日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概論
第 1 章:日本語SMG (SMG$)の概要
第 2 章:日本語 SMG の出力操作
第 3 章:日本語 SMG 入力操作
第 4 章:日本語 SMG の高度な機能
第 5 章:フォーリン・ターミナルのサポート
第 6 章:日本語 SMG を使用したプログラム開発
第 7 章:日本語 SMG ルーチンの呼び出しの例
第 2 部:リファレンス・セクション
第 8 章:日本語 SMG リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本

日本語 OpenVMS
日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き


目次 索引




Create Display Scrolling Region ルーチンは,仮想ディスプレイ内に仮想スクロール領域を作成します。

形式

SMG$SET_DISPLAY_SCROLL_REGION display-id [,start-row][,end-row]




戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value





引数



display-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


スクロールが実行される仮想ディスプレイを指定します。 display-id 引数は,仮想ディスプレイ識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンによって与えられます。

start-row

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想スクロール領域の1行目を指定します。start-row 引数は,開始行番号を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合には,ディスプレイの 1 行目が使用されます。

end-row

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想スクロール領域の最後の行を指定します。end-row 引数は,終了行番号を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合には,仮想ディスプレイの最後の行が使用されます。


説明

SMG$SET_DISPLAY_SCROLL_REGION ルーチンは,指定された開始行と終了行を使用して,指定された仮想ディスプレイ内に仮想スクロール領域を作成します。 start-row 引数と end-row 引数を省略した場合には,仮想ディスプレイ全体がスクロール領域になります。このルーチンはペーストボードの表示を変更せず,また仮想カーソルの位置も変更しません。

SMG$SET_DISPLAY_SCROLL_REGION ルーチンを使用すれば,仮想ディスプレイの一部をスクロール領域として定義できます。日本語 SMG では,スクロール操作は以下の方法で実行されます。スクロール領域の一番下の行に書き込むために SMG$PUT_LINE ルーチンを呼び出した場合には,仮想ディスプレイはただちに上にスクロールされるわけではありません。仮想ディスプレイをただちに上にスクロールした場合には,スクロール領域の一番下の行は絶対に使用できなくなります。このため,SMG$PUT_LINE ルーチンを次に呼び出すまで,スクロール要求は "格納" されます(スクロール要求を格納しなければならないのは,行全体を書き込むルーチン,たとえば,SMG$PUT_LINE ルーチンなどを次に呼び出すまでです)。

SMG$PUT_LINE ルーチンを呼び出した後,SMG$SET_CURSOR_ABS ルーチンや SMG$PUT_CHARS ルーチンなどの別のルーチンを呼び出した場合には,格納されているスクロール要求は破棄され,スクロール領域の一番下の行に書き込まれるテキストは既存の行の上に重ね書きされます。




戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVDIS_ID display-id 引数に誤りがあります。
SMG$_INVARG end-row 引数が start-row 引数より小さいか,または等しい値です。
SMG$_INVROW 行番号が誤っています。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Set Keypad Mode ルーチンは,漢字ターミナルの数値キーパッドを数値モードまたはアプリケーション・モードに設定します。

形式

SMG$SET_KEYPAD_MODE keyboard-id ,flags




戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value





引数



keyboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


モードを変更する仮想キーボードを指定します。 keyboard-id 引数は,キーボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_KEYBOARD ルーチンから戻されます。

flags

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


省略可能なビット・マスクであり,キーパッドをアプリケーション・モードに設定するのか,数値モードに設定するのかを指定します。flags 引数は,フラグを格納した符号なしロングワードのアドレスです。flags 引数に対して指定できる値は次のとおりです。

0 キーパッドを数値モードに設定します。
SMG$M_KEYPAD_APPLICATION キーパッドをアプリケーション・モードに設定します。


説明

SMG$SET_KEYPAD_MODE ルーチンは,漢字ターミナルの数値キーパッドを数値モードまたはアプリケーション・モードに設定します。アプリケーション・モードでは,数値キーパッドのキーはファンクション・キーであると解釈され,終了文字としても使用できます。数値モードでは,これらのキーはメイン・キーボードの対応するキーと同じになります。

漢字ターミナルがアプリケーション・キーパッド・モードをサポートしない場合には,このルーチンはまったく効果がありません。

注意

キーパッド・モードを変更すると,物理端末の設定も変更されます。これは,keybord-id 引数によって設定される仮想キーボードだけでなく,すべての仮想キーボードに対するグローバルな変更です。




戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVKBD_ID keyboard-id 引数に誤りがあります。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Set Out-of-Band ASTs ルーチンは,アウト・オブ・バンド制御文字のトラッピングを許可または禁止します。

形式

SMG$SET_OUT_OF_BAND_ASTS

  • pasteboard-id

  • ,control-character-mask

  • ,AST-routine

  • [,AST-argument]




戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value





引数



pasteboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


アウト・オブ・バンド文字が許可または禁止されるペーストボードを指定します。 pasteboard-id 引数は,ペーストボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_PASTEBOARD ルーチンによって与えられます。

control-character-mask

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


どの制御文字が新しいアウト・オブ・バンド制御文字になるかを指定します。 control-character-mask 引数は,マスクを格納した符号なしロングワードのアドレスです。このマスクを作成するには,適切な文字の ASCII 値に対応するビットを設定します。たとえば,[Ctrl/C](ASCII の 3 )がアウト・オブ・バンド制御文字であることを指定する場合には,control-character-mask 引数のビット3 (8 という値)を設定します。このマスクにビットが設定されていない場合には,アウト・オブ・バンド AST は発生しません。詳しい説明は,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください。

