日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

付録 F
Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表

ここでは,Linux や UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS でよく使用されるコマンドの対応表を示します。

表中  ( ) で囲まれたコマンドは,類似機能を持ったコマンドです。また空欄は対応するコマンドがないことを示します。

表 F-1 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ 一般コマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
!   RECALL 過去に入力したコマンドを呼び出す
| | (PIPE) コマンドの標準出力を次のコマンドに引き渡す
> > (PIPE) 出力をリダイレクトする
>> >> (PIPE) 出力をファイルへ追加する
< < (PIPE) 入力をリダイレクトする
<< << (PIPE) 入力終端文字列を指定する
&   (SPAWN/NOWAIT) コマンドをバック・グラウンドで実行する
alias DOSKEY ==,
:==
コマンドの別名を定義したり,マクロを作成する
bg   (ATTACH) ジョブをバック・グラウンドで実行するよう切り替える
source CALL @ 親プロセスにスクリプトを起動させる
バッチファイル中から,別のバッチファイルを呼び出す
cd CD,CHDIR SET DEFAULT デフォルト・ディレクトリの変更(移動)
date DATE,TIME SET TIME,
SHOW TIME
日時を設定,表示する
exit EXIT LOGOUT ログアウトする
fg   (ATTACH) ジョブをフォア・グラウンドで実行するよう切り替える
  GOTO GOTO バッチファイル(コマンド・プロシージャ)内でラベルが付けられた行へコマンドインタプリタの実行を移す
  IF IF バッチファイル内で,条件処理を実行する
history DOSKEY RECALL 過去に入力したコマンドを再呼び出しする
jobs   SHOW SYSTEM 現在のプロセスの情報を表示する
  PAUSE (INQUIRE) バッチファイルの処理を一時停止し,メッセージを表示する
man HELP HELP オンライン・ヘルプを参照する
passwd   SET PASSWORD パスワードを変更する
popd
[csh内]
POPD   スタックに保存したディレクトリに戻る
  PROMPT SET PROMPT プロンプトを変更する
pushd
[csh内]
PUSHD   カレント・ディレクトリをスタックに保存して移動する
  REM ! バッチファイル(コマンド・プロシージャ)の中で,コメント(注釈)を記入する
setenv SET ==,
:==,
DEFINE,
SHOW LOGICAL,
SHOW SYMBOL
環境変数を表示,設定,または削除する
stty,
tset
MODE SET TERMINAL ターミナル属性を設定する
unalias   DELETE/SYMBOL alias 名(シンボル定義)を削除する
  VER (SHOW SYSTEM/NOPROC) システムのバージョンを表示する
vmstat   MONITOR メモリや CPU の負荷率や使用状況を表示する
w   SHOW PROCESS ログインしているユーザと使用状況を表示する
wait   SYNCHRONIZE プロセスおよびジョブの終了を待つ
who   SHOW USER 現在ログインしているユーザ名を表示する
write   (REPLY/USER) ログイン中のユーザにメッセージを送る

表 F-2 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ ファイル管理コマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
basename     ディレクトリや末尾の文字列を削除したファイル名だけを出力する
ls -l CACLS DIR/SECURITY,
SET FILE/ACL
ファイルのアクセス制御リスト(ACL)等を表示または変更する
chgrp   SET FILE/OWNER ファイルやディレクトリのグループを変更する
chmod ATTRIB SET FILE/PROT ファイルやディレクトリのアクセス権を変更する
chown   SET FILE/OWNER ファイルやディレクトリの所有者を変更する
compress     ファイルのサイズを縮小する
cp COPY COPY ファイルやディレクトリをコピーする
dd   CONVERT ファイルの変換とコピーを行う
df   SHOW DEVICE ディスク・ドライブの使用量を表示する
  DISKCOPY BACKUP/IMAGE ディスクの内容を別のディスクにコピーする
diff COMP,FC DIFFERENCE ファイルの内容を比較する
du DIR/S DIR/SIZE/TOTAL ディレクトリ内のファイル容量を表示する
find DIR/S DIR ファイルやディレクトリを検索する
  LABEL SET VOLUME ディスクのボリュームラベルを作成,変更,または削除する
ln   (SET FILE/ENTER) ファイルやディレクトリにリンクを張る
ls DIR DIR ファイルやディレクトリの情報を表示する
mkdir MD,MKDIR CREATE/DIRECTORY ディレクトリを作成する
mv MOVE,
REN,
RENAME
RENAME ファイルやディレクトリの移動,名前の変更を行う
od   DUMP バイナリ・ファイルの内容を表示する
pwd CD SHOW DEFAULT 現在のディレクトリの場所を確認する
rm DEL,ERASE DELETE ファイルやディレクトリを削除する
rmdir DEL,
RD,
RMDIR
DELETE ディレクトリを削除する
split     ファイルを分割する
  SUBST DEFINE パスをドライブ名で置き換える(論理名に等価名を対応させる)
tar   BACKUP 複数のディレクトリやファイルを 1 つのファイルに格納または復元する
touch     ファイルのタイムスタンプを変更する
  VOL (SHOW DEVICE) ディスクのボリュームラベルとシリアル番号を表示する
cp-r XCOPY COPY,
BACKUP
ファイルやディレクトリ構造をコピーする

