日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 3 章:共有データの整合性の維持
第 4 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 5 章: アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 6 章:ネイティブイメージとトランスレートイメージの相互操作性の確認
付録 A :OpenVMS AXPコンパイラ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS AXP オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS AXP
オペレーティング・システム
OpenVMS AXP オペレーティング・システムへの移行:
再コンパイルと再リンク


目次 索引


T
TESTBITCCI命令
TESTBITSSI命令
/TIE
    DEC Fortranがサポートする
    コンパイラ相互操作性修飾子
TIME_SLICE
TRAPB命令
U
$ULKPAG
$ULWSET
UNIVERSAL
$UPDSEC
V
VAX C
    DEC C互換モード
VAX FORTRAN
    DEC Fortranとの互換性
    データの移植
VAX命令
    DEC Cからのアクセス
    インターロック命令
        DEC Cでのサポート
VAX_FLOAT
VEST(VAX Environment Software Translator)
    修飾子
        /PRESERVE #1
        /PRESERVE #2
    使用方法
    シンボル・インフォメーション・ファイル(SIF)の使用
    代用イメージの作成
    相互操作性
VMS Mathematics(MTH$)ランタイム・ライブラリ
    互換性
Volatile属性
    共有データ(shared data)
        移植
        保護
W
/WARNINGS
アイテム・コード
    ARCH_TYPE
    $GETSYI
アプリケーション
    VAXに依存する部分のチェック・リスト
移行プロセスの概要
一般的な条件処理サポート・ルーチン
    LIB$DECODE_FAULT
    LIB$ESTABLISH
    LIB$MATCH_COND
    LIB$REVERT
    LIB$SIGNAL
    LIB$SIG_TO_RET
    LIB$SIG_TO_STOP
    LIB$SIM_TRAP
    LIB$STOP
イメージの作成
インターロック命令
オーバーフローの通知
オプションの引数
    シグナル・アレイ
仮想アドレスのレイアウト
仮想メモリの割り当て
キーワード
    ARCH_NAME
    ARCH_TYPE #1
    ARCH_TYPE #2
    CPU
    HW_MODEL
共有可能イメージ(shareable image)
    トランスレートされたイメージとネイティブ・イメージの置換
共有データ(shared data)
    無意識に共有される
グローバル・シンボル・テーブル(GST)
コンパイラ
    AXPシステム
    互換性
    相互操作性修飾子
        /TIE
参考文献
算術演算
    ライブラリ
        互換性
    例外
        サポート・ルーチン
            LIB$DEC_OVER
            LIB$FIXUP_FLT
            LIB$FLT_UNDER
            LIB$INT_OVER
シグナル・アレイ
    SS$_ALIGN例外
    SS$_HPARITH例外
    アドレス
        メカニズム・アレイ
    オプションの引数
    形式
    状態値
    引数の数
    プログラム・カウンタ(PC)
    プロセッサ・ステータス・ロングワード(PSL)
システム・サービス
    $ADJWSL
    $CREPRC
    $CRETVA
    $CRMPSC #1
    $CRMPSC #2
    $DELTVA
    $EXPREG
        メモリ割り当て
    $GETJPI
    $GETQUI
    $GETSYI #1
    $GETSYI #2
    $GETSYI #3
    $GETUAI
    $LCKPAG
    $LKWSET #1
    $LKWSET #2
    $MGBLSC
    $PURGWS
    $SETPRT
    $SETUAI
    $SNDJBC
    $ULKPAG
    $ULWSET
    $UPDSEC
    メモリ管理機能
シンボル
    PAGE_COUNT
    再定義
        DEC C のVAX Cとの互換性
シンボル・インフォメーション・ファイル(SIF)
    形式
    使用方法
シンボル・テーブル・ファイル(SYS.STB)
シンボル・ベクタ
    レイアウトの制御
実行スレッド
    同期に関する影響
ジャケット・ルーチン
    代用イメージの作成
条件コード
    識別
条件処理
    AXPシステム
    アラインメント・フォルトの報告
    オーバーフローの通知
    算術演算例外
    シグナル・アレイ形式
    条件コード
    条件ハンドラ
        作成
        指定
    ハードウェア例外
    巻き戻し
    メカニズム・アレイ
    ランタイム・ライブラリ・サポート・ルーチン
状態値
    シグナル・アレイ
セクションのマッピング
セグメントの保護
相互操作性
    /BPAGE
    コンパイル時に考慮すること
    シンボル・ベクタ・レイアウトの制御
    代用イメージの作成
    トランスレートされたイメージ
        とネイティブなイメージ
    ネイティブ・イメージの作成
        トランスレートされたイメージから呼び出せる
        トランスレートされたイメージを呼び出す
    ネイティブなAXPイメージ
        コンパイル
        リンク
代用イメージ
    作成
テキスト・ライブラリ
    移植
転送ベクタ・ファイル
データ
    VAX FORTRAN
        から(df)への移植
    アラインメント
    表現
    無意識に共有される
データ・アラインメント
    DEC Cで無効な機能
    例外報告
データ型(data type)
    Alpha AXPアーキテクチャ
    VAXアーキテクチャ
    移植性(portability)
    サイズ
        DEC C移植用マクロ
        DEC Cでのサポート
        共有データの保護
    (df)とVAX FORTRANの違い
データ構造体の初期化
    DEC CのVAX Cとの相違点
トランスレートされたイメージ
    コールバック
    作成
    ネイティブなAXPイメージとの置換
    不可分性の保証
    リンカ・オプションでの使用
同期
    OpenVMS AXP互換性機能
    VAXアーキテクチャの機能
    VAXアプリケーションで仮定された保証の検出
    トランスレートされたイメージの
    プログラム例
ハンドラ・データ・アドレス
    メカニズム・アレイ
バイト粒度(byte granularity)
    同期に関する影響
引数の数
    シグナル・アレイ
    メカニズム・アレイ
引数リスト
    OpenVMS AXPコンパイラのDEC C
表記法
ファイル・タイプ
    AXPシステムの
深さ
    メカニズム・アレイ
不可分性(atomicity)
    DEC Cのサポート
    トランスレートされたイメージでの保証
不可分な(atomic)命令
    同期に関する影響
浮動小数点データ型
    CVT$CONVERT_FLOAT RTLルーチン
    DEC Cでの形式の指定
    H浮動小数点データの変換
    VAX FORTRAN
        との違い
    VAX型とAXP型
    VAX リトル・エンディアン形式
フラグ
    メカニズム・アレイ
フレーム・ポインタ
    メカニズム・アレイ
プラグマ
    COMPONENT_ALIGNMENT
    FLOAT_REPRESENTATION
    LONG_FLOAT
    MAIN_STORAGE
    SHARED
    SHARE_GENERIC
    TIME_SLICE
プログラム・カウンタ(PC)
    シグナル・アレイ
プロシージャ・シグナチャ・ブロック(PSB)
    作成
プロセッサ・ステータス・ロングワード(PSL)
    シグナル・アレイ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項