日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部: 日本語 DECwindows Motif のインストレーション
第 1 章:インストレーションの準備
第 2 章:日本語 DECwindows Motif のインストレーション
第 3 章:インストレーション後の作業
第 4 章:インストレーション/アンインストレーション実行例
第 5 章: エラー発生時の対処
第 2 部:標準版 DECwindows Motif のインストレーション
第 6 章:インストレーションの準備
第 7 章:POLYCENTERソフトウェア・インストレーション・ユーティリティの使用方法
第 8 章:ソフトウェア・インストレーション完了後の作業
第 9 章:DECwindows Motif ソフトウェアの管理
付録 A :POLYCENTERソフトウェア・インストレーション・ユーティリティを使用したインストレーション実行例
付録 B :ソフトウェア・コンポーネントとバージョンの確認
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS
インストレーション・ガイド


目次 索引

第 7 章
POLYCENTERソフトウェア・インストレーション・ユーティリティの使用方法

ここでは, POLYCENTERソフトウェア・インストレーション(PCSI)ユーティリティを使用して, DECwindows Motif をインストールする方法について説明します。 DECwindows Motif 製品では, DCL (Digital Command Language) インタフェースを使用した PCSI をサポートしています。

注意

OpenVMS V8.3 の配布メディアに含まれているキットは, Secure Delivery 機能で署名されます。

この章の構成および内容は次のとおりです。

システムにソフトウェア製品をインストールし,管理する方法および手順についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。このマニュアルでは,インストレーションを開始する前の準備に関する情報の他,次のような各種トピックについての有用な情報が提供されています。

  • インストールした製品の削除

  • インストールした製品の設定変更

  • 新しいロケーションへのソフトウェア・キットのコピー

  • 製品情報の検索

必要とされるソフトウェアおよびライセンスについての情報は, 第 6.2 節 を参照してください。

警告

システム・ディスクのバックアップ・コピーがない場合は, DECwindows Motif をインストールしないようにしてください。 DECwindows Motif をインストールする前に, (『OpenVMS Upgrade and Installation Supplement』に記載されている手順で) システム・ディスクのバックアップを行ってください。

インストレーション・プロシージャを開始する前に, 第 6 章 に目を通し,インストレーションの前提条件と必要条件を確認してください。



インストレーション・ユーティリティだけでなく,すべての PRODUCT コマンドおよび修飾子に関するオンライン・ヘルプを利用することができます。具体的なコマンドに関するヘルプを呼び出すには, DCLプロンプトで HELPコマンドの後にそのコマンド名と製品名を入力してください。

PRODUCTコマンドおよび修飾子についての詳細は,次のドキュメントを参照してください。

『OpenVMS システム管理者マニュアル』
『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』
『OpenVMS DCL ディクショナリ』

製品のインストレーション中に PCSI ユーティリティが問い合わせる質問についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。問い合わせが表示された場合は,たとえば次のようにして応答します。

  • 値を入力し,Returnキーを押してオプションを選択します。

  • Returnキーを押して,省略時の値を選択します。

  • 応答を確認します。
    オプションを選択するか,省略時の値を選択して質問に応答すると,インストレーション・ユーティリティは応答の内容を要約して画面に表示します。
    この時点で,入力した内容に問題がないか,このままインストレーションを継続してもよいか問い合わせがあります。入力した応答を変更する場合は,NOと入力してReturnキーを押します。再度応答を入力するか, NOと入力してインストレーション・ユーティリティを終了することもできます。

  • Ctrl/Yでインストレーションを中止します (このオプションはできるだけ使用しないようにしてください)。



7.2 製品のリリース・ノートの取り出しと印刷

インストレーションを開始する前に,製品のリリース・ノートに目を通してください。リリース・ノートのコピーをキットから取り出すには, PCSI$SOURCE にPCSIキットの場所 (デバイス名とディレクトリ) を定義したあと, DCLプロンプトで PRODUCT EXTRACT RELEASE NOTES コマンドを入力し,続いて製品名である DWMOTIF を入力します。

次に例を示します。


$ DEFINE PCSI$SOURCE DKA400:[KITS]
$ PRODUCT EXTRACT RELEASE_NOTES DWMOTIF

上記の例では,インストレーション・キットは dka400:[kits]に存在します。実際にこのコマンドを実行する場合は,このディレクトリ名を DECwindows Motif キットが実際に存在する場所と置き換えてください。 DECwindows Motif キットの場所については,製品の配布メディアに含まれているドキュメントを参照してください。

