日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:V8.3の新機能
第 2 章:一般ユーザ機能
第 3 章:システム管理機能
第 4 章:光メディアのマスタリング
第 5 章:プログラミング機能
第 6 章:InfoServerユーティリティ
第 7 章:関連製品の機能
第 8 章:新規および改訂されたドキュメント
第 9 章:英語版ドキュメント一覧
第 10 章:各英語版ドキュメントの内容
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 新機能説明書


目次 索引




SCSI と Fibre Channel に関する情報を表示します。

形式

CLUE SCSI {/CONNECTION=n |/PORT=n|/REQUEST=n|/SUMMARY}


修飾子



/CONNECTION=SCDT アドレス

SCSI 接続に関する情報を表示し, SCDT アドレスが示す SCSI 接続記述子のデータ構造をデコードします。

/PORT=SPDT アドレス

すべてのポート記述子または SPDT アドレスが示す特定のポート記述子を表示します。

/REQUEST=SCDRP アドレス

SCSI 要求に関する情報を表示し, SCDRP アドレスが示すSCSI クラス・ドライバ要求パケットをデコードします。

/SUMMARY

すべての SCSI および FC のポートとデバイスの要約と,その種類とリビジョンを表示します。




CBB のペアに対して,ブール演算を行います。

形式

int sda$cbb_boolean_oper (CBB_PQ input_cbb, CBB_PQ output_cbb, int operation);




引数



input_cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


1 番目の (入力) CBB 構造体のアドレス。

output_cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み書き
受け渡し方 参照渡し


2 番目の (出力) CBB 構造体のアドレス。

operation

OpenVMS 用法 longword
データ型 ロングワード (符号なし)
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 値渡し


実行する演算を以下の演算の中から指定します。

  • CBB$C_OR---2 つの CBB の論理和を実行し,結果 (B = A | B) を出力 CBB に書き込みます。

  • CBB$C_BIC---2 つの CBB の補数を使用した論理積を実行し,結果 (B = B & ~A) を出力 CBB に書き込みます。


説明

2 の CBB 構造体に対してブール演算を実行し,結果を 2 番目の (出力) 構造体に書き込みます。



返される状態値

SS$_WASCLR 結果の出力 CBB のビットがすべてオフの場合,値 0 が返されます。
SS$_WASSET 結果の出力 CBB のいずれかのビットがオンの場合,値 1 が返されます。
SS$_BADPARAM 入力 CBB と出力 CBB の有効なビット数が異なります。




CBB 中の指定されたビットをクリアします。

形式

int sda$cbb_clear_bit (CBB_PQ cbb, int bit);




引数



cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み書き
受け渡し方 参照渡し


変更対象の CBB 構造体のアドレス。

bit

OpenVMS 用法 longword
データ型 ロングワード (符号なし)
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 値渡し


CBB 中のクリアするビット。ビット番号が -1 の場合,すべてのビットがクリアされます。


説明

CBB 中の指定されたビットまたはすべてのビットをクリアします。



返される状態値

SS$_NORMAL 正常終了
SS$_BADPARAM ビット番号が範囲外です。




ある CBB の内容を別の CBB にコピーします。

形式

int sda$cbb_copy (CBB_PQ input_cbb, CBB_PQ output_cbb);




引数



input_cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


コピー元の CBB 構造体のアドレス。

output_cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 書き込み専用
受け渡し方 参照渡し


コピー先の CBB 構造体のアドレス。


説明

指定した CBB をコピーします。



返される状態値

なし  




CBB 中で最初にオフになっているビットを探します。

形式

int sda$cbb_ffc (CBB_PQ cbb, int start_bit);




引数



cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


検索対象の CBB 構造体のアドレス。

start_bit

OpenVMS 用法 longword
データ型 ロングワード (符号なし)
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 値渡し


CBB 中の検索を開始する最初のビット。


説明

指定されたビットから CBB 構造体を検索し,オフになっているビットを探します。



返される状態値

Bit_number オフになっているビットが見つかった場合,そのビット番号が返されます。オフになっているビットが見つからない場合 (start_bit から cbb->cbb$l_valid_bits までのすべてのビットがオンの場合) は,有効なビットの数が返されます。




CBB 中で最初にオンになっているビットを探します。

形式

int sda$cbb_ffs (CBB_PQ cbb, int start_bit);




引数



cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


検索対象の CBB 構造体のアドレス。

start_bit

OpenVMS 用法 longword
データ型 ロングワード (符号なし)
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 値渡し


