日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

第 8 章
ファイルを指定する

この章では

ファイルを管理するためには,ファイルやデバイスを認識するための情報をシステムに与える必要があります。ここでは,ファイルを指定する方法について説明します。

関連資料

  • 『OpenVMS DCL ディレクトリ』

  • 『OpenVMS システム管理者マニュアル』

  • 『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』

  • 『日本語 OpenVMS 概説書』



8.1 ファイル指定の要素と形式

日本語 OpenVMS での完全なファイルの指定は,6 つの要素を次の形式で指定します。


◆ノード名

コンピュータ・システムの名前。ノード名の後には :: を付けます。

ネットワークを使って他のコンピュータにアクセスする場合に指定します。同じコンピュータ内での指定には必要ありません。

◆デバイス名

ファイルが存在するデバイスの名前。デバイス名の後には : を付けます。

◆ディレクトリ名

ファイルの名前などの情報が登録されているファイル。ファイルを使用目的などによって分類する場合に使用します。ディレクトリ名は [ ] で囲みます。

◆ファイル名

ファイルの固有名。(通常,ファイルの内容を示す名前。)

◆ファイル・タイプ

ファイルの性質を示します。ファイル・タイプの前にはピリオド ( . ) を付けます。

ファイル・タイプは任意の名前を付けることができますが,ファイルの性質または用途によって日本語 OpenVMS が自動的に付ける場合があります。たとえば,ディレクトリ・ファイルにはファイル・タイプとして DIR が付けられます。また,ファイル・タイプは省略できます。ファイル・タイプを省略した場合には,あらかじめ決まっているファイル・タイプを指定したとみなされます。

◆バージョン番号

ファイルのバージョンを示します。バージョン番号の前にはセミコロン ( ; ) を付けます。

バージョンは 10 進数で表され,最初に作成したファイルは,バージョン番号が 1 です。

ファイルを更新すると,更新後のファイルにはファイル名,ファイル・タイプが同じで,1 が加算されたバージョン番号が付けられます。ユーザが指定しない場合にはシステムが自動的にバージョン番号を割り当てます。日本語 OpenVMS では,ファイルの変更前の内容と,変更後の内容を同じファイル名とファイル・タイプで別々に保存することができます。

バージョン番号を省略した場合,最大のバージョン番号を指定したとみなされます。

8.2 ファイル指定の規則

ファイル指定には,次の規則があります。

  • 各要素の間には区切り記号 ( : や ; など ) が必要。

  • 各要素の指定の中にスペースは使用できない。

  • ノード名およびデバイス名は英数字で指定する。

  • ディレクトリ名,ファイル名,ファイル・タイプに使用できる文字 :

    • 大文字または小文字の英字 (A 〜 Z,a 〜 z),数字 (0 〜 9),アンダスコア (_),ハイフン (-),ドル記号 ($)
      ただし,ハイフン (-) は,最初の文字としては使用できない。

    • 日本語ファイル名が有効な場合 ( 第 8.9 節 を参照) は, JIS 第 1 〜第 2 水準文字

  • 各要素の指定に使用できる文字数は 表 8-1 のとおり。

    表 8-1 ファイル指定の各要素に使用できる文字数
      使用できる文字数  
    要素 英数字 (1 バイト) 日本語 (2 バイト)
    ノード名 1 〜 6 文字 MOON
    デバイス名 4 〜 15 文字 DKA300
    ディレクトリ名 1 〜 39 文字 1 〜 118 文字 REPORT,開発課
    ファイル名 0 〜 39 文字 118 文字 ( ファイル名とファイル・タイプ,区切りのピリオド (.) 合わせて ) JAN,山田
    ファイル・タイプ 0 〜 39 文字 118 文字 ( ファイル名とファイル・タイプ,区切りのピリオド (.) 合わせて ) TXT,書類
    バージョン番号 整数の 1 〜 32767 3

ファイル指定全体の長さは 252 バイト以内でなければなりません。日本語ファイル名が使える場合は 4096 バイト以内です。

8.3 ファイル指定のデフォルト

ファイル指定の各要素にはデフォルト(省略時の値)が決まっています。ユーザがファイルの指定の一部を省略すると,デフォルトが使用されます。ファイル指定の各要素とデフォルトの内容を 表 8-2 にまとめます。

表 8-2 ファイル指定の各要素とデフォルト
要素 デフォルト
ノード名 ローカル・ノード,つまり使用しているコンピュータ・システム名
デバイス名 ログイン時,または SET DEFAULT コマンドによって指定されたデバイス
ディレクトリ名 ログイン時,または SET DEFAULT コマンドによって指定されたディレクトリ名
ファイル名 デフォルトは適用されない
ファイル・タイプ DCL コマンドごとに異なる
バージョン番号 一番大きい番号のバージョン



8.4 現在のデフォルトを参照する--- SHOW DEFAULT

現在のデフォルトを参照するには,次のコマンドを入力します。


    $ SHOW DEFAULT    



8.5 デフォルトを指定する--- SET DEFAULT

デフォルトを指定するには,デバイス名 :[ ディレクトリ ] または [ ディレクトリ ] のみを入力します。


    $ SET DEFAULT デバイス名:[ディレクトリ]    



8.6 デフォルトのファイル指定の例

現在のデフォルトのデバイス名とディレクトリ名を調べます。


    $ SHOW DEFAULT    

デフォルトはデバイス名 DKA0,ディレクトリ名 [YAMADA] です。


    DKA0:[YAMADA]    

デフォルトを DKB0:[PROJECT] に変更します。


    $ SET DEFAULT DKB0:[PROJECT]    

