日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 3 章:共有データの整合性の維持
第 4 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 5 章: アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 6 章:ネイティブイメージとトランスレートイメージの相互操作性の確認
付録 A :OpenVMS AXPコンパイラ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS AXP オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS AXP
オペレーティング・システム
OpenVMS AXP オペレーティング・システムへの移行:
再コンパイルと再リンク


目次 索引


索引
索引
1-1 アーキテクチャ・タイプを判断するための ARCH_TYPEキーワードの使用
2-1 仮想アドレス空間の拡張によるメモリの割り当て
2-2 既存のアドレス空間でのメモリの割り当て
2-3 拡張された仮想アドレス空間へのセクションのマッピング
2-4 仮想アドレス空間の定義された領域へのセクションのマッピング
2-5 例2-4をAXPシステムで実行するのに必要なソース・コードの変更
2-6 CPU固有のページ・サイズを確認するための$GETSYIシステム・サービスの使用
3-1 AST スレッドを含む VAX プログラムにおける不可分な処理への依存
3-2 例3-1の同期バージョン
4-1 VAX Cコードでのデータ型に関する仮定
5-1 条件処理ルーチン
5-2 条件処理プログラムの例
6-1 メイン・プログラム(MYMAIN.C)のソース・コード
6-2 共有可能イメージ(MYMATH.C)のソース・コード
2-1 仮想アドレスのレイアウト
2-2 オフセットによるマッピングに対してアドレス範囲が与える影響
3-1 同期に関する判断
3-2 例3-1での不可分性の仮定
3-3 AXPシステムでの読み込み/書き込み操作の順序
4-1 VAX Cの使用による mystructのアラインメント
4-2 DEC C for OpenVMS AXPシステムの使用による mystructのアラインメント
5-1 VAXシステムと AXPシステムでのシグナル・アレイ
5-2 VAXシステムと AXPシステムでのメカニズム・アレイ
5-3 SS$_HPARITH例外シグナル・アレイ
5-4 SS$_ALIGN例外のシグナル・アレイ
1-1 AXPシステム固有のリンカ修飾子
1-2 AXPシステム固有のオプション
1-3 ホスト・アーキテクチャを指定する$GETSYIアイテム・コード
2-1 メモリ管理ルーチンでページ・サイズに依存する可能性のある部分
2-2 ランタイム・ライブラリ・ルーチンでページ・サイズに依存する可能性のある部分
4-1 VAXとAXPのネイティブなデータ型の比較
5-1 シグナル・アレイ内の引数
5-2 メカイズム・アレイの引数
5-3 アーキテクチャ固有のハードウェア例外
5-4 例外サマリ引数のフィールド
5-5 ランタイム・ライブラリ条件処理サポート・ルーチン
A-1 DEC C for OpenVMS AXPコンパイラの操作モード
A-2 DEC C for OpenVMS AXPコンパイラでの算術演算データ型のサイズ
A-3 DEC C for OpenVMS AXPコンパイラの浮動小数点マッピング
A-4 OpenVMS AXPシステム固有の DEC Cコンパイラ機能
A-5 DEC C for OpenVMS AXPコンパイラの不可分性を保証する組み込み機能
A-6 DEC COBOLとVAX COBOLが共有する修飾子
A-7 VAX COBOLで使えないDEC COBOL修飾子
A-8 DEC COBOLで使えないVAX COBOL修飾子
A-9 /STANDARD修飾子の I-O ファイル状態コード
A-10 DEC FortranとVAX FORTRANで共有される修飾子
A-11 VAX FORTRANでサポートされない DEC Fortran修飾子
A-12 DEC Fortranでサポートされない VAX FORTRANオプション
A-13 VAXシステムと AXPVMSシステムでの浮動小数点データ
A-14 DEC Pascalの新機能
A-15 あらかじめ宣言されている名前の使用法


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