; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語 HP OpenVMS<!--#include virtual="/comm/include/company_name_title.inc" -->

日本語 HP OpenVMS
概説書


前へ 次へ 目次 索引




3.3.4 TELNET プリント・シンビオント (プリント・サーバ (raw TCP))

以下に示す手順に従って,プリント・サーバに接続されたプリンタのプリント・キューを設定するために,システム・スタートアップ・ファイルに記述すべきコマンドを決定してください。この手順を実行する場合は,パラメータ・テーブルの必要な情報を使用してください。

キューのスタートアップ情報は,キュー・スタートアップ・ファイルあるいはシステム・スタートアップ・ファイル (通常 SYS$MANAGER:SYSTARTUP_V5.COM,あるいは OpenVMS VAX バージョン6.0 以降および OpenVMS Alpha/I64 のすべてのバージョンではSYS$MANAGER:SYSTARTUP_VMS.COM) のいずれかに置かれています。キューのスタートアップは,TELNET を起動した後に起動しなければなりません。

プリント・サーバ上での raw TCP 経由のプリンタの設定方法については,プリント・サーバのマニュアルを参照してください。OpenVMS 上での TELNET の設定方法については,TCP/IP Services for OpenVMS のマニュアルを参照してください。

3.3.4.1 キュー・スタートアップ情報の作成

この項では,ターミナル・サーバ・ベースのキューを構成するために,キュー・スタートアップ・ファイルあるいはシステム・スタートアップ・ファイルに記述するコマンドについて説明します。

  1. キューのデフォルト・フォームを定義します。
    例:


     $ DEFINE/FORM ESCJ_DEFAULT 1 -
        /NOTRUNCATE/WIDTH=174/MARGIN=BOTTOM=0/STOCK=DEFAULT -
        /DESCRIPTION="ESCP Trans default"
    


    この例では,ESCJ_DEFAULT はフォーム名で,1 はフォーム番号です。
    形式:


     $ DEFINE/FORM form-name form-number - 
        /WIDTH=174/MARGIN=BOTTOM=0/STOCK=DEFAULT - 
        /DESCRIPTION=string
    


    プリンタ・キューには,デフォルトのフォーム定義が必要です。 OpenVMS では,各フォームは名前と番号を持っています。フォーム番号を付ける簡便な方法は,使用可能な最も小さいフォーム番号を選ぶことです。
    すでに使用しているフォーム番号を表示するには,次のコマンドを使用します。


    $ SHOW QUEUE/FORM
     
    Form name    Number  Description 
    ---------    ------- ------------------------------------------ 
     
    DEFAULT         0     System-defined default 
    

  2. TELNET シンビオントを raw TCP モードで動かすため,論理名を定義します。
    例:


    $ DEFINE /SYSTEM /EXEC ESCJ$TELNETSYM_RAW_TCP TRUE
    

  3. プリント・キューを初期化および起動します。
    例:


    $ INITIALIZE/QUEUE ESCJPR3/START -
       /PROCESSOR=ESCJ$TELNETSYM -
       /FORM_MOUNTED=ESCJ_DEFAULT -
       /ON="SERVER:9100"
    


    この例では,

    ESCJPR3 はキュー名です。
    ESCJ_DEFAULT はフォーム名です。
    SERVER はプリント・サーバの IP ノード名です。
    9100 はプリンタが接続されたプリント・サーバの TCP/IP ポート番号です。

    実際のポート番号は,各プリント・サーバのマニュアルを参照してください。
    形式:


     $ INITIALIZE/QUEUE queue-name/START - 
        /PROCESSOR=ESCJ$TELNETSYM - 
        /FORM_MOUNTED=form-name - 
        /ON="Server_ip_nodename:port_number" 
    


    INITIALIZE/QUEUE コマンドは,キューがまだ存在していない場合はこれを作成し,名前をキューに付け,その他プロセッサ,マウント・フォーム,ポートなどの必要なものをキューに設定します。

  4. キューについての説明を記述します。
    次の例では,ESCJPR3 がキュー名で,SERVER が設定しようとしているプリント・サーバ名です。
    例:


     $ SET QUEUE ESCJPR3 -
        /DESCRIPTION="Gerry's Printer SERVER"
    


    形式:


     $ SET QUEUE queue-name/DESCRIPTION=string
    


    SET QUEUE コマンドはキューの属性を変更します。/DESCRIPTION 修飾子には,キューについての情報を記述するための最大 255 文字までの文字列を指定します。

  5. キューのデフォルトのジョブ・セパレータおよびフォーム・オプションを設定します。
    例:


     $ SET QUEUE ESCJPR3 -
        /DEFAULT=(NOFEED,FORM=ESCJ_DEFAULT)
    


