日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:新機能概要
第 2 章:制限事項
付録 A:日本語マニュアル
付録 B:I64版とAlpha版の違い
付録 C:アップデート抄録
付録 D:リタイア情報
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP OpenVMS
V8.3 リリース・ノート


目次 索引

付録 B
付録 B 日本語 OpenVMS I64 と日本語 OpenVMS Alpha の機能の相違点
     B.1     日本語 OpenVMS I64 でサポートする機能
     B.2     日本語 OpenVMS I64 ではサポートしない機能
付録 C
付録 C アップデート抄録
     C.1     XTPU の UTF-8 端末入出力
     C.2     ロケールデータファイルの提供
     C.3     日本語 ESCPトランスレータ
     C.4     日本語環境設定ユーティリティ (JSY$CONTROL)
     C.5     JIS X0213 第 3 水準サポート
         C.5.1         新しいコードセットの仕様
         C.5.2         新しいロケールの仕様
         C.5.3         漢字端末エミュレータでの文字の表示
         C.5.4         PC ターミナル・エミュレータでの文字の表示
         C.5.5         主な JVMS ユーティリティ拡張機能
         C.5.6         JSY ルーチン拡張機能
         C.5.7         サンプル用システム辞書の提供
     C.6     JMAIL の機能拡張と問題点の修正
         C.6.1         deckanji2000 コードセットのサポート
         C.6.2         コマンドライン上での日本語入力のサポート
         C.6.3         日本語ファイル名の最大長の拡張
         C.6.4         日本語ファイル名の署名ファイルへの使用
         C.6.5         半角カナのファイル名のサポート
         C.6.6         非常に長い日本語を入力する場合の制限の解決
     C.7     日本語ファイル名の拡張
         C.7.1         NAM での最大パス長の拡張
         C.7.2         NAML での最大パス長の拡張
         C.7.3         $CVT_FILENAME 問題点の修正
         C.7.4         サブプロセスでの日本語ファイル名
         C.7.5         JSYSHR でのファイル名変換ルーチン
         C.7.6         ISO Latin-1 文字
     C.8     backup コマンドでの日本語ファイル名のサポート
         C.8.1         backup/journalでの日本語ファイル名サポート
         C.8.2         標準版 backup コマンドでの日本語ファイル名のサポート
     C.9     日本語メッセージの自動チェック
         C.9.1         システム起動時の自動チェック
         C.9.2         手作業によるチェック
         C.9.3         日本語メッセージ・ファイルの再構成
     C.10     ファイル名の最大長の拡張
     C.11     日本語ファイル名のサポート(Alpha のみ)
         C.11.1         Super DEC 漢字コードセットによる日本語ファイル名
         C.11.2         新しいボリューム構造 ODS-5
         C.11.3         RMS での日本語ファイル名
             C.11.3.1             プロセス単位での日本語ファイル名の使用
             C.11.3.2             RMS ファイル名コンバータ
             C.11.3.3             16 進数表現による日本語ファイル名
             C.11.3.4             RMS で日本語ファイル名に使用できる文字
             C.11.3.5             ファイル名変換規則
             C.11.3.6             日本語ファイル名の最大長
             C.11.3.7             RMS ファイル名コンバータ制御 API
         C.11.4         デフォルト・ディレクトリの最大長
         C.11.5         Unicode による日本語ファイル名
     C.12     日本語共用イメージの改良
     C.13     日本語 DECnet/SNA リモート・ジョブ・エントリ機能の追加
     C.14     マルチスレッド漢字プリント・シンビオント
     C.15     JMAIL
         C.15.1         インターネット形式のアドレスの指定
         C.15.2         コマンド表示における画面操作機能
         C.15.3         署名ファイル
     C.16     TCP/IP 機能をサポートする DCL コマンド
     C.17     日本語キーマップ・ファイルの提供
         C.17.1         エスケープ・キーを使用する場合
         C.17.2         PC キーボードを使用する場合
         C.17.3         カナ・モード
         C.17.4         Composeキー
     C.18     日本語ターミナル・ドライバと KANJIGEN
         C.18.1         漢字入力時のカラム位置
         C.18.2         Telnet ログイン時の日本語行編集機能
         C.18.3         TTY_CLASSNAME の設定について(Alpha のみ)
         C.18.4         漢字のハードウェア・オンデマンド・ローディング
         C.18.5         漢字のソフトウェア・オンデマンド・ローディング
         C.18.6         KANJIGEN の文字単位編集機能の設定
     C.19     日本語画面管理ライブラリ (SMG)
     C.20     DEC XTPU/日本語 EVE V3
         C.20.1         問題点の解決
         C.20.2         文字コード・セットのサポート
         C.20.3         DECwindows インタフェースのサポート
         C.20.4         ファイルリスト
         C.20.5         罫線固定モード
         C.20.6         テキストの置換におけるワイルドカードの利用
     C.21     XPG4 ユーティリティ
         C.21.1         ロケール・データ・ファイルのインストール
     C.22     かな漢字変換の個人辞書の指定
     C.23     翻訳メッセージ/ヘルプ
     C.24     JSYLIB.OLB
     C.25     デバッガ
         C.25.1         デバッガの日本語拡張機能
         C.25.2         デバッガの日本語ヘルプ
     C.26     日本語入力プロセス(FIP)
         C.26.1         FIP 実行中のプロセス・ハングの解決
     C.27     KPRINT と KDUMP のフリーウェアとしての提供
     C.28     日本語 DEC COBOL ランタイム・ライブラリ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項