日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:新機能概要
第 2 章:制限事項
付録 A:日本語マニュアル
付録 B:I64版とAlpha版の違い
付録 C:アップデート抄録
付録 D:リタイア情報
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
V8.3 リリース・ノート


目次 索引

付録 A
日本語 OpenVMS V 8.3 日本語マニュアル概要

ここでは,日本語 OpenVMS V 8.3 で提供する日本語マニュアル・セットと各マニュアルの内容について説明します。

日本語 OpenVMS のマニュアルは,次の 3 種類の方法で提供されています。

  • CD-ROM
    インストレーション・キットに含まれている日本語OpenVMS のドキュメント CD-ROM に HTMLおよびPDFのファイル形式で各ドキュメントが提供されています。
    また,日本語OpenVMS のバイナリ CD-ROM には,リリース・ノートやインストレーション・ガイドなど基本的なドキュメントがテキスト形式で含まれています。

  • OpenVMS の Web サイト
    下記の URL の OpenVMS の Web サイトで,各リリースのドキュメントが公開されています。


    //www.hpe.com/jp/openvms 
    

  • 製本マニュアル
    インストレーション・キットには,CD-ROM で提供されているマニュアルのうち基本的なものが製本マニュアルの形で含まれています。インストレーション・キットに含まれていないその他の製本マニュアルは,別途購入可能です。

標準版 ( 英語版 ) OpenVMS のマニュアルについては『 OpenVMS V 8.3 新機能説明書』を参照してください。

A.1 日本語マニュアル一覧

日本語 OpenVMS で提供される日本語マニュアルの一覧です。

表 A-1 日本語マニュアル一覧
  タイトル
 1. 日本語 OpenVMS V 8.3 をご使用のお客様へ
 2. 日本語 OpenVMS V 8.3 ソフトウェア仕様書(SPD)
 3. 日本語 OpenVMS V 8.3 インストレーション・ガイド
 4. 日本語 OpenVMS V 8.3  DVD/CD-ROM  ユーザーズ・ガイド
 5. 日本語 OpenVMS V 8.3  リリース・ノート
 6. OpenVMS V 8.3 インストレーション・ガイド[翻訳版]
 7. OpenVMS V 8.3 リリース・ノート[翻訳版]
 8. OpenVMS V 8.3 新機能説明書
 9. 日本語 OpenVMS 概説書
10. はじめよう! 日本語 OpenVMS
11. 64 ビット・アドレッシングおよびVLM 機能説明書
12. パーティショニングおよび Galaxy ガイド
13. C 国際化ユーティリティ・リファレンス・マニュアル
14. DEC XTPU リファレンス・マニュアル
15. フォント管理ユーティリティ 利用者の手引き
16. IMLIB/VMSライブラリ・リファレンス・マニュアル
17. 日本語EVE かな漢字変換入門
18. 日本語EVE リファレンス・マニュアル
19. 日本語EVE ユーザーズ・ガイド
20. 日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き
21. 日本語ライブラリ 利用者の手引き
22. 日本語入力プロセス 利用者の手引き
23. 日本語ユーティリティ 利用者の手引き
24. ユーザ・キー定義 利用者の手引き
25. OpenVMS Cluster 構成ガイド
26. OpenVMS Cluster システム
27. DCL ディクショナリ:A-M
28. DCL ディクショナリ:N-Z
29. デバッガ・コマンド・ディクショナリ
30. デバッガ説明書
30. システム管理者マニュアル(上巻)
31. システム管理者マニュアル(下巻)
32. システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル(上巻)
33. システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル(下巻)
34. C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)
35. C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(下巻)
36. ユーザーズ・マニュアル
38. Volume Shadowing for OpenVMS 説明書
39. システム・セキュリティ・ガイド
40. OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へのアプリケーション・ポーティング・ガイド



A.2 各マニュアルの紹介

各マニュアルの概要を以下に示します。

A.2.1 日本語 OpenVMS V 8.3 をご使用のお客様へ

対象読者

すべてのユーザ

内容

日本語 OpenVMS オペレーティング・システム V 8.3 をご使用いただくにあたり,まず最初に必ずお読みいただきたい注意事項について記述しています。

A.2.2 日本語 OpenVMS オペレーティング・システム V 8.3 ソフトウェア仕様書(SPD)

対象読者

システム管理者,運用等に携わるユーザ

内容

日本語 OpenVMS オペレーティング・システム V 8.3 のソフトウェア機能仕様と,前バージョンから追加 / 拡張された日本語処理の機能について記述しています。また,日本語 OpenVMS V 8.3 のインストールおよび運用に必要な環境についても記述しています。

A.2.3 日本語 OpenVMS V 8.3 インストレーション・ガイド

対象読者

システム管理者

内容

日本語 OpenVMS オペレーティング・システム V 8.3 をインストールするために必要な準備および環境インストールの手順,インストレーション後の作業について説明しています。また付録としてシステムが提供するファイルの一覧が添付されています。

