日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




/UIC

UIC を指定して,レコードを選択または拒否します。



形式

/UIC= ([-]ユーザ識別子[,...])




説明

/UIC 修飾子は,UIC フィールド値によって処理対象レコードを選択または拒否します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。有効なユーザ名を入力しなかったログイン失敗レコードの場合,このフィールド値は [SYSTEM] です。

/UIC 修飾子は,指定した UIC フィールド値を持つレコードだけを選択します。括弧の中にマイナス記号を付けて値,または値のリストを指定すると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードが選択されます。

UIC は,数字でも英数字でも指定できます。アスタリスク (*) も使用できます。






#1

$ ACCOUNTING /UIC=([360,*],[ADMIN,COTTON])
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。グループ番号 360 のユーザまたは UIC が [ADMIN,COTTON] のユーザのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。



/USER

ユーザ名を指定して,レコードを選択または拒否します。



形式

/USER= ([--]ユーザ名[,...])




説明

/USER 修飾子は,ユーザ名フィールド値によって処理対象レコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。有効なユーザ名を入力しなかったログイン失敗レコードの場合,このフィールド値は <login> です。

/USER 修飾子は,指定したユーザ名フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードが選択されます。






#1

$ ACCOUNTING /USER=SMITH
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。ユーザ SMITH のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

#2

$ ACCOUNTING /USER=(-SMITH,JONES)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。ユーザ SMITH と JONES のレコード以外のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。



/WIDE

レポートのバッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドの幅を 8 文字から 10 文字に変更します。



形式

/WIDE




説明

/WIDE 修飾子は ACCOUNTING レポートで出現していた問題を修正します。その問題とは,バッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドの幅が狭く, 8 文字を超えるとアスタリスク (*) が表示されていたことです。

/WIDE 修飾子は,レポートのバッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドの幅を 10 文字に変更します。





$ ACCOUNTING /PROC=BATCH /TYP=PROC - 
     /REPORT=(RECORDS,PROCESSOR,DIRECT_IO,BUFFER)  - 
     /SUMM=MONTH /SIN=1-JAN /WIDE
 
 


 
  
 
  
 
 
       MM    TOTAL    PROCESSOR       DIRECT   BUFFERED 
            RECORDS     TIME             I/O       I/O 
  ------------------------------------------------------ 
       01      2043  19 06:52:40.97  532675222 551986091 
       02      1767   9 00:14:34.00  183290432 420000532 
 
  ------------------------------------------------------ 

/WIDE 修飾子を指定しないと,フィールドがオーバフローした場合,バッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドは ***** と表示されます。 /WIDE 修飾子を指定すると,これらのフィールドは正しく表示されます。




第 3 章
ディスク構造分析ユーティリティ (ANALYZE/DISK_STRUCTURE)



3.1 ANALYZE/DISK_STRUCTURE について

ディスク構造分析ユーティリティ (ANALYZE/DISK_STRUCTURE) は,次の 2 つの重要な用途に使用できます。

  • このユーティリティを定期的に使用すると,ディスクの整合性とエラーの有無のチェックや紛失ファイルの回復が行えます。

  • /SHADOW 修飾子を指定してこのユーティリティを使用すると,シャドウ・セットの内容全体やシャドウ・セット内の指定範囲のブロックを検査することができます。

これら 2 つの用途について,これ以降の節で説明します。

ディスクのチェック

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,Files-11 オン・ディスク構造 (ODS) レベル 1,2,5 の障害の原因がハードウェア・エラー,システム・エラー,ユーザ・エラーのいずれかであるのかを検出します。 紛失ファイル および削除対象ファイルを ANALYZE/DISK_STRUCTURE で確認し削除することにより,ディスク領域を再生利用できます。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,ボリュームやボリューム・セットを 8 段階にわたってチェックし,エラーの報告や修正に使用する情報を収集します。ただし,/REPAIR 修飾子を指定しないかぎり,ANALYZE/DISK_STRUCTURE はボリュームを修正しません。 8 つの段階それぞれの説明と注釈付きの ANALYZE/DISK_STRUCTURE セッション例については, 付録 D を参照してください。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,索引ファイルのコピーを保持し,ビットマップを格納するために,仮想メモリを割り当てます。これに応じて,OpenVMS Version 7.2 で導入されたより大きなビットマップでは,より多くの仮想メモリが必要となります。大きなビットマップがあるボリュームについて,このユーティリティを使用するには,ページ・ファイル・クォータを大きくする必要があります。 OpenVMS VAX システムの場合は,システム・パラメータの VIRTUALPAGECNT も大きくする必要があります。

