日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:V8.3の新機能
第 2 章:一般ユーザ機能
第 3 章:システム管理機能
第 4 章:光メディアのマスタリング
第 5 章:プログラミング機能
第 6 章:InfoServerユーティリティ
第 7 章:関連製品の機能
第 8 章:新規および改訂されたドキュメント
第 9 章:英語版ドキュメント一覧
第 10 章:各英語版ドキュメントの内容
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 新機能説明書


目次 索引

第 4 章
4 OpenVMS 上での光媒体のマスタリング
     4.1     LD,CD,および DVD デバイスの概要
         4.1.1         論理ディスク・デバイス
         4.1.2         CD デバイスと DVD デバイス
     4.2     データ・ディスクのマスタリングを行うための一般的な手順
     4.3     
第 5 章
5 プログラミング機能
     5.1     C 実行時ライブラリの機能拡張
         5.1.1         シンボリック・リンクと POSIX 準拠のパス名のサポート
         5.1.2         バイト単位のロック
         5.1.3         新しい C RTL 関数
         5.1.4         C RTL の TCP/IP ヘッダ・ファイルの更新
     5.2     CDSA for OpenVMS および Secure Delivery
     5.3     デッドロック待ち
     5.4     デバッガの新機能
         5.4.1         C++ の演算子名のサポートの強化
         5.4.2         SET MODULE コマンドが省略可能になった
         5.4.3         SHOW STACK コマンドの新しい修飾子
         5.4.4         型のないストレージ位置に対する省略時のデータ型の変更
         5.4.5         SHOW SYMBOL コマンドでのオーバロード・シンボル・サポートの改善
         5.4.6         GNAT Pro (Ada 95) コンパイラが Integrity サーバ・システムでも利用可能 (I64 のみ)
         5.4.7         P2 空間にロードされたプログラムのデバッグをサポート
         5.4.8         SET WATCH コマンドの改良
         5.4.9         整数レジスタでの NaT (Not a Thing) のサポート
         5.4.10         デバッガの使いやすさの向上: モジュールの自動ロード
         5.4.11         C++ デストラクタのサポートの強化
         5.4.12         C++ テンプレート名のサポート
         5.4.13         Ada プログラムのサポートの強化
     5.5     Kerberos for OpenVMS
     5.6     リンカ・ユーティリティの機能拡張
     5.7     ライブラリアンを使用したデマングル化された名前とマングル化された名前の一覧表示 (I64 のみ)
     5.8     OpenVMS Alpha システム用の HP MACRO コンパイラ
     5.9     RMS (Record Management System) の機能拡張
         5.9.1         RMS CONVERT/FDL および CREATE/FDL の機能拡張
         5.9.2         RMS グローバル・バッファの索引編成ファイルに対する機能強化
         5.9.3         新しい形式のグローバル・バッファ仕様
         5.9.4         XABFHC に新しいフィールドを追加
         5.9.5         新しい RMS フィールド値
         5.9.6         グローバル・バッファ・キャッシュのサイズを決定するための,RMS のファイルごと新しい管理オプション
         5.9.7         ファイルに接続されたグローバル・バッファ・キャッシュのサイズ (XAB$_GBC)
         5.9.8         グローバル・バッファ数 (XAB$_GBC32)
         5.9.9         グローバル・バッファ・フラグ (XAB$_GBCFLAGS)
     5.10     HP SSL for OpenVMS
     5.11     システム・サービスの新しい情報と新しい項目コード
         5.11.1         $GETDVI: 新しい項目コードと項目コード情報
             5.11.1.1             $GETDVI の新しい項目コード
             5.11.1.2             $GETDVI の項目コード情報
         5.11.2         $GETJPI の新しい項目コード
         5.11.3         $GETSYI の新しい項目コード
         5.11.4         $GETDVI,$GETJPI,$GETLKI,$GETQUI,$GETSYI のサービス情報
         5.11.5         $GETUAI の新しい項目コード
         5.11.6         システム・サービスに対するその他の変更
     5.12     トレースバック機能
第 6 章
6 InfoServer ユーティリティ
     6.1     InfoServer ユーティリティの概要
         6.1.1         InfoServer の使用方法の概要
         6.1.2         InfoServer コマンド
          CREATE SERVICE
          DELETE SERVICE
          EXIT
          HELP
          SAVE
          SET SERVICE
          SHOW SERVER
          SHOW SERVICES
          SHOW SESSIONS
          SPAWN
          START SERVER
第 7 章
7 関連製品の機能
     7.1     Distributed NetBeans for OpenVMS
     7.2     Secure Web Browser for OpenVMS
     7.3     Secure Web Server for OpenVMS
     7.4     HP TCP/IP Services for OpenVMS Version 5.6
     7.5     Web Services Integration Toolkit for OpenVMS
第 2 部
第 2 部 OpenVMS の英語版ドキュメント
第 8 章
8 OpenVMS 英語版ドキュメントの概要
第 9 章
9 OpenVMS の英語版ドキュメント (印刷およびオンライン)
     9.1     印刷ドキュメント
         9.1.1         OpenVMS メディア・キットのドキュメント
         9.1.2         OpenVMS ドキュメンテーション・セット
         9.1.3         オペレーティング環境拡張ドキュメント・セット (I64 のみ)
         9.1.4         システム統合製品のドキュメント
         9.1.5         アーカイブされた OpenVMS ドキュメント
     9.2     OpenVMS ドキュメントの開発ツール
     9.3     CD に収録されているオンライン・ドキュメント
         9.3.1         オンライン形式
     9.4     OpenVMS Web サイトで提供されるオンライン・ドキュメント
     9.5     オンライン・ヘルプ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項