日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS

概説書

AA-PU8ML-TE


2005 年 4 月

本書は,日本語 OpenVMS オペレーティング・システムの機能の概要を説明します。

改訂/更新情報: 日本語 OpenVMS V7.3-2 『概説書』の改訂版です。
ソフトウェア・バージョン: 日本語 OpenVMS I64 V8.2

日本語 OpenVMS Alpha V8.2

日本語 OpenVMS VAX V7.3



日本ヒューレット・パッカード株式会社


© 2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.

本書の著作権はHewlett-Packard Development Company, L.P.が保有しており,本書中の解説および図,表はHewlett-Packard Development Company, L.P. の文書による許可なしに,その全体または一部を,いかなる場合にも再版あるいは複製することを禁じます。

また,本書に記載されている事項は,予告なく変更されることがありますので,あらかじめご承知おきください。万一,本書の記述に誤りがあった場合でも,日本ヒューレット・パッカードは一切その責任を負いかねます。

本書で解説するソフトウェア ( 対象ソフトウェア ) は,所定のライセンス契約が締結された場合に限り,その使用あるいは複製が許可されます。

日本ヒューレット・パッカードは,日本ヒューレット・パッカードまたは日本ヒューレット・パッカードの指定する会社から納入された機器以外の機器で対象ソフトウェアを使用した場合,その性能あるいは信頼性について一切責任を負いかねます。以下は,他社の商標です。

Adobe,Adobe Illustrator,POSTSCRIPT は米国 Adobe Systems 社の商標です。

BITSTREAM は米国 Bitstream 社の商標です。

Microsoft,MS および MS--DOS は米国 Microsoft 社の商標です。

Motif,OSF,OSF/1,OSF/Motif および Open Software Foundation は米国 Open Software Foundation 社の商標です。

その他のすべての商標および登録商標は,それぞれの所有者が保有しています。

次へ 目次 索引




まえがき



本書の目的

本書は,日本語 OpenVMS オペレーティング・システムの機能について概要を説明します。

対象読者

本書は,システム管理者およびプログラマを含む日本語 OpenVMS のすべてのユーザを対象としています。

本書の構成

本書の構成は以下のとおりです。

第 1 章 日本語 OpenVMS の特徴と機能の概要を説明します。
第 2 章 日本語ユーティリティで使用する漢字ターミナルの設定方法について説明します。
第 3 章 ESC/P プリンタに対して印刷を行うための日本語 ESCP トランスレータについて説明します。
第 4 章 日本語 OpenVMS で使われる文字セットと文字コードセットについて説明します。
第 5 章 日本語 OpenVMS が提供する日本語入力方法について説明します。
第 6 章 日本語 OpenVMS がサポートする日本語ファイル名について説明します。
第 7 章 日本語 OpenVMS で行う操作の代表的な項目について説明します。
第 8 章 日本語 OpenVMS I64 システム,日本語 OpenVMS Alpha システム,および日本語 OpenVMS VAX システムの相違点を説明します。
第 9 章 日本語 OpenVMS のマニュアルについて説明します。



関連資料

『日本語 OpenVMS リリース・ノート』
『 OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』
『 OpenVMS DCL ディクショナリ』
『 OpenVMS システム管理者マニュアル』
『日本語ユーティリティ 利用者の手引き』
『日本語入力プロセス 利用者の手引き』
『 DEC XTPU リファレンス・マニュアル』
『日本語 EVE リファレンス・マニュアル』
『日本語 EVE ユーザーズ・ガイド』
『日本語ライブラリ 利用者の手引き』
『日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き』
『フォント管理ユーティリティ 利用者の手引き』
『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』
『 IMLIB/OpenVMS ライブラリ・リファレンス・マニュアル』
『 OpenVMS C 国際化ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』
『 OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha へのアプリケーションの移行』
『 OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へのアプリケーション・ポーティング・ガイド』


本書で使用する表記法

製品名について

本書では,「日本語 OpenVMS I64」は「日本語 OpenVMS I64 オペレーティング・システム」を,「日本語 OpenVMS Alpha」は「日本語 OpenVMS Alpha オペレーティング・システム」を,「日本語 OpenVMS VAX」は「日本語 OpenVMS VAX オペレーティング・システム」を指します。