リリース・ノートをファイルとして取り出したら,印刷することができます。リリース・ノートをキットから取り出すために,製品をインストールする必要はありません。

7.3 DECwindows Motif のインストレーション

以降の各項で, PCSI ユーティリティを使用して DECwindows Motif ソフトウェアをインストールする手順について説明します。

アカウントのクォータ,ディスク・スペース,システム・パラメータについては, 第 6 章 を参照してください。

7.3.1 インストレーションの開始

PCSI ユーティリティを起動するには, DCLプロンプトに対して次のコマンドを入力します。


$ DEFINE PCSI$SOURCE device:[KITS]

上記の例の device には配布メディアがマウントされているデバイスもしくはインストレーション・キットが置かれているデバイスの名前を指定します。上記の例は, [KITS]にインストレーション・キットが存在する場合の例です。実際にコマンドを実行する場合は,実際に DECwindows Motif キットが存在するディレクトリ名と置き換えて実行してください。キットの場所については,製品の配布メディアに含まれているドキュメントを参照してください。

次に,PCSI を起動します。


$ PRODUCT INSTALL DWMOTIF

注意

ヘルプ情報を参照したい場合は, /HELP 修飾子を指定してPRODUCT INSTALL コマンドを使用してください。

いくつかのメッセージ継続行を除き,この章で示すすべての表示メッセージは,長い行でも紙面に収まるように左側に寄せています。このため実際に表示されるメッセージのインデントは,この章で示すものと異なる場合があります。



インストレーション・ダイアログには,最初に PCSI がこれからインストールしようとしている製品名が表示されます。その後,インストレーションを継続するか問い合わせがあります。続いて,製品名,著作権情報,ライセンス情報が表示されます。


Performing product kit validation ... 
%PCSI-I-VALPASSED, validation of 
DKB200:[SYS0.][SYSMGR]DEC-AXPVMS-DWMOTIF-V0106--1.PCSI$COMPRESSED;1 succeeded 
 
The following product has been selected: 
    DEC AXPVMS DWMOTIF  V1.6                 Layered Product [Installed] 
 
Do you want to continue? [YES] 
 
Configuration phase starting ... 
 
You will be asked to choose options, if any, for each selected product and for 
any products that may be installed to satisfy software dependency requirements. 
 
DEC AXPVMS DWMOTIF  V1.6 : DECwindows Motif 
 
(c) Copyright 2006 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 
Hewlett-Packard Company. 
 
This product uses the PAK:  DW-MOTIF 
 
Do you want the defaults for all options? [YES] No 
 
    DEC AXPVMS VMS V8.3 [Installed] 
 
    * Configuration options for this referenced product cannot 
    * be changed now because the product is already installed. 
    * (You can use PRODUCT RECONFIGURE later to change options.) 
 
    Install Low Bandwidth X (LBX) Support [YES] 
 
    Install the DECwindows Motif Version 1.6 client software [YES] 
 
    Do you want the defaults for all suboptions? [YES] NO 
 
     Install New Desktop [YES] 
      Install Manual (reference) pages for the New Desktop [YES] 
      Make the New Desktop the default desktop [YES] 
     Install traditional DECwindows Desktop [YES] 
     Programming Support for the C Language [YES] 
     Programming Support for the Pascal Language [YES] 
     Programming Support for the FORTRAN Language [YES] 
     Programming Support for the New Desktop [YES] 
     Programming examples [YES] 
 
     Do you want the defaults for all suboptions? [YES] NO 
      Sound example files [YES] 
      Programming examples for DECwindows [YES] 
      Programming examples for the New Desktop [YES] 
     Translated Image Support [YES] 
 
     If a Language Variant is installed, refer to the Installation Guide. 
 
     Do you want to continue? [YES] 
 
Do you want to review the options? [NO] YES 
 
DEC AXPVMS DWMOTIF  V1.6 : DECwindows Motif 
    DEC AXPVMS VMS V8.3 [Installed] 
    Install Low Bandwidth X (LBX) Support: YES 
    Install the DECwindows Motif Version 1.6 client software: YES 
     Install New Desktop: YES 
      Install Manual (reference) pages for the New Desktop: YES 
      Make the New Desktop the default desktop: YES 
     Install traditional DECwindows Desktop: YES 
     Programming Support for the C Language: YES 
     Programming Support for the Pascal Language: YES 
     Programming Support for the FORTRAN Language: YES 
     Programming Support for the New Desktop: YES 
     Programming examples: YES 
      Sound example files: YES 
      Programming examples for DECwindows: YES 
      Programming examples for the New Desktop: YES 
     Translated Image Support: YES 
 
Are you satisfied with these options? [YES] 
 
Execution phase starting ... 
 
