日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:V8.3の新機能
第 2 章:一般ユーザ機能
第 3 章:システム管理機能
第 4 章:光メディアのマスタリング
第 5 章:プログラミング機能
第 6 章:InfoServerユーティリティ
第 7 章:関連製品の機能
第 8 章:新規および改訂されたドキュメント
第 9 章:英語版ドキュメント一覧
第 10 章:各英語版ドキュメントの内容
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 新機能説明書


目次 索引



SDA ANALYZE コマンドの新しい /COLLECTION 修飾子は,ファイル識別子の変換データまたはアンワインド・データが別のファイルにあることを SDA に指示します。コマンド文字列でこの修飾子を指定する場合,その前に /CRASH_DUMP 修飾子も指定する必要があります。次の形式を使用します。


/CRASH_DUMP/COLLECTION = コレクション・ファイル名

SDA は,ダンプ・ファイルを分析する際に,コレクションがファイル識別子変換データ (OpenVMS Alpha および OpenVMS for Integrity Servers の両方) およびアンワインド・データ (OpenVMS for Integrity Servers のみ) で構成されているかどうかの追加情報を提供します。通常,このデータは,ダンプ・ファイルを SDA COPY/COLLECT コマンドでコピーするときに保存されますが, COLLECT/SAVE コマンドを使用して個別のファイルに保存することもできます。

デフォルトでは,COLLECT/SAVE は,ダンプ・ファイルと同じ名前で同じディレクトリに .COLLECT ファイルを作成します。以降の ANALYZE/CRASH_DUMP コマンドは自動的にこのファイルを使用します。コレクション・ファイルが別の場所にある場合や,以前ダンプ・ファイルに追加したコレクションが不完全な場合は (たとえば,SDA COPY の時点でディスクがマウントされていなかった場合), /COLLECTION 修飾子を使用して別のコレクション・ファイルを指定することができます。

コレクション・ファイル名の少なくとも 1 つのフィールドを指定する必要があります。他のフィールドのデフォルトは,ファイル名はダンプ・ファイルと同じで最も高い世代番号になり,場所はダンプ・ファイルと同じで,ファイル・タイプは .COLLECT になります。

3.16.4 DUMP コマンドの修飾子

SDA DUMP コマンドには以下の修飾子が新たに追加されています。

  • /BYTE---各データ項目をバイトとして出力します。

  • /NOSUPPRESS---データを 16 進形式で表示する際に,先頭のゼロを抑制しないことを SDA に指示します。

  • /WORD---各データ項目を WORD として出力します。



3.16.5 SEARCH コマンドの修飾子

SDA SEARCH コマンドには,新たに /IGNORE_CASE 修飾子が追加されています。この修飾子は,文字列を検索する際に,英字の大文字と小文字を区別しないことを SDA に指示します。デフォルトでは,完全一致で検索します。この修飾子は,値の検索では無視されます。

3.16.6 SHOW CLUSTER コマンドの新しい修飾子

SDA SHOW CLUSTER コマンドでは,新たに /CIRCUIT=pb-addr 修飾子が追加されています。この修飾子を指定すると,特定のパスの OpenVMS Cluster システム情報だけが表示されます。ここで,pb-addr はそのパス・ブロックのアドレスです。この修飾子は,修飾子 /ADDRESS=n,/CSID=csid,および /NODE=name とともに指定することはできません。 /CIRCUIT=pb-addr 修飾子を指定すると, SHOW CLUSTER コマンドは,指定したパス・ブロックから得た情報だけを表示します。

3.16.7 SHOW CRASH の修飾子

SDA SHOW CRASH コマンドには,新たに /ALL 修飾子が追加されています。この修飾子を指定すると,すべての CPU の例外データが表示されます。デフォルトでは,レジスタ (Alpha の場合) または例外フレームの内容 (Integrity サーバの場合) は,バグチェック CPUEXIT または DBGCPUEXIT を持つ CPU では表示から省略されます。

3.16.8 SHOW DUMP コマンドの修飾子

以下の修飾子が新たに SHOW DUMP コマンドに追加されています。

  • /COLLECTION[= { ALL|n }]
    COPY/COLLECT を使用してダンプのコピーに追加されているか, COLLECT/SAVE を使用して個別のコレクション・ファイルに書き出されているファイル識別子やアンワインド・データ・コレクションの内容を表示します。デフォルトでは,コレクションの要約が表示されます。単独のエントリまたはすべてのエントリの詳細を表示するように指定できます。 n は,コレクション・エントリの開始ブロック番号で,コレクションの要約に表示されます。

