日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:基本的な相違点
第 3 章:ポーティングが必要なアプリケーションの調査
第 4 章:ソース・モジュールの移行
第 5 章:OpenVMS I64 開発環境
第 6 章:アプリケーションのポーティングの準備
第 7 章:その他の検討事項
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
付録 B :サポート対象外のレイヤード・プロダクト
付録 C :アプリケーション固有のスタック切り換えコードの I64 へのポーティング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へのアプリケーション・ポーティング・ガイド


目次 索引

第 1 章
はじめに

この章では,Integrity Server (I64) 向けの OpenVMS Industry Standard 64 システムについて紹介し,移行プロセスの概要を示します。

詳細については,『HP OpenVMS Version 8.2 リリース・ノート [翻訳版]』を参照してください。

1.1 OpenVMS Industry Standard 64 for Integrity Servers

OpenVMS I64 アーキテクチャの 64 ビット・モデルおよび基本的なシステム機能は,Alpha アーキテクチャとほぼ同じです。そのため,OpenVMS Alpha で現在稼動しているアプリケーションの大部分は,ほとんど変更せず,簡単に I64 アーキテクチャへのポーティングが可能です。

OpenVMS Alpha と OpenVMS I64 のそれぞれの OpenVMS オペレーティング・システムは単一ソースのコード・ベースから開発されるため,各バージョンでソース・コードを個別に変更しなくても,ハードウェアに依存しない機能を両方のバージョンに組み込むことができます。その結果,評価テストに必要な時間を大幅に短縮でき,両方の OpenVMS プラットフォームで重要なアプリケーションを確実に提供することができます。

HP は,OpenVMS Alpha の推奨バージョンで現在「正常に動作」しているアプリケーションが OpenVMS I64 システムでも正常に動作するように,上位互換性を保証していくための厳密なポリシを設定しています。一般に公開されているシステム・サービスやライブラリ・インタフェースを使用しているアプリケーションであれば,ソース・コードをまったく変更せずに最新バージョンの OpenVMS I64 に移行できるはずです。

OpenVMS I64 は,OpenVMS の利用者が慣れ親しんだ見た目と使い勝手 (ルック・アンド・フィール) を備えています。新しいアーキテクチャに対応するためにわずかな変更は行っていますが, OpenVMS の基本構造および機能については違いはありません。

1.2 ポーティング・プロセスの概要

ここでは,ほとんどのアプリケーションに適用できるポーティング・プロセスの概要を示します。

1.2.1 アプリケーションの評価

アプリケーションの評価では,HP OpenVMS I64 への移行に必要な手順を確認します。評価の結果,以下の質問に対する回答から移行プランを作成できます。

  • アプリケーションの移行方法

  • 移行に必要な時間,作業量,コスト

  • HP のサービス部門から提供されるサポートの必要性

評価は次の 3 段階に分かれます。

  1. 他のソフトウェアへの依存性の特定も含めた,アプリケーションの全般的な洗い出し

  2. 他のソフトウェアへの依存性を特定するためのソースの分析

  3. 移行方法の選択 (ソースから再コンパイル・再リンクするのか,バイナリ・トランスレータを使用するのか)

これらの評価を完了すると,効果的な移行プランを作成するのに必要な情報が得られます。

移行のためのアプリケーション評価の第 1 ステップでは,何を移行するのかを正確に判断します。このステップでは,アプリケーションだけでなく,アプリケーションを正常に実行するのに必要なあらゆる要素の洗い出しを行います。アプリケーションの評価を開始するには,以下の各項目を特定し,その場所を確認します。

  • アプリケーションの構成要素

    • メイン・プログラムのソース・モジュール

    • 共有イメージ

    • オブジェクト・モジュール

    • ライブラリ (オブジェクト・モジュール,共有イメージ,テキスト,またはマクロ)

    • データ・ファイルとデータベース

    • メッセージ・ファイル

    • ドキュメント

  • アプリケーションが依存している他のソフトウェア。以下のものが含まれる。

    • ランタイム・ライブラリ

    • HP 製レイヤード・ソフトウェア

    • 他社製ソフトウェア

  • 必要とされるオペレーティング環境

    • システム属性
      アプリケーションの実行と保守に必要なシステム要件。たとえば,必要なメモリ容量やディスク容量など。

    • ビルド・プロシージャ
      たとえば,CMS (Code Management System) や MMS (Module Management System) などのツールがこれに含まれます。

    • テスト・ツール
      テストでは,移行したアプリケーションが正常に動作することを確認し,パフォーマンスを評価する必要があります。

これらのコンポーネントの多くは,すでに OpenVMS I64 への移行が完了しています。たとえば,以下のものが移行されています。

  • OpenVMS オペレーティング・システムに付属している HP 製ソフトウェア

    • ランタイム・ライブラリ

    • その他の共有ライブラリ,たとえば,呼び出し可能ユーティリティ・ルーチンやその他のアプリケーション・ライブラリ・ルーチン

  • HP 製レイヤード・ソフトウェア

    • コンパイラとコンパイラ・ランタイム・ライブラリ

    • データベース・マネージャ

    • ネットワーク環境

  • 他社製品
    すでに多くの他社製品が OpenVMS I64 で稼動しています。特定のアプリケーションが I64 に対応済みかどうかについては,アプリケーションを提供しているベンダにお問い合わせください。

ビルド・プロシージャやテスト・ツールも含めて,アプリケーションおよび開発環境の移行は,お客様の責任で行っていただく必要があります。

アプリケーションの評価が完了したら, 第 4 章 の説明に従って,各モジュールおよびイメージの詳細な評価を行います。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項