日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

第 12 章
ファイルの内容を印刷する

この章では

多くのプリンタは,複数のユーザにより共有して使用されます。しかし,ユーザが,1 台のプリンタで同時に印刷することはできませんので,なんらかの制御を行って,順番に印刷していく必要があります。日本語 OpenVMS は,その制御を行います。

ここでは,印刷の流れ,印刷の方法,状態の確認方法について説明します。

関連資料

  • 『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』

  • 『OpenVMS DCL ディクショナリ』

  • 『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』



12.1 印刷の流れ

ファイルを印刷するには,PRINT コマンドを使用します。ユーザが PRINT コマンドを発行すると プリント・ジョブ が作成されます。プリント・ジョブは,システムがプリント処理を行う単位です。

ユーザがジョブを依頼しても,すぐには印刷されません。日本語 OpenVMS は,ジョブを待ち行列の中に入れ,ジョブが依頼された時刻の順に 1 つずつ印刷していきます。このとき,日本語 OpenVMS は,複数のユーザのジョブを エントリという呼び名で取り扱います。エントリには,依頼された時刻の順に通番で番号が付けられます。

ユーザ,ユーザのジョブ,エントリ,プリンタの関係を図で示すと,次のようになります。


DCL コマンドでプリンタを指定する際の擬似的な名前を, プリント・キューといいます。プリント・キューは任意の名前で,システム管理者が付けます。プリント・キューはシステムが管理する出力待ち行列のことです。

プリント・ジョブは,プリント・キューに登録されプリンタへ出力されます。

12.2 印刷する --- PRINT

ファイルの内容をプリンタで印刷するには,PRINT コマンドを使用します。

PRINT コマンドの入力形式は,次のとおりです。


    $ PRINT/QUEUE=プリント・キュー印刷するファイル[,...] 
                        (1)                    (2)

  1. プリント・キュー
    プリント・キューの名前

  2. 印刷するファイル
    印刷するファイルの名前
    複数のファイルを指定することもできます。複数のファイルを指定する場合,ファイルの名前をコンマで区切ります。
    ファイル・タイプは省略できます。省略した場合,LISを指定したものと見なされます。バージョン番号も省略でき,最新のバージョンを指定したものと見なされます。
    ファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号にはワイルドカード文字を指定できます。

PRINT コマンドを実行すると,次のように表示されます。


    $ PRINT/QUEUE=PRINTER1 MONTH_KEIHI.TXT 
    Job MONTH_KEIHI (queue PRINTER1, entry 355) started on PRINTER1 
         (1)                 (2)              (3)                (4)

  1. ジョブの名前。( 通常,ファイル名になる。)

  2. プリント・キューの名前

  3. エントリ番号

  4. プリント・キューの名前



12.3 印刷状態の通知を指定する--- PRINT/NOTIFY

印刷状態をディスプレイに通知することを指定できます。次のように入力します。ファイルは複数指定できます。


    $ PRINT/QUEUE=プリント・キュー/NOTIFY 印刷するファイル    

次のような印刷状態が通知されます。

  • started --- 印刷開始

  • completed --- 印刷終了

  • Retained on error --- 印刷中に障害が発生



12.4 印刷パラメータを指定する--- PRINT/PARAMETERS

PRINT コマンドに /PARAMETERS 修飾子を使用すると,印刷のデータ・タイプや部数の指定などができます。


    $ PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAMETERS=指定パラメータファイル名    

PRINT コマンドのパラメータには次のようなものがあります。 (ここに記載してあるキーワードは一部のみです。)

