日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概論
第 1 章:日本語SMG (SMG$)の概要
第 2 章:日本語 SMG の出力操作
第 3 章:日本語 SMG 入力操作
第 4 章:日本語 SMG の高度な機能
第 5 章:フォーリン・ターミナルのサポート
第 6 章:日本語 SMG を使用したプログラム開発
第 7 章:日本語 SMG ルーチンの呼び出しの例
第 2 部:リファレンス・セクション
第 8 章:日本語 SMG リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本

日本語 OpenVMS
日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き


目次 索引

終了文字の値のシンボリック定義は,弊社が提供する $SMGDEF というの名前のシンボル・ライブラリに登録されています ( たとえば,MACRO プログラムでこれらの定義を検索する場合には, $SMGDEF を呼び出します )。シンボル名は SMG$K_TRM_keyname の形式です。ただし,keyname 引数は 表 3-1 に示したキー名です。終了文字コードが,1 〜 26 の場合には,それは [Ctrl/A][Ctrl/Z] の制御シーケンスに対応し,キー名は,[Ctrl/A] の場合は CTRLA であり, [Ctrl/B] の場合は CTRLB です。以下も同様です。次の同意語も定義されています。

シンボル 同意語
SMG$K_TRM_BS SMG$K_TRM_CTRLH
SMG$K_TRM_HT SMG$K_TRM_CTRLI
SMG$K_TRM_LF SMG$K_TRM_CTRLJ
SMG$K_TRM_CR SMG$K_TRM_CTRLM
SMG$K_TRM_E1 SMG$K_TRM_FIND
SMG$K_TRM_E2 SMG$K_TRM_INSERT_HERE
SMG$K_TRM_E3 SMG$K_TRM_REMOVE
SMG$K_TRM_E4 SMG$K_TRM_SELECT
SMG$K_TRM_E5 SMG$K_TRM_PREV_SCREEN
SMG$K_TRM_E6 SMG$K_TRM_NEXT_SCREEN
SMG$K_TRM_F15 HELP
SMG$K_TRM_F16 DO



3.6 行の再呼び出しと再呼び出しバッファ

日本語 SMG を使用すれば,アプリケーション再呼び出しバッファの内容をアクセスしたり,変更することができます。省略時の設定では,再呼び出しバッファには,前に入力した 20 個のコマンド,またはユーザがアプリケーションに対して入力したデータ行が格納されます。

SMG$RETURN_INPUT_LINE ルーチンを使用すれば,再呼び出しバッファから特定の行を要求できます。呼び出す行に対して適切な行番号を指定するか,または照合文字列を指定できます。照合文字列を使用する場合には, SMG$RETURN_INPUT_LINE ルーチンは指定された文字列と一致する行を検索し,その行を戻します。このルーチンは,DCL 形式の RECALL コマンドを実現するための補助機能として提供されます。

SMG$REPLACE_INPUT_LINE ルーチンを使用すれば,再呼び出しバッファ内の指定した行 ( 1 行以上 ) を,指定した文字列と置き換えられます。再呼び出しバッファの他の行は削除されます。このルーチンは行の継続を処理するのに役立ちます。

3.7 入力と出力の相互作用

次の4つのルーチンは display-id 引数をオプションとして受け付けます。

  • SMG$READ_COMPOSED_LINE

  • SMG$READ_KEYSTROKE

  • SMG$READ_STRING

  • SMG$READ_VERIFY

display-id 引数を指定した場合には,その引数は入力操作を実行する仮想ディスプレイを指定します。 display-id 引数を指定することにより,文字のエコー表示による変化を,日本語 SMG が継続的に認識するように設定できます。 display-id 引数を省略した場合には,日本語 SMG は,日本語 SMG の出力機能が使用されていないものと解釈します。

display-id 引数を,これまで説明した入力ルーチンに対して指定する場合には,プロンプト文字列と入力の長さの合計はディスプレイのカラム数に制限されるか,または読み込む文字の最大数を指定した場合には,その最大数に制限されます ( SMG$READ_KEYSTROKE ルーチンの場合には,この制限はプロンプト文字列の長さにだけ適用されます )。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項