また特に明記しない限り,「日本語 OpenVMS 」は,「日本語 OpenVMS I64 オペレーティング・システム」,「日本語 OpenVMS Alpha オペレーティング・システム」,および「日本語 OpenVMS VAX オペレーティング・システム」のすべてを指します。

日本語 DECwindows および日本語 DECwindows Motif はすべて日本語 DECwindows Motif for OpenVMS ソフトウェアを意味します。

本書では次の表記法を使用しています。

表記法 意味
Ctrl/ x Ctrl/ x という表記は,Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
PF1 x PF1 x という表記は,PF1 に定義されたキーを押してから,別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
[Return] 例の中で,キー名が四角で囲まれている場合には,キーボード上でそのキーを押すことを示します。テキストの中では,キー名は四角で囲まれていません。

HTML 形式のドキュメントでは,キー名は四角ではなく,括弧で囲まれています。

... 例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 前出の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.
垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中の項目が省略されていることを示します。このように項目が省略されるのは,その項目が説明している内容にとって重要ではないからです。
( ) コマンドの形式の説明において,括弧は,複数のオプションを選択した場合に,選択したオプションを括弧で囲まなければならないことを示しています。
[ ] コマンドの形式の説明において,大括弧で囲まれた要素は任意のオプションです。オプションをすべて選択しても,いずれか1つを選択しても,あるいは 1 つも選択しなくても構いません。ただし,OpenVMS ファイル指定のディレクトリ名の構文や,割り当て文の部分文字列指定の構文の中では,大括弧に囲まれた要素は省略できません。
[|] コマンド形式の説明では,括弧内の要素を分けている垂直棒線はオプションを 1 つまたは複数選択するか,または何も選択しないことを意味します。
{ } コマンドの形式の説明において,中括弧で囲まれた要素は必須オプションです。いずれか 1 のオプションを指定しなければなりません。
太字 太字のテキストは,新しい用語,引数,属性,条件を示しています。
italic text イタリック体のテキストは,重要な情報を示します。また,システム・メッセージ ( たとえば内部エラー number),コマンド・ライン ( たとえば /PRODUCER= name),コマンド・パラメータ ( たとえば device-name) などの変数を示す場合にも使用されます。
UPPERCASE TEXT 英大文字のテキストは,コマンド,ルーチン名,ファイル名,ファイル保護コード名,システム特権の短縮形を示します。
Monospace type モノスペース・タイプの文字は,コード例および会話型の画面表示を示します。

C プログラミング言語では,テキスト中のモノスペース・タイプの文字は,キーワード,別々にコンパイルされた外部関数およびファイルの名前,構文の要約,または例に示される変数または識別子への参照などを示します。

-- コマンド形式の記述の最後,コマンド・ライン,コード・ラインにおいて,ハイフンは,要求に対する引数がその後の行に続くことを示します。
数字 特に明記しない限り,本文中の数字はすべて10 進数です。 10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数 ) は,その旨を明記してあります。




第 1 章
日本語 OpenVMS 概要

この章では,日本語 OpenVMS の概要を説明します。

日本語 OpenVMS は,標準版 OpenVMS の機能を拡張し,日本語の処理を可能にしたオペレーティング・システムです。追加機能として日本語処理が組み込まれていますので,標準版 OpenVMS の機能はそのまま使用でき,さらに漢字ターミナルを用いて日本語処理を行うことができます。

日本語 OpenVMS には, VAX システム対応の「日本語 OpenVMS VAX オペレーティング・システム」, Alpha システム対応の「日本語 OpenVMS Alpha オペレーティング・システム」, Intel Itanium 2 プロセッサを搭載した HP Integrity サーバ対応の「日本語 OpenVMS I64 オペレーティング・システム」があります。基本的に各プラットフォームで全く同じユーザ・インタフェース,プログラミング・インタフェースおよびシステム管理機能を提供しています。新機能,削除された機能,インタフェースの変更等は『日本語 OpenVMS リリース・ノート』を参照してください。

