日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:V8.3の新機能
第 2 章:一般ユーザ機能
第 3 章:システム管理機能
第 4 章:光メディアのマスタリング
第 5 章:プログラミング機能
第 6 章:InfoServerユーティリティ
第 7 章:関連製品の機能
第 8 章:新規および改訂されたドキュメント
第 9 章:英語版ドキュメント一覧
第 10 章:各英語版ドキュメントの内容
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 新機能説明書


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 部 OpenVMS Version 8.3 の新機能
第 1 章 HP OpenVMS Version 8.3 の新機能の概要
第 2 章 一般ユーザ機能
第 3 章 システム管理機能
第 4 章 OpenVMS 上での光媒体のマスタリング
第 5 章 プログラミング機能
第 6 章 InfoServer ユーティリティ
第 7 章 関連製品の機能
第 2 部 OpenVMS の英語版ドキュメント
第 8 章 OpenVMS 英語版ドキュメントの概要
第 9 章 OpenVMS の英語版ドキュメント (印刷およびオンライン)
第 10 章 OpenVMS のドキュメントの説明
  索引
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 部
第 1 部 OpenVMS Version 8.3 の新機能
第 1 章
1 HP OpenVMS Version 8.3 の新機能の概要
     1.1     新機能のまとめ
第 2 章
2 一般ユーザ機能
     2.1     新しい Integrity サーバのサポート
     2.2     バッチ・ジョブ・キューの上限を拡大
     2.3     DCL コマンドとレキシカル関数
         2.3.1         遠隔プロセスに対する Ctrl/T のサポート
         2.3.2         DCL パーマネント・シンボル
         2.3.3         Ctrl/T の出力のカスタマイズ
         2.3.4         /SINCE 修飾子への JOB_LOGIN キーワードの追加
         2.3.5         COPY コマンドにおける I/O サイズ上限の拡大
         2.3.6         最大プロンプト・サイズの拡大
     2.4     ハイパースレッド機能 (I64 のみ)
     2.5     HP iCAP (Instant Capacity) と HP TiCAP (Temporary Instant Capacity) (I64 のみ)
     2.6     LMF (License Management Facility) の変更と機能拡張
         2.6.1         LMF 準拠レポート
         2.6.2         ライセンス用語の変更 (I64 のみ)
     2.7     HP nPartition Provider for OpenVMS (I64 のみ)
     2.8     HP Pay Per Use (PPU) (I64 のみ)
     2.9     HP Superdome ハイブリッド・サーバのサポート (I64 のみ)
     2.10     HP Web-Based Enterprise Management Services for OpenVMS (WBEM)
第 3 章
3 システム管理機能
     3.1     BACKUP ユーティリティの機能拡張
         3.1.1         OpenVMS Backup ユーティリティでの DVE (Dynamic Volume Expansion)のサポート
             3.1.1.1             ボリューム拡張サイズ
             3.1.1.2             論理ボリューム・サイズ
         3.1.2         BACKUP セーブ・セットの暗号化
         3.1.3         追加の CTRL/T メッセージ
         3.1.4         新しい /PROGRESS_REPORT 修飾子
         3.1.5         新しい /IO_LOAD 修飾子
     3.2     光媒体 CD および DVD の記録ツール
     3.3     Integrity サーバ向け OpenVMS でのクラスタ・サテライトのサポート
         3.3.1         Alpha のサテライトと I64 のサテライトの違い
         3.3.2         サテライト・システムからの情報収集
         3.3.3         ブートとクラッシュ用にサテライト・システムを設定する
         3.3.4         ブート・サーバに対するサテライト・システムの定義
         3.3.5         サテライトのブート
         3.3.6         サテライト・システム上での追加作業
     3.4     ロックの動的な再マスタリング---LOCKRMWT
     3.5     OpenVMS での暗号化
         3.5.1         AES の機能
         3.5.2         /CREATE_KEY /AES コマンド修飾子
         3.5.3         AES 鍵の長さに関する要件
         3.5.4         リテラル鍵の値と ASCII 圧縮
         3.5.5         XOR 鍵フラグ,または鍵の折りたたみ
         3.5.6         ENCRYPT$DEFINE_KEY( ) API
         3.5.7         鍵に関する注意事項
         3.5.8         AES 鍵の削除
         3.5.9         ENCRYPT$DELETE_KEY( ) API
         3.5.10         ファイルの暗号化と復号化
             3.5.10.1             ファイルの暗号化と復号化の省略時のモード---DESCBC
             3.5.10.2             AES データ・アルゴリズムと AES 鍵アルゴリズムの指定
