます。

#2

UAF> SHOW/PROXY *::*
 
 Default proxies are flagged with (D) 
 
TAO:.TWA.RANCH::MARTINEZ 
    MARTINEZ (D)                        SALES_READER 
 
UAF> show/proxy/old *::* 
 
 Default proxies are flagged with (D) 
 
RANCH::MARTINEZ 
    MARTINEZ (D)                        SALES_READER

この例では,DECnet-Plus を実行するシステム上でローカルに登録された代理アクセス権に関する情報を表示しています。最初のコマンドでは,NET$PROXY.DAT ファイルから情報を表示します。/OLD 修飾子を指定することにより,以前のバージョンで使用されていた NETPROXY.DAT ファイルから情報を表示します。



SHOW/RIGHTS

指定した識別子が保持する識別子を表示します。/USER を指定した場合は,指定したユーザが保持するすべての識別子が表示されます。



形式

SHOW/RIGHTS [識別子名]




パラメータ



識別子名

ユーザに対応する識別子の名前を指定します。識別子名を省略する場合,/USER 修飾子を指定しなければなりません。



修飾子



/USER=ユーザ指定

表示する識別子を保持するユーザを指定します。 ユーザ指定は,ユーザ名でも UIC でもかまいません。ワイルドカード文字のアスタリスク ( * ) を使用すれば,複数の UIC やすべてのユーザ名を指定できます。UIC は,[*,*], [n,*],{*,n],[n,n] のいずれかの形式とします。ワイルドカードをユーザ名指定 (*) や UIC 指定 ([*,*]) に使用した場合,ユーザが保持するすべての識別子が表示されます。ワイルドカードを使用してユーザ名指定を行うと,保持者のユーザ名がアルファベット順に表示されます。ワイルドカードを使用して UIC 指定を行うと,UIC の番号順に表示されます。

SHOW コマンドの画面制御修飾子のリストも参照してください。

/EXACT



/HIGHLIGHT[=キーワード]



/NOHIGHLIGHT (省略時の設定)



/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)



/SEARCH=文字列



/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)




説明

SHOR/RIGHTS コマンドの出力は,LIST/RIGHTS コマンドが RIGHTSLIST.LIS に書き込む内容と同じです。




UAF> SHOW/RIGHTS ANDERSON

ユーザ ANDERSON が保持するすべての識別子を表示するコマンド例です。


Name                Value           Attributes 
INVENTORY           %X80010006      NORESOURCE NODYNAMIC 
PAYROLL             %X80010022      NORESOURCE NODYNAMIC  

次のコマンドでも,結果は同じです。


SHOW/RIGHTS/USER=ANDERSON 


SHOW/RIGHTS/USER=[300,015] 




第 6 章
AUTOGEN コマンド・プロシージャ



6.1 AUTOGEN について

AUTOGENコマンド・プロシージャ(SYS$UPDATE:AUTOGEN.COM)はシステム・パラメータの値を適切に設定し,システム・ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルのサイズも適切に設定します。オペレーティング・システムをインストールするときや,アップグレードするときは,AUTOGENは自動的に実行されます。

さらに,システム・パラメータの値やシステム・ファイルのサイズを再設定する場合にも,AUTOGENを使用できます。新しい値とファイル・サイズは,システムを次にブートするときに有効になります。

AUTOGEN は,週に一度実行して,システム・パラメータをシステムの負荷状況に応じて設定し直すようにしてください。すべてのシステム・パラメータの一覧とその説明については, 付録 K を参照してください。

AUTOGENはフェーズ単位で実行され,各フェーズではそれぞれ独立した作業が実行されます。AUTOGENが実行する作業を制御するには,AUTOGENを起動するときに開始フェーズと終了フェーズを指定します。 AUTOGENのフェーズについての詳しい説明は, 第 6.4 節 を参照してください。

AUTOGENが設定するシステム・パラメータ値とファイル・サイズを制御するために, SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DATファイルにコマンドを追加できます。AUTOGENはこのファイルに登録された情報を使用して,システム・パラメータの最終的な値や,ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルのサイズを判断します。詳しくは,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のシステム・パラメータの管理に関する章を参照してください。

AUTOGENでは,フィードバックと呼ぶ動的情報を使用して,システムの性能を向上できます。フィードバックは実行中のシステムから収集されます。

注意

構成を大幅に変更する場合は,フィードバックを使用しないでください。 AUTOGEN の初期設定を使用するには,nofeedback を指定します。 nofeedback の詳細については, 表 6-2 を参照してください。