日本語 OpenVMS は大別して次の 5 つの機能を持ちます。

  • 日本語ファイル名
    Extended File Specifications 機能を使用して,日本語のファイル名を使用
    (Alpha のみ )

  • 日本語ユーティリティ
    日本語でさまざまな処理ができるユーティリティ群

  • 日本語ライブラリ
    プログラムで日本語を処理するときに便利なライブラリ・ルーチン群

  • フォント管理ユーティリティ
    ターミナルにユーザの定義する文字を表示または印刷するためのフォントを作成/管理するユーティリティ群

  • 日本語ヘルプ/メッセージ
    困ったときに参照できる日本語のヘルプ/メッセージ



1.1 日本語ファイル名(I64/Alpha のみ)

日本語 OpenVMS V7.3-1 以降,標準版 OpenVMS の提供する Extended File Specifications の機能により,日本語のファイル名を使用することができます。

Extended File Specifications は,ファイル名に使える文字が Unicode に拡張され, OpenVMS の従来のバージョンに存在するさまざまなファイル名の制約を緩和するファイル処理環境です。 Extended File Specificationsは,Advanced Server を使用する環境において, OpenVMS システムと Windows NT システムの両方で,一貫性のあるファイル処理を可能にします。

ファイル名に日本語を使用するためには,以下のコマンドを入力します。


    $ JSYCP:==$SYS$SYSTEM:JSY$CONTROL.EXE    
    $ JSYCP SET RMS/FILENAME=SDECKANJI 

このコマンドにより,DCL コマンドや日本語ユーティリティ等でファイル名に日本語を使用できるようになります。

注意

日本語 OpenVMS では,標準版 OpenVMS の DCL コマンドで日本語ファイル名が完全に正常に動作することを保証しません。一部の DCL コマンドでは日本語ファイル名が正しく表示されないなどの問題が発生する場合があります。



1.2 日本語ユーティリティ

日本語 OpenVMS には,日本語処理を行うさまざまなユーティリティが用意されています。以下に主な項目をあげます。詳細は『日本語ユーティリティ 利用者の手引き』等を参照してください。

  • 日本語環境設定ユーティリティ(JSY$CONTROL) (I64/Alpha のみ)
    日本語 OpenVMS が持っている各種の日本語機能の設定を一括して制御します。

  • 日本語メール・ユーティリティ(JMAIL) (Alpha/VAX のみ)
    日本語文書の電子メールを作成,発信,受信できます。

  • 日本語ソート/マージ(SORT/MERGE)
    漢字データを音読み,訓読み,総画数,部首コード,国語辞書方式でソートやマージをします。

  • 漢字コード変換(KCODE)
    DEC 漢字コードを他の漢字コードに,他の漢字コードを DEC 漢字コードに変換します。

  • ローマ字・かな漢字変換型 INQUIREコマンド (KINQUIRE)
    INQUIRE コマンドと同様の機能で,さらにローマ字・かな漢字変換機能による漢字入力が行えます。

  • 個人辞書編集ユーティリティ(JDICEDIT)
    「かな漢字変換」で使用する「個人辞書」を編集します。スクリーン上で,単語の登録,削除などを行います。

  • DEC 漢字コード変換ユーティリティ(KCONVERT) (Alpha/VAX のみ)
    変換指定テーブルにしたがって, DEC 漢字コード 1978 年版を DEC 漢字コード 1983 年版 ( または,その逆 ) に変換します。変換指定テーブルはエディタなどで作成できます。

  • 日本語フロントエンド入力プロセス(FIP) (Alpha / VAX のみ)
    漢字 (VT) ターミナル・ユーザがアプリケーションに対して,簡単に日本語入力をするためのツールです。日本語入力をサポートしていないアプリケーションにも,一部を除いて入力が可能になります。詳細は『日本語入力プロセス 利用者の手引き』を参照してください。

