日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 部  概要
第 1 章 OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部  基本操作
第 2 章 ログイン操作 ログアウト操作
第 3 章 DCL コマンドを使用する
第 4 章 パスワードを変更する
第 5 章 ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章 キーボードを使用する
第 7 章 エディタを使用する
第 8 章 ファイルを指定する
第 9 章 ディレクトリを作成する
第 10 章 ファイルを操作するためのコマンド
第 11 章 ファイルを保護する
第 3 部 日本語 OpenVMS の便利な機能を使う
第 12 章 ファイルの内容を印刷する
第 13 章 バッチ・キューを利用する
第 14 章 プロセスについて
第 15 章 シンボルを使用する
第 16 章 論理名を使用する
第 17 章 コマンド・プロシージャを使用する
リファレンス・セクション 付録
付録 A システムの起動と停止
付録 B 日本語環境を設定する
付録 C ネットワークを利用したファイル操作
付録 D JMAIL ユーティリティを使用する
付録 E レキシカル関数一覧
付録 F Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G 関連アプリケーション
付録 H PC 関連製品
付録 I 日本語 OpenVMS クイック・リファレンス
付録 J 日本語 OpenVMS マニュアル・クイック・リファレンス
  索引
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 部
第 1 部  概要
第 1 章
1 OpenVMS の現在,過去,未来
     1.1     さあ,始めよう!OpenVMS
         1.1.1         OpenVMS の定義
         1.1.2         OpenVMS とユーザ
     1.2     OpenVMS 年代記
         1.2.1         VMS の誕生
         1.2.2         ネットワーキング
         1.2.3         クラスタリング
         1.2.4         Alpha と 64 ビット・オペレーティング・システム
     1.3     21 世紀の OpenVMS
         1.3.1         インターネットとWebアプリケーション
         1.3.2         クラスタリングの未来と Galaxy
         1.3.3         IPFサポート
第 2 部
第 2 部  基本操作
第 2 章
2 ログイン操作 ログアウト操作
     2.1     ログインからログアウトまでの流れ
         2.1.1         ログインする
         2.1.2         DCL コマンドを使用する
         2.1.3         ユーティリティを使用する
         2.1.4         ログアウトする
     2.2     VT でのログイン / ログアウト操作
     2.3     PC でのターミナル操作について
     2.4     Tera term Pro V2.3 を使う
         2.4.1         初期設定をする
         2.4.2         日本語 OpenVMS にログインする
     2.5     Reflection を使う
         2.5.1         初期設定をする
         2.5.2         日本語 OpenVMS にログインする
     2.6     CDE でのログイン/ログアウト操作
         2.6.1         CDE にログインする
         2.6.2         漢字端末エミュレータを使用する
         2.6.3         CDE からログアウトする
     2.7     コラム:電源はいきなり切らない
第 3 章
3 DCL コマンドを使用する
     3.1     DCL コマンドを使用する
     3.2     DCL コマンドの形式
     3.3     一般的に使用される DCL コマンド
     3.4     DCL コマンドの実行方法
     3.5     DCL コマンドを短縮して使う
     3.6     DCL コマンドを複数行にわたって入力する
     3.7     DCL コマンド行を編集する
         3.7.1         編集した DCL コマンドの実行
         3.7.2         DCL コマンド行の編集例
     3.8     DCL コマンドの再呼び出し
第 4 章
4 パスワードを変更する
     4.1     パスワード変更コマンド --- SET PASSWORD
     4.2     パスワードの規則
     4.3     パスワードの有効期間
     4.4     パスワードを変更する時期
         4.4.1         初めて日本語 OpenVMS にログインした場合
         4.4.2         ユーザが必要に応じてパスワード変更する場合
         4.4.3         日本語 OpenVMS がパスワードの変更を促す場合
     4.5     パスワードと機密保護
第 5 章
5 ヘルプとシステム・メッセージ
     5.1     ヘルプを使う --- HELP
         5.1.1         ヘルプの言語の切り替え--- @JSY$SYSTEM:JSY$SWITCH
         5.1.2         ヘルプを開始する--- コマンドがわからない場合
         5.1.3         ヘルプを開始する --- コマンドがわかっている場合
         5.1.4         コマンドの説明の再表示
         5.1.5         Topic? に戻る
         5.1.6         コマンド一覧の表示
         5.1.7         ヘルプを終了する
     5.2     システム・メッセージとは
         5.2.1         メッセージの形式と種類
         5.2.2         エラー・メッセージの例
     5.3     エラーを解決する
     5.4     システム・メッセージのオンライン・ヘルプ --- HELP/MESSAGE
     5.5     コラム:画面出力をファイルに落とす
         5.5.1         ヘルプのテキストをファイルに落とすには
         5.5.2         システム・メッセージのテキストをファイルに落とすには
         5.5.3         コマンドの実行結果をファイルに落とすには
第 6 章
6 キーボードを使用する
     6.1     キーボードとキーの割り当て
         6.1.1         キーの表記
         6.1.2         キーボードの配列
         6.1.3         日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て
         6.1.4         Reflection のキー割り当て
         6.1.5         Tera Term Pro のキー割り当て
     6.2     コマンド列をキーに割り当てる (キーを定義する) --- DEFINE/KEY
     6.3     定義したキーを参照する--- SHOW KEY
     6.4     キー定義を無効にする--- DELETE/KEY
第 7 章
7 エディタを使用する
     7.1     日本語 EVE エディタを起動する --- EDIT/XTPU
     7.2     日本語 EVE エディタを使用する
         7.2.1         かな漢字変換キーパッドを設定する
         7.2.2         変換キーパッドを変更する --- SET KEYPAD
         7.2.3         日本語 EVE エディタの編集画面
     7.3     日本語 EVE エディタを終了する
     7.4     文字を入力する
         7.4.1         PC の日本語入力機能を使って文字を入力する場合
     7.5     入力モードの切り替え
     7.6     文字を変換する
         7.6.1         JVMS キーパッドの変換キー
     7.7     入力文字変換操作
         7.7.1         ひらがな変換  [Ctrl] + [L]
         7.7.2         カタカナ変換  [Ctrl] + [K]
         7.7.3         全角変換  [Ctrl] + [F]
         7.7.4         半角変換  [Ctrl] + [G] → [Ctrl] + [F]
         7.7.5         漢字変換  [Ctrl] + [スペース]
         7.7.6         日本語 EVE の終了  [Ctrl] + [Z]
     7.8     文字 ( 行 ) を削除 / 挿入する
     7.9     日本語 EVE のコマンドを入力してテキストを編集する
         7.9.1         日本語 EVE コマンドを入力するための定義済みキーを使用する
         7.9.2         Command: プロンプトで日本語 EVE コマンドを入力する
         7.9.3         日本語 EVE コマンドの実行例
     7.10     カーソルを移動する
         7.10.1         カーソル移動の例
     7.11     日本語 EVE コマンド名の短縮
     7.12     文字列を探す--- FIND
         7.12.1         アルファベットの文字列を探す
     7.13     文字列を置き換える--- REPLACE
         7.13.1         アルファベットの文字列を置き換える
     7.14     記号を入力する--- KIGOU
         7.14.1         コード番号で記号を入力する --- KIGOU BY CODE
     7.15     罫線モードを使用する --- DRAW KEISEN
         7.15.1         罫線モードの終了
     7.16     日本語 EVE のオンライン・ヘルプを使用する
     7.17     編集によく使用される日本語 EVE コマンド
     7.18     コラム:エディタについて


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