A.2.4 OpenVMS V 8.3 インストレーション・ガイド[翻訳版]

対象読者

システム管理者

内容

『OpenVMS Version 8.3 Upgrade and Installation Manual』の翻訳です。

標準版 OpenVMS V 8.3 をインストールするために必要な準備作業およびインストールの手順,インストレーション後の作業について説明しています。

A.2.5 日本語 OpenVMS V 8.3 DVD/CD-ROM ユーザーズ・ガイド

対象読者

すべてのユーザ

内容

日本語 OpenVMS オペレーティング・システムの配布メディア(DVD および CD-ROM) に含まれているソフトウェアおよびドキュメントの内容,ドライブへの装着方法,ディスクのマウントおよびアクセス,オンライン・ドキュメントの読み方などについて説明しています。

A.2.6 日本語 OpenVMS V 8.3 リリース・ノート

対象読者

すべてのユーザ

内容

日本語 OpenVMS V 8.3 の問題点,オペレーティング・システムの制限事項,追加された機能等について記述しています。

A.2.7 OpenVMS V 8.3 リリース・ノート[翻訳版]

対象読者

すべてのユーザ

内容

『OpenVMS Version 8.3 Release Notes』の翻訳です。

標準版 OpenVMS V 8.3 の問題点,オペレーティング・システムの制限事項,ドキュメントの注意事項等について記述しています。

A.2.8 OpenVMS V 8.3 新機能説明書

対象読者

すべてのユーザ

内容

『 OpenVMS Version 8.3 New Features and Documentation Overview』の翻訳です。

OpenVMS Alpha V 8.3 の新しい機能および強化されたコンポーネントについて説明しています。また,標準版 OpenVMS のドキュメントについても説明しています。

A.2.9 日本語 OpenVMS 概説書

対象読者

すべてのユーザ

内容

日本語 OpenVMS オペレーティング・システムの主な日本語機能の特徴とその概要を記述しています。

日本語ファイル名のサポート,漢字ターミナルの設定,文字セットと文字コード,日本語入力の方法,日本語 OpenVMS で行う主な操作について,また,I64 システム,VAX システム,Alpha システムの相違点についても説明しています。

A.2.10 はじめよう! 日本語 OpenVMS

対象読者

すべてのユーザ(初めて OpenVMS を使用されるユーザ)

内容

OpenVMS についての概要と,日本語 OpenVMS の基本的な操作方法について説明します。

ログイン / ログアウト操作,DCL コマンドの使用方法,ファイルの指定,保護,印刷方法などの基本操作やヘルプとシステムメッセージについて,関連アプリケーションなどについての説明が記載されており,巻末には「Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対象表」や「日本語 OpenVMS クイック・リファレンス」もあります。

また,パーソナル・コンピュータ (PC) でのターミナル操作についても説明しています。キーの配列やキーの割り当ては,使用するキーボードやソフトウェア (ターミナル・エミュレータ) によって異なるため,日本語 OpenVMS を使用する際に弊社のワークステーションの標準的なキーボード,パーソナル・コンピュータの標準的なキーボードでのキーの役割,割り当てについても説明します。

A.2.11 64 ビット・アドレッシングおよび VLM 機能説明書

対象読者

システム・プログラマおよびアプリケーション・プログラマ

内容

『OpenVMS Alpha Guide to 64-bit Addressing and VLM Features』の翻訳です。

OpenVMS Alpha システムで実現された 64 ビット仮想アドレッシングおよび VLM(Very Large Memory) 機能について説明します。また,64 ビット仮想アドレッシングをサポートするためにアプリケーションを拡張させる方法や,効果的に VLM を利用する方法についても説明します。

A.2.12 パーティショニングおよび Galaxy ガイド

対象読者

システム管理者,アプリケーション・プログラマ,技術コンサルタント,データ・センター管理者をはじめ,OpenVMS Galaxy ソフトウェア・アーキテクチャに関する知識を必要とする方

内容

『OpenVMS Alpha Partitioning and Galaxy Guide』の翻訳です。

OpenVMS Galaxy は,OpenVMS の複数のインスタンスを 1 台のコンピュータで協調動作させながら実行することができる機能です。これにより作業負荷を的確に管理することができます。このマニュアルでは,OpenVMS Alpha で提供される OpenVMS Glaxy コンピューティング環境の構築,管理,使用方法について説明します。

A.2.13 C 国際化ユーティリティ・リファレンス・マニュアル

対象読者

各国対応のソフトウェア・アプリケーション開発者

内容

標準版マニュアル『 C Run-Time Library Utilities Reference Manual 』の翻訳です。

原典にはありませんが,付録として日本語ロケールについての説明を添付しています。

各国対応のソフトウェア・アプリケーションのローカライゼーションとタイム・ゾーン・データ管理のための XPG4 に準拠した DEC C ランタイム・ライブラリ・ユーティリティについて説明します。

A.2.14 DEC XTPU リファレンス・マニュアル

対象読者

一般的な DECTPU の機能を理解しているユーザ。また,一部の高度な機能は OpenVMS システムの概念を十分理解した経験豊富なシステム・プログラマを対象読者としています。

