Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

HP OpenVMS: システム管理者マニュアル (下巻)

まえがき

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第1章:システムパラメータの管理
第2章:ページファイル/スワップファイル/ダンプファイルの管理
第3章:性能の管理
第4章:ファイルシステムのデータキャッシュの管理
第5章:UETPによるシステムのテスト
第6章:システムに関する情報の入手
第7章:リソース使用状況の調査
第8章:クラスタの管理
第9章:ネットワーク
第10章:LANの管理
第11章:InfoServerの管理
第12章:LATの管理
第13章:特殊処理環境の管理
第14章:DECdtmサービスの管理
付録A:Files-11ディスク構造
付録B:時差係数表
付録C:タイムゾーン
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

OpenVMS システム管理者マニュアル (下巻)』 は,2 巻からなる 『OpenVMS システム管理者マニュアル』 の下巻です。

1 対象読者

本書は,OpenVMS のシステム管理者を対象に書かれています。

本書は,OpenVMS の概念および操作に精通している方を対象にしているため,OpenVMS に関する基本的なことがらについては説明していません。

3 関連資料

以下のマニュアルにも OpenVMS の情報が記載されており,『OpenVMS システム管理者マニュアル』と併用すると役立ちます。

  • OpenVMS システム管理 ユーティリティ・リファレンス・マニュアル

  • OpenVMS ユーザーズ・マニュアル

  • OpenVMS Software Overview[1]

  • Upgrade and Installation Manual』(使用中のシステムに対応する最新版)

  • OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド

  • OpenVMS Performance Management

  • OpenVMS Cluster システム』および『OpenVMS Cluster 構成ガイド

  • TCP/IP Services for OpenVMS インストレーション/コンフィギュレーション

  • TCP/IP Services for OpenVMS Management

  • TCP/IP Services for OpenVMS Management Command Reference

  • TCP/IP Services for OpenVMS Tuning and Troubleshooting

  • DECnet-Plus for OpenVMS Introduction and User's Guide

  • DECnet-Plus Planning Guide

  • DECnet-Plus for OpenVMS Applications Installation and Advanced Configuration

  • DECnet-Plus Network Control Language Reference

HP OpenVMS 製品およびサービスについての追加情報は,次の Web サイトを参照してください。

//www.hpe.com/jp/openvms (日本語)

http://www.hp.com/go/openvms (英語)

4 本書で使用する表記法

本書では,次の表記法を使用しています。

表記法意味
Ctrl/x Ctrl/x という表記は,Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
PF1 xPF1 x という表記は,PF1 に定義されたキーを押してから,別のキー (x) またはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
Return例の中で,キー名が太字で書かれている場合には,そのキーを押すことを示します。

例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 直前の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.

垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中の項目が省略されていることを示します。 このように項目が省略されるのは,その項目が説明している内容にとって重要ではないからです。
( )コマンドの形式の説明において,括弧は,複数のオプションを選択した場合に,選択したオプションを括弧で囲まなければならないことを示しています。
[ ]コマンドの形式の説明において,大括弧で囲まれた要素は省略可能な選択肢です。 項目をすべて選択しても,いずれか 1 つを選択しても,あるいは 1 つも選択しなくても構いません。 コマンド行には,大括弧は入力しないでください。 ただし,OpenVMS ファイル指定のディレクトリ名の構文や,割り当て文の部分文字列指定の構文の中では,大括弧も含めて入力しなければなりません。
|コマンド形式の説明では,縦棒は大括弧や中括弧内の選択肢を区切っています。 大括弧内の選択肢は省略可能ですが,中括弧内の選択肢は少なくとも 1 つ選択する必要があります。 コマンド行には,縦棒は入力しないでください。
{ }コマンドの形式の説明において,中括弧で囲まれた選択肢は必須なので,いずれか 1 つを選択しなければなりません。 コマンド行には,中括弧は入力しないでください。
太字体太字体のテキストは,新しい用語,引数,属性,条件を示しています。
italic typeイタリック体は,重要な情報を示します。 また,システム・メッセージ (たとえば内部エラー number),コマンド・ライン (たとえば /PRODUCER=name),コマンド・パラメータ (たとえば device-name) などの変数を示す場合にも使用されます。
UPPERCASE TYPE英大文字は,コマンド,ルーチン名,ファイル名,システム特権の短縮形を示します。
Example

この字体は,コード例,コマンド例,および対話型の画面表示を示します。 テキスト内では,この字体は URL,UNIX® のコマンドとパス名,PC ベースのコマンドとフォルダ,および C プログラミング言語の要素も示します。

コマンド形式の記述の最後,コマンド・ライン,コード・ラインにおいて,ハイフンは,要求に対する引数がその後の行に続くことを示します。
数字特に明記しない限り,本文中の数字はすべて 10 進数です。 10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数) は,その旨を明記してあります。



[1] このマニュアルはアーカイブ扱いです。

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.