日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:基本的な相違点
第 3 章:ポーティングが必要なアプリケーションの調査
第 4 章:ソース・モジュールの移行
第 5 章:OpenVMS I64 開発環境
第 6 章:アプリケーションのポーティングの準備
第 7 章:その他の検討事項
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
付録 B :サポート対象外のレイヤード・プロダクト
付録 C :アプリケーション固有のスタック切り換えコードの I64 へのポーティング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へのアプリケーション・ポーティング・ガイド

索引


目次


主索引
A B C D E F H J K L M O P R S T V X    

                         

A
ADA
Ada
Ada 83
ADA コンパイラ
    代替製品
Alpha 命令
    解釈実行
Analyze/Image ユーティリティ (ANALYZE/IMAGE)
Analyze/Object ユーティリティ (ANALYZE/OBJECT)
asm ステートメント
AST (非同期システム・トラップ)
B
BASEstar Classic
    代替製品
BASIC #1
BASIC #2
BASIC #3
BLISS コンパイラ
    Alpha と I64 の相違点
BLISS ビルトイン
C
C
C++ #1
C++ #2
C asm ステートメント
CLI$DCL_PARSE
    外部定義
CMA_DELAY API ライブラリ・ルーチン
CMA_TIME_GET_EXPIRATION API ライブラリ・ルーチン
CMS
COBOL #1
COBOL #2
COBOL #3
COBOL #4
COBOL #5
Code Management System
    CMSを参照
Crash Log Utility Extractor (CLUE) #1
Crash Log Utility Extractor (CLUE) #2
$CRMPSC
D
DECset
Digital Test Manager
DWARF イメージ・ファイル形式
E
ELF オブジェクト・ファイル形式
F
Fortran #1
Fortran #2
Fortran 77
H
HP C
HP C++
HP OpenVMS Migration Software for Alpha to Integrity Servers #1
HP OpenVMS Migration Software for Alpha to Integrity Servers #2
    AlphaシステムおよびI64システムで動作
    機能
    必要なリソース
    分析機能
HP rx2600 システム
HP Services のサポート
J
Java
JSB (jump to subroutine)
K
KPB
KP サービス
KP 制御ルーチン
L
LIB$LOCK_IMAGE ルーチン
LIB$UNLOCK_IMAGE ルーチン
LIB$WAIT
    I64 と Alpha に共通のコード
Librarian ユーティリティ (LIBRARIAN)
    ネイティブ Alpha
M
Macro-32
Macro-32 コンパイラ #1
Macro-32 コンパイラ #2
Macro-64
MACRO コード
    置換
Message ユーティリティ (MESSAGE)
    ネイティブ Alpha
MMS
Module Management System
    MMSを参照
O
OTS$CALL_PROC ルーチン
P
Pascal #1
Pascal #2
Pascal #3
Pathworks 32
    代替製品
PGFIPLHI バグ・チェック
PL/I
R
RSE スタック
S
SS$_FLTDIV 例外
SS$_FLTINV 例外
SS$_HPARITH 例外
SYS$BASE_IMAGE
    に対してリンク
SYS$GOTO_UNWIND システム・サービス #1
SYS$GOTO_UNWIND システム・サービス #2
SYS$GOTO_UNWIND_64 システム・サービス
SYS$LCKPAG システム・サービス
SYS$LCKPAG_64 システム・サービス
SYS$LKWSET システム・サービス #1
SYS$LKWSET システム・サービス #2
SYS$LKWSET_64 システム・サービス
System Dump Analyzer ユーティリティ (SDA)
    OpenVMS Alpha
T
THREADCP コマンド
TIE (Translated Image Environment) #1
TIE (Translated Image Environment) #2
    自動的に起動される
    説明
V
VAX MACRO
    OpenVMS I64 システムでの再コンパイル
X
XDelta デバッガ #1
XDelta デバッガ #2
アーキテクチャへの依存性
アプリケーション
    アーキテクチャへの依存性
    オペレーティング環境
    開発環境
    基準値の設定
    グローバル・セクションの使用
    コンパイラ
    コンポーネント
    サイズ
    使用されている言語
    ソフトウェアへの依存性 #1
    ソフトウェアへの依存性 #2
    ドキュメント
    ハードウェアへの依存性
    パフォーマンスへの感度
    評価
        依存性 #1
        依存性 #2
        オペレーション・タスク
        ポーティングの内容
        ポーティング方法
    変更が必要
    マシン・インストラクション
    要素間の同期化
    呼び出し規則 #1
    呼び出し規則 #2
アプリケーションの基準値
    設定
アプリケーションのテスト
    Alpha システムでの基準値の設定
    I64 システム
    コンパイル
    システム・テスト
    単体テスト
    リグレッション・テスト #1
    リグレッション・テスト #2
アプリケーションのポーティング
移行環境
    用意
移行ツール
インクルード・ファイル
    C プログラム
オブジェクト・ファイル形式
    依存
オブジェクト・ファイルの形式 #1
オブジェクト・ファイルの形式 #2
クラッシュ
    分析
言語
コード
    アセンブラ
    変更が必要
    ユーザ作成
コマンド定義ファイル
コンパイラ
    VAX 浮動小数点データ・タイプ用の修飾子
    アプリケーションのポーティングの準備
    コマンド
    最適化
    ネイティブ Alpha
    ネイティブ I64
    ポーティング・サポートの評価
コンパイル・コマンド
    必要な変更
コンパイル・プロシージャ
再コンパイル
    エラーの解決
    コンパイル・コマンドの変更点
再リンク
    リンク・コマンドの変更点
システムコード・デバッガ
    デバッガも参照
システム・サービス #1
システム・サービス #2
    SYS$GOTO_UNWIND #1
    SYS$GOTO_UNWIND #2
    SYS$GOTO_UNWIND_64
    SYS$LCKPAG
    SYS$LCKPAG_64
    SYS$LKWSET #1
    SYS$LKWSET #2
    SYS$LKWSET_64
システム・ダンプ・ファイル
    分析
実行イメージ・ファイルの形式 #1
実行イメージ・ファイルの形式 #2
ジャケット・ルーチン #1
ジャケット・ルーチン #2
条件付きコード #1
条件付きコード #2
条件付きコード #3
条件ハンドラ #1
条件ハンドラ #2


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項