日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:X Window System
第 2 章:Motif ツールキット(Xm)および弊社によるMotif ツールキットの拡張(DXm)
第 3 章:クライアント間の通信
第 4 章:日本語フォント
第 5 章:フォント・コンバータ
第 6 章:日本語入力機能
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS
日本語機能説明書


目次

第 3 章
クライアント間の通信

Mwm に日本語のタイトルおよびアイコン名を表示させるには, WMShell の XmNtitle, XmNiconName リソースにコンパウンド・テキストで日本語文字列を与え, XmNtitleEncoding, XmNiconNameEncoding リソースに "COMPOUND_TEXT" のアトムをセットします。 XmBulletinBoard ウィジェット(およびそのサブクラス)と DXmHelp ウィジェットでは,それぞれ,XmNdialogTile と XmNtitleLable リソースにコンパウンド・ストリングで日本語文字列を与えることができます。

クリップ・ボードを使用した通信では,コンパウンド・テキストで日本語文字列を通信します。OpenVMS のクリップ・ボードでは,DDIF フォーマットも使用できます。


目次

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項