日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:V8.3の新機能
第 2 章:一般ユーザ機能
第 3 章:システム管理機能
第 4 章:光メディアのマスタリング
第 5 章:プログラミング機能
第 6 章:InfoServerユーティリティ
第 7 章:関連製品の機能
第 8 章:新規および改訂されたドキュメント
第 9 章:英語版ドキュメント一覧
第 10 章:各英語版ドキュメントの内容
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 新機能説明書


目次 索引



いくつかのシステム・サービスに新しい項目コードが追加されています。また,いくつかの項目コードで情報が追加されています。ここでは,これらのトピックについて説明します。

5.11.1 $GETDVI: 新しい項目コードと項目コード情報

OpenVMS Version 8.3 では,以降の項で説明する項目コードが追加されており,項目コードに関する情報も追加されています。

$GETDVI の新しい項目コードは以下のとおりです。


DVI$_DEVICE_MAX_IO_SIZE 
DVI$_FC_HBA_FIRMWARE_REV 
DVI$_LAN_ALL_MULTICAST_MODE 
DVI$_LAN_AUTONEG_ENABLED 
DVI$_LAN_DEFAULT_MAC_ADDRESS 
DVI$_LAN_FULL_DUPLEX 
DVI$_LAN_JUMBO_FRAMES_ENABLED 
DVI$_LAN_LINK_STATE_VALID 
DVI$_LAN_LINK_UP 
DVI$_LAN_MAC_ADDRESS 
DVI$_LAN_PROMISCUOUS_MODE 
DVI$_LAN_PROTOCOL_NAME 
DVI$_LAN_PROTOCOL_TYPE 
DVI$_LAN_SPEED 
DVI$_MAILBOX_BUFFER_QUOTA 
DVI$_MAILBOX_INITIAL_QUOTA 
DVI$_PREFERRED_CPU_BITMAP 
DVI$_VOLUME_PENDING_WRITE_ERR 
DVI$_VOLUME_RETAIN_MAX 
DVI$_VOLUME_RETAIN_MIN 
DVI$_VOLUME_SPOOLED_DEV_CNT 
DVI$_VOLUME_WINDOW 



文字列データ型を返す項目コードでは,返されるデータを格納するのに十分な大きさのバッファを渡さないと,エラーにならずにデータが切り捨てられます。 $GETDVI が完了したら,文字列を返すそれぞれの項目コードについて,項目リスト記述子の,返された長さフィールドを確認することをお勧めします。

返された長さが,返却データを保持するために割り当てたバッファのサイズと等しい場合は,データが切り捨てられている可能性があります。その場合は,割り当てたバッファのサイズよりも返却データの長さが小さくなるまで,バッファのサイズを増やしながら繰り返し $GETDVI を呼び出します。

項目コードの説明で別途指定されていないかぎり,返却文字列を保持するために 32 バイトのバッファを使用することをお勧めします。 $GETDVI は,バッファの未使用の領域をヌル文字で埋めます。

5.11.2 $GETJPI の新しい項目コード

システム・サービス $GETJPI には,新しい項目コード JPI$_DEADLOCK_WAIT が追加されています。

5.11.3 $GETSYI の新しい項目コード

システム・サービス $GETSYI には,以下の新しい項目コードが追加されています。


SYS$_ACTIVE_CPU_BITMAP 
SYI$_AVAIL_CPU_MASk 
SYI$_BOOT_DEVICE 
SYI$_IO_PRCPU_BITMAP 
SYI$_POWERED_CPU_BITMAP 



5.11.4 $GETDVI,$GETJPI,$GETLKI,$GETQUI,$GETSYI のサービス情報

このシステム・サービス呼び出しの完了と同期を取るためにイベント・フラグを使用していない場合は,イベント・フラグとして値 EFN$C_ENF (イベント・フラグなし) を使用することを強くお勧めします。 $EFNDEF マクロは EFN$C_ENF を定義しています。詳細は,『HP OpenVMS Programming Concepts Manual』を参照してください。

5.11.5 $GETUAI の新しい項目コード

システム・サービス $GETUAI には,以下の新しい項目コードが追加されています。


UAI$V_DISPWDSYNCH 
UAI$V_VMSAUTH 



5.11.6 システム・サービスに対するその他の変更

$IO_FASTPATH と $PROCESS_AFFINITY では,新しい CPU 名前空間プロジェクトに関連して,エントリが追加または変更されています。 $SET_PROCESS_PROPERTIESW では,システム・サービス・ログに関連してその他の追加と変更が行われています。

詳細は,『OpenVMS System Services Reference Manual』を参照してください。

5.12 トレースバック機能

プログラムの位置をシンボル化する呼び出し可能インタフェースが, OpenVMS Alpha と OpenVMS I64 の両方で提供されるようになりました。以前は,このインタフェースは OpenVMS I64 でのみ提供されていました。

Alpha システムでの新しいインタフェースの名前は TBK$ALPHA_SYMBOLIZE であり,Integrity サーバ・システムの TBK$I64_SYMBOLIZE ルーチンに似ています。

Integrity サーバでは,本リリースで提供された Alpha のルーチン・インタフェース (TBK$ALPHA_SYMBOLIZE) に合わせて,ルーチン・インタフェース (TBK$I64_SYMBOLIZE) が変更されました。この変更は,旧製品との互換性があります。つまり,古いインタフェースは文書化されなくなりましたが,現在古いインタフェースを使用しているプログラム向けにサポートは継続されます。

どちらのインタフェースも USER,SUPER,および EXEC のモードからの呼び出しがサポートされています。以前の OpenVMS I64 では,USER モードからの呼び出ししかサポートされていませんでした。

Integrity サーバおよび Alpha 向けのトレースバック・シンボル化ルーチンについての詳細は,『HP OpenVMS Utility Routines Manual』を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項