  • /FILE= { COLLECTION|DUMP }
    個別のコレクション・ファイルを使用している場合, /FILE 修飾子は,どちらのファイルに SHOW DUMP を適用するかを示します。デフォルトでは,コマンド SHOW DUMP/SUMMARY,SHOW DUMP/HEADER, SHOW DUMP/COLLECTION,および SHOW DUMP/ALL は,両方のファイルに適用されます。デフォルトでは,SHOW DUMP/BLOCK はダンプ・ファイルに適用されます。その他すべての修飾子はダンプ・ファイルだけに適用することができます。



3.16.9 SDA SHOW PROCESS の修飾子

SDA SHOW PROCESS コマンドに,新たに /CHECK 修飾子が追加されました。この修飾子を指定すると,すべての空きプロセス・プール・パケットの POOLCHECK スタイルの破壊がチェックされます。チェックでは,システムが POOLCHECK のクラッシュ・ダンプを生成するときとまったく同じ方法が使われます。

3.16.10 SHOW RESOURCES/STATUS コマンドに追加されたキーワード

以下のキーワードが新たに SHOW RESOURCES/STATUS コマンドに追加されています。

  • RM_FORCE---強制的にツリーを移動する。

  • RM_FREEZE---このノードのリソース・ツリーを凍結する。

  • RM_INTEREST---マスタに関心がないため,再マスタリングを行う。

  • XVAL_VALID---最後の値ブロックは長いブロックだった。



3.16.11 SHOW UNWIND の修飾子

SDA SHOW UNWIND コマンドには,新たに修飾子 /IMAGE=name が追加されています。この修飾子を指定すると,指定されたシステム・イメージ (ワイルドカードが使用可能) のすべてのアンワインド記述子の詳細が表示されます。

3.17 システム・パラメータ

OpenVMS Version 8.3 では,いくつかのシステム・パラメータが追加されています。次の表に,これらの新しいパラメータの簡単な説明を示します。 (パラメータの詳細な説明は,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。)

パラメータ 説明
EXECSTACKPAGES (Alpha および I64) EXECSTACKPAGES は, RMS の各実行スタックに対して割り当てるページの数を制御します。
GB_CACHEALLMAX (Alpha および I64) RMS グローバル・バッファの DEFAULT オプションが有効な状態でファイルが RMS に接続すると,キャッシュされるブロックの数は,GB_CACHEALLMAX パラメータの最大,またはファイルの割合のうち,グローバル・カウントが大きくなる方になります。
GB_DEFPERCENT (Alpha および I64) RMS グローバル・バッファの "DEFAULT" オプションが有効な状態でファイルを RMS に接続すると,ファイルの割合 (GB_DEFPERCENT) と GB_CACHEALLMAX ブロックのうち,グローバル・バッファ・カウントが大きくなる方までキャッシュされます。
IO_PRCPU_BITMAP (Alpha および I64) このパラメータは,最大 1024 個の CPU を表すビットマップを構成します。このビットマップ中に設定されるビットは,ファスト・パスの優先 CPU として使用可能な CPU を表します。 IO_PRCPU_BITMAP の省略時の設定では,すべてのビットが設定されます。 (CPU 0 から CPU 1023 はすべて,ファスト・パスのポート割り当てが有効です。)

プライマリ CPU を優先 CPU として使用したくない場合は, IO_PRCPU_BITMAP のビットをオフにします。これにより,プライマリ CPU は,ファスト・パス IO 操作以外の操作用に予約されます。

LOCKRMWT 0 〜 10 の値を設定でき,省略時の設定は 5 です。再マスタリングの要否は,マスタとリモート・ノードの間のロック再マスタリングの重みの差に基づいて判断されます。 LOCKRMWT は動的パラメータです。
SCD_HARD_OFFLD スケジューラ・ハード・オフロード・パラメータは, CPU ビットマスク・パラメータです。各ビットは CPU ID に対応します。ビットがオンの場合,OpenVMS のスケジューラは,この CPU のハード・アフィニティがプロセスに対して設定されていないかぎり,その CPU にプロセスをスケジューリングしません。プライマリ CPU に対応するビットは無視されます。 SCH_HARD_OFFLD は動的パラメータです。
SCH_SOFT_OFFLD スケジューラ・ソフト・オフロード・パラメータは, CPU ビットマスク・パラメータです。各ビットは CPU ID に対応します。ビットがオンの場合,OpenVMS のスケジューラは,この CPU へのプロセスのスケジューリングを避けようとします。しかし,他に空き CPU がない場合は,この CPU にプロセスがスケジューリングされます。 SCH_SOFT_OFFLD は動的パラメータです。
SCHED_FLAG この特別なパラメータは弊社によって使用され,変更される可能性があります。弊社が推奨しないかぎり,このパラメータは変更しないでください。
SMP_CPU_BITMAP (Alpha および I64) このパラメータは,対応するビットが最大 1024 個の CPU を表すビットマップです。このビットマップの各ビットがオンの場合,インスタンスのブート時に,対応する CPU が OpenVMS のシンメトリック・マルチプロセシング環境のアクティブ・セットに自動的に参加しようとすることを示します。
VCC_PAGESIZE (Alpha および I64) VCC_PAGESIZE は,弊社での使用のために予約されている特別なパラメータです。 Extended File Cache の将来のバージョンでこのパラメータを使用する予定です。
VCC_RSVD (Alpha および I64) VCC_RSVD は,弊社での使用のために予約されている特別なパラメータです。 Extended File Cache の将来のバージョンでこのパラメータを使用する予定です。



