日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引



日本語 EVE を終了するときは,[Ctrl] + [Z] を押します。これで日本語 EVE エディタの使用は終了し,SAMPLE.TXT というファイルが作成されます。

ファイルを保存しない場合は,[Do] キーを押して,画面下のコマンド・ラインに QUIT コマンドを入力してください。次に [Return] を押すと,ファイルを作成せずに編集セッションを終了します。

注意

[Do] キーは,PC では [Shift] + [F6] を使用します。



文字や行の削除,挿入操作に使用するキーには,次のものがあります。

キー 機能
< X| カーソルの左側の文字が削除される。

(PC では [Back Space] キー)

[Select] 文章中のある領域を選択できる。選択を取り消すときは,もう 1 度 [Select] キーを押す。

(Reflection では [End] キー,Tera Term Pro では, [Delete] キー)

[Remove] 選択した部分を 1 度に削除できまる。

(Reflection では [Delete] キー,Tera Term Pro では, [Page Up] キー )

[Insert Here] [Remove] キーによって削除した部分を,文章中の任意の場所にそのまま挿入できる。

(Reflection では [Insert] キー,Tera Term Pro では, [Home] キー)



7.9 日本語 EVE のコマンドを入力してテキストを編集する

日本語 EVE には,テキストの編集やカーソルの移動などの操作を行うために,日本語 EVE コマンドが用意されています。日本語 EVE コマンドの入力には,次の 2 つの方法があります。

  • 定義済みのキーを押す方法

  • Command:プロンプトに対してコマンドを入力する方法



7.9.1 日本語 EVE コマンドを入力するための定義済みキーを使用する

日本語 EVE は省略時の設定として,一部のキーに日本語 EVE コマンドを定義しています。定義済みキーは,それぞれ 1 つの編集コマンドを実行します。

定義済みキーは,キーパッドによって異なります。 表 7-2 は編集でよく使用される日本語 EVE コマンドと JVMS キーパッドで定義されているキーの一覧です。 JVMS キーパッド以外のキーパッドでの定義済みキーについては,『日本語 EVE ユーザーズ・ガイド』をご覧ください。

表 7-2 JVMS キーパッドの便利な定義済みキー
  定義済みキー
日本語 EVE コマンド 日本語 OpenVMS(CDE) Reflection Tera Term Pro
TOP [Ctrl] + [G] →  [↑] [Ctrl] + [G] →  [↑] [Ctrl] + [G] →  [↑]
BOTTOM [Ctrl] + [G] →  [↓] [Ctrl] + [G] →  [↓] [Ctrl] + [G] →  [↓]
START OF LINE [Ctrl] + [H] または
[Ctrl] + [G] →  [←]
[Ctrl] + [H] または
[Ctrl] + [G] →  [←]
[Ctrl] + [H] または
[Ctrl] + [G] →  [←]
END OF LINE [Ctrl] + [E] または
[Ctrl] + [G] →  [→]
[Ctrl] + [E] または
[Ctrl] + [G] →  [→]
[Ctrl] + [E] または
[Ctrl] + [G] →  [→]
CODE [Ctrl] + [G] →  [X] [Ctrl] + [G] →  [X] [Ctrl] + [G] →  [X]
KIGOU [Ctrl] + [G] →  [Z] [Ctrl] + [G] →  [Z] [Ctrl] + [G] →  [Z]
DO [Do] または [PF4] [Shift] + [F6] [Shift] + [F6]
EXIT [Ctrl] + [Z] または [F10] [Ctrl] + [Z] または [F10] [Ctrl] + [Z] または [F10]
HELP KEYPAD [HELP] [Ctrl] + [F5] [Ctrl] + [F5]
TAB [TAB] [TAB] [TAB]
DELETE < X| [Back Space] [Back Space]
RETURN [Return] または [Enter] [Enter] [Enter]
FIND [Find] [Home] [Home]
INSERT HERE [Insert Here] [Insert] [Insert]
REMOVE [Remove] [Delete] [Page Up]
SELECT [Select] [End] [Delete]
NEXT SCREEN [Next] [Page Down] [Page Down]
PREVIOUS SCREEN [Prev] [Page Up] [End]
NEXT WINDOW [Ctrl] + [G] →  [Next] [Ctrl] + [G] →  [Page Down] [Ctrl] + [G] →  [Page Down]
PREVIOUS WINDOW [Ctrl] + [G] →  [Prev] [Ctrl] + [G] →  [Page Up] [Ctrl] + [G] →  [End]
RECALL [Ctrl] + [B] [Ctrl] + [B] [Ctrl] + [B]
REMEMBER [Ctrl] + [R] [Ctrl] + [R] [Ctrl] + [R]
ERASE START OF LINE [Ctrl] + [U] [Ctrl] + [U] [Ctrl] + [U]
ERASE WORD [Ctrl] + [J] または [F13] [Ctrl] + [J] または [F13] [Ctrl] + [J] または [F13]
RESTORE WORD [Ctrl] + [G] →  [F13] [Ctrl] + [G] →  [Shift] + [F3] [Ctrl] + [G] →  [Shift] + [F3]