    この例では,ESCJPR3 はキュー名で,ESCJ_DEFAULT はフォーム名です。
    形式:


     $ SET QUEUE queue-name - 
        /DEFAULT=(option,NOFEED,FORM=form-name) 
    

    • SET QUEUE コマンドはキューの属性を変更します。/DEFAULT 修飾子は, PRINT コマンドの特定のオプションのデフォルト値を設定します。デフォルト値は,オプションのリストで指定します。

    • NOFEED は,プリンタの印字位置がフォームのボトム・マージンに来た場合に,キュー・プロセッサが自動的にフォーム・フィード文字を送信しないようにします。 FORM オプションは,特定のフォームを指定しないでジョブが出力された場合のデフォルト・フォームを指定します。オプションについての詳細は,『OpenVMS DCL ディクショナリ』を参照してください。

これで,キュー名を PRINT コマンドで使用できるようになりました。たとえば,次のコマンドは ESCJPR3 にファイルを送信します。


 $ PRINT/QUEUE=ESCJPR3 TEST_FILE.TXT

PRINT コマンドおよびその修飾子についての詳細は, OpenVMS ドキュメントあるいはオンライン・ヘルプを参照してください。

3.4 PRINT コマンドの /PARAMETERS 修飾子

ここでは,日本語 ESCP トランスレータで使用する PRINT コマンドの /PARAMETERS 修飾子について説明します。

日本語 ESCP トランスレータは,OpenVMS オペレーティング・システムの PRINT コマンドのすべてのコマンド修飾子をサポートしています。このため,日本語 ESCP トランスレータを使用した環境でのユーザのプリント・オペレーションは,通常の OpenVMS 環境でサポートされているプリンタに印字する場合と同等のオペレーションでできます。

PRINT コマンドの使用例を示します。


        $ PRINT/QUEUE=que-name file-name.txt

また,日本語 ESCP トランスレータの固有な機能に関する設定を行うために,/PARAMETERS 修飾子に以下のパラメータが追加されています。

  • ZEROFONT

  • FONTTYPE

  • DECKANJI

  • KANJIPITCH

  • PAGEWIDTH

注意

PRINT コマンドの /PARAMETERS 修飾子にパラメータを指定する方法は下記のようにかっこで囲い,各パラメータはコンマで区切ります。


        /PARAMETERS=(param1=xxx,param2=xxx,param3=xxx)

パラメータを1つしか指定しない場合には,かっこを省略できます。


        /PARAMETERS=param1=xxx

追加されたパラメータについての説明を以下に示します。

  • ZEROFONT
    零の字形('0' または 'φ' (0 にスラッシュ))を指定します。
    形式は以下のとおりです。


    /PARAMETERS=ZEROFONT=NORMAL        零の字形に '0' を指定します。 
    /PARAMETERS=ZEROFONT=WITHSLASH     零の字形に 'φ' を指定します。 
    


    ZEROFONT パラメータが省略された場合,論理名 ESCJ$que-name_ZEROFONT で指定された値が使用されます。論理名 ESCJ$que-name_ZEROFONT が定義されていない場合, NORMAL が省略時の設定となります。

  • FONTTYPE
    英数文字に OCR-B フォントを使用するかどうかを指定します。
    形式は以下のとおりです。


    /PARAMETERS=FONTTYPE=NORMAL        OCR-B フォントを使用しません。 
    /PARAMETERS=FONTTYPE=OCRB          OCR-B フォントを使用します。 
    


    FONTTYPE パラメータが省略された場合,論理名 ESCJ$que-name_FONTTYPE で指定された値が使用されます。論理名 ESCJ$que-name_FONTTYPE が定義されていない場合, NORMAL が省略時の設定となります。

  • DECKANJI
    DEC 漢字セット(83 年版または 78 年版)を指定します。
    形式は以下のとおりです。


    /PARAMETERS=DECKANJI=KANJI78            78 年版 DEC 漢字セット。 
    /PARAMETERS=DECKANJI=KANJI83            83 年版 DEC 漢字セット。 
    


    DECKANJI パラメータが省略された場合,論理名 ESCJ$que-name_DECKANJI で指定された値が使用されます。論理名 ESCJ$que-name_DECKANJI が定義されていない場合, KANJI83 が省略時の設定となります。

  • KANJIPITCH
    漢字の文字間隔(相対または固定)を指定します。
    形式は以下のとおりです。


    /PARAMETERS=KANJIPITCH=RELATIVE         漢字の文字間隔を相対にします。 
    /PARAMETERS=KANJIPITCH=FIXED            漢字の文字間隔を固定にします。 
    


