日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:本書の概要
第 2 章:一般ユーザ向けリリース・ノート
第 3 章:システム管理者向けリリース・ノート
第 4 章:プログラミングに関するリリース・ノート
第 5 章: 関連ドキュメントに関するリリース・ノート
第 6 章:日本語機能に関するリリース・ノート
付録 A :OSF/Motif リリース 1.2 リリース・ノート
付録 B :OSF/Motif サンプル・プログラム
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP DECwindows Motif
for OpenVMS
リリース・ノート


目次 索引

第 5 章
関連ドキュメントに関するリリース・ノート

この章では, DECwindows Motif ドキュメントの訂正について,簡単に説明しています。 DECwindows Motif ドキュメント・セットへの追加や変更の完全なリストについては, 『HP DECwindows Motif for OpenVMS Alpha Documentation Overview』 を参照してください。

5.1 『New Desktop 使用概説書』

この節では,『New Desktop 使用概説書』の記載の誤りを訂正します。

5.1.1 ファイル指定の訂正

V1.2--5

『New Desktop 使用概説書』のコマンド・プロシージャのファイル指定の記述に誤りがあります。同マニュアルの第3.4.9項の5段落で,ファイル指定は次のように記載されています。

「DECwindows Notesなどの, DECwindowsのオプション・アプリケーションは,情報を提供しないため自動再起動されない場合があります。その場合, disk$:[user.DT]SESSIONETC.COM のコマンド・プロシージャを使用して,自動起動されないアプリケーションを起動することができます。このプロシージャは,従来のDECwindows環境ではDECW$LOGIN.COMプロシージャに相当します。」

正確な記述は次のとおりです。

disk$:[user.DT.SESSIONS]SESSIONETC.COM

5.2 『Using DECwindows Motif for OpenVMS』

この節では,『Using DECwindows Motif for OpenVMS』の記載の誤りを訂正します。

5.2.1 ロゴの変更例の訂正

V1.2

『Using DECwindows Motif for OpenVMS』の「Changing Your Logo」に記述されている例は間違っています。手順 1 に出てくる次のコード例を変更してください。


$ COPY SYS$COMMON:[SYSMGR]DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.TEMPLATE - 
_$ SYS$SPECIFIC:[SYSMANAGER]DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM/LOG 

正しいコード例は,次のとおりです。


$ COPY SYS$COMMON:[SYSMGR]DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.TEMPLATE - 
_$ SYS$SPECIFIC:[SYSMGR]DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM/LOG 



5.3 『DECwindows Motif for OpenVMS Applications Guide』

この節では,『DECwindows Motif for OpenVMS Applications Guide』の訂正および補足事項について説明します。

5.3.1 [印刷終了] オプションの明確化

V1.2--3

『DECwindows Motif for OpenVMS Applications Guide』の漢字端末エミュレータに関する章の「印刷情報」の節では, [印刷] メニューについての情報を提供しています。「印刷終了」の節に記載されている情報をさらに理解するために,次のことに注意してください。

[印刷] メニューの [印刷終了] オプションを選択した場合,プリント・ジョブをクローズし,自動印刷モードを通常印刷モードに戻します。

5.3.2 アプリケーション・メニュー項目へのターゲット画面オプションの追加についての例の訂正

V1.2

『DECwindows Motif for OpenVMS Applications Guide』の「Adding Target Screen Options to Application Menu Items」に記述されている例は間違っています。最初に出てくる次の行を削除してください。


$ select_qualifiers: 



5.4 『DECwindows Motif for OpenVMS Guide to Non-C Bindings』

この節では,『DECwindows Motif for OpenVMS Guide to Non-C Bindings』への補足と訂正を行います。

5.4.1 GET_CHAR_STRUCT 関数へのアクセスについての訂正

V1.2--3

『DECwindows Motif for OpenVMS Guide to Non-C Bindings』では, XLIB GET_CHAR_STRUCT 関数の char_struct 引数に関するアクセスの記述が間違っていました。正しいアクセスはwrite (書き込み)です。

5.5 『DECwindows Motif Guide to Application Programming』

この節では,『DECwindows Motif Guide to Application Programming』への訂正について説明します。

5.5.1 OpenVMS DECburger サンプル・アプリケーションの UIL ソース・コードの位置

V1.2--3

『DECwindows Motif Guide to Application Programming』の第 4 章の「UIL による Help ウィジェットの作成」の節の説明では, OpenVMS DECburger アプリケーションの完全な UIL ソース・コードが OpenVMS システムの DECW$EXAMPLES に含まれていることを明確に記述していません。

5.5.2 Help ウィジェットのドキュメントの訂正

V1.2--3

『DECwindows Motif Guide to Application Programming』には,次の訂正事項があります。

  • 例 4--7 の「Help ウィジェットの実現--- C 言語モジュール」というタイトルには,次のように DECBURGER.C を追加してください。
    「Help ウィジェットの実現--- C 言語モジュール (DECburger.C)」

  • 例 4--8 のタイトルは次のように訂正してください。
    「Help ウィジェットの実現--- コールバック (DECburger.C 続き)」

  • 第 4.10 節の「ツールキットの Help ウィジェット作成ルーチンの使用」というタイトルは,この節の内容を正しく反映していません。このタイトルは,「UIL による Help ウィジェットの作成」と訂正してください。

  • この節の例 4--9 「ツールキット・ルーチンによる Help ウィジェットの作成」についての説明は,不完全です。次の記述が正しい説明です。

  • 「例 4--9 のコードは DECburger.C に入っていますが,コメント化されているため,サンプル・プログラムのビルド時にはコンパイルされません。」
    この例は不完全です。例 4--7 および例 4--8 のいくつかのセクションが必要です。



5.6 『DECwindows Extensions to Motif』

この節では『DECwindows Extensions to Motif』に対する訂正を行います。

5.6.1 Corrected List of DXmNlayoutDirection Resource Constants

V1.2--3

『DECwindows Extensions to Motif』の第2章の DXmNlayoutDirectionリソースに関する節で次のような定数がリストされています。

  • DXmLAYOUT_LEFT_DOWN

  • DXmLAYOUT_LEFT_UP

  • DXmLAYOUT_RIGHT_DOWN

  • DXmLAYOUT_RIGHT_UP

しかし,次の定数は現在は DXmNlayoutDirectionリソースには使用できません。

  • DXmLAYOUT_LEFT_UP

  • DXmLAYOUT_RIGHT_UP

また,表2-1についての説明は正しくありません。表 2-1 は,この関数の DXmLAYOUT_LEFT_DOWNおよび DXmLAYOUT_RIGHT_DOWN定数の効果について説明しています。

V1.2

『DECwindows Extensions to Motif』の 2.2 節では, DXmChildren ルーチンを使用して widget_list の長さを調べることができると説明しています。

この説明は正しくありません。 DXmNumChildren ルーチンを使用することにより, DXmChildren によって返されるウィジェット・リストの長さを調べることができるというのが正しい説明です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項