日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

第 6 章
キーボードを使用する

この章では

キーの割り当ては,使用するキーボードやソフトウェアによって異なります。ここでは,ワークステーション用の標準的なキーボード,パーソナル・コンピュータ (PC) のキーボードで Reflection や Teraterm Pro を使用する場合について説明します。

また,日本語 OpenVMS では,コマンド列をキーボードの 1 つのキーに割り当て,そのキーを押すだけでコマンド列を入力したようにさせることができます。これを,キー定義といいます。日本語 OpenVMS がデフォルトで割り当てているキーもありますが,ユーザがキーを定義することもできます。よく使用するコマンドを特定のキーに割り当てておくと便利です。

関連資料

  • 『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』

  • 『日本語 EVE リファレンス・マニュアル』

  • 『日本語 EVE ユーザーズ・ガイド』

  • 『日本語 OpenVMS ユーザ・キー定義 利用者の手引き』

  • 『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』



6.1 キーボードとキーの割り当て

使用するキーボードによってキーの配列が異なります。また,キーの割り当てはキーボードや使用するソフトウェアなどによって異なります。

ここでは弊社のワークステーションの標準的なキーボードとパーソナル・コンピュータ (PC) の標準的なキーボードでの役割,割り当てについて説明します。

6.1.1 キーの表記

本書では,次のようにキーを表しています。

キー 説明
[x] キーを表す。
[Ctrl] + [x] コントロール・キーを押しながら,別のキーを押す。
[PF1] →  [x] [PF1] を押してから,別のキーを押す。
< X| デリート(1文字削除) キーを表す。



6.1.2 キーボードの配列

図 6-1 キーボードの配列例


キーボードには,4 つのキー・グループがあります。キー・グループは機能によって,次のように分かれています。

◆メイン・キーパッド

キーボードの左側の部分。英数字と記号,カタカナと句読点が含まれています。

◆エディタ・キーパッド

メイン・キーパッドのとなりにあるキーパッド。矢印キー ([↑][↓][→][←]) と [Find][Select] キーなどのエディタ・キーが含まれています。

◆補助キーパッド(テンキー)

キーボードの右側にある数値キーパッド。

◆ファンクション・キー

キーボードの上部に並んでいるキー。

6.1.3 日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て

ワークステーション用の標準的なキーボードと日本語 OpenVMS (CDE) のキーの割り当ては,次のようになっています。日本語 EVE エディタを使用する際に選ぶ変換キーパッドや日本語 OpenVMS のさまざまなユーティリティによってキー割り当ては異なってきます。 (詳しくは,日本語 EVE エディタやユーティリティの説明書を参照してください。)

図 6-2 日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て


表 6-1 日本語 OpenVMS (CDE) の一般的なキー割り当て
キー 説明
ファンクション・キー
( [Fx] )
特別な機能が割り当てられているキー。
[F1] [F1] キーを押すとキーボードの Hold インディケータが点燈し,画面表示が一時停止されていることを示す。もう一度 [F1] キーを押すとインディケータは消え,画面表示は再開さる。
[Shift] キーの上段にかかれた文字 (アルファベットの大文字,特殊記号など) を入力するときは, [Shift] キーを押しながら,該当するキーを押す。
[Return] または [Enter] 改行するときに押す。また,ある特定の動作が終了したことをシステムに知らせる役割もある。
[Ctrl] かな漢字変換など,特定のキーに割り当てられた機能を実行させるときに使用。
[Lock] このキーを押すと,キーボードの上部にある Lock 表示ランプが点燈する。この状態でアルファベット・キーを押すと,その大文字が表示される。もう 1 度 [Lock] キーを押すと, Lock 表示ランプが消え,アルファベット・キーを押すと小文字が表示される。
< X| カーソルの左側の文字を 1 文字消去する。
[Tab] カーソルを次の (指定された) タブ位置まで移動。
[Do] 日本語 EVE エディタでコマンドを入力する Command: プロンプトを表示。
[Help] 日本語 EVE エディタでキーについてのヘルプを表示。

[Do] キーを押して Command: プロンプト上に HELP と入力した場合は,日本語 EVE のコマンドのヘルプが表示される。

[F14] または [Ctrl] + [A] 入力モードを切り替える。
[PF1] ( [Gold] ともいう) かな漢字変換などで使われる。
[Find] 文字列を探す。
[Insert Here] 文字列を挿入。
[Remove] 文字列を削除。
[Select] 文字列を選択。
[Prev] 現在の画面の前に移動。
[Next] 現在の画面の後に移動。