3.18 システム・サービス・ロギングの機能拡張

OpenVMS Version 8.3 では,システム・サービス・ロギング (SSLOG) 機構が以下のように拡張されています。

  • システム・サービス要求をログに記録する際に,サービスの要求元の CPU,カーネル・スレッド,および POSIX スレッド ID が記録されるようになりました。
    ANALYZE/SSLOG ユーティリティでは,各エントリの他の内容とともに,この新しい情報が表示されるようになりました。
    /SELECT の新しい値を指定することで,これらの特性に基づいてエントリを選択して表示することができます。

    説明
    CPU CPU ID
    KTID カーネル・スレッド ID
    TID POSIX スレッド ID

  • システム・サービス要求を,プロセスのバッファにだけ記録し,ファイルには記録しないように要求することができます。ただし,これは非常に限定された使い方であり,ログに記録された情報にアクセスするためには,メモリ中またはクラッシュ・ダンプ内のロギング・バッファを見つけて手動で整形する必要があるため,お勧めできません。
    このロギング方法は,SET PROCESS/SSLOG 修飾子の FLAGS の新しい値で指定します。


    SET PROCESS/SSLOG=(STATE=ON[, FLAGS=[NO]FILE]) 
    


    このフラグの省略時の値は FILE です。

  • システム・サービス・ロギングが有効な状態でプロセスが作成されることがあります。これは,ログイングを有効にしたプロセスがサブプロセスを作成した場合に起こります。親のロギング特性が子に引き継がれるためです。
    また,新しい $RUN コマンド修飾子を使用して,ロギングを有効にしたプロセスを明示的に作成することができます。 RUN コマンドの構文は次のとおりです。


    RUN /SSLOG_ENABLE=([COUNT=x][,SIZE=y] 
       [,FLAGS=([NO]ARG,[NO]FILE))] 
    


    また,$CREPRC サービスに対して次の新しいパラメータを指定して依頼することもできます。

    • 引数 stsflag のフラグ PRC$M_SSLOG_ENABLE を設定すると,新しいプロセスでシステム・サービス・ロギングを有効にするように要求します。

    • ロギング特性は,項目リスト・エントリ・タイプ PRC$C_SSLOG_FLAGS, PRC$C_SSLOG_BUFSIZE,および PRC$C_SSLOG_BUFCNT を通じて指定することができます。


    プロセスの作成方法にかかわらず,プロセスの最初のイメージが完全に起動されるまではロギングが開始されません。

システム・サービス・ロギングの詳しい説明については,『HP OpenVMS System Analysis Tools Manual』を参照してください。

3.19 LDAP 認証のための SYS$ACM 対応のイメージ LOGINOUT.EXE および SETP0.EXE

重要

本項で説明するイメージは,「実用前の段階」のイメージであり,実運用での使用には適していません。さらなる「実用品質」の厳格なテストと認定が完了したら,保守アップデート (ECO) が行われ, SYS$ACM 対応の loginout イメージと setp0 イメージの運用目的での展開が可能となります。

本リリースでは,SYS$ACM システム・サービスを使用してユーザ認証とパスワードの変更を行うイメージ LOGINOUT.EXE および SETP0.EXE (SET PASSWORD) がオプションで提供されています。

これらのイメージを使用すると,ログインとパスワードの変更要求は SYS$ACM サービスに送られ,ACME_SERVER プロセスの認証エージェントで処理されます。

VMS の認証エージェントは,デフォルトで標準の VMS ログイン要求とパスワード変更要求を処理するように構成されています。また,LDAP Version 3 ディレクトリ・サーバを使用してログイン要求とパスワード変更要求を処理する LDAP 認証エージェントをインストールすることもできます。

