日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:V8.3の新機能
第 2 章:一般ユーザ機能
第 3 章:システム管理機能
第 4 章:光メディアのマスタリング
第 5 章:プログラミング機能
第 6 章:InfoServerユーティリティ
第 7 章:関連製品の機能
第 8 章:新規および改訂されたドキュメント
第 9 章:英語版ドキュメント一覧
第 10 章:各英語版ドキュメントの内容
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 新機能説明書


目次 索引

第 2 章
一般ユーザ機能

この章では,OpenVMS Alpha オペレーティング・システムと OpenVMS I64 オペレーティング・システムのすべてのユーザに関連する新機能について説明します。

2.1 新しい Integrity サーバのサポート

OpenVMS Version 8.3 は新しいエントリ・レベル,ミッドレンジ,ハイエンドの Integrity サーバ・システムをサポートします。また,OpenVMS Version 8.3 は, OpenVMS Version 8.2 および Version 8.2--1 でサポートされていた,すべての Integrity サーバとオプションを引き続きサポートします。

2.2 バッチ・ジョブ・キューの上限を拡大

OpenVMS Version 8.3 では,バッチ・キューのジョブの上限が 255 から 65535 に拡大されています。

2.3 DCL コマンドとレキシカル関数

表 2-1表 2-2 に, OpenVMS Version 8.3 で新たに追加または変更された DCL コマンド,修飾子,およびレキシカル関数の要約を示します。 DCL の使用方法に関するいくつかの新機能を以下の項で説明します。詳細は,オンライン・ヘルプまたは『OpenVMS DCL ディクショナリ』を参照してください。

表 2-1 DCL コマンドと DCL のドキュメントの更新
DCL コマンド ドキュメントの更新
DEASSIGN 新しい /[NO]LOG 修飾子
DECRYPT 新しいコマンド
DIFFERENCES /IGNORE に対する新しい WHITE_SPACE キーワード
ENCRYPT 新しいコマンド
READ 新しい /WAIT 修飾子と,/MATCH に対する新しいキーワード LT および LE
SEARCH /WILDCARD 修飾子に対する新しいキーワード
SEARCH /STATISTICS 修飾子を指定すると,統計情報が設定されたいくつかの DCL シンボルが定義されるようになりました。
SET 新しい /RMS_RELATED_CONTEXT 修飾子
SET FILE /ATTRIBUTES 修飾子テーブルに,新たに 7 つの *DATE キーワードが追加されました。 RMS に,新たに 5 つのグローバル・バッファ・オプションが追加されました。
SHOW DEVICES /FULL を指定した場合に,マルチパス・デバイスの最後のパス切り替え時刻が表示されるようになりました。 LAN デバイスの場合,/FULL 修飾子が更新され,デフォルトの MAC アドレス情報と現在の MAC アドレス情報,使用している LAN プロトコル (該当する場合),データ・リンクの速度,オートネゴシエーション,二重モード,ジャンボ・フレームなど,有効になっているその他さまざまな属性が表示されるようになりました。
SHOW LICENSE OE データベース内のすべてのライセンスが 1 つのコマンドで表示されるようにコマンドが更新されました。
SHOW PROCESS Q キー・オプションが /CONTINUOUS 修飾子に追加されました。
SYNCHRONIZE/TIME_OUT=n SYNCH コマンドを終了する前に待つ秒数をユーザが指定できるようにするための新しいコマンド。

表 2-2 DCL レキシカル関数とそのドキュメントに対する更新
DCL レキシカル関数 ドキュメントの更新
F$CUNITS 新しいレキシカル関数
F$FILE_ATTRIBUTES 2 つの項目コード GBC32 および GBCFLAGS を追加
F$GETDVI 新しい項目コードを追加
F$LICENSE ライセンス作成元を指定する新しいオプション引数を追加
F$MATCH_WILD 新しいレキシカル関数



2.3.1 遠隔プロセスに対する Ctrl/T のサポート

遠隔プロセス ID を指す新しいシンボル DCL$CTRLT_PID を定義することができます。必要な特権を持っている場合は,そのプロセスの Ctrl/T 情報を表示することができます。遠隔プロセスは,同じシステム上の異なるプロセス,またはクラスタ内の別のシステム上のプロセスです。次の例は,NODE1 上の特権を持つユーザが DCL$CTRLT_PID を定義し, NODE2 上のユーザ JSMITH のプロセス情報を表示する方法を示します。