  • DEC XTPU/日本語 EVE (JEVE)
    標準版の DECTPU を日本語処理用に機能拡張したものです。日本語 EVE インタフェースにより,マルチ・ウィンドウなど高度な機能を使用して日本語テキストを編集することができます。
    詳細は『 DEC XTPU リファレンス・マニュアル』または『日本語EVE リファレンス・マニュアル』,『日本語EVE ユーザーズ・ガイド』を参照してください。

  • リモート・ジョブ・エントリ (Alpha/VAX のみ)
    日本語 OpenVMS V7.2 から,日本語 DECnet/SNA (Alpha および VAX),日本語 DECnet/FNA (VAX のみ ) の各ユーティリティが日本語 OpenVMS に統合されました。これらのユーティリティを Digital DNA Remote Job Entry for OpenVMS と組み合わせて使用することにより,IBM システムや FACOM システムとの間で,漢字コードを含むファイルの送受信を行うことがきます。

次の機能は V6.2 より標準版 OpenVMS VAX および標準版 OpenVMS Alpha に統合されて提供されています。

  1. デバッガの日本語機能
    デバッガでは,日本語データ名を使った日本語 COBOL プログクラムのデバッグ,日本語データの参照/代入,XPG4 ワイド文字列の参照/代入が可能です。また,DECwindows Motif の GUI 上で日本語が使用できます。

  2. XPG4ユーティリティ
    XPG4 (X/Open Portability Guide Issue 4) で提唱される,アプリケーションの移植性を確保するための標準インタフェースを持つランタイム・ライブラリ,ユーティリティ,データ・ファイルを提供します。
    詳しくは『 OpenVMS C 国際化ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』をご覧ください。



1.3 日本語ライブラリ

日本語アプリケーション・プログラムを作成する際に便利な機能が,共有イメージで提供されます。これらは OpenVMS でサポートされるすべてのプログラミング言語から呼び出して使用することができます。ユーザはこれらの日本語ライブラリを用いて容易に日本語アプリケーション・プログラムを作成することができます。

日本語 OpenVMS で提供されるライブラリには以下の4種類があります。

  1. 日本語ライブラリ(JSYSHR.EXE,JSY$KKSHR.EXE)
    かな漢字変換や文字列操作等の日本語処理を行うルーチン群。詳しくは『日本語ライブラリ 利用者の手引き』をご覧ください。

  2. 日本語画面管理ライブラリ(JSY$SMGSHR.EXE)
    VT382 などの日本語ビデオ・ターミナルで,マルチ・ウィンドウやメニューの作成等を容易にするルーチン群。詳しくは『日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き』をご覧ください。

  3. ユーザ・キー定義ライブラリ(IM$SHR.EXE)
    ユーザ・キー定義ライブラリは,かな漢字変換入力中のキー操作方法および表示属性等の環境を,ユーザの好みに応じてカスタマイズできるようにするライブラリです。また,ユーザ・キー定義ライブラリを利用した複数のアプリケーションでは,同じ環境でかな漢字変換入力ができるようになります。詳しくは『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』,『 IMLIB/OpenVMS ライブラリ・リファレンス・マニュアル』をご覧ください。

  4. 日本語 COBOL 実行時ライブラリ(JCORTL.EXE,NCORTL.EXE,DEC$COBRTL.EXE)
    VAX 版
    JCORTL.EXE と NCORTL.EXE は,日本語 VAX COBOL を用いて開発されたアプリケーションが,日本語項目への ACCEPT 命令を用いた入力を行なう際に必要となる実行時ライブラリです。 JCORTL は日本語 VAX COBOL V4.3 以前のキットに含まれる実行時ライブラリと同じものです。また,NCORTL は日本語 VAX COBOL V4.4 以降のキットに含まれる実行時ライブラリと同じものです。
    Alpha 版
    DEC$COBRTL.EXE は,日本語 DEC COBOL を用いて開発されたアプリケーションが,日本語項目への ACCEPT 命令を使用した入力を行う際に必要となる,実行時ライブラリです。
    日本語 DEC COBOL 用 DEC$COBRTL.EXE は OpenVMS V6.2 までは日本語 OpenVMS が提供していましたが,OpenVMS V7.0 から標準版 OpenVMS により提供される DEC$COBRTL.EXE に日本語機能が統合されました。


次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項