詳細は,SYS$HELP:ACME_DEV_README.TXT ファイルを参照してください。

3.20 タイム・ゾーンの追加

OpenVMS Version 8.3 では,tzdata2006b という名前のタイム・ゾーン公開データベースに基づき,544 個のタイム・ゾーンが提供されています。 OpenVMS Version 8.3 では,以下の 5 つのタイム・ゾーンが新たに追加されました。

Australia/Currie
America/Coral_Harbour
America/Indiana/Vincennes
America/Indiana/Petersburg
America/Moncton

Version 8.2--1 では,以下の 12 のタイム・ゾーンが追加されましたが,文書化されていませんでした。

America/Argentina/Buenos_Aires
America/Argentina/Catamarca
America/Argentina/Comodrivadavia
America/Argentina/Cordoba
America/Argentina/Jujuy
America/Argentina/La_Rioja
America/Argentina/Mendoza
America/Argentina/Rio_Gallegos
America/Argentina/San_Juan
America/Argentina/Tucuman
America/Argentina/Ushuaia
Europe/Mariehamn

これらの新しいタイム・ゾーンは,『OpenVMS システム管理者マニュアル』の次回の更新時に付録に追加されます。

以下のタイム・ゾーンは削除されました。

  • SystemV/AST4ADT

  • SystemV/EST5EDT

  • SystemV/CST6CDT

  • SystemV/MST7MDT

  • SystemV/PST8PDT

  • SystemV/YST9YDT

  • SystemV/AST4

  • SystemV/EST5

  • SystemV/CST6

  • SystemV/MST7

  • SystemV/PST8

  • SystemV/YST9

  • SystemV/HST10

注意

米国では,「2005 年エネルギー政策法 (Energy Policy Act in 2005)」が通過し 2007 年 3 月から施行されます。これにより,夏時間 (DST) は 3 月の第 2 日曜日から始まります (現在は 4 月の第 1 日曜日です)。 DST は,11 月の第 1 日曜日に終わります (現在は 10 月の最後の日曜日です)。 OpenVMS Version 8.3 では,最新のタイム・ゾーン規則が導入されています。

OpenVMS Versions 7.3--2,8.2,および 8.2--1 用のパッチ・キットが, OpenVMS Alpha Version 8.3 Operating System の CD および OpenVMS for Integrity Servers Version 8.3 の DVD で提供されています。



仮想 LAN (VLAN) は,LAN のブロードキャスト・ドメインをより小さな範囲にセグメント化するための仕組みです。 IEEE 802.1Q 規格では,VLAN の運用と動作が定義されています。 OpenVMS の実装では,一部の OpenVMS LAN ドライバで IEEE 802.1Q のサポートが追加されており,OpenVMS は,単一の LAN アダプタを使用して, VLAN のタグ付きパケットを LAN アプリケーションにルーティングできるようになりました。

VLAN を使用して以下のことができます。

  • ネットワーク・セキュリティやトラフィックの封じ込めを目的とした,ネットワーク上でのセグメント限定 LAN トラフィック

  • VLAN で分離されたネットワークによるアドレス管理の単純化

VLAN の設計

OpenVMS では,VLAN は LAN アプリケーションに対して仮想 LAN デバイスを提供します。仮想 LAN デバイスは,単一の IEEE 802.1Q タグを物理 LAN デバイス上の通信に関連付けます。仮想 LAN デバイスを使用すると,物理 LAN デバイス上で任意の LAN アプリケーション (たとえば,SCA,DECnet,TCP/IP,LAT) を実行することができ, 図 3-1 に示すホスト間通信が可能です。

注意

DECnet-Plus および DECnet Phase IV は,VLAN デバイス上で動作するように設定できます。

図 3-1 仮想 LAN


OpenVMS の VLAN は,新しいドライバ SYS$VLANDRIVER.EXE を通じて実装されています。このドライバは,仮想 LAN デバイスを提供します。また,既存の LAN ドライバも,VLAN タグを処理するように更新されています。 LANCP.EXE および LANACP.EXE は更新され,VLAN デバイスの作成と非アクティブ化,状態情報と設定情報の表示ができるようになりました。

OpenVMS の VLAN サブシステムは,特に性能に注意して設計されています。そのため,VLAN のサポートを使用することによる性能の低下はごくわずかです。

VLAN デバイスを設定する場合には,VLAN デバイスが物理 LAN デバイスと同じロック機構を共有する点に注意してください。たとえば,VLAN デバイスと基になっている物理 LAN デバイス上で OpenVMS クラスタ・プロトコルを同時に実行してもメリットはなく,実際には性能が低下します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項