             3.5.10.3             鍵アルゴリズムのみの指定
         3.5.11         ENCRYPT$ENCRYPT_FILE() API
         3.5.12         レコードの暗号化と復号化
         3.5.13         データの暗号化と復号化
         3.5.14         長さとブロック・モード・パディング
         3.5.15         新しい AES 暗号化鍵,フラグ・マスク,値
         3.5.16         サポートされない AES 暗号化の操作
     3.6     Monitor ユーティリティの機能拡張
         3.6.1         Align コマンド (I64 のみ)
         3.6.2         PROCESSES クラス向けの新しいクラス名修飾子
         3.6.3         MONITOR PROCESSES/TOPSUPERVISOR の例
     3.7     EVA コントローラと MSA コントローラのアクティブ-アクティブ機能向けのマルチパスの機能強化
     3.8     OpenVMS クラスタ・インターコネクト
     3.9     OpenVMS オペレーティング・システム媒体のパッチ関連のメニュー・オプション
     3.10     PCSI ユーティリティの機能拡張
         3.10.1         PRODUCT ANALYZE PDB
         3.10.2         製品データベースの自動的な検証
         3.10.3         ODS-5 ボリュームのサポート
         3.10.4         製品キットの Secure Delivery のサポート
         3.10.5         2 つの修飾子におけるデフォルトの変更
     3.11     SANCP ユーティリティ
     3.12     SAS ユーティリティ (I64 のみ)
     3.13     SCACP ユーティリティ
         3.13.1         データ圧縮の管理
         3.13.2         数ギガビットのスケーリング
     3.14     HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサ (MUX) のサポート (I64 のみ)
     3.15     Spinlock Trace ユーティリティ (SPL)
     3.16     HP OpenVMS System Analysis Tools
         3.16.1         System Dump Debugger
         3.16.2         System Dump Analyzer
    コマンド 1     COLLECT
    コマンド 2     SHOW CLASS
    コマンド 3     SHOW EFI (I64 のみ)
    コマンド 4     SHOW VHPT (I64 のみ)
    コマンド 5     VALIDATE POOL
    コマンド 6     VALIDATE PROCESS
    コマンド 7     CLUE REGISTER
    コマンド 8     CLUE SCSI
    コマンド 9     SDA$CBB_BOOLEAN_OPER
    コマンド 10     SDA$CBB_CLEAR_BIT
    コマンド 11     SDA$CBB_COPY
    コマンド 12     SDA$CBB_FFC
    コマンド 13     SDA$CBB_FFS
    コマンド 14     SDA$CBB_INIT
    コマンド 15     SDA$CBB_SET_BIT
    コマンド 16     SDA$CBB_TEST_BIT
    コマンド 17     SDA$DELETE_PREFIX
    コマンド 18     SDA$FID_TO_NAME
    コマンド 19     SDA$GET_FLAGS
         3.16.3         ANALYZE コマンドの修飾子
         3.16.4         DUMP コマンドの修飾子
         3.16.5         SEARCH コマンドの修飾子
         3.16.6         SHOW CLUSTER コマンドの新しい修飾子
         3.16.7         SHOW CRASH の修飾子
         3.16.8         SHOW DUMP コマンドの修飾子
         3.16.9         SDA SHOW PROCESS の修飾子
         3.16.10         SHOW RESOURCES/STATUS コマンドに追加されたキーワード
         3.16.11         SHOW UNWIND の修飾子
     3.17     システム・パラメータ
     3.18     システム・サービス・ロギングの機能拡張
     3.19     LDAP 認証のための SYS$ACM 対応のイメージ LOGINOUT.EXE および SETP0.EXE
     3.20     タイム・ゾーンの追加
     3.21     OpenVMS での仮想 LAN (VLAN) のサポート
         3.21.1         VLAN サポートの詳細
         3.21.2         システム上の VLAN の管理
             3.21.2.1             スイッチ・ポートのプローブ
             3.21.2.2             VLAN デバイスの作成
             3.21.2.3             仮想 LAN デバイスの非アクティブ化
             3.21.2.4             VLAN デバイス情報の表示
         3.21.3         VLAN のトラブルシューティング
     3.22     Volume Shadowing for OpenVMS
         3.22.1         ボリューム処理時の自動的なビットマップの作成
         3.22.2         SET SHADOW の新しい /RESET 修飾子


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項