表 F-3 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ テキスト・ファイル操作コマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
cat TYPE TYPE テキスト・ファイルの内容を表示する
cut     テキスト・ファイルの各行から文節を取り出す
grep FIND,
FINDSTR
SEARCH 文字列を検索する
iconv   KCODE,
ICONV
文字コードを変換する
head   (TYPE/PAGE) テキスト・ファイルの先頭部分を表示する
less   TYPE/PAGE=SAVE テキスト・ファイルの内容をページ単位で表示する
more (MORE) TYPE/PAGE テキスト・ファイルの内容をページ単位で表示する
nkf   KCODE,
ICONV
文字コードを変換する
sort SORT (SORT) 行を並べ替える
tail   TYPE/TAIL テキスト・ファイルの末尾部分を表示する
uniq   (SORT/NODUPLICATE) 重複した行を削除する
vi   EDIT テキスト・ファイルを編集する
wc     テキスト・ファイルの行数,単語数,バイト数を表示する

表 F-4 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ ジョブ・プロセス管理コマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
at AT SUBMIT 指定時刻にジョブを実行する
atq AT SHOW ENTRY 実行待ちジョブを表示する
atrm AT/DELETE DELETE/ENTRY 実行待ちジョブを削除する
batch   SUBMIT 自動的にジョブを実行する
crontab     プログラムを定期的に実行する crond 用の設定ファイルを編集する
kill   STOP プロセスおよびジョブを強制終了する
nice     優先順位を決めてコマンドを実行する
nohup     ログアウトした後もコマンドを実行し続ける
ps   SHOW PROCESS,
SHOW SYSTEM
実行中のプロセスを表示する
sleep   WAIT 指定された時間が過ぎるまで現在のプロセスを待ち状態にする
stop
[csh内]
  (STOP) バック・グラウンドのジョブを停止する
top   MONITOR 現在のシステムの状況の表示やプロセスの管理をする

表 F-5 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ ネットワーク関連コマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
ftp FTP FTP FTPサーバに接続し,ファイル転送または表示を行う
hostname   (TCPIP) ホスト名を登録する
ping PING (TCPIP PING) パケットを送りネットワークの状況を調べる
rcp   RCP リモート・マシン間でファイルをコピーする
rlogin   RLOGIN リモート・マシンにログインする
rsh   RSH リモート・マシンのコマンドを実行する
telnet TELNET TELNET 他のホストと通信をする

表 F-6 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ 印刷関連コマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
lpc   SET ENTRY 印刷を制御する
lpq   SHOW QUEUE 印刷キューを確認する
lpr PRINT PRINT プリンタで印刷をする
lprm   DELETE/QUEUE 印刷キューを削除する

表 F-7 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ システム管理コマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
disklabel FDISK   ハードディスクのパーティションを設定する
fastboot     システムを高速で再起動する
fasthalt     システムを高速でシャットダウンする
fdisk FDISK   ハードディスクのパーティションを設定する
finger     ユーザ情報を表示する
free   SHOW MEMORY メモリの使用状況を表示する
fsck CHKDSK,
SCANDISK
ANALYZE/DISK ディスク検査と修復を行う
groupadd   AUTHORIZE グループを追加する
groupdel   AUTHORIZE グループを削除する
groupmod   AUTHORIZE グループ情報を変更する
halt   (SHUTDOWN) プロセッサを停止する
id   (AUTHORIZE) ユーザやグループ ID を出力する
last     最近ログインしたユーザの情報を表示する
lastlog   (AUTHORIZE) 各ユーザの最後にログインした日付を表示する
login   (SET HOST) ログインする
mkfs FORMAT INITIALIZE ファイル・システムを作成する
mount   MOUNT ファイル・システムをマウントする
newfs FORMAT INITIALIZE ファイル・システムを作成する
reboot   (REBOOT) システムを再起動する
shutdown   (SHUTDOWN) システムをシャットダウンあるいは再起動する
su     ユーザ ID 一時的に切り替える
uname     システム情報を表示する
umount   DISMOUNT ファイル・システムをアンマウントする
useradd   AUTHORIZE ユーザを追加する
userdel   AUTHORIZE ユーザを削除する
usermod   AUTHORIZE ユーザのアカウント情報を変更する
vipw     passwd ファイルを編集する

表 F-8 Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS ★ その他のコマンド ★ 対応表
LinuxまたはUNIX MS-DOS 日本語 OpenVMS 機能
banner     指定された文字を拡大して表示する
  BREAK (SET CONTROL) 拡張 CTRL/C チェックを設定または解除する
cal     カレンダを表示する
  CHCP (LOCALE) 有効なコードページ番号を表示または設定する
echo ECHO   引数に与えられた文字列を表示する
tee     標準入力を標準出力とファイルに出力する
which     コマンドを探す


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項