DCL コマンド・ラインでよく使用されるキーの割り当ての一覧は 表 I-7 を,日本語 EVE エディタで JVMS キーパッドを選択した場合のよく使用されるキー割り当ての一覧は 表 7-2 をご覧ください。

6.1.4 Reflection のキー割り当て

パーソナル・コンピュータ (PC) 用の標準的なキーボードでの Reflection のキーの割り当ては,次のようになっています。

図 6-3 Reflection のキー割り当て


表 6-2 Reflection と日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て対照表
日本語 OpenVMS
(CDE) で用いるキー
対応するPCキーボードのキー 説明
ファンクション
・キー
ファンクション
・キー
上段はシフト・キーを押しながら該当するキーを押した時のキー割り当てを示す。下段はそのままキーを押した時のキー割り当てを示す。日本語 OpenVMS で用いる F3 〜 F4 キーは,Reflection では割り当てられていない。
[F1] [Scroll Lock] Scroll Lock キーを押すとキーボードの Scroll Lock インディケータが点燈し,画面表示が一時停止されていることを示す。もう一度 Scroll Lock キーを押すとインディケータは消燈し,画面表示は再開される。
[Shift] [Shift] キーの上段にかかれた文字 (アルファベットの大文字,特殊記号など) を入力するときは, [Shift] キーを押しながら,該当するキーを押す。
[Return] [Enter] 改行するときに押す。また,ある特定の動作が終了したことをシステムに知らせる役割もある。
[Ctrl] [Ctrl] かな漢字変換など,特定のキーに割り当てられた機能を実行させるときに使用。
[Lock] [Shift]+ [Caps Lock] このキーを押すと,キーボードの上部にある表示ランプが点燈する。この状態でアルファベット・キーを押すと,その大文字が入力される。もう 1 度 [Shift] + [Caps Lock] キーを押すと,表示ランプが消え,アルファベット・キーを押すと小文字が入力される。
< X| [Back Space] 1 文字削除する。このキー割り当てを有効にするには,Reflection 側での設定が必要。 [Back Space] キーを 1 文字削除キーに割り当てるためには,「端末の設定」ダイアログ・ボックス ( 図 2-6 ) で「VT Backspace キー」の項目を「削除」に設定。
[Tab] [Tab] カーソルを次の (指定された) タブ位置まで移動。
[Do] [Shift] + [F6] 日本語 EVE エディタでコマンドを入力する Command: プロンプトを表示。
[Help] [Shift] + [F5] 日本語 EVE エディタでキーについてのヘルプを表示。

[Do] キーを押して Command: プロンプト上に HELP と入力した場合は,日本語 EVE のコマンドのヘルプが表示される。

[F14] または [Ctrl] + [A] [Shift] + [F4] 入力モードを切り替える。
[PF1]
( [Gold] ともいう)
[Num Lock] かな漢字変換などで使われる。Reflection の場合,Num Lock キーを押している間はキーボードの Num Lock インディケータが点燈するが,これは無視する。
  [F2] 現在 Reflection ウインドウに表示されている端末画面が, PC に接続されているプリンタに印刷される。
[Insert Here] [Insert] 文字列を挿入。
[Find] [Home] 文字列を探す。
[Prev] [Page Up] 現在の画面の前に移動。
[Remove] [Delete] 文字列を削除。
[Select] [End] 文字列を選択。
[Next] [Page Down] 現在の画面の後に移動。

DCL コマンド・ラインでよく使用されるキーの割り当ての一覧は 表 I-7 を,日本語 EVE エディタで JVMS キーパッドを選択した場合のよく使用されるキー割り当ての一覧は 表 7-2 をご覧ください。