デフォルト指定を調べます。


    $ SHOW DEFAULT 

デフォルトが DKB0:[PROJECT] に変更されました。


    DKB0:[PROJECT]    



8.7 ワイルドカードを使用する

ワイルドカードは,ファイルやディレクトリの名前に指定できる特別な文字です。ワイルドカードを指定すると,名前のすべての文字列を指定しなくてもファイルやディレクトリを指定することができます。また,複数のファイルやディレクトリを指定する場合,ワイルドカードを使用して簡単に指定することができます。

8.7.1 ワイルドカード文字の種類

ファイルやディレクトリの名前に使用できるワイルドカード文字は,次のとおりです。

文字 機能
* 文字数や文字の種類に関係なく,任意の 0 文字以上の文字を指定したとみなされる。ディレクトリ名,ファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号に使用できる。
% 1 文字を指定したとみなされる。ディレクトリ名,ファイル名,ファイル・タイプに使用できる。バージョン番号には使用できない。
? 日本語ファイル名の使用が有効な時 ( 第 8.9 節 を参照 ) のみに使用できる。1 文字を指定したとみなされ,ディレクトリ名,ファイル名,ファイル・タイプに使用できる。バージョン番号には使用できない。



8.8 ワイルドカード文字の使用例

たとえば,ディレクトリ [YAMADA.REPORT] に以下のファイルがあるとします。


    Directory DKA0:[YAMADA.REPORT] 
 
    DAY.TXT;2           DAY.TXT;1           DAY1.TXT;1          DAY2.TXT;15        
    DAYOFF.TXT;3        PRODUCT.TXT;6       REPORT.LIS;8        REPORT.MEM;8       
 
    Total of 8 files. 

ワイルドカードは,次のように使用できます。

DAY.TXT のすべてのバージョンを表示する場合


    $ DIRECTORY  DAY.TXT;* 
 
    Directory DKA0:[YAMADA.REPORT]    
 
    DAY.TXT;2      DAY.TXT;1 
 
    Total of 2 files. 

バージョン番号が 1 であるファイルをすべて表示する場合


    $ DIRECTORY  *.*;1 
 
    Directory DKA0:[YAMADA.REPORT]    
 
    DAY.TXT;1      DAY1.TXT;1 
 
    Total of 2 files. 

すべてのファイルを表示する場合


    $ DIRECTORY  *.*;* 
 
    Directory DKA0:[YAMADA.REPORT] 
 
    DAY.TXT;2           DAY.TXT;1           DAY1.TXT;1          DAY2.TXT;15    
    DAYOFF.TXT;3        PRODUCT.TXT;6       REPORT.LIS;8        REPORT.MEM;8    
 
    Total of 8 files. 

ファイル・タイプが TXT であり,ファイル名が DAY で始まり,その後に 1 文字が続くファイルのすべてのバージョンを表示する場合


    $ DIRECTORY  DAY%.TXT;* 
 
    Directory DKA0:[YAMADA.REPORT]    
 
    DAY1.TXT;1      DAY2.TXT;15 
 
    Total of 2 files. 

最初の 3 文字が DAY であるすべてのファイルを表示する場合


    $ DIRECTORY  DAY*.*;* 
 
    Directory DKA0:[YAMADA.REPORT] 
 
    DAY.TXT;2       DAY.TXT;1       DAY1.TXT;1       DAY2.TXT;15    
    DAYOFF.TXT;3 
 
    Total of 5 files. 



8.9 日本語ファイル名について

ファイル名に日本語 ( かな漢字 ) を使用するには,次の 2 つの条件を満たしている必要があります。

  • デバイスがディスクで形式が ODS 5 である

  • ユーザの環境で日本語ファイル名が有効になっている

ディスクの形式が ODS-5 かどうかは,次のコマンドで調べることができます。


    $ SHOW DEVICE <ディスク> /FULL    


                                                                                   
 
Disk TOKYO$DKA100:, device type RZ26, is online, mounted, file-oriented device, 
    shareable, available to cluster, error logging is enabled. 
 
    Error count                    0    Operations completed                 16 
    Owner process                 ""    Owner UIC                      [SYSTEM] 
    Owner process ID        00000000    Dev Prot            S:RWPL,O:RWPL,G:R,W 
    Reference count                1    Default buffer size                 512 
    Total blocks             2050860    Sectors per track                    57 
    Total cylinders             2570    Tracks per cylinder                  14 
 
    Volume label              "USER"    Relative volume number                0 
    Cluster size                   4    Transaction count                     1 
    Free blocks                39104    Maximum files allowed            410172 
    Extend quantity                5    Mount count                           1 
    Mount status              System    Cache name       "_TOKYO$DKA0:XQPCACHE" 
    Extent cache size             64    Maximum blocks in extent cache     3910 
    File ID cache size            64    Blocks in extent cache                0 
    Quota cache size               0    Maximum buffers in FCP cache       2894 
    Volume owner UIC        [SYSTEM]    Vol Prot    S:RWCD,O:RWCD,G:RWCD,W:RWCD 
 
  Volume Status:  ODS-5, subject to mount verification, write-back caching enabled. 
                                                                                   

最後の行の Volume Status: の部分を確認します。 ODS-5 と記述されている場合,ディスクの形式が ODS-5 であることを示しています。

ユーザの環境で日本語ファイル名を有効にするには,以下のコマンドを入力します。


    $ JSY$CONTROL:==$SYS$SYSTEM:JSY$CONTROL.EXE    
    $ JSY$CONTROL SET RMS/FILENAME=SDECKANJI 

これにより,DCL コマンドや日本語ユーティリティ等でファイル名に日本語を使用できるようになります。(日本語ファイル名を使用できるのは,日本語 OpenVMS バージョン 7.2 からです。)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項