7.9.2 Command: プロンプトで日本語 EVE コマンドを入力する

Command:プロンプトに対して日本語 EVE コマンドを入力するには,次のようにします。

  1. [Do] キーを押す
    [Do] キーを押すと,日本語 EVE は,ステータス・ラインのすぐ下のコマンド・ウィンドウに Command:というプロンプトを表示します。

    注意

    [Do] キーは,PC では [Shift] + [F6] を使用します。


  2. Command:プロンプトに対して,日本語EVEコマンドを入力する
    Command:プロンプトに続いて,日本語 EVE コマンドを入力します。コマンドは大文字でも小文字でもかまいません。
    次の例では,EXIT コマンドを入力しています。


        Command: EXIT
    


    このとき,さらにパラメータの指定が必要な場合は,コマンド・ウィンドウに入力を要求するプロンプトが表れます。
    次の例では,15 行目に移動するために LINE コマンドを入力し,次に表示される Line Number:プロンプトに対して 15 を入力しています。


        Command: LINE
     
        Line Number: 15    
    

  3. [Return] キー(または [Do] キー)を押す

    注意

    [Do] キーは,PC では [Shift] + [F6] を使用します。


    これで日本語 EVE は,コマンドを実行します。



7.9.3 日本語 EVE コマンドの実行例

現在の編集画面が次のようになっているとします。


[Do] キーを押します。次に Command:プロンプトに続いて,SELECT ALL と入力します。

注意

[Do] キーは,PC では [Shift] + [F6] を使用します。


[Return] キーを押すと,コマンドが実行されます。この例ではテキストがすべて選択された状態になります。([Select] キーを押すと選択が解除され元に戻ります。)




日本語 EVE エディタでは,選択したキーパッドによりカーソルを移動する方法が少し違います。ここでは,JVMS キーパッドを選んだ場合で説明します。

表 7-3 は,JVMS キーパッドでカーソルを移動するための定義済みキーと,対応する日本語 EVE コマンドを示しています。

表 7-3 JVMS キーパッドのカーソル移動に関する定義済みキー
編集キー 日本語EVEコマンド 機能
[↑] MOVE UP カーソルを 1 行上に移動
[↓] MOVE DOWN カーソルを 1 行下に移動
[←] MOVE LEFT カーソルを 1 文字,あるいは 1 カラム左に移動
[→] MOVE RIGHT カーソルを 1 文字,あるいは 1 カラム右に移動
[Ctrl] + [H] または
[Ctrl] + [G] →  [←]
START OF LINE カーソルを現在行の先頭に移動
[Ctrl] + [E] または
[Ctrl] + [G] →  [→]
END OF LINE カーソルを現在行の最後に移動
[Ctrl] + [G] →  [↑] TOP カーソルを現在のバッファの先頭に移動
[Ctrl] + [G] →  [↓] BOTTOM カーソルを現在のバッファの最後に移動
[F11] CHANGE DIRECTION 現在のバッファの方向 ( カーソルの移動方向 ) を変更する。バッファの方向はステータス・ラインに表示 (Forward または Reverse) される。
[F14] または
[Ctrl] + [A]
CHANGE MODE 現在のバッファの入力モードを切り替える。入力モード (Insert または Overstrike) はステータス・ラインに表示される。

カーソル移動の設定

カーソルの移動の設定には,次の 2 があります。日本語 EVE コマンド・ラインで好みの設定にすることができます。

SET CURSOR BOUND

バッファの使用されていない部分(余白)に移動できない設定です。たとえば,カーソルが行の最後にある時に [→] キーを押すと,カーソルは行の先頭に移動します。カーソルが右マージンより右に移動することはありません。

SET CURSOR FREE

デフォルトの設定です。文字がすでにあるかどうかとは無関係に,カーソルはバッファ内のどこにでも移動できます。



現在の編集画面が次のようになっているとします。


カーソルは,ユーザが挿入したテキストの最後に移動します。カーソルをファイルの先頭に移動するには, [Ctrl] + [G] を押したあと,[↑] キーを押します。


カーソルを行の最後に移動するには, [Ctrl] + [E] を押します。


カーソルを行の最初に移動するには, [Ctrl] + [H] を押します。


カーソルをバッファの最後に移動するには, [Ctrl] + [G] を押したあと,[↓] キーを押します。




コマンド名は短縮することもできます。他のコマンド名と区別できない短縮形を入力すると,対応するコマンドのリストが表示され,適切なコマンドを選択するように促すプロンプトが表示されます。もう 1 度,他のコマンド名と区別できるように入力し直してください。




文章中から特定の文字列を探し出すには,FIND コマンドを使用します。

[Do] キーを押して FIND と入力し,[Return] キーを押します。プロンプトが表示されたら探したい文字列を入力します。カーソルが検索された文字列に移動します。なお,FIND コマンドは, [Find] キー (Reflection では [Home] キー, Tera Term Pro では [Insert] キー) を押すことによって同様に実行できます。

注意

[Do] キーは,PC では [Shift] + [F6] を使用します。

現在の編集画面が次のようになっているとします。


FIND コマンドを入力します。 Find (順方向):プロンプトが表示されるので,このプロンプトに続けて,"議題 " と入力してください。


[Return] キーを押すと,文章中の " 議題 " が検索され,高輝度表示になります。



目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項