$ <Ctrl/T>
NODE1::SYSTEM 17:40:55   (DCL)   CPU=00:00:00.16 PF=212 IO=98 MEM=146
$
$ DCL$CTRLT_PID="23800436"  !Define symbol to point to remote process ID
$
$ <Ctrl/T>
NODE2::JSMITH 17:41:12 LOOPER    CPU=01:28:05.17 PF=2700 IO=594 MEM=322
$



2.3.2 DCL パーマネント・シンボル

イメージの停止時に,DCL は $SEVERITY シンボルと $STATUS シンボルに情報を設定します。 Version 8.3 では,2 つのシンボル $FACILITY と $IDENT が新たに追加されました。これらのシンボルには,機能番号とメッセージ番号が格納されます。


$ EXIT  %X10911A02
$ SHOW SYMBOL $STATUS
  $STATUS == "%X10911A02"
$ SHOW SYMBOL $FACILITY
  $FACILITY == "%X00000091"
$ SHOW SYMBOL $IDENT
  $IDENT == "%X00000340"
$ SHOW SYMBOL $SEVERITY
  $SEVERITY == "2"



2.3.3 Ctrl/T の出力のカスタマイズ

新しいシンボル DCL$CTRLT を定義することで,従来の Ctrl/T の出力に DCL$CTRLT で定義されたテキストを追加することができます。ユーザ・アプリケーションの進行状況を表示したり,デバッグ目的でこの手法を使用することができます。以下の例は,コマンド・プロシージャ内での DCL$CTRLT の使用方法を示したものです。コマンド・プロシージャはループを実行し,それまでに実行したループの繰り返し回数を示すために,シンボル DCL$CTRLT を更新します。


$ TYPE CTRLT_LOOP.COM
$ inner=0 
$ outer=0 
$ loop: 
$ loop1: 
$ if inner .gt. 20000 then goto end_loop1 
$ inner=inner+1 
$ dcl$ctrlt=F$FAO("Inner loop count is !SL !/ - 
_$ Outer loop count is !SL",inner,outer) 
$ goto loop1 
$ end_loop1: 
$ inner=0 
$ outer=outer+1 
$ goto loop 
$ 
$ @CTRLT_LOOP
NODE1::JSMITH 10:46:37   (DCL)   CPU=00:03:42.68 PF=13453 IO=6743 MEM=187 
Inner loop count is 12306 
 Outer loop count is 0 
NODE1::JSMITH 10:46:43   (DCL)   CPU=00:03:49.19 PF=13455 IO=6744 MEM=187 
Inner loop count is 19200 
 Outer loop count is 2 
 . 
 . 
 .



2.3.4 /SINCE 修飾子への JOB_LOGIN キーワードの追加

/SINCE 修飾子が指定できるコマンド (SHOW LICENSE を除く) では, /SINCE=JOB_LOGIN が指定できるようになりました。 JOB_LOGIN は,ジョブのマスタープロセスのログイン時刻を示します。なお,PIPE はパイプ・セグメントごとにサブプロセスを作成するため,パイプ中で /SINCE=LOGIN を使用しても効果がありません。


$ PIPE DIRECTORY/SINCE=LOGIN | SEARCH SYS$INPUT TEST
%SEARCH-I-NOMATCHES, no strings matched 
$ 
$ PIPE DIRECTORY/SINCE=JOB_LOGIN | SEARCH SYS$INPUT TEST
TEST.TXT;1



2.3.5 COPY コマンドにおける I/O サイズ上限の拡大

COPY コマンドでサポートされる I/O あたりの最大ブロック数が, 2**31 --1 に拡大されました。ブロック数は,必要に応じて, I/O を実行しているデバイス・ドライバがサポートしている最大数に減らされる点に注意してください。たとえば,SCSI Fibre Channel ドライバがサポートしている最大 I/O サイズは,現時点で 256 ブロックです。

2.3.6 最大プロンプト・サイズの拡大

最大 DCL プロンプト・サイズが 32 文字から64 文字に拡大され,一部のユーザで必要となる特別なプロンプトやエスケープ・シーケンスが設定できるようになりました。

2.4 ハイパースレッド機能 (I64 のみ)

