日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 3 章:共有データの整合性の維持
第 4 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 5 章: アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 6 章:ネイティブイメージとトランスレートイメージの相互操作性の確認
付録 A :OpenVMS AXPコンパイラ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS AXP オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS AXP
オペレーティング・システム
OpenVMS AXP オペレーティング・システムへの移行:
再コンパイルと再リンク

索引


目次


主索引
A B C D E F G H I L M N O P R S T U V W

_                      

A
$ADJWSL
/ALIGNMENT修飾子
Alpha AXP命令
    DEC Cからのアクセス
ARCH_NAME
ARCH_TYPE #1
ARCH_TYPE #2
ARCH_TYPE #3
B
BASE
/BPAGE
    VAXイメージのリンク
C
CALENDAR パッケージ
COMPONENT_ALIGNMENT
COMPONETN_SIZE
Conditional compilation directives
    DEC CのVAX Cとの相違点
CPU
$CREPRC
$CRETVA
    メモリの再割り当て
    
$CRMPSC #1
$CRMPSC #2
    マッピング
        拡張された仮想アドレス空間へ
            
        単一ページの
        定義されたアドレス範囲へ
            
D
DEC Ada
    AXPとVAXシステム間の互換性
DEC C
    64-bit互換性
    Alpha AXP命令へのアクセス
    ANSI準拠
    AXPシステム固有の機能
    pccモード
    VAX C との互換性
    VAX Cモード #1
    VAX Cモード #2
    VAX命令へのアクセス
    サポートされるデータ型サイズ
    データ・アラインメントの制御
    データ型サイズ移植用マクロ
    不可分な組み込み機能
    浮動小数点形式の指定
DEC COBOL
    VAX COBOLとの互換性
    コマンド・ライン修飾子
DEC Fortran
    VAX FORTRAN
        アーキテクチャの違い
        インタプリタの違い
        共有される修飾子
        言語の特徴
        コマンド・ライン修飾子
        固有の修飾子
        制約事項
        データの移植
        で使用できない修飾子
        との互換性
        との違い
    組み込み名
        接頭辞
    相互操作性の考慮
    入出力の実行
    浮動小数点データ型のサポート
DEC Pascal
    VAX Pascalとの互換性
    新機能
DECmigrate for OpenVMS AXP
DECmigrateユーティリティ
    VESTコマンド/PRESERVE修飾子
$DELTVA
    割り当てたメモリの解除
/DEMAND_ZERO
DPML(Digital Portable Mathematics Library)
    互換性
    ルーチン
DZRO_MIN
E
$EXPREG #1
$EXPREG #2
    
F
/FLOAT
    浮動小数点形式の指定
FLOAT_REPRESENTATION
freeルーチン
    メモリの割り当て
G
$GETJPI
$GETQUI
$GETSYI #1
$GETSYI #2
$GETSYI #3
$GETSYI #4
    システム・ページ・サイズの確認
$GETUAI
/GST
H
HW_MODEL
I
IEEE浮動小数点
    DEC Cでの指定
IEEE_FLOAT
/INFORMATIONALS
INSQUEx命令(VAX)
    DEC Cからのアクセス
ISD_MAX
L
$LCKPAG
LIB$DECODE_FAULT
LIB$DEC_OVER
LIB$ESTABLISH
    AXPシステムでのサポート
LIB$FIXUP_FLT
LIB$FLT_UNDER
LIB$FREE_VM_PAGE
LIB$GET_VM_PAGE
LIB$INT_OVER
LIB$MATCH_COND #1
LIB$MATCH_COND #2
LIB$REVERT
LIB$SIGNAL
LIB$SIG_TO_RET
LIB$SIG_TO_STOP
LIB$SIM_TRAP
LIB$STOP
$LKWSET #1
$LKWSET #2
Load locked命令(LDxL)
LONG_FLOAT
LONG_LONG_FLOAT_MATH_LIB
LONG_LONG_FLOAT_TEXT_IO
M
MAIN_STORAGE
mallocルーチン
    メモリの割り当て
MATH_LIBパッケージ
MB命令
    DEC Cからのアクセス
/MEMBER_ALIGNMENT
    データ・アラインメントの制御
$MGBLSC
MTH$ルーチン
    互換性
N
/NATIVE_ONLY #1
/NATIVE_ONLY #2
    相互操作性
    ネイティブ・イメージの作成
/NOINFORMATIONALS
O
OpenVMSエグゼクティブ
/OPTIMIZE
OTS$CALL_PROC RTL
    コールバックを可能にする
P
PAGE_COUNT
pcc
    DEC C互換モード
/PRESERVE
PSBの作成
$PURGWS
R
REMQUEx命令(VAX)
/REPLACE
/RESERVED_WORD
retadr引数
    $CRETVA
    $CRMPSC
    $EXPREG
S
/SECTION_BINDING
$SETPRT
$SETUAI
SHARED
SHARE_GENERIC
/SIF
SIF(シンボル・インフォメーション・ファイル)
    形式
    使用方法
$SNDJBC
SS$_ALIGN
    シグナル・アレイ
SS$_HPARITH
    シグナル・アレイ
/STANDARD #1
/STANDARD #2
    DEC C互換モード
STORAGE_UNIT
Store conditional命令(STxC)
SYMBOL_TABLE
SYMBOL_VECTOR #1
SYMBOL_VECTOR #2
    相互操作性の考慮
SYS.STB
SYS$UNWIND
/SYSEXE #1
/SYSEXE #2
SYSTEM.ADD_INTERRLOCKED
SYSTEM.ALIGNED_WORD
SYSTEM.CLEAR_INTERLOCKED
SYSTEM.H_FLOAT
SYSTEM.IEEE_DOUBLE_FLOAT
SYSTEM.IEEE_SINGLE_FLOAT
SYSTEM.INSQHI
SYSTEM.INSQTI
SYSTEM.INSQ_STATUS
SYSTEM.MAX_DIGITS
SYSTEM.MFPR
SYSTEM.MTPR
SYSTEM.NAME
SYSTEM.READ_REGISTER
SYSTEM.REMQHI
SYSTEM.REMQTI
SYSTEM.REMQ_STATUS
SYSTEM.SET_INTERLOCKED
SYSTEM.SYSTEM_NAME
SYSTEM.TICK
SYSTEM.WRITE_REGISTER
SYSTEM_RUNTIME_TUNINGパッケージ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項