ビットマップのために必要な仮想メモリ・サイズは,ビットマップのブロックごとに,VAX ページ (Alpha および I64 では 512-byte ページレット) です。索引ファイル・ビットマップのサイズ (ブロック数) は,ファイルの最大数を 4096で割った値になる点に注意してください。 ANALYZE/DISK_STRUCTURE では,この必要条件はボリューム・セット全体に対する,次の値の合計になります。

  • 全ストレージ・ビットマップの 3 倍に,ボリューム・セット中の最大ビットマップを加えた値

  • 索引ファイル・ビットマップの 117 倍の値

  • /USAGE が必要な場合は,索引ファイル・ビットマップの 96 倍を加えた値

  • 追加された固定スクラッチ・スペースについて,約 600 ページ

シャドウ・セットの検査

ANALYZE/DISK_STRUCTURE/SHADOW コマンドは, /ERASE 修飾子を付けない INITIALIZE/SHADOW コマンドでシャドウ・セットが初期化された場合は特に便利です。

また,ANALYZE/DISK_STRUCTURE/SHADOW コマンドは,エラーがメンバ・デバイス上に書き込まれ,そのエラーがディスク・エラーによるものか,ディスク・コントローラやケーブルなどの他のハードウェア・コンポーネントによるものかがわからない場合にも使用できます。 ANALYZE/DISK_STRUCTURE/SHADOW コマンドを使用すると,すべてのメンバのすべてのブロックが読み込まれ,比較されます。

詳細については, 第 3.1.2 項 および /SHADOW 修飾子の説明を参照してください。

3.1.1 ディスク・エラーの報告と修正

ANALYZE/DISK_STRUCTURE ユーティリティのディスク・エラーに対する動作モードには,次の 3 種類があります。

  • 修正なしのエラー報告

  • 修正を伴うエラー報告

  • ユーザ制御の選択修正

省略時の ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,エラーを報告するだけで修正は行いません。次のコマンド例は,DBA1 デバイスのすべてのエラーを報告します。


$ ANALYZE/DISK_STRUCTURE DBA1:

このコマンドを実行すると,ANALYZE/DISK_STRUCTURE は 8 段階のデータ収集を行い,省略時の設定ではエラーと紛失ファイルのリストをユーザのターミナルに表示します。 ANALYZE/DISK_STRUCTURE が検出する障害の 1 つとして,無効なディレクトリ・バックリンクがあります。バックリンクとは,ファイルが常駐するディレクトリを指すポインタのことです。無効なディレクトリ・バックリンクを持つファイルがディスクに存在する場合,ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,エラーに関するメッセージとファイル指定を次のように表示します。


%VERIFY-I-BACKLINK, incorrect directory back link [SYSEXE]SYSBOOT.EXE;1 

検出したエラーを ANALYZE/DISK_STRUCTURE で修正するには, /REPAIR 修飾子を使用します。次のコマンド例は,DBA1 デバイスのすべてのエラーを報告し修正します。


$ ANALYZE/DISK_STRUCTURE DBA1:/REPAIR

ANALYZE/DISK_STRUCTUREが修正するエラーを選択するには,/REPAIR と /CONFIRM 修飾子を使用します。


$ ANALYZE/DISK_STRUCTURE DBA1:/REPAIR/CONFIRM

注意

弊社では,コマンド内ではデバイス名の後ろにコロン (:) を使用するよう推奨しています。

BITMAP.SYS ファイル内のストレージ制御ブロック (SCB) を更新するときに,ボリュームがホストベースのシャドウイングによって制御されている場合, VERIFY ユーティリティはボリュームに対してマウント・チェックを実行するように強制します。