OpenVMS for Integrity Servers Version 8.3 は,デュアルコアの Intel Itanium 2 プロセッサ上の nPartitions でハイパースレッド機能をサポートします。ハイパースレッド機能を使用すると,単一のコア上に第 2 の論理 CPU を作成し,処理の効率を高めることができます。たとえば,ハイパースレッド機能が有効なデュアルコア・プロセッサでは,各コア上に 2 つ,合計 4 つの論理 CPU を使用できます。

EFI Shell の cpuconfigコマンドを使用すると,プロセッサがハイパースレッド機能をサポートしていれば, nPartitions に対してハイパースレッド機能の有効/無効を切り替えることができます。 nPartitions コマンドと Partition Manager の最近のリリースでも,ハイパースレッド機能がサポートされています。

ハイパースレッド機能による性能への影響は,動作するアプリケーションの構成によって大きく変わります。最初はハイパースレッド機能を無効にし,後で有効にしてみることをお勧めします。ハイパースレッド機能を有効にした場合にコアを共有する 2 つの CPU は, コスレッドと呼ばれます。 SHOW CPU/BRIEF コマンドと SHOW CPU/FULL コマンドでは,コスレッドに関する情報も表示されるようになりました。以下に例を示します。


$ show cpu/brief 3 
 
System: XYZZY, HP rx4640 
 
CPU 3    State: RUN                 CPUDB: 820DB480     Handle: 000060A0 
         Owner: 000004CB8         Current: 000004C8     Partition 0 (XYZZY) 
         COTHd:          1 

この例で, COTHd: 1は CPU 3 と CPU 1 が同じコアを共有していることが分かります。

cpuconfigコマンドの出力例は次のようになります。


Shell> cpuconfig 
 
PROCESSOR MODULE INFORMATION 
 
        # of               L3      L4      Family/ 
CPU     Logical            Cache   Cache     Model          Processor 
Module     CPUs   Speed    Size    Size     (hex.)    Rev   State 
-----   -------   ------   ------  ------  ---------  ---   ----- 
 0           4    1.4 GHz   6 MB   None    20/00      CO    Active 
 
CPU threads are turned on. 

cpuconfigコマンドについての詳細は,『HP OpenVMS V8.3 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。ハイパースレッド機能と nPartitions については,『HP システムパーティションガイド: nPartitions の管理作業』を参照してください。

2.5 HP iCAP (Instant Capacity) と HP TiCAP (Temporary Instant Capacity) (I64 のみ)

OpenVMS Version 8.3 で iCAP がサポートされるようになりました。 iCAP は,セル・ベースの Integrity サーバ向けの HP Utility Pricing Solutions 製品で,コンポーネント (プロセッサ,セル・ボード,およびメモリ) の購入に基づくプライシング・モデルが採用されています。 Instant Capacity では,最初に指定した数の使用開始コンポーネントを購入し,指定された数の使用停止コンポーネントに関しては CWUR (Component without Usage Rights) の費用を支払います。使用停止コンポーネントの使用を開始するには,コンポーネント価格の残額を支払い,セキュリティ保護された iCAP Web ポータルから取得したコードワードを適用することでライセンスを有効にします。それらのコンポーネントは,リブートなしですぐに使用開始することができます。

OpenVMS Version 8.3 では,TiCAP もサポートされています。この HP 製品では,プロセッサを一定の (一時的な) 期間使用する権利を前払いで購入することができます。一時的なキャパシティは, 20 日間や 30 日間といった単位で販売されています。 1 日は「1 つのコアについて 24 時間」を意味します。

iCAP と TiCAP の詳細は,次の Web サイトにある『HP Instant Capacity (iCAP) ユーザーガイド』を参照してください。

http://docs.hp.com/ja/hpuxos11iv2



ここでは,License Management Facility に対する変更と機能拡張について説明します。

2.6.1 LMF 準拠レポート

LMF 準拠レポートのあて先アカウントを変更できるようになりました。 LMF は,準拠レポートを論理名 LMF$COMPLIANCE_CONTACT_ACCOUNT で定義されたアカウントに送りますが,デフォルトのアカウントは引き続き SYSTEM アカウントです。

2.6.2 ライセンス用語の変更 (I64 のみ)

OpenVMS for Integrity Servers のライセンス方式と用語は, PPL (Per Processor License) から PCL (Per Core License) に変更されました。デュアルコア Intel Itanium 2 プロセッサの導入により,「プロセッサ」という用語の意味は,これまでと変わりました。デュアルコア Intel Itanium 2 システムでは,各プロセッサに 2 つのコアが含まれており,アクティブなコアの数でライセンスされます。デュアルコア Intel Itanium 2 システム以外のシステムでは,コアはプロセッサと同じ意味となります。

