日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

付録 E
付録 E レキシカル関数一覧
付録 F
付録 F Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G
付録 G 関連アプリケーション
付録 H
付録 H PC 関連製品
     H.1     PC 用の VT ターミナル・エミュレータ製品
     H.2     PC 用の X サーバ製品
付録 I
付録 I 日本語 OpenVMS クイック・リファレンス
付録 J
付録 J 日本語 OpenVMS マニュアル・クイック・リファレンス
索引
索引
2-1 Terminal Setup ダイアログ・ボックス
2-2 Keyboard Setup ダイアログ・ボックス
2-3 General Setup ダイアログ・ボックス
2-4 「 New connection 」ダイアログ・ボックス
2-5 Tera Term Pro を使った日本語 OpenVMS システムへのログイン
2-6 「ターミナルの設定」ダイアログ・ボックス
2-7 「ホスト / サービスに接続」ダイアログ・ボックス
2-8 Reflection を使った日本語 OpenVMS システムへのログイン
2-9 CDE のログイン画面
2-10 CDE セッションの開始画面
2-11 フロントパネル
6-1 キーボードの配列例
6-2 日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て
6-3 Reflection のキー割り当て
6-4 Tera Term Pro のキー割り当て
7-1 日本語 EVE の編集画面
9-1 ディレクトリ階層構造
11-1 保護コードの指定例
13-1 バッチ・ジョブの流れ
14-1 プロセスの構成要素
3-1 DCL コマンドの入力例
5-1 システム・メッセージの種類
6-1 日本語 OpenVMS (CDE) の一般的なキー割り当て
6-2 Reflection と日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て対照表
6-3 Tera Term Pro と日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て対照表
7-1 JVMS キーパッドの変換キー
7-2 JVMS キーパッドの便利な定義済みキー
7-3 JVMS キーパッドのカーソル移動に関する定義済みキー
7-4 編集によく使用される日本語 EVE コマンド
8-1 ファイル指定の各要素に使用できる文字数
8-2 ファイル指定の各要素とデフォルト
9-1 ディレクトリの指定で使用するシンボル
11-1 ファイル保護のために設定できる操作
11-2 UIC の形式
11-3 ファイルにアクセスするユーザのタイプ
12-1 PRINT コマンドのパラメータ一覧
17-1 数値比較演算子
17-2 文字列比較演算子
C-1 PC と互換性のあるレコード・フォーマット
E-1 システムとその処理に関する情報入手のためのレキシカル関数
E-2 利用者プロセスについての情報入手のためのレキシカル関数
E-3 文字列や整数の操作のためのレキシカル関数
F-1 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ 一般コマンド ★ 対応表
F-2 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ ファイル管理コマンド ★ 対応表
F-3 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ テキスト・ファイル操作コマンド ★ 対応表
F-4 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ ジョブ・プロセス管理コマンド ★ 対応表
F-5 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ ネットワーク関連コマンド ★ 対応表
F-6 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ 印刷関連コマンド ★ 対応表
F-7 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ システム管理コマンド ★ 対応表
F-8 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ その他のコマンド ★ 対応表
I-1 DCL コマンドの形式
I-2 一般的な操作の DCL コマンド
I-3 コマンドの再呼び出し方法
I-4 完全なファイル指定
I-5 ファイル指定の各要素
I-6 DCL コマンドが使用するデフォルトのファイル・タイプ
I-7 よく使用されるキーの組み合わせによる操作 (DCL コマンド・ラインで使用 )
I-8 ファイルの保護
J-1 日本語 OpenVMS マニュアル・クイック・リファレンス

目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