このコマンドを実行すると,ANALYZE/DISK_STRUCTURE は各エラーの説明を表示し,修正するかどうかの確認を行います。上記のコマンドでは,次のようなメッセージとプロンプトが表示されます。


%VERIFY-I-BACKLINK, incorrect directory back link [SYS0]SYSMAINT.DIR;1


Repair this error? (Y or N): Y


%VERIFY-I-BACKLINK, incorrect directory back link 
[SYSEXE]SYSBOOT.EXE;1]


Repair this error? (Y or N): N

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,ボリュームごとに 2 回実行するのがよいでしょう。まず,エラーの報告を行って,どのように処置すべきかを判断します。次に,もう一度ユーティリティを起動し, /REPAIR 修飾子を指定してすべてのエラーを修正したり,または /REPAIR と /CONFIRM の 2 つの修飾子を使用して特定のエラーだけを修正したりします。

メッセージの説明については,オンラインのヘルプ・メッセージ (MSGHLP) ・ユーティリティを利用するか,または OpenVMS のシステム・メッセージに関するマニュアルをご覽ください。

紛失ファイルの回復

紛失ファイルとは,ディレクトリにリンクされていないファイルのことです。 通常の状況では,ファイルは紛失しません。ただし,ディスクの破損,ハードウェアの障害,ユーザの操作ミスなどがあると,紛失することがあります。たとえば,ファイルやディレクトリを整理しているときに,まだファイルを指しているディレクトリを誤って削除してしまう場合があります。ディレクトリ・ファイル (ファイル・タイプ DIR のファイル) を,その下位のファイルを削除しないまま削除すると,このディレクトリが参照するファイルは紛失ファイルとなります。ファイルは,紛失状態となっても,依然としてディスク上に存在し,空間を浪費します。

/REPAIR 修飾子を指定して ANALYZE/DISK_STRUCTURE を実行すると, 紛失ファイルは SYSLOST.DIR に格納されます。

次のコマンド例は,DDA0 デバイスに存在するエラーと紛失ファイルを報告し,修正します。


$ ANALYZE/DISK_STRUCTURE/REPAIR/CONFIRM DDA0:

ディスクに紛失ファイルが存在する場合,ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,次のようなメッセージを出力します。


%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (16,1,1) []X.X;1 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (17,1,1) []Y.Y;1 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (18,1,1) []Z.Z;1 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (19,1,1) []X.X;2 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (20,1,1) []Y.Y;2 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (21,1,1) []Z.;1 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (22,1,1) []Z.;2 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (23,1,1) LOGIN.COM;163 
        not found in a directory 
%VERIFY-W-LOSTHEADER, file (24,1,1) MANYACL.COM;1 
        not found in a directory 

これらの紛失ファイルは,自動的に,SYSLOST.DIR に移動されます。

古いホーム・ブロックの消去

ボリュームの初期化を行うとき,初期化操作は古いホーム・ブロックを消去しないことがあります。これらのブロックは,以前の初期化操作で作成されたブロックです。古いホーム・ブロックを持つボリュームが破損している場合,これらのブロックを消去しないとボリュームの回復ができないことがあります。

次のように,ANALYZE/DISK_STRUCTURE コマンドで /HOMEBLOCKS 修飾子を使用すれば,古いホーム・ブロックを手動で消去することができます。


$ ANALYZE/DISK_STRUCTURE/REPAIR/HOMEBLOCKS

この操作は完了までに 30 分ほどかかります。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE の出力

省略時の ANALYZE/DISK_STRUCTURE ユーティリティは,ユーザのターミナルに実行結果を出力します。/LIST 修飾子を使用すれば,ディスク上の各ファイルに関する次の情報を,新しいファイルに格納できます。

  • ファイル識別子 (FID)

  • ファイル名

  • 所有者

  • ファイルに対応するエラー

ディスク使用量会計ファイルを作成するには,/USAGE 修飾子を使用します。 ファイルの最初のレコードは識別レコードと呼ばれ,ディスクとボリュームの特性の要約を格納するところです。識別レコードの後に,一連の要約レコードが続きます。要約レコードは,ディスク上のファイルごとに 1 つ作成されます。要約レコードは,ファイルの所有者,サイズ,名前を格納するところです。