PCL では,OpenVMS for Integrity Servers のライセンス方式を定めています。 PCL モデルでは, Alpha システムと VAX システムで使用されてきた静的な評価方式ではなく,システム上のアクティブなプロセッサ・コアの数に応じて製品がライセンスされます。それぞれのアクティブなプロセッサ・コアに対して, 1 つの PCL 単位が必要となります。システム上のアクティブなプロセッサ・コアの数を増やしたり減らしたりすると, PCL ライセンスに対する要件も変化します。

オペレーティング環境,個別に購入した OE 製品 (クラスタリングなど), OpenVMS I64 上の多数のスタンドアロン製品を実行するために, PCL ライセンスが必要です。

PCL ライセンスでは,必要な数だけライセンスを購入でき,ライセンスを他のプロセッサに移動させることができるため,柔軟性があります。プロセッサ・コアを追加してシステムをアップグレードまたは再構成する場合は,追加の PCL ライセンスを購入します。

LMF は, PCL ライセンスの数とアクティブなプロセッサ・コアの数を定期的に確認し,準拠モデルを適用します。システムに対するあらゆる変更に対して準拠状況が確認されます。

PCL を実現するために, Hardware_ID オプションの CPU_SOCKETS=n が SOCKETS=n に変更されました。また,SHOW LICENSE/CHARGE コマンドは,システム上のアクティブなコアの数を表示するように更新されています。

本リリースでは,『OpenVMS License Management Utility Manual』は,新しい用語を使用するように更新されていません。マニュアルを読む際には,以下の用語が変っていることに注意してください。

  • Per Processor License は Per Core License となりました。

  • PPL は PCL となりました。

  • CPU はプロセッサ・コアとなりました。

  • CPU_SOCKETS=n は SOCKETS=n となりました。

以下の定義に注意してください。

  • プロセッサ --- プロセッサ・ソケットに挿入するコンポーネントです。プロセッサには複数のプロセッサ・コアが含まれることがあります。

  • プロセッサ・モジュール --- 1 つ以上のプロセッサを,システム・バス上の 1 つのソケットに接続するためにパッケージ化したものです。

  • コア --- セル・ベースのプロセッサ内にある実際のデータ処理エンジンです。 1 つのプロセッサに複数のコアが含まれることがあります。

  • プロセッサ・ソケット --- プロセッサを取り付けるための,システム基板上のソケットです。

注意

以前の PPL ライセンスも引き続きサポートされるため,変更は必要ありません。 PCL ライセンスと既存の PPL ライセンスを組み合わせることもできます。



HP nPartition Provider は,セル・ベースの Integrity サーバ上で Instant Capacity (iCAP) 機能をサポートするために, OpenVMS Version 8.3 に移植されました。

OpenVMS Version 8.3 の nPartition Provider は, OpenVMS Version 8.3 上で動作している nPartition Provider に対するリモート WBEM 接続など,ローカルまたはリモートでの nPartitions の管理作業をサポートしていません。

2.8 HP Pay Per Use (PPU) (I64 のみ)

OpenVMS Version 8.3 は,HP Finance からリースしているセル・ベースの Integrity サーバ・システムでの Pay Per Use をサポートしています。 PPU を使用すると,実際に消費した処理能力に対してだけ支払うようにすることができます。 PPU には次の 2 種類があります。

  • パーセント CPU
    システム内のすべての CPU の使用率を定期的に監視します。

  • アクティブ CPU
    システム内のアクティブ CPU の数を定期的に数えます。

システム管理者は,負荷の増加に対処するために,使用停止状態の CPU をすぐに使用開始することができます。パーセント CPU でもアクティブ CPU でも,使用状況のデータが個別の Utility Meter に送信され,さらにセキュリティ保護された HP PPU Web ポータルに送信され,その結果, 48 時間以内にさまざまな使用レポートが参照可能になります。 (いずれのセル・ベースの Integrity サーバでも, Instant Capacity と Pay Per Use は同時に使用できません。)

PPU についての詳細は,次の Web サイトにある『HP Pay Per Use (PPU) ユーザーガイド』を参照してください。

http://docs.hp.com/ja/hpuxos11iv2


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項