日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

第 4 章
パスワードを変更する

この章では

パスワードは,使おうとしている人がユーザ本人であるかを日本語 OpenVMS が識別するための情報で,機密保護のための重要な情報です。

日本語 OpenVMS でパスワードを変更するするためのコマンド,パスワードの規則,有効期間,変更する時期について説明します。

関連資料

  • 『OpenVMS DCL ディクショナリ』

  • 『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』



4.1 パスワード変更コマンド --- SET PASSWORD

最初はシステム管理者がパスワードを用意します。その後は,ユーザが必要に応じて自由に変更することができます。

パスワードの変更には,次のコマンドを使います。


    $ SET PASSWORD    



4.2 パスワードの規則

パスワードの最小文字数は,システム管理者によって決められており,通常は 6 〜 8 文字程度です。また,最大文字数は 31 文字です。英数字,ドル記号 ($),アンダースコア (_) を使うことができます。英字を使用する場合には,大文字と小文字は区別しません。

4.3 パスワードの有効期間

パスワードには,有効期間があります。有効期間の設定は,システム管理者が行います。有効期間内であれば,いつでもパスワードの変更を行うことができます。有効期間を過ぎると,日本語 OpenVMS が自動的にパスワードの変更を促し,変更しなければログインできなくなります。

4.4 パスワードを変更する時期

パスワードを変更する時期には,次の 3 つの場合があります。

初めて日本語 OpenVMS にログインした場合 第 4.4.1 項
ユーザが必要に応じて変更する場合 第 4.4.2 項
日本語 OpenVMS が変更を促す場合 第 4.4.3 項



4.4.1 初めて日本語 OpenVMS にログインした場合

初めて日本語 OpenVMS にログインしたときは,次のように表示されます。


    Username: YAMADA 
    Password: 
 
    Your password has expired; you must set a new password to log in    
 
    New password:  

この場合,すぐに新しいパスワードの設定を行わなければなりません。次のようにします。

  1. 新しいパスワードの入力を促すプロンプト   New password:の後に,新しいパスワードを入力し, [Return] キーを押します。 ( パスワードは,ディスプレイに表示されません。)


        New password:    
    

  2. 新しいパスワードの確認入力を促すプロンプト   Verification:の後に,確認のため同じパスワードをもう一度入力します。


        Verification:    
    

  3. DCL コマンドを入力するためのプロンプト   $が表示されると,パスワードの設定が成功したことを意味します。必要に応じて DCL コマンドを入力します。


        $    
    



4.4.2 ユーザが必要に応じてパスワード変更する場合

パスワードの有効期間内に,ユーザが必要に応じて変更するには,次のようにします。

  1. SET PASSWORD コマンドを入力します。


        $ SET PASSWORD    
    

  2. 現在のパスワードを   Old password:の後に入力し, [Return] キーを押します。 (パスワードはディスプレイに表示されません。)


        Old password:    
    

  3. 新しいパスワードを   New password:の後に入力し, [Return] キーを押します。


        New password:    
    

  4. 確認のため同じパスワードを   Verification:の後に,もう一度入力します。


        Verification:    
    

  5. パスワードの変更が成功するとプロンプトに   $が表示されます。


        $      
    



4.4.3 日本語 OpenVMS がパスワードの変更を促す場合

パスワードの有効期間が過ぎると,ログインしたときに日本語 OpenVMS が自動的にパスワードの変更を促します。次のようなメッセージが表示されます。


      Your password has expired; you must set a new password to log in 


    Username: YAMADA 
    Password: 
 
        Last interactive login on Wednesday, 16-FEB-2002 10:15 
 
    Your password has expired; you must set a new password to log in    
 
    New password:  

パスワードを変更するには,次のようにします。

  1. 新しいパスワードを   New password:の後に入力し, [Return] キーを押します。 (パスワードはディスプレイに表示されません。)


        New password:    
    

  2. 確認のため同じパスワードを   Verification:の後に,もう一度入力します。


        Verification:    
    

  3. パスワードの変更が成功するとプロンプトに   $が表示されます。


        $    
    



4.5 パスワードと機密保護

パスワードは,ユーザ名ごとに設定します。ユーザ名とパスワードを対にして使用することにより,使用を許可されていない人がコンピュータを不正に使用することを防ぐことができます。日本語 OpenVMS では,パスワードは機密保護のため入力してもディスプレイに表示されません。

重要

機密保護のため,次の事項を守ってください。

  • パスワードは暗記しておく。
    パスワードを紙などに書かないようにしてください。

  • パスワードを他の人に教えない。

  • パスワードは,他の人が類推しにくいものにする。
    自分の氏名,電話番号,ユーザ名,個人的なデータ ( 誕生日など ) は,避けてください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項