ディスク使用量会計ファイルの詳細については, 付録 E を参照してください。

3.1.2 シャドウ・セット・エラーの検出

ANALYZE/DISK_STRUCTURE/SHADOW コマンドを入力すると,ディスク内のすべてのブロックが同一であるかどうかという,シャドウ・セットの差異がチェックされます。 差異とは,すべてのメンバ上で同一であるべきなのにそうではないブロックのことです。たとえば,WRITE コマンドを入力したとき, ANALYZE/DISK/SHADOW が処理する時点で,すべてのメンバに書き込みが実行されていない可能性があります。

差異が見つかった場合,シャドウ・セットにクラスタ・ワイド WRITE ロックが設定され,問題のブロックが再度読み込まれます。その後,次の 2 つの処理のいずれかが行われます。

  • 2 回目の読み込みでも差異が引き続き存在する場合,画面にファイル名が表示されます。また,/OUTPUT 修飾子を指定すると,差異を含むデータ・ブロックが画面またはファイルにダンプされます。

  • 2 回目の読み込みで差異が見つからなかった場合,エラーは一時的なものとみなされます (そのディスク・ブロックへの WRITE が処理中であったなど)。次に,ユーザのターミナルに表示された要約に一時的なエラーが書き込まれます。ただし,すべてのメンバが同じ情報を持っているかのチェックは,成功とみなされます。つまり,非常に短い時間,データが同一ではなかったとしても,ディスク上のデータは実際には同一であるとみなされます。

また,以下のいずれかの場合には,このユーティリティでは,シャドウ・セット・メンバ間の明らかな相違点が報告されることがあります。

  • シャドウ・セットが作成されてから,フルマージが行われていない場合。これは,DCLコマンド INITIALIZE/SHADOW で /ERASE 修飾子を指定せずにシャドウ・セットが作成され,かつディスク・デバイスの内容が異なっていた場合に発生します。
    これは,ディスクの破壊ではない点に注意してください。差分として出力されたブロックは書き込みが行われておらず,古いデータが格納されている可能性があります。不整合があると報告されたブロックは,ファイルに割り当てられている可能性もあります。これは,ファイルのデータ終了位置と割り当て済み領域の最後との間に,書き込まれていない領域が存在する可能性があるためです。

  • 新しいメンバが追加された後,シャドウ・セットを論理的に拡張してから,フルマージが行われていない場合。次の例を使用してこの問題を説明します。

    • シャドウ・セット DSA1: は 2 つのメンバで構成されます。
      $1$DGA20:   (18 GB)
      $1$DGA21:   (36 GB)

    • 2 つ目の 36 GB のメンバ $1$DGA22: は,フルコピー操作でシャドウ・セットに追加されます。

    • コピーが完了すると,$1$DGA20: はシャドウ・セットから削除されます。

    • この時点で SET VOLUME/SIZE DSA1: コマンドを入力すると,シャドウ・セットの仮想ユニット DSA1: が 36 GB に拡大されます。次に ANALYZE/DISK/SHADOW を実行すると,シャドウ・セットの内容のうち先頭の 18 GB だけが $1$DGA22: にコピーされているため,相違点が報告されます。


    問題の領域はまだアプリケーションによって書き込まれていないため, ANALYZE/DISK/SHADOW によって報告される相違点は無視してかまいません。

フルマージを行うことで不整合をなくすことができます。フルマージを実行するには, DCL コマンド SET SHADOW/DEMAND_MERGE DSAxxx を入力します。コントローラベースのミニマージをサポートしているコントローラ (HSJ50 など) でデバイスが制御されている場合は,クラスタ内の 1 台のノードだけにシャドウ・セットがマウントされている状態でこのコマンドを実行します。そうしないと,ミニマージが発生し,相違点が解消できない場合があります。メンバが 1 つしかないシャドウ・セットにメンバを追加する場合は,フルコピー操作によって,ディスクがファイル・システムの内部と外部の両方で一貫していることも保証されます。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項