日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:本書の概要
第 2 章:一般ユーザ向けリリース・ノート
第 3 章:システム管理者向けリリース・ノート
第 4 章:プログラミングに関するリリース・ノート
第 5 章: 関連ドキュメントに関するリリース・ノート
第 6 章:日本語機能に関するリリース・ノート
付録 A :OSF/Motif リリース 1.2 リリース・ノート
付録 B :OSF/Motif サンプル・プログラム
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP DECwindows Motif
for OpenVMS
リリース・ノート


目次 索引



V1.3

EVI (Extended Visual Information) 拡張を使用して利用可能なビジュアルの情報を要求する場合, DECwindows X11 ディスプレイ・サーバはカラーマップの競合情報を返しません。返されるデータは,競合が存在する場合でも,カラーマップの競合は存在しないと示します。

4.7.4 Dead Mouse のサポート

V1.3

以前は AccessX 拡張で利用可能だった Dead Mouse 機能が, X キーボード拡張 (XKB) で利用可能な機能サブセットに組み込まれました。この機能は,Mouse Keys と呼ばれます。

DECwindows Motif の以前のバージョンでは Dead Mouse機能は X サーバの一部でもあったため, XKB 拡張が有効になっていなくてもこれらの機能は利用できます。

4.7.5 AccessX 拡張のサポート終了

V1.3

AccessX キーボード拡張のサポートが削除されました。この拡張のすべての機能 (スティッキ・キーなど) は, X キーボード拡張 (XKB) で利用できます。 XKB の詳細については,『HP DECwindows Motif for OpenVMS New Features』を参照してください。

4.7.6 セキュリティおよびアプリケーション・グループの拡張でグループがチェックされない問題

V1.3

セキュリティ (SECURITY) 拡張とアプリケーション・グループ (XC-APPGROUP) 拡張では,グループのチェックは実行されません。グループ ID を XSecurityGenerateAuthorization に渡すことはできますが,この ID はチェックされません。グループ ID が何であっても,承認されます。

4.7.7 オープン中の ICE 接続からの watch プロシージャの削除

V1.3

ICE 接続がオープン状態の間は, ICE の watch プロシージャを削除しないでください。オープン中の接続に watch プロシージャがメモリを割り当てていた場合,このプロシージャを削除すると watch プロシージャへのコールバックが適切に行われないため,メモリを解放することができません。

4.7.8 ICE 使用時の BAD_LOCAL_NODE エラー

V1.3

DECwindows Motif で実装していたオリジナルのトランスポートでは,ネットワーク・トランスポートとして LOCAL を使用した場合に,ノード指定を無視していました。 ICE プロトコルでは,ノード名は必ず,値 0 か,システム名からなる文字列でなければなりません。 ICE は LOCAL トランスポートを使用するため, ICE がノード指定をチェックしようとしたときに, BAD_LOCAL_NODE 警告メッセージが表示されます。

4.7.9 SmsGenerateClientId が ID を生成しない

V1.3

DECnet アドレスと TCP/IP アドレスのどちらも割り当てられていないシステムでは, XSMP 要求の SmsGenerateClientId はクライアント ID を生成できません。

4.7.10 拡張includeファイルの使用法

V1.2

拡張 include ファイルを含むプログラムを正しくコンパイルするためには, C の include ディレクトリ検索リストに論理名 DECW$INCLUDE を追加してください。この論理名を追加するには,次のコマンドを入力します。


$ DEFINE DECC$USER_INCLUDE DECW$INCLUDE



4.8 X Window System 国際化ライブラリ (Xnl)

この節では,XNL ライブラリについて説明します。

4.8.1 I18N ライブラリでの GB18030 のサポート

V1.6

GB18030 のサポートが,I18N ライブラリに追加されました。

4.8.2 xnl_parsedatetime

V1.2--5

xnl_parsedatetime (およびそのVAXバインディング,XNL$PARSE_DATE_ TIME) は,入力の引数 XmString s (構文解析される日付時刻) に 2桁または4桁の年数を受け付けます。 2桁形式での有効な年数の値は70〜99の範囲で,1970〜1999年を意味します。値00〜69は無効です。 2000年以降は4桁形式が必須です。

4.8.3 xnl_langinfo

V1.2--5

xnl_langinfo (およびそのVAXバインディング,XNL$LANGINFO)は, item 引数にD_FMTまたはD_T_FMTを指定すると,日付時刻フォーマッティング用の文字列を返します。下記のロケールで,この関数は%yを含むフォーマッティング文字列を返します。 %yは2桁年数形式を意味するので,このフォーマッティング文字列は2000年以降は慎重に使用する必要があります。

  • es_ES Spanish

  • fr_BE French Belgium

  • fr_CA French Canada

  • iw_IL Hebrew

  • no_NO Norwegian



4.9 トランスポート・プログラミング

この節では,トランスポート・インタフェースの情報について説明します。

4.9.1 ユーザ作成トランスポートのサポートの終了

V1.3

DECwindows Motif Version 1.3 では, ICE (Inter-Client Exchange) プロトコル, LBX (Low-Bandwidth X) プロキシ・サーバ,および入力メソッド・サーバの通信要件およびマルチスレッドに対応するために, DECwindows Motif トランスポート・ライブラリが大幅に変更されました。特に,サーバ接続に番号を割り当てる代替の方法が追加されました (『 『HP DECwindows Motif for OpenVMS Alpha New Features』 』を参照)。外部用として公開されるトランスポート関連機能は,論理接続番号 (LCN) インタフェースのサポートだけです。

DECnet,TCP/IP,LAT,およびローカル・ネットワーク・トランスポート・インタフェースはアップデートされており, DECwindows Motif V1.3 以降の環境でも引き続き利用でき,期待どおりに機能し,以前のバージョンのクライアント・ライブラリとの互換性もあります。しかし,以前のバージョンの DECwindows Motif 用に構築された,ユーザ作成のカスタム・トランスポートは, DECwindows Motif V1.3 以降のシステムではサポートされません。次のファイルに対して構築され,リンクされたトランスポートがこれに該当します。

SYS$LIBRARY:DECW$XPORTCOM.H
SYS$LIBRARY:DECW$XPORTCOM.MAR
SYS$LIBRARY:DECW$XPORTCOM.R32
SYS$LIBRARY:DECW$XPORTDEF.H
SYS$LIBRARY:DECW$XPORTDEF.MAR
SYS$LIBRARY:DECW$XPORTDEF.R32

これらのファイルはキットから削除されており,今後は提供されません。『『VMS DECwindows Transport Manual』』はアーカイブ化され,新しいライブラリについては,ドキュメントに記載されず,一般には提供されません。

カスタム・トランスポートを実装していて,このトランスポートを DECwindows Motif for OpenVMS Alpha Version 1.3 以降の環境に移行する場合は,移行計画の策定について弊社のカスタマ担当者にご相談ください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項