The following product will be installed to destination: 
    DEC AXPVMS DWMOTIF  V1.6       DISK$ALPHAYSYS:[VMS$COMMON.]      
 
Portion done: 0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90% 
 
**** DECwindows Motif application and run-time support files DETECTED **** 
**** DECwindows device support files DETECTED **** 
...100% 
 
The following product has been installed: 
    DEC AXPVMS DWMOTIF  V1.6                 Layered Product 
 
DEC AXPVMS DWMOTIF  V1.6 : DECwindows Motif 
 
    System reboot is required. 
 
    If using a language variant, reboot after upgrade of language variant. 
 
    Installation Verification Procedure can be run after reboot. 
 



DECwindows Motif Alpha のインストレーション中に, OSF/Motifリリース1.1.3プログラミング環境がシステムに存在するかどうかチェックされます。すでに存在する場合は次の情報が表示され, OSF/Motif リリース1.1.3プログラミング環境を保存するかどうか問い合わせがあります。


The  DECwindows Motif  programming environment was installed with a 
previous version of this kit. This environment is incompatible with the 
OSF/Motif Release 1.2 environment provided with  DECwindows Motif   Version 1.6 . 
XUI programming environment is also not included in 
 DECwindows Motif   Version 1.6 . 
 
If you intend to continue developing programs for XUI or OSF/Motif 
Release 1.1.3, then save this environment.  Please refer to the 
installation guide for more details and information on accessing these 
files in their new location. 
 
If you do not choose to save the XUI and OSF/Motif Release 1.1.3 
programming environment, those files will be removed from the system 
disk. 
 
Save the OSF/Motif Release 1.1.3 and XUI programming environment? 

Yes と応答して Return キーを押すと, OSF/Motif リリース 1.1.3 および XUIプログラミング環境が保存されます。サブディレクトリ[.DECW$113] が作成され,プログラミング環境をサポートするファイルがこのサブディレクトリに移動されます。

No と応答して Return キーを押すと,ファイルは削除されます。

OSF/Motif リリース1.1.3プログラミング環境に関連するファイルへのアクセスについての詳細は,『HP DECwindows Motif for OpenVMS リリース・ノート』を参照してください。

OpenVMS オペレーティング・システムのアップグレードと DECwindows Motif のアップグレードを同時に行う場合はこの部分のメッセージは表示されません。

次に,デフォルト・インストレーションを希望するかどうか問い合わせがあります。 DECwindows Motif を新規にインストールする場合は,使用しているハードウェア・プラットフォームに適用されるすべてのオプションが自動的にインストールされます。

以前のバージョンの DECwindows Motif が存在するアップグレード・インストレーションの場合は,以前のインストールで選択されたすべてのオプションが自動的にインストールされます。インストール済みバージョンで選択されていないオプションについては,デフォルト・インストレーションではインストールされません。


Do you want the defaults for all options? [YES] 

この章の以降の部分は,No と応答した場合の手順について説明します。

次に,LBX (Low-Bandwidth X) プロキシ・オプションをインストールするかどうか尋ねるダイアログが表示されます。


The LBX proxy reduces the overall network bandwidth required for 
client-to-server communications.  The LBX proxy can be installed as a 
standalone option or in conjunction with the  DECwindows Motif  client 
software. 
 
Install Low Bandwidth X (LBX) Support [YES]

LBX の機能についての詳細は,『HP DECwindows Motif for OpenVMS 管理ガイド』を参照してください。

次に,クライアント・ソフトウェアをインストールするかどうか尋ねられます。


Install the  DECwindows Motif   Version 1.6  client software? [YES]

インストールを行っているシステムあるいはその他のリモート・システムで, DECwindows の表示が必要なプログラムを実行する場合は Yes と答えます。

No と答えた場合は 第 7.3.2.8 項 へ進みます。

Yes と答えた場合,省略時のクライアント・インストレーションを行うかどうか尋ねられます。


Do you want the defaults for all suboptions? [YES]

Yes と答えると,以下のクライアント・インストレーションに対して省略時の設定が適用されます。 Yes と答えた場合は 第 7.3.2.8 項 へ進みます。 No と答えた場合は 第 7.3.2.5 項 へ進みます。