    KANJIPITCH パラメータが省略された場合,論理名 ESCJ$que-name_KANJIPITCH で指定された値が使用されます。論理名 ESCJ$que-name_KANJIPITCH が定義されていない場合, RELATIVE が省略時の設定となります。

  • PAGEWIDTH
    ESC/P プリンタの用紙幅を指定します。
    形式は以下のとおりです。


    /PARAMETERS=PAGEWIDTH=value
    


    value は,ESC/P プリンタの英数カナ 10 CPI のときの印字桁数で 80 または 136 を指定できます。使用する ESC/P プリンタに合わせてください。
    PAGEWIDTH パラメータが省略された場合,論理名 ESCJ$que-name_PAGEWIDTH で指定された値が使用されます。論理名 ESCJ$que-name_PAGEWIDTH が定義されていない場合, 136 が省略時の設定となります。



3.5 日本語 ESCP トランスレータ単体での使用

本章では,日本語 ESCP トランスレータを PRINT コマンドを使用しないで単体で使用する方法について説明します。これにより ESC/P に変換されたファイルを得ることができます。

シンボルの設定

日本語 ESCP トランスレータを単体で使用できるようにシンボル名を設定します。


    $ ESCJ$TRANS == "$SYS$LIBRARY:ESCJ$TRANSSHR.EXE"

使用方法

入力ファイル名および出力ファイル名とともに,日本語 ESCP トランスレータを実行します。出力ファイル名を省略した場合には SYS$OUTPUT に出力されます。


    $ ESCJ$TRANS [OPTIONS] input-file [output-file]

実行時には以下のオプションが指定できます。

-k: DEC漢字セットに78年版を使用します。
-o: 英数文字にOCR-Bフォントを使用します。
-z: 零の字形に 'φ' (0 にスラッシュ) を指定します。
-f: 漢字の文字間隔に固定を指定します。
-8: プリンタの用紙幅を10 CPI時80桁にします。

単体で使用する場合,論理名や /PARAMETER 修飾子による設定の影響は受けません。

注意

単体使用で出力されたファイルを日本語 ESCP トランスレータで設定されたプリンタ・キューに出力することはできません。トランスレータを2回通すことになり,正常な印字結果になりません。



3.6 LA88 と日本語 ESCP トランスレータのサポートする制御文字/制御命令の比較

ESCJ がサポートする制御文字/制御命令は以下のとおりです。各制御文字/制御命令の説明は『LA88 ユーザガイド』を参照してください。(サポートされていても LA88 と動作が異なるものがあります。詳しくは 第 3.7 節 を参照してください。)

  ニーモニック 機能
  BS Back space
  CAN Cancel
  CR Carriage return
  DECAUPSS Assign UPSS
  DECAWM Auto wrap mode
  DECCRNLM CR new line mode
  DECDHLB Double height line bottom
  DECDHLT Double height line top
  DECDWL Double width line
  DECSHORP Select horizontal pitch
  DECSHTS Set horizontal tab stop
  DECSLPP Set lines per page
  DECSLRM Set left and right margin
  DECSTBM Set top and bottom margin
  DECSTR Soft terminal reset
  DECSWL Single width line
  DECVERP Select vertical pitch
  DEL Delete
  FF Form feed
  GSM Graphic size modification
  HT Horizontal tab
  HTS Horizontal tab set
  IND Index
  LF Line Feed
  LNM LF new line mode
  LS0 (SI) Locking shift 0 (Shift in)
  LS1 (SO) Locking shift 1 (Shift out)
  LS1R Locking shift 1 right
  LS2 Locking shift 2
  LS2R Locking shift 2 right
  LS3 Locking shift 3
  LS3R Locking shift 3 right
  NEL Next line
  NUL Null
  PLD Partial line down
  RIS Reset to initial state
  Sixel protocol
  SGR Select graphic rendition
    Normal
    Bold
    Underline
    Italic
    Reverse
    Vertical
    Double under line
  SP Space
  SS2 Single shift 2
  SS3 Single shift 3
  SUB Substitute
  TBC (0,2,3) Tab clear
  VT Vertical tab

LA88 ではサポートされているが ESCJ ではサポートされない制御文字/制御命令は以下のとおりです。

  ニーモニック 機能
  BEL Bell
  CUU Cursor up
  DA(1) Primary Device attributes
  DA(2) Secondary device attributes
  DECDEN Select printing density
  DECDRLBR Draw a ruled line between in pattern
  DECNVR NVR save/restore
  DECRQUPSS Request UPSS
  DECTST Test
  DSR Device status report
  PLU Partial line up
  RI Reverse index
  S7C1T Select 7-bit C1 transmission
  S8C1T Select 8-bit C1 transmission
  SGR Select graphic rendition
    Faint
  XOFF (transmit only)
  XON (transmit only)


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項