AUTOGENがフィードバックを使用する方法は,AUTOGENを起動するときに実行モードを指定することにより制御できます。AUTOGENが計算でフィードバックを使用するように指定するには, フィードバック・モードでAUTOGENを実行します。一定の期間が経過した後,AUTOGENをフィードバック・モードで実行して,システム・パラメータの設定をさらに調整できます。 AUTOGENのフィードバックについての詳しい説明は, 第 6.3 節 を参照してください。

6.1.1 NEWPARAMS.DAT

これ以降の節では,AUTOGEN が NEWPARAMS.DAT をどのように使用するかと,レイヤード・プロダクトのインストレーション・プロシージャが NEWPARAMS.DAT をどのように使用できるかについて説明します。レイヤード・プロダクト・キットの作成を行わない場合は, 第 6.1.1.3 項 より前までの項は参照しなくてもかまいません。

NEWPARAMS.DAT を作成する基本的な理由は,レイヤード・プロダクトのインストレーション・プロシージャにおいて, AUTOGEN に対してレイヤード・プロダクトの必須パラメータの変更を簡単に供給する方法を示すことです。 NEWPARAMS.DAT は,新しいレイヤード・プロダクトのインストール後に発生する MODPARAMS.DAT 変更の必要性を大幅に減らし (その必要性がなくならない場合),インストレーション・プロシージャでの MODPARAMS.DAT の編集を回避します。

NEWPARAMS.DAT は,MODPARAMS.DAT を置き換えたり,廃止にしたりするのではなく,また,レイヤード・プロダクトのインストール後に AUTOGEN を実行するという要件を取り除くものでもありません (ただし,AUTOGEN は,複数のバージョンの NEWPARAMS.DAT を処理することができ,複数のレイヤード・プロダクトをインストールしており,そのインストレーションの間に AUTOGEN を実行していない場合には NEWPARAMS.DAT ファイルが複数存在する可能性があります)。

6.1.1.1 NEWPARAMS.DAT の動作のしくみ

NEWPARAMS.DAT の操作には,次の3つのファイルが関係します。

  • NEWPARAMS.DAT
    このファイルには,特定のレイヤード・プロダクト用のパラメータ要件が含まれています。

  • NEWPARAMS.DONE
    AUTOGENは,NEWPARAMS.DAT ファイルの処理を完了した直後にそのファイル名を NEWPARAMS.DONE に変更します。

    注意

    AUTOGEN で 3 つのバージョンの NEWPARAMS.DAT が検出された場合, AUTOGEN はバージョン 3 を処理してからバージョン 2 を処理し,次にバージョン 1 を処理します。 AUTOGENがすべてのファイルの名前を NEWPARAMS.DONE に変更した後, NEWPARAMS.DONE のバージョン番号は逆になります。これは,最も古いファイルが最も新しく処理され,名前が変更されたという事実を反映して行われます。
    システム・パラメータはこれらのファイルをいつでもパージできます。ただし,レイヤード・プロダクトのインストールや,後で実行する AUTOGEN で何らかの問題が発生した場合にファイルを検討できるようにするため, AUTOGEN はこれらのファイルの即時削除は行いません。

  • CLU$PARAMS.DAT
    このファイルは,AUTOGEN が処理する NEWPARAMS.DAT ファイルのパラメータ値を受け取ります。

NEWPARAMS.DAT において,AUTOGEN コードはコメントであるレコード (CLU$PARAMS.DAT に渡されないもの) と, MODPARAMS.DAT 内にあるものと非常によく似たパラメータ割り当てを検出することを予測しています。通常,これらは次に示すように, ADD_parameter や MIN_parameter と類似した割り当てになります。

  • 1 番目の設定である ADD_parameter は,レイヤード・プロダクトが必要とする特定のリソース (NPAGEDYN,GBLPAGESなど) の量を定義します。

  • 2 番目の設定である MIN_parameter は,パラメータ (PQL_DWSDEFAULTなど) の計算を行うための最低値を提供します。

NEWPARAMS.DAT でのパラメータ設定は,CLU$PARAMS.DAT に統合されます。その後,このファイルは MODPARAMS.DAT とフィードバックおよびハードウェア構成データとともに使用され, GENPARAMS フェーズのパラメータ値が計算されます。システム管理者が CLU$PARAMS.DAT を変更する必要はありません。その理由は,MODPARAMS.DATが,システム固有のパラメータの変更を含む適切なファイルであり続けるためです。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