CBB 中の検索を開始する最初のビット。


説明

指定されたビットから CBB 構造体を検索し,オンになっているビットを探します。



返される状態値

Bit_number オンになっているビットが見つかった場合,そのビット番号が返されます。オンになっているビットが見つからない場合 (start_bit から cbb->cbb$l_valid_bits までのすべてのビットがオフの場合) は,有効なビットの数が返されます。




CBB 構造体を既知の状態に初期化します。

形式

void sda$cbb_init (CBB_PQ cbb);




引数



cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


初期化対象の CBB 構造体のアドレス。


説明

レイアウトを示す CBB のフィールドは, CPU CBB に必要な内容に初期化されます。実際のビットマスクはゼロになります。



返される状態値

なし  




CBB の指定されたビットをオンにします。

形式

int sda$cbb_set_bit (CBB_PQ cbb,int bit);




引数



cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み書き
受け渡し方 参照渡し


変更対象の CBB 構造体のアドレス。

bit

OpenVMS 用法 longword
データ型 ロングワード (符号なし)
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 値渡し


CBB 中のオンにするビット。ビット番号が -1 の場合,すべてのビットがオンになります。


説明

CBB 中の指定されたビットまたはすべてのビットをオンにします。



返される状態値

SS$_NORMAL 正常終了
SS$_BADPARAM ビット番号が範囲外です。




CBB 中の指定されたビットをテストします。

形式

int sda$cbb_test_bit (CBB_PQ cbb,int bit);




引数



cbb

OpenVMS 用法 address
データ型 CBB 構造体
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


テスト対象の CBB 構造体のアドレス。

bit

OpenVMS 用法 longword
データ型 ロングワード (符号なし)
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 値渡し


CBB 中のテスト対象のビット。


説明

CBB 中の指定されたビットをテストしその値を返します。



返される状態値

SS$_WASSET 指定されたビットはオンです。
SS$_WASCLR 指定されたビットはオフです。
SS$_BADPARAM ビット番号が範囲外です。




指定された接頭辞を持つすべてのシンボルを削除します。

形式

void sda$delete_prefix (char *prefix);




引数



prefix

OpenVMS 用法 char_string
データ型 文字列
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


接頭辞文字列のアドレス。


説明

このルーチンは,SDA シンボル・テーブルを検索し,指定された文字列で始まるすべてのシンボルを削除します。



返される状態値

なし  




ファイル識別子 (FID) を対応するファイル名に変換します。

形式

int sda$fid_to_name (char *devptr, unsigned short *fidptr, char *bufptr, int buflen );




引数



devptr

OpenVMS 用法 char_string
データ型 文字列
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


デバイス名文字列のアドレス。デバイス名は,割り当てクラス・デバイス名 (ALLDEVNAM) 形式で指定する必要がありますが,先頭のアンダスコアや末尾のコロンは無視されます。

fidptr

OpenVMS 用法 address
データ型 ファイル識別子
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 参照渡し


3 つの単語からなるファイル識別子のアドレス。

bufptr

OpenVMS 用法 char_string
データ型 文字列
アクセス 書き込み専用
受け渡し方 参照渡し


ファイル名文字列を格納する文字列バッファのアドレス。

buflen

OpenVMS 用法 longword
データ型 ロングワード (符号なし)
アクセス 読み取り専用
受け渡し方 値渡し


文字列バッファの最大長。


説明

現在のシステムを分析する際に,このルーチンは LIB$FID_TO_NAME を呼び出してファイル識別子をファイル名に変換します。ダンプを分析する際に,ファイル・データ・コレクションが利用可能で,指定されたディスクとファイル識別子がコレクションに含まれている場合は,記録されているファイル名が返されます。コレクションがない (システム全体,このディスク,このファイルに対して) 場合,このルーチンはエラー状態 SDA$_NOCOLLECT を返します。



返される状態値

SDA$_SUCCESS ファイル識別子は正常に変換されました。
SDA$_COLLECT システム,指定されたディスク,またはファイル識別子に対してコレクションがありません。
その他 LIB$FID_TO_NAME を呼び出したときにエラーが発生しました。




SDA がどのように使用されているかを示す環境フラグを取得します。

形式

int sda$get_flags (SDA_FLAGS *flagaddr);




引数



flagaddr

OpenVMS 用法 address
データ型 SDA_FLAGS 構造体
アクセス 書き込み専用
受け渡し方 参照渡し


環境フラグを返す場所を指すアドレス。


説明

SDA には一連のフラグ・ビットがあり,現在のシステム,システム・ダンプ,プロセス・ダンプのどれを分析するために使用されているかなどを示します。一連のビットは SYS$LIBRARY:SYS$LIB_C.TLB 内の SDA_FLAGSDEF.H で定義されています。



返される状態値

なし  


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項