インストレーションのこの段階で, New Desktop および従来のデスクトップについての情報が表示されます。どちらかのデスクトップを選択してインストールするか,あるいは両方をインストールするか選択することができます。 New Desktopのインストールを選択した場合, New Desktopを省略時のデスクトップとして設定するかどうか尋ねてきます。


The New Desktop is a graphical user interface that is derived from the 
Common Desktop Environment (CDE).  It offers the following features not 
available with the traditional DECwindows desktop: 
 
     o Multiple workspaces for greater flexibility in managing windows on 
       the screen. 
 
     o An icon-based File Manager to make it easier to manipulate files 
       from the graphical user interface. 
 
     o Enhanced support for the drag-and-drop feature, which is fully 
       supported in the new File Manager and Application Manager 
       applications. 
 
     o New Image Viewer and Icon Editor applications. 
 
Both the New Desktop and the DECwindows desktop provide the same 
underlying X and Motif libraries and the same DECterm, Bookreader, 
Mail, and Calendar applications. 
 
 
Install New Desktop [YES] 
 
The manual pages provide online help text for New Desktop 
functions. If installed they can be viewed using the man 
page viewer from the Application Manager. 
 
 
Install Manual (reference) pages for the New Desktop [YES] 
 
If the New Desktop is the default, the new login box will be used and 
the user has the option at login to use either the New or the 
traditional desktop. 
 
If the New Desktop is not the default, the traditional login box will be 
used and only the traditional desktop will be available. 
 
You can change the default desktop by editing the file 
[SYSMGR]DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM and restarting DECwindows. 
 
 
Make the New Desktop the default desktop [YES] 
 
The traditional DECwindows Desktop is that provided since Version 1.2 of 
DECwindows.  If both new and traditional desktops are installed, the 
user can select which to run when logging in. 
 
 
Install traditional DECwindows Desktop [YES] 

インストレーション終了後にデスクトップの選択を変更する手順については, 第 8.4 節 を参照してください。

次に,どのプログラミング言語をインストールするか,プログラミング・サンプルをインストールするかどうか問い合わせがあります。

次のようなダイアログが表示されます。


Headers and related files to support programs in C that will use the 
DECwindows libraries. 
 
 
Programming Support for the C Language [YES] 
 
Include files to support programs in Pascal that will use the 
DECwindows libraries. 
 
 
Programming Support for the Pascal Language [YES] 
 
Include files to support programs in FORTRAN that will use the 
DECwindows libraries. 
 
 
Programming Support for the FORTRAN Language [YES] 
 
Headers and related files to support programs in C that will use the 
New Desktop widgets. 
 
 
Programming Support for the New Desktop [YES] 
 
Examples of programming to use the various libraries. 
 
 
Programming examples [YES] 
 
Do you want all the defaults for the subitems? [YES] no 
 
Sample sound files that can be used with DECsound. 
 
 
Sound example files [YES] 
 
Examples, in various programming languages, of using the DECwindows and 
standard widgets and libraries. 
 
 
Programming examples for DECwindows [YES] 
 
Examples, in C, of using the new widgets provided with the New Desktop. 
 
 
Programming examples for the New Desktop [YES] 



DECwindows Motif を OpenVMS Alpha オペレーティング・システムにインストールしている場合は,変換イメージ・サポート (TIS) をインストールするかどうか確認するためのプロンプトが表示されます。このオプションは, VAX 環境で動作する Motif Release 1.1.3 プログラムを Alpha 環境で動作するように変換する機能を提供するためのものです。


Translated image support to allow programs translated from the VAX 
to work on the Alpha with the Motif Release 1.1.3 libraries. 
 
Translated Image Support [YES] 



ここで,言語バリアントのアップデートについての警告がダイアログに表示されます。 DECwindows Motif の言語バリアントを使用する場合は,必ずDECwindows Motif Version 1.6 と同じバージョンの言語バリアントをインストールするようにしてください。また,システムに古いバージョンの言語バリアントがインストールされている場合は, DECwindows Motif Version 1.6 のインストールの前に古い言語バリアントを削除しておく必要があります。


If a Language Variant is installed, refer to the Installation Guide. 
 
If you have a language variant of  DECwindows Motif  installed, then you 
must upgrade to the version for  DECwindows Motif   Version 1.6  after 
completing this installation and before rebooting the system. A failure 
to do so could prevent DECwindows from starting. 
 
If there is no local language variant upgrade available for DECwindows 
Motif  Version 1.6 , then you should remove the local language variant 
before installing  DECwindows Motif   Version 1.6 . 
 
Do you want to continue? [YES] 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項