日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:新機能概要
第 2 章:制限事項
付録 A:日本語マニュアル
付録 B:I64版とAlpha版の違い
付録 C:アップデート抄録
付録 D:リタイア情報
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
V8.3 リリース・ノート


目次 索引



日本語 SMG では次のルーチンで VT500 端末をサポートしません。これらのルーチンで VT500 固有の属性を引き数で指定しても無視されます。

SMG$GET_KEYBOARD_ATTRIBUTES
SMG$GET_PASTEBOARD_ATTRIBUTES
SMG$SET_TERM_CHARACTERISTICS




KCODE ユーティリティを使用してファイルのコード変換を行った場合,入力ファイルと出力ファイルの各レコードのバイト数は,変化しません。また,1バイト・コードと漢字コードが混在して使用されている場合,シフト・コードは挿入されませんので,1バイト・コードと漢字コードの区別がつかなくなります。したがって,逆変換を行っても,データはもとには戻りません。

2.14.2 KCONVERT

KCONVERT ユーティリティでは,/MODE 修飾子によって,変換フィールドの最初が漢字で始まるか,半角カタカナで始まるかを指定しますが, /FIELD 修飾子の指定が,漢字の 2 バイト目から始まるような指定になっている場合であっても,/FIELD で指定された位置から変換します。このような指定が行われた場合,変換結果は保証されません。

2.14.3 KANJIGEN

アプリケーション・キーパッドを使用するアプリケーションで KANJIGEN の設定を文字単位編集機能を有効にして使用する場合,端末の制御文字の設定を 7 ビットにしてください。

2.14.4 KANJITERM.COM

KANJITERM.COM は,端末装置の属性を設定するためのコマンド・プロシージャですので,バッチ・ジョブやネットワーク・ジョブで使用することはできません。 KANJITERM.COMは,その中でジョブのモードをチェックし, INTERACTIVEモードでない場合には何も実行せずに終了します。

KANJITERM.COM は日本語 OpenVMS VAX ワークステーション・ソフトウェアと日本語 DECwindows のターミナル・エミュレータについてはサポートしていません。

2.14.5 JDICEDIT

JDICEDIT をバッチ・ジョブで使用した場合, illegal I/O function code のエラーでアボートします。

個人辞書にユーザ定義文字を登録した場合,EDIT サブコマンド使用時における画面上では正しく表示されません。ただし,登録されたユーザ定義漢字を,かな漢字変換に用いることには問題ありません。

個人辞書に追加登録できる単語の数は,最大約 100,000 語です。ただし,登録単語数が増加すると,かな漢字変換時の単語の検索に時間がかかるようになります。実用上の登録単語数の上限は,約 30,000 語と考えてください。

2.14.6 SNAPSHOT ファシリティ(VAX のみ)

日本語 OpenVMS VAX V7.3 で SNAPSHOT ファシリティを使用して再立ち上げを行う場合,次のような警告メッセージが表示されますが, システムの運用には差し支えありません。


 
    %SNAPSHOT-W-UNCERTDRVR, FIDRIVER is not certified for a snapshot 
    %SNAPSHOT-W-UNCERTDRVR, FHDRIVER is not certified for a snapshot 
    %SNAPSHOT-W-UNCERTDRVR, ASDRIVER is not certified for a snapshot 
    %SNAPSHOT-W-UNCERTDRVR, SYS$COMMON:[SYS$LDR]JSY$RMS_EXTENSION.EXE is    
    not certified for a snapshot 
 



2.14.7 Hypersort (高性能 Sort/Merge)

Alpha V7.0

OpenVMS Alpha V7.0 から提供されるようになった, Hypersort は日本語文字列のソート,マージを行うことができません。日本語文字列のソート,マージを行うには従来のソート,マージ機能をご利用ください(特別な設定を行わない限り, SORT,MERGE コマンドでは従来のソート,マージ機能が呼び出されます)。

2.14.8 JLB$GET_INPUT

日本語ライブラリの漢字変換入力ルーチン,JLB$GET_INPUT では,入力した文字がエコーバックされるのは画面上の 1 行だけで,それを越える場合,次の行にラップされません。1 行に入り切れない分は画面にエコーバックされませんが,第 1 引数で指定した入力文字列の最大サイズまで書き込むことができます。このとき,プロンプト文字列にボールドや下線などのエスケープ・シーケンスが含まれていると,その分画面にエコーバックされる範囲が小さくなり,見かけ上入力できる文字数が少なくなりますが,実際には入力文字列のサイズ分の入力が可能です。

2.14.9 日本語環境設定ユーティリティ (JSY$CONTROL)

SET LOCALE コマンドで ja_JP.SJIS を設定してもロケールをサポートしていない日本語端末ドライバ,日本語メッセージ,および日本語ヘルプは正しく動作しませんので, SET LOCALE コマンドでは ja_JP.SJIS を設定しないようにしてください。

ユーザ・アプリケーションで Shift JIS ロケールを設定したい場合は, DCL の DEFINE LANG コマンドを使用してください。


$ DEFINE LANG ja_JP.SJIS 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