日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS
DEC 入力サーバ・ライブラリ


前へ 次へ 目次





setHotKeyCb

このコールバック関数は,XIC 属性 XNHotKeyCb の値を設定するために呼び出されます。



フォーマット

int setHotKeyCb (w, client_data, reason, value, attribute_flag)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;
int reason;
XIMHotKeyTriggers *value;
DIMsAttributesType attribute_flag;




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSL に 1 が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSL に 0 が返されます。




説明

setHotKeyCb は,リソース DIMsNsetHotKeyCb で指定されるコールバック関数です。DIMsNsetHotKeyCb については, 第 1.4.47 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応する DIMs ウィジェットを指定します。
client_data DIMsNclientdata リソースで指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdata については, 第 1.4.54 項 を参照してください。
reason コールバックの理由を指定します。 DimCR_CreateIC または DimCR_SetICValues のいずれかを指定します。 DimCR_CreateIC はクライアントの XCreateIC() によってコールバックが開始されることを意味し, DimCR_SetICValues はクライアントの XSetICValues() によってコールバックが開始されることを意味します。
value XIMHotKeyTriggers 型の属性値へのポインタを指定します。
attribute_flag PreeditAttribute または StatusAttribute のどちらに属するか,XIC 属性の型を指定します。 DIMsAttributesType のデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




getHotKeyCb

このコールバック関数は,XIC 属性 XNHotKeyCb の値を得るために呼び出されます。



フォーマット

int getHotKeyCb (w, client_data, value, attribute_flag)




引数



Widget w;  
Opaque *client_data;  
XIMHotKeyTriggers **value; (呼び出し側ヘ返す)
DIMsAttributesType attribute_flag;  




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSL に 1 が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSL に 0 が返されます。




説明

getHotKeyCb は,リソース DIMsNgetHotKeyCb で指定されるコールバック関数です。DIMsNgetHotKeyCb については, 第 1.4.48 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応する DIMs ウィジェットを指定します。
client_data DIMsNclientdata リソースで指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdata については, 第 1.4.54 項 を参照してください。
value 呼び出し側に,XIMHotKeyTriggers 型の属性値へのポインタを返します。IMS プログラマは,このデータにメモリを割り当てる必要があります。このメモリ割り当ては IMSSL によって後で解放されます。
attribute_flag PreeditAttribute または StatusAttribute のどちらに属するか,XIC 属性の型を指定します。 DIMsAttributesType のデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




setHotKeyStateCb

このコールバック関数は,XIC 属性 XNHotKeyStateCb の値を設定するために呼び出されます。



フォーマット

int setHotKeyStateCb (w, client_data, reason, value, attribute_flag)




引数



Widget w;  
Opaque *client_data;  
int reason;  
XIMHotKeyState **value; (呼び出し側ヘ返す)
DIMsAttributesType attribute_flag;  




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSL に 1 が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSL に 0 が返されます。




説明

setHotKeyStateCb は,リソース DIMsNsetHotKeyStateCb で指定されるコールバック関数です。DIMsNsetHotKeyStateCb については, 第 1.4.49 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応する DIMs ウィジェットを指定します。
client_data DIMsNclientdata リソースで指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdata については, 第 1.4.54 項 を参照してください。
reason コールバックの理由を指定します。 DimCR_CreateIC または DimCR_SetICValues のいずれかを指定します。 DimCR_CreateIC はクライアントの XCreateIC() によってコールバックが開始されることを意味し, DimCR_SetICValues はクライアントの XSetICValues() によってコールバックが開始されることを意味します。
value XIMHotKeyState 型の属性値へのポインタを指定します。
attribute_flag PreeditAttribute または StatusAttribute のどちらに属するか,XIC 属性の型を指定します。 DIMsAttributesType のデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




getHotKeyStateCb

このコールバック関数は,XIC 属性 XNHotKeyStateCb の値を得るために呼び出されます。



フォーマット

int getHotKeyStateCb (w, client_data, value, attribute_flag)




引数



Widget w;  
Opaque *client_data;  
XIMHotKeyState **value; (呼び出し側ヘ返す)
DIMsAttributesType attribute_flag;  




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSL に 1 が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSL に 0 が返されます。




説明

getHotKeyStateCb は,リソース DIMsNgetHotKeyStateCb で指定されるコールバック関数です。DIMsNgetHotKeyStateCb については, 第 1.4.50 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応する DIMs ウィジェットを指定します。
client_data DIMsNclientdata リソースで指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdata については, 第 1.4.54 項 を参照してください。
value 呼び出し側に,XIMHotKeyState 型の属性値へのポインタを返します。IMS プログラマは,このデータにメモリを割り当てる必要があります。このメモリ割り当ては IMSSL によって後で解放されます。
attribute_flag PreeditAttribute または StatusAttribute のどちらに属するか,XIC 属性の型を指定します。 DIMsAttributesType のデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




setPreeditStateCb

このコールバック関数は,XIC 属性 XNPreeditStateCb の値を設定するために呼び出されます。



フォーマット

int setPreeditStateCb (w, client_data, reason, value, attribute_flag)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;
int reason;
XIMPreeditState *value;
DIMsAttributesType attribute_flag;