表 12-1 PRINT コマンドのパラメータ一覧
印刷するデータ・タイプを指定
パラメータ DATA_TYPE
キーワード KANJI, POSTSCRIPT
PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM=DATA=KANJI ファイル名
1 枚の用紙片面に複数ページ分を印刷する
パラメータ NUMBER_UP
キーワード 0 - 100
PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM=NUMBER_UP=4 ファイル名
印刷する範囲の最初と最後のページ
パラメータ PAGE_LIMIT
キーワード 1 - 10000
PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM="PAGE_LIMIT=(2,8)" ファイル名
用紙の方向の指定
パラメータ PAGE_ORIENTATION
キーワード PROTRAIT (縦), LANDSCAPE (横)
PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM=PAGE_ORIENT=LAND ファイル名
印刷する部数
パラメータ SHEET_COUNT
キーワード 1 - 10000
PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM=SHEET_COUNT=3 ファイル名
用紙サイズの指定
パラメータ SHEET_SIZE
キーワード LETTER, LEGAL, A3, A4, B5
PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM=SHEET_SIZE=A4 ファイル名
片面,両面印刷の指定
パラメータ SIDES
キーワード 1, 2
PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM=SIDES=2 ファイル名

パラメータは次のように複数指定 (8 個まで ) することもできます。


PRINT/QUEUE=プリント・キュー/PARAM=(SIDE=2,NUMBER_UP=2,SHEET_SIZE=A) ファイル名 



12.5 印刷の状態を確認する

PRINT コマンドを実行しても,他のユーザのジョブが終了していない場合は,ジョブはプリント・キューに登録された状態で印刷の順番を待ち,すぐには印刷されません。また,なんらかの理由で障害が起こる場合もあるので,印刷の状態を確認することは大切です。

印刷には,次のような状態があります。

  • Printing --- 印刷中

  • Pending --- 印刷を待っている状態

  • Retained on error --- 印刷中に障害が発生



12.6 ユーザの登録したジョブの状態を確認する--- SHOW ENTRY

ユーザのプリント・ジョブの状態を確認するには,SHOW ENTRY コマンドを使用します。


    $ SHOW ENTRY 

SHOW ENTRY コマンドを実行すると,次のように画面に表示されます。


      Entry  Jobname         Username     Blocks  Status 
      -----  -------         --------     ------  ------ 
        355  MONTH_KEIHI     YAMADA            3  Pending  
        (1)      (2)               (3)           (4)   (5)
             On Terminal queue PRINTER1 

  1. エントリ番号

  2. ジョブの名前

  3. ユーザ名

  4. ファイルの大きさ。単位はブロック (1 ブロックは 512 バイト )

  5. 印刷の状態



12.7 キューの状態を確認する--- SHOW QUEUE

キューの状態やプリント・ジョブの状態を確認するには, SHOW QUEUE コマンドを使用します。


    $ SHOW QUEUE [/修飾子] [キュー名]    



12.8 印刷を中止する--- DELETE/ENTRY

印刷の障害が発生した場合や,印刷を中止したい場合には, DELETE/ENTRY コマンドを使用します。SHOW ENTRY コマンドを使用して,中止したいジョブのエントリ番号を調べておく必要があります。


    $ DELETE/ENTRY=エントリ番号   

エントリ番号は,中止したいジョブのエントリ番号です。

DELETE/ENTRY コマンドを実行して確実に印刷を中止できたことを確認するには,SHOW ENTRY コマンドを使用します。

12.9 印刷を中止する例

印刷を実行します。


    $ PRINT/QUEUE=PRINTER1 MONTH_KEIHI.TXT 
    Job MONTH_KEIHI (queue PRINTER1, entry 355) pending    
        pending status caused by queue busy 

ジョブのエントリ番号を調べます。


    $ SHOW ENTRY 
      Entry  Jobname         Username     Blocks  Status 
      -----  -------         --------     ------  ------ 
        355  MONTH_KEIHI     YAMADA            3  Pending    
             On Terminal queue PRINTER1 

印刷を中止します。


    $ DELETE/ENTRY=355    

印刷を中止できたことを確認します。


    $ SHOW ENTRY 
    %JBC-E-NOSUCHENT, このようなエントリは存在しません。    


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項