6.1.5 Tera Term Pro のキー割り当て

パーソナル・コンピュータ (PC) 用の標準的なキーボードでの Tera Term Pro のキー割り当ては,次のようになっています。

図 6-4 Tera Term Pro のキー割り当て


表 6-3 Tera Term Pro と日本語 OpenVMS (CDE) のキー割り当て対照表
日本語 OpenVMS
(CDE) で用いるキー
対応するPCキーボードのキー 説明
ファンクション
・キー
ファンクション
・キー
上段はシフト・キーを押しながら該当するキーを押した時のキー割り当てを示す。下段はそのままキーを押した時のキー割り当てを示す。
[Shift] [Shift] キーの上段にかかれた文字 (アルファベットの大文字,特殊記号など) を入力するときは, [Shift] キーを押しながら,該当するキーを押す。
[Return] [Enter] 改行するときに押す。また,ある特定の動作が終了したことをシステムに知らせる役割もある。
[Ctrl] [Ctrl] かな漢字変換など,特定のキーに割り当てられた機能を実行させるときに使用。
[Lock] [Shift]+ [Caps Lock] このキーを押すと,キーボードの上部にある表示ランプが点燈する。この状態でアルファベット・キーを押すと,その大文字が入力される。もう 1 度 [Shift] + [Caps Lock] キーを押すと,表示ランプが消え,アルファベット・キーを押すと小文字が入力される。
< X| [Back Space] 1 文字削除する。このキー割り当てを有効にするには, Tera Term Pro 側での設定が必要。 [Back Space] キーを 1 文字削除キーに割り当てるためには,「Keyboard Setup」ダイアログ・ボックス ( 図 2-2 ) で「Transmit DEL by」の項目を「Backspace Key」に設定する。
[Tab] [Tab] カーソルを次の ( 指定された ) タブ位置まで移動。
[Do] [Shift] + [F6] 日本語 EVE エディタでコマンドを入力する Command: プロンプトを表示する。
[Help] [Shift] + [F5] 日本語 EVE エディタでキーについてのヘルプを表示。

[Do] キーを押して Command: プロンプト上に HELP と入力した場合は,日本語 EVE のコマンドのヘルプが表示される。

[F14] または [Ctrl] + [A] [Shift] + [F4] 入力モードを切り替える。
[Gold] または [PF1] [Num Lock] かな漢字変換などで使われる。Tera Term Pro の場合, Num Lock キーを押すたびにキーボードの Num Lock インディケータが点いたり消えたりしますが,これは無視する。
[Find] [Insert] 文字列を探す。
[Insert Here] [Home] 文字列を挿入。
[Remove] [Page Up] 文字列を削除。
[Select] [Delete] 文字列を選択。
[Prev] [End] 現在の画面の前に移動。
[Next] [Page Down] 現在の画面の後に移動。

DCL コマンド・ラインでよく使用されるキーの割り当ての一覧は 表 I-7 を,日本語 EVE エディタで JVMS キーパッドを選択した場合のよく使用されるキー割り当ての一覧は 表 7-2 をご覧ください。

6.2 コマンド列をキーに割り当てる (キーを定義する) --- DEFINE/KEY

コマンド列をキーボードの 1 つのキーに定義するには,次のようにします。


    $ DEFINE/KEY  キー名コマンド列 
                    (1)        (2)

  1. キー名
    コマンド列を割り当てるキーの名前

  2. コマンド列
    割り当てるコマンド列
    実際のコマンド列と同じ形式で指定する。コマンド列の中に空白文字が含まれる場合,コマンド列を二重引用符 (") で囲む

修飾子には次のようなものがあります。

/IF_STATE=(状態名,・・・) キーを使用したときに設定されている状態名が,指定したリストにあれば,この定義を使用する。
/NOLOG キー定義したときのシステム・メッセージの出力をさけることができる。
/SET_STATE=状態名 キーを使用したときに,指定した状態名を設定する。
/TERMINATE キーを入力するだけですぐにコマンドを実行する。

次にキーを定義した例を示します。

PF1 キーに,"SHOW DEFAULT" を割り当てます。


    $ DEFINE/KEY PF1 "SHOW DEFAULT" 
    %DCL-I-DEFKEY, DEFAULT 状態の PF1 キーが定義されました。    

PF1 キーの定義を確認します。


    $ SHOW KEY PF1 
    DEFAULT keypad definitions:    
      PF1 = "SHOW DEFAULT" 

PF1 キーを押します。


    $ [PF1]    

PF1 キーを押した行に "SHOW DEFAULT" と表示されます。このコマンドを実行する場合は,[Return] キーを押します。


    $ SHOW DEFAULT    


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項