日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:本書の概要
第 2 章:一般ユーザ向けリリース・ノート
第 3 章:システム管理者向けリリース・ノート
第 4 章:プログラミングに関するリリース・ノート
第 5 章: 関連ドキュメントに関するリリース・ノート
第 6 章:日本語機能に関するリリース・ノート
付録 A :OSF/Motif リリース 1.2 リリース・ノート
付録 B :OSF/Motif サンプル・プログラム
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP DECwindows Motif
for OpenVMS
リリース・ノート


目次 索引



V1.3

現在,次の組み合わせの X サーバ拡張はサポートされていません。

XINERAMA と D2DX
DBE と MULTIBUFFERING

これらの拡張は,同じ DECwindows Motif システム上で同時に有効にすることができます。ただし,リソースや関数が衝突するため,これらの拡張を同じシステムで同時に使用することはできません。

3.7.6 XINERAMA を使用した垂直マルチヘッド構成で XMAG を実行しているときに余分な文字が表示される問題

V1.3

XINERAMA を使用しているマルチヘッド・システム上に XMAG を使用してイメージを表示する場合,画面が垂直に構成されていると,画面間に余分な文字の行が 1 ピクセル分表示されます。画面が水平に構成されている場合は,この問題は発生しません。

3.7.7 XINERAMA を使用したマルチヘッド構成でカスケード・メニューが誤った位置に表示される問題

V1.3

XINERAMA を使用するマルチヘッド構成では, DECwindows Motif のカスケード・メニューが正しい画面に表示されないことがあります。メニューは,誤った画面上の正しい位置に表示されます。現在,回避策はありません。

3.7.8 XINERAMA の 3D モードでのサポート

V1.3

3D アプリケーション (OpenGL など) を使用する X サーバで, XINERAMA 拡張を使用することはサポートされていません。この拡張は,2D 環境でのみ使用できます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項