日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概要
第 1 章:OpenVMS の現在,過去,未来
第 2 部:基本操作
第 2 章:ログイン/ログアウト
第 3 章:DCL コマンド
第 4 章:パスワードの変更
第 5 章:ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章:キーボード
第 7 章:エディタ
第 8 章:ファイル指定
第 9 章:ディレクトリ作成
第 10 章:ファイル操作コマンド
第 11 章:ファイル保護
第 3 部:OpenVMS の便利な機能
第 12 章:ファイルの印刷
第 13 章:バッチ・キュー
第 14 章:プロセス
第 15 章:シンボル
第 16 章:論理名
第 17 章:コマンド・プロシージャ
付録 A :システムの起動と停止
付録 B :日本語環境の設定
付録 C :ネットワークを利用したファイル操作
付録 D :JMAIL ユーティリティ
付録 E :レキシカル関数一覧
付録 F :Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G :関連アプリケーション
付録 H :PC 関連製品
付録 I :クイック・リファレンス
付録 J :日本語マニュアル・クイック・リファレンス
索引
PDF
OpenVMS ホーム
はじめよう!日本語 OpenVMS | HPE 日本

はじめよう!日本語 OpenVMS


目次 索引

まえがき



本書の目的と対象読者

本書は,OpenVMS についての概要と,日本語 OpenVMS の基本的な操作方法について説明します。

本書の対象読者

本書は,日本語 OpenVMS の概要や基本操作を知りたい方を対象にしています。

パーソナル・コンピュータ (PC) や UNIX 等のオペレーションをある程度経験されている方を対象に説明しています。

本書の構成

本書は,3 部と付録から構成されています。各部の内容は次のとおりです。

第 1 部 概要

OpenVMS の特徴について簡単に説明します。

第 1 章 OpenVMS の現在,過去,未来

第 2 部 基本操作

日本語 OpenVMS を使用する際に必ず知らなければならない基本的な操作について説明します。たとえば,日本語 OpenVMS の使用を開始したり終了したりする方法や日本語 OpenVMS に指示を出す方法について具体的に説明します。また,エディタの使用方法やファイルの管理の操作方法についての説明もします。

第 2 章 ログイン操作 ログアウト操作
第 3 章 DCL コマンドを使用する
第 4 章 パスワードを変更する
第 5 章 ヘルプとシステム・メッセージ
第 6 章 キーボードを使用する
第 7 章 エディタを使用する
第 8 章 ファイルを指定する
第 9 章 ディレクトリを作成する
第 10 章 ファイルを操作するためのコマンド
第 11 章 ファイルを保護する

第 3 部 日本語 OpenVMS の便利な機能を使う

日本語 OpenVMS を使用する上で,さらによく使用される便利な機能について説明します。

第 12 章 ファイルの内容を印刷する
第 13 章 バッチ・キューを利用する
第 14 章 プロセスについて
第 15 章 シンボルを使用する
第 16 章 論理名を使用する
第 17 章 コマンド・プロシージャを使用する

付録

知っておくと便利な日本語 OpenVMS 関連の事柄について説明します。また,クイック・リファレンスとしてご利用いただけるように,よく使用される項目をまとめた表も添付しました。

付録 A システムの起動と停止
付録 B 日本語環境を設定する
付録 C ネットワークを利用したファイル操作
付録 D JMAIL ユーティリティを使用する
付録 E レキシカル関数一覧
付録 F Linux または UNIX,MS-DOS,日本語 OpenVMS コマンド対応表
付録 G 関連アプリケーション
付録 H PC 関連製品
付録 I 日本語 OpenVMS クイック・リファレンス
付録 J 日本語 OpenVMS マニュアル・クイック・リファレンス



本書の利用方法

本書は,最初から順に読み,例を試しながら日本語 OpenVMS の操作を習得していただけるように構成されています。

また,最初から順に読むだけでなく,必要な箇所だけを読んで利用することもできます。必要に応じて,目次または索引を利用して必要な操作の説明を調べてご利用ください。

関連資料

本書で説明した内容に関連する資料は,次のとおりです。詳しい説明をお知りになりたい場合は,該当する資料を参照してください。

日本語 OpenVMS の基本的な操作について

『OpenVMS DCL ディクショナリ』
『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』

システム管理関連について

『OpenVMS システム管理者マニュアル』
『OpenVMS システム管理ユーテリィティ・リファレンス・マニュアル』

日本語 EVE エディタについて

『日本語 EVE ユーザーズ・ガイド』
『日本語 EVE かな漢字変換入門』
『日本語 EVE リファレンス・マニュアル』
『漢字コード表』

日本語機能について

『日本語 OpenVMS 概説書』
『日本語 OpenVMS 日本語ユーティリティ 利用者の手引き』
『フォント管理ユーティリティ 利用者の手引き』

日本語 OpenVMS (CDE) の操作概要について

『New Desktop 使用概説書』

日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS について

『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』


本書で使用する表記法

本書では,次の表記法を使用しています。

表記法 意味
[Ctrl] + [x] [Ctrl] + [x] という表記は,Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
[PF1] + [x] [PF1] + [x] という表記は,PF1 に定義されたキーを押してから,別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
[Return] 例の中で,キー名が四角で囲まれている場合には,キーボード上でそのキーを押すことを示します。テキストの中では,キー名は四角で囲まれていません。

HTML 形式のドキュメントでは,キー名は四角ではなく,括弧で囲まれています。

... 例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 前出の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項