日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引



DEFINE/KEY コマンドを使用してキー定義ができたかどうかを確認する場合は,SHOW KEY コマンドを使用します。

すべてのキー定義を表示する場合は,次のように入力します。


    $ SHOW KEY/ALL    

特定のキー定義を表示する場合は,次のように入力します。


    $ SHOW KEY キー名    

修飾子には次のものがあります。

/DIRECTORY 存在する状態名の一覧を表示する。
/FULL 詳細な情報付きで表示する。
/STATE=[状態名,...] 指定した状態で使われる定義が参照できる。



6.4 キー定義を無効にする--- DELETE/KEY

一度定義したキーを無効にするには,次のようにします。


    $ DELETE/KEY [/修飾子] [キー名]    

キー名を指定しないで /ALL 修飾子を付けると,現在の状態名のすべてのキー定義を削除できます。

修飾子には次のようなものがあります。

/STATE=[状態名,...] 指定した状態名のキー定義を削除できる


    $ SHOW KEY/ALL 
    DEFAULT keypad definitions:    
      PF1 = "SHOW " 
    $ SHOW KEY/STATE=GOLD/ALL 
    GOLD keypad definions: 
      PF1 = "PROCESS" 
    $ 

デフォルト状態でのキー定義をすべて削除します。


    $ DELETE/KEY/ALL 
    %DCL-I-DELKEY, DEFAULT key PF1 has been deleted    

GOLD 状態でのキー定義をすべて削除します。


    $ DELETE/KEY/STATE=GOLD/ALL 
    %DCL-I-DELKEY, GOLD key PF1 has been deleted    
    $ 

デフォルト状態でのキー定義がすべて削除されています。


    $ SHOW KEY/ALL 
    DEFAULT keypad definitions:    

GOLD 状態でのキー定義がすべて削除されます。


    $ SHOW KEY/STATE=GOLD/ALL    
    GOLD keypad definitions: 
    $ 

一般に,キー定義はログアウトすると自動的に削除されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項