日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

付録 A
システムの起動と停止

ここでは,日本語 OpenVMS システムの起動と停止について簡単にまとめます。

A.1 システムを起動する

システムを起動するには,次の方法があります。 (ここで ddcu はデバイス名を指定します。)

通常のブート・コマンドで起動

  • Alpha システムの場合  >>> BOOT [-FLAG 0,0 ddcu]

  • VAX システムの場合   >>> BOOT [ddcu]



A.2 シャットダウン・コマンド・プロシージャでシステムを停止する

シャットダウン・コマンド・プロシージャでシステムを停止するには,次の手順を行います。

  1. シャットダウン・コマンド・プロシージャを実行します。


        $ @SYS$SYSTEM:SHUTDOWN.COM    
    


    次のようなシャットダウン時の質問事項に答えると,システムがシャット・ダウンされます。


        How many minutes until final shutdown [0]: 
        Reason for shutdown [Standalon]: 
        Do you want to spin down the disk volumes [NO]? 
        Do you want to invoke the site-specific shutdown procedure [YES]?    
        Should an automatic system reboot be performed [NO]? 
        When will the system be rebooted [later]: 
        Shutdown options (enter as a comma-separated list): 
            REBOOT_CHECK       Check existence of basic system files 
            SAVE_FEEDBACK      Save AUTOGEN feedback information from this boot 
            DISABLE_AUTOSTART  Disable autostart queues 
        Shutdown options [NONE]: 
    


  2. メッセージが出たら,シャットダウンは完了です。この後,必要であれば電源を切ります。


        SYSTEM SHUTDOWN COMPLETE - USE CONSOLE TO HALT SYSTEM    
    


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項