日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
概説書


最初へ 次へ 索引


目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 日本語 OpenVMS 概要
第 2 章 漢字ターミナルの設定
第 3 章 ESC/P プリンタによる印刷
第 4 章 日本語 OpenVMS で使用される文字
第 5 章 日本語の入力
第 6 章 日本語ファイル名サポート
第 7 章 こんな時どうする日本語 OpenVMS
第 8 章 日本語OpenVMS の各プラットフォーム・バージョンの相違点
第 9 章 マニュアルについて
  索引
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 日本語 OpenVMS 概要
     1.1     日本語ファイル名(I64/Alpha のみ)
     1.2     日本語ユーティリティ
     1.3     日本語ライブラリ
     1.4     フォント管理ユーティリティ
     1.5     日本語ヘルプおよびメッセージ
     1.6     DCL コマンドでの日本語の使用
     1.7     プログラミング言語での日本語の使用
     1.8     論理名
     1.9     プログラムとフォント・データのサンプル
         1.9.1         サンプル・プログラム
         1.9.2         フォント・データのサンプル
     1.10     DECnet 環境での使用
         1.10.1         ローカル・システムが日本語 OpenVMS の場合
         1.10.2         ローカル・システムが標準版 OpenVMS の場合
     1.11     TCP/IP 環境での使用
         1.11.1         telnet 端末から直接ログインする場合
         1.11.2         他の OpenVMS システムから間接ログインする場合
第 2 章
2 漢字ターミナルの設定
     2.1     漢字ターミナル
         2.1.1         DEC 漢字 1983 年版漢字ターミナル
         2.1.2         DEC 漢字 1978 年版漢字ターミナル
         2.1.3         ターミナルのバージョンの見方
             2.1.3.1             VT280 シリーズ,VT382 漢字ビデオ・ターミナル
             2.1.3.2             LN03 漢字プリンタ
     2.2     漢字ビデオ・ターミナル
         2.2.1         VT280 シリーズ,VT382
             2.2.1.1             ホスト直結デバイスのシリアルポートへの接続
         2.2.2         VTターミナル・エミュレータ
             2.2.2.1             Reflection for UNIX and OpenVMS
     2.3     漢字プリンタ
         2.3.1         漢字プリント・シンビオント (Alpha/VAX のみ)
             2.3.1.1             漢字プリント・シンビオントの機能
             2.3.1.2             漢字プリント・シンビオントの種類
         2.3.2         LA86,LA88,LA90,LA280,LA380 (Alpha/VAX のみ)
             2.3.2.1             ホストのシリアルデバイスポートへの接続
             2.3.2.2             ターミナル・サーバへの接続
         2.3.3         LN03,DEClaser 2300,DEClaser 2400 (Alpha/VAX のみ)
     2.4     DEC 漢字 1978 年版漢字ターミナルの追加設定
     2.5     KANJITERM.COM
     2.6     KANJIUP.COM
     2.7     その他の設定
第 3 章
3 ESC/P プリンタによる印刷
     3.1     日本語 ESCP トランスレータの概要
         3.1.1         ハードウェア構成
         3.1.2         ソフトウェア構成
         3.1.3         LA88 と日本語 ESCP トランスレータの比較
         3.1.4         使用可能な文字セット
         3.1.5         トランスレータの初期設定値
         3.1.6         関連資料
     3.2     プリント・シンビオントを設定するための論理名
         3.2.1         論理名の定義
         3.2.2         TELNET プリント・シンビオントのための論理名
     3.3     プリンタ・キューの設定
         3.3.1         ローカル・シリアルポート・プリント・シンビオント
             3.3.1.1             キュー・スタートアップ情報の作成
         3.3.2         LAT プリント・シンビオント
             3.3.2.1             LAT スタートアップ・ファイルの修正
             3.3.2.2             キュー・スタートアップ情報の作成
         3.3.3         TELNET プリント・シンビオント (ターミナル・サーバ)
             3.3.3.1             キュー・スタートアップ情報の作成
         3.3.4         TELNET プリント・シンビオント (プリント・サーバ (raw TCP))
             3.3.4.1             キュー・スタートアップ情報の作成
     3.4     PRINT コマンドの /PARAMETERS 修飾子
     3.5     日本語 ESCP トランスレータ単体での使用
     3.6     LA88 と日本語 ESCP トランスレータのサポートする制御文字/制御命令の比較
     3.7     既知の問題点と制限事項
         3.7.1         トランスレータの既知の問題点と制限事項
             3.7.1.1             逆改行
             3.7.1.2             フォントデザイン
             3.7.1.3             内部フォント
             3.7.1.4             アンダーライン
             3.7.1.5             二重アンダーライン
             3.7.1.6             反転文字
             3.7.1.7             漢字罫線
             3.7.1.8             行間罫線
             3.7.1.9             プリローディング/オンデマンドローディング
             3.7.1.10             行属性
             3.7.1.11             縦倍文字
             3.7.1.12             8.18 CPI 以下での印字
             3.7.1.13             その他
         3.7.2         TELNET プリント・シンビオントの既知の問題点と制限事項
     3.8     動作確認済みの ESC/P プリンタ
     3.9     ESC/P プリンタの既知の問題点と制限事項


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項