AST-routine

OpenVMS 用法 ast_procedure
データ型 procedure entry mask
アクセス read only
受け渡し方 by value


アウト・オブ・バンド制御文字が漢字ターミナルから入力されたときに呼び出される AST ルーチンのアドレス。AST-routine 引数はルーチンのプロシージャ・エントリ・マスクのアドレスです。つまり,ルーチン自体のアドレスです。

AST-argument

OpenVMS 用法 user_arg
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by value


AST に渡される引数。AST-argument 引数は,AST ルーチンに渡される値を格納した符号なしロングワードです。しかし,AST ルーチンは入力されたアウト・オブ・バンド文字と,それが入力された pasteboard-id 引数も判断する必要があります。したがって,日本語 SMG はこの情報を格納したために 3 ロングワードの構造を作成し,この構造のアドレスを AST ルーチンに対する最初の引数として渡します。残りの4つの引数は R0,R1,PC,および PSL です。日本語 SMG は,ユーザが指定した引数を次のデータ構造に格納します。


最初のロングワードには pasteboard-id 引数が格納され,このロングワードのシンボル名は SMG$L_PBD_ID です。2 番目のロングワードには AST-argument 引数が格納され,シンボル名は SMG$L_USER_ARG です。 3 番目のロングワードには入力されたアウト・オブ・バンド文字の ASCII 値が格納され,2 つのシンボル名によってアクセスできます。それは SMG$B_CHAR (ASCII 値を格納する下位バイト)と SMG$L_CHAR (下位バイトに ASCII 値を格納し,上位バイトにスペースを格納するロングワード)です。


説明

SMG$SET_OUT_OF_BAND_ASTS ルーチンは,指定された漢字ターミナルからアウト・オブ・バンド制御文字を受け付けることを許可または禁止します。これらの文字が漢字ターミナルから入力されると,AST ルーチンが呼び出されます。

このルーチンを使用すれば,[Ctrl/C][Ctrl/Y][Ctrl/O]などのアウト・オブ・バンド文字をトラップできます。




戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVPAS_ID pasteboard-id 引数に誤りがあります。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Set Cursor on Physical Screen ルーチンは,物理カーソルをペーストボードの指定された位置に移動します。

形式

SMG$SET_PHYSICAL_CURSOR pasteboard-id ,pasteboard-row ,pasteboard-column




戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value





引数



pasteboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


物理カーソルを移動するペーストボードを指定します。 pasteboard-id 引数は,ペーストボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_PASTEBOARD ルーチンによって与えられます。

pasteboard-row

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


物理カーソルの移動先となる行を指定します。pasteboard-row 引数は,行番号を格納した符号付きロングワードのアドレスです。

pasteboard-column

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


物理カーソルの移動先となるカラムを指定します。 pasteboard-column 引数は,カラム番号を格納した符号付きロングワードのアドレスです。


説明

SMG$SET_PHYSICAL_CURSOR ルーチンは,物理カーソルを指定されたペーストボードの指定された行およびカラムに移動します。ペーストボードがバッチ処理されている場合には,このルーチンを使用することはできません。



戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVARG カラムが誤っています。
SMG$_INVPAS_ID pasteboard-id 引数に誤りがあります。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Change Terminal Characteristics は,指定されたペーストボードに対してターミナル属性を変更するか,または現在のターミナル属性を検索します。

形式

SMG$SET_TERM_CHARACTERISTICS

pasteboard-id [,on-characteristics1] [,on-characteristics2] [,off-characteristics1] [,off-characteristics2] [,old-characteristics1] [,old-characteristics2]




戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value





引数



pasteboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


属性を変更または検索するペーストボードを指定します。 pasteboard-id 引数は,ペーストボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_PASTEBOARD ルーチンによって与えられます。

on-characteristics1

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


$TTDEF で設定されるターミナル属性を指定するビット・マスク。
on-characteristics1 引数は,ビット・マスクを格納した符号なしロングワードのアドレスです。

on-characteristics2

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


$TT2DEF で設定されるターミナル属性を指定するビット・マスク。
on-characteristics2 引数は,ビット・マスクを格納した符号なしロングワードのアドレスです。

off-characteristics1

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


$TTDEF で設定解除されるターミナル属性を指定するビット・マスク。
off-characteristics1 引数は,ビット・マスクを格納した符号なしロングワードのアドレスです。

off-characteristics2

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


$TT2DEF で設定解除されるターミナル属性を指定するビット・マスク。
off-characteristics2 引数は,ビット・マスクを格納した符号なしロングワードのアドレスです。

old-characteristics1

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by reference


第 1 グループ内の現在のターミナル属性が検索されます。
old-characteristics1 引数は,ビット・マスクが書き込まれる符号なしロングワードのアドレスです。

old-characteristics2

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by reference


第 2 グループ内の現在のターミナル属性が検索されます。
old-characteristics2 引数は,ビット・マスクが書き込まれる符号なしロングワードのアドレスです。


説明

SMG$SET_TERM_CHARACTERISTICS ルーチンは,指定されたペーストボードに対してターミナル属性を変更するか,または現在のターミナル属性を検索します。属性は,HP が提供するシステム・シンボル・ライブラリ内の $TTDEF および $TT2DEF マクロ・モジュールによって定義されます。このルーチンを使用すれば,1 回のルーチン呼び出しで複数のターミナル属性を制御できます。



戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_NOT_A_TRM ペーストボードは漢字ターミナルでありません。
SS$_xyz LIB$QIOW から戻されたエラー。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項