内容

DEC XTPU (DEC eXtended Text Processing Utility) とは標準版 ( 英語版 ) の DECTPU (DEC Text Processing Utility) を拡張した,プログラミング可能なテキスト処理ユーティリティです。本書では,このDEC XTPU言語のデータ・タイプ,レキシカル関数,組み込みプロシージャ,呼び出し,コール可能なインターフェイスなどについて解説しています。

A.2.15 フォント管理ユーティリティ 利用者の手引き

対象読者

すべてのユーザ

内容

漢字フォントをサポートするユーティリティ群について説明しています。これらのユーティリティを用いて,システム・フォント・データベースにアクセスしたり,ユーザ定義文字を登録 / 削除することができます。

以下の各ユーティリティについて説明しています。

  • KANJIGEN ユーティリティ --- 漢字ターミナルの属性の設定

  • CMGR ユーティリティ --- システム・フォント・データベースの管理およびプリローディング用ファイルの作成

  • 日本語ターミナル・ドライバ --- オンデマンド・ローディング時の文字パターン出力の判定

  • フォント・ハンドラ --- オンデマンド・ローディング時の文字パターンの出力

  • 漢字プリント・シンビオント --- プリンタへのユーザ定義文字の出力



A.2.16 IMLIB/OpenVMS ライブラリ リファレンス・マニュアル

対象読者

アプリケーション開発者

内容

ユーザ・キー定義ライブラリ (IMLIB) を使用してアプリケーションを開発する方法について説明しています。

IMLIB を使ったユーザ・キー定義をサポートすると,以下のような利点があります。

  • ユーザがかな漢字変換のキー定義を選べる

  • IMLIBをサポートするすべてのアプリケーションで,同じキー定義を使用できる

  • 個々の細かい動作を意識せずに,アプリケーションを作ることができる



A.2.17 日本語 EVE かな漢字変換入門

対象読者

日本語EVE (Extensible Versatile Editor) を初めて使用するユーザ

内容

日本語 EVE の TARO キーパッド (" 一太郎 " Ver.3 の漢字変換キーパッドに似た変換方法 ) の入門書です。起動から終了までの一連の流れ, ひらがな,カタカナ,漢字,記号,コード,罫線などの基本的な入力操作が,わかりやすく説明されています。

( 一太郎は,株式会社ジャストシステムの商標です。)

A.2.18 日本語 EVE リファレンス・マニュアル

対象読者

日本語 EVE (Extensible Versatile Editor) を使用したことのあるユーザ

内容

日本語 EVE をカスタマイズする方法,DECwindows で起動する方法,および個々の日本語 EVE コマンドについて説明しています。日本語 EVE を使用したことのあるユーザが,さらに詳しく日本語 EVE コマンドについて調べる場合などに便利です。

A.2.19 日本語 EVE ユーザーズ・ガイド

対象読者

日本語EVE (Extensible Versatile Editor) を初めて使用するユーザ

内容

日本語 EVE は様々な種類のテキストの編集を簡単に行うことができる,会話型のテキスト・エディタです。本書では,簡単な起動→入力→終了の操作, EVE/TARO/JVMS の 3 種類のキーパッド,テキスト編集における様々な編集機能について説明しています。日本語 EVE を初めて使用する方は,このマニュアルで基本的な操作を習得されることをお勧めします。

A.2.20 日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き

対象読者

実行時ライブラリ・ルーチンを使用するシステム・プログラマとアプリケーション・プログラマ

内容

日本語画面管理ルーチンの使用方法,各ルーチンの説明をしています。日本語画面管理ルーチンとは,VT382 などの日本語ビデオ・ターミナルで,マルチ・ウィンドウやメニューの作成等を容易にするルーチン群を日本語用に拡張したものです。

A.2.21 日本語ライブラリ 利用者の手引き

対象読者

プログラミング言語,オペレーティング・システム,ランタイム・ライブラリの概念を理解しているシステム・プログラマおよびアプリケーション・プログラマ

内容

日本語ライブラリの概要,使用例,および各ライブラリ・ルーチンについて説明しています。

日本語ライブラリは,日本語データを取り扱うための,基本的な機能を提供します。この基本的な機能とは,日本語文字列操作,文字列変換,ローマ字 / かな漢字変換,漢字コード変換などです。これらの機能は,プログラミング言語から呼び出すことができるので,ユーザは日本語アプリケーションを簡単に作成することができます。

また,日本語ライブラリは,以下のように4種類に分けられています。

  • 汎用ライブラリ---プログラミング言語から標準的なインターフェイスで処理できる日本語処理ルーチン群

  • 基本ライブラリ---より細かな処理を行うためのルーチン群

  • かな漢字変換ライブラリ---かな漢字変換を行うライブラリ・ルーチン

  • 漢字コード変換ライブラリ---漢字コードの変換を行うライブラリ,DEC 漢字コード←→他社漢字コード


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項