日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:基本的な相違点
第 3 章:ポーティングが必要なアプリケーションの調査
第 4 章:ソース・モジュールの移行
第 5 章:OpenVMS I64 開発環境
第 6 章:アプリケーションのポーティングの準備
第 7 章:その他の検討事項
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
付録 B :サポート対象外のレイヤード・プロダクト
付録 C :アプリケーション固有のスタック切り換えコードの I64 へのポーティング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へのアプリケーション・ポーティング・ガイド


目次 索引

まえがき



対象読者

『HP OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へのアプリケーション・ポーティング・ガイド』は, OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へアプリケーションを移行しようとするアプリケーション開発者を対象としています。

本書の構成

本書の構成は以下のとおりです。

第 1 章 では,OpenVMS I64 8.2 オペレーティング・システムについて概要を説明しています。

第 2 章 では, OpenVMS Alpha と OpenVMS I64 との基本的な相違点について説明しています。

第 3 章 では, OpenVMS I64 へのポーティングの準備として,アプリケーションを評価する作業の概要を説明しています。

第 4 章 では,移行のためにソース・モジュールに対して行う作業について説明します。ポーティングを行うアプリケーションのコンパイル,リンク,テスト,および本番システムへの導入についての情報も提供します。

第 5 章 では, OpenVMS I64 の開発環境について説明します。

第 6 章 では, OpenVMS I64 で利用できる主なコンパイラに関する注意事項を説明します。

第 7 章 では,ポーティングに関するその他の注意事項を説明します。

付録 A には,ポーティングを行う前にアプリケーションを評価するのに利用できるサンプル・チェックリストを示します。

付録 B には,OpenVMS Alpha でサポートされていて OpenVMS I64 ではサポートされていない HP レイヤード・プロダクトの一覧を示します。

付録 C では,アプリケーション固有のスタック切り替えコードを I64 へポーティングする際の KP ルーチンの使い方について説明します。

用語集 では,本書で使用されている重要な用語と省略形について説明します。

関連資料

以下のドキュメントも参考に参考にしてください。

  • 『OpenVMS Calling Standard』

  • 『OpenVMS デバッガ説明書』

  • 『OpenVMS Linker Utility Manual』

  • 『OpenVMS System Analysis Tools Manual』

個々のコンパイラのドキュメントもポーティング作業の際に役に立ちます。

ホワイト・ペーパー『Intel® Itanium® における OpenVMS 浮動小数点演算について』では, OpenVMS Alpha と OpenVMS I64 の間での,浮動小数点のデータ型の違いについて説明しています。このホワイト・ペーパーは,次の場所から入手できます。


http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/openvms/technical/ 

HP OpenVMS の製品情報およびサービス情報については,以下の Web サイトを参照してください。


http://www.hp.com/go/openvms 
http://www.hp.com/jp/openvms 



本書の表記法

本書の表記法は以下のとおりです。

Ctrl/ x Ctrl/ x という表記は,Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
PF1 x PF1 x という表記は,PF1 に定義されたキーを押してから,別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
[Return] 例の中で,キー名が四角で囲まれている場合には,キーボード上でそのキーを押すことを示します。テキストの中では,キー名は四角で囲まれていません。

HTML 形式のドキュメントでは,キー名は四角ではなく,括弧で囲まれています。

... 例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 前出の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.
垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中の項目が省略されていることを示します。このように項目が省略されるのは,その項目が説明している内容にとって重要ではないからです。
( ) コマンドの形式の説明において,括弧は,複数のオプションを選択した場合に,選択したオプションを括弧で囲まなければならないことを示しています。
[ ] コマンドの形式の説明において,大括弧で囲まれた要素は任意のオプションです。オプションをすべて選択しても,いずれか 1 つを選択しても,あるいは 1 つも選択しなくても構いません。ただし, OpenVMS ファイル指定のディレクトリ名の構文や,割り当て文の部分文字列指定の構文の中では,大括弧に囲まれた要素は省略できません。
[|] コマンド形式の説明では,括弧内の要素を分けている垂直棒線はオプションを 1 つまたは複数選択するか,または何も選択しないことを意味します。
{ } コマンドの形式の説明において,中括弧で囲まれた要素は必須オプションです。いずれか1のオプションを指定しなければなりません。
太字 太字のテキストは,新しい用語,引数,属性,条件を示しています。
italic text イタリック体のテキストは,重要な情報を示します。また,システム・メッセージ ( たとえば内部エラー number),コマンド・ライン ( たとえば /PRODUCER= name),コマンド・パラメータ ( たとえば device-name) などの変数を示す場合にも使用されます。
UPPERCASE TEXT 英大文字のテキストは,コマンド,ルーチン名,ファイル名,ファイル保護コード名,システム特権の短縮形を示します。
Monospace type モノスペース・タイプの文字は,コード例および会話型の画面表示を示します。

C プログラミング言語では,テキスト中のモノスペース・タイプの文字は,キーワード,別々にコンパイルされた外部関数およびファイルの名前,構文の要約,または例に示される変数または識別子への参照などを示します。

-- コマンド形式の記述の最後,コマンド・ライン,コード・ラインにおいて,ハイフンは,要求に対する引数がその後の行に続くことを示します。
数字 特に明記しない限り,本文中の数字はすべて 10 進数です。10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数) は,その旨を明記してあります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