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSL に 1 が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSL に 0 が返されます。




説明

setPreeditStateCb は,リソース DIMsNsetPreeditStateCb で指定されるコールバック関数です。DIMsNsetPreeditStateCb については, 第 1.4.51 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応する DIMs ウィジェットを指定します。
client_data DIMsNclientdata リソースで指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdata については, 第 1.4.54 項 を参照してください。
reason コールバックの理由を指定します。 DimCR_CreateIC または DimCR_SetICValues のいずれかを指定します。 DimCR_CreateIC はクライアントの XCreateIC() によってコールバックが開始されることを意味し, DimCR_SetICValues はクライアントの XSetICValues() によってコールバックが開始されることを意味します。
value XIMPreeditState 型の属性値へのポインタを指定します。
attribute_flag PreeditAttribute または StatusAttribute のどちらに属するか,XIC 属性の型を指定します。 DIMsAttributesType のデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




getPreeditStateCb

このコールバック関数は,XIC 属性 XNPreeditStateCb の値を得るために呼び出されます。



フォーマット

int getPreeditStateCb (w, client_data, value, attribute_flag)




引数



Widget w;  
Opaque *client_data;  
XIMPreeditState **value; (呼び出し側ヘ返す)
DIMsAttributesType attribute_flag;  




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSL に 1 が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSL に 0 が返されます。




説明

getPreeditStateCb は,リソース DIMsNgetPreeditStateCb で指定されるコールバック関数です。DIMsNgetPreeditStateCb については, 第 1.4.52 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応する DIMs ウィジェットを指定します。
client_data DIMsNclientdata リソースで指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdata については, 第 1.4.54 項 を参照してください。
value 呼び出し側に,XIMPreeditState 型の属性値へのポインタを返します。IMS プログラマは,このデータにメモリを割り当てる必要があります。このメモリ割り当ては IMSSL によって後で解放されます。
attribute_flag PreeditAttribute または StatusAttribute のどちらに属するか,XIC 属性の型を指定します。 DIMsAttributesType のデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




setPreeditStateCallbackCb

このコールバック関数は,XIC 属性 XNPreeditStateCallbackCb の値を設定するために呼び出されます。



フォーマット

int setPreeditStateCallbackCb (w, client_data, reason, attribute_flag)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;
int reason;
DIMsAttributesType attribute_flag;




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSL に 1 が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSL に 0 が返されます。




説明

setPreeditStateCallbackCb は,リソース DIMsNsetPreeditStateCallbackCb で指定されるコールバック関数です。 DIMsNsetPreeditStateCallbackCb については, 第 1.4.53 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応する DIMs ウィジェットを指定します。
client_data DIMsNclientdata リソースで指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdata については, 第 1.4.54 項 を参照してください。
reason コールバックの理由を指定します。 DimCR_CreateIC または DimCR_SetICValues のいずれかを指定します。 DimCR_CreateIC はクライアントの XCreateIC() によってコールバックが開始されることを意味し, DimCR_SetICValues はクライアントの XSetICValues() によってコールバックが開始されることを意味します。
attribute_flag PreeditAttribute または StatusAttribute のどちらに属するか,XIC 属性の型を指定します。 DIMsAttributesType のデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。



1.6 サンプル・ファイル

入力サーバに関するサンプル・ファイルが DECW$EXAMPLES:IMS_EXAMPLE.C に用意されています。このサンプル・ファイルを参照することにより, API の使用方法をより明確に理解することができるでしょう。

1.6.1 ビルド・プロシージャ

ビルド用のコマンド・プロシージャとしてDECW$EXAMPLES:IMS_EXAMPLE.COM が用意されています。これにより,実行可能な入力サーバをビルドできます。 IMS の開発に必要なすべての API およびデータ構造体を含むヘッダ・ファイルは, DECW$INCLUDE:DIMSDEF.H にあります。IMSSLは共有ライブラリ SYS$SHARE:DECW$DIMSLIBSHR.EXE として提供されます。

1.6.2 ソース・プログラム


***************************************************************************** 
 * 
 * IMS_example.c 
 * 
 * This is an example of how to write an Input Method Server for X11R6. 
 * The only protocol being used in here is Xi18n and the transport mechanism 
 * is X. 
 * 
 * In this example, there are only 26 composed characters, which are 
 * formed by 2 consecutive key inputs which are equal. These key inputs 
 * should be from a-z, case insensitive. The lookup string 
 * will be found from an array, which is some kind of small-scale dictionary. 
 * 
 * You should load Iso-latin 1 keymap files in order to work properly for 
 * this example. 
 * 
 * You can start this example using four of the languages: 
 * Korean, Traditional Chinese, Simplied Chinese and Japanese 
 * 
 * To start this IMServer, set the xnllanguage resource properly, for example, 
 * if you want to input Korean text, you should set the session language to 
 * Korean, or simply start as 
 *  $IMS_example -xnllanguage "ko_KR.deckorean" 
 * 
 * To connect a client to this IMS, simply start up this IMS as a background 
 * job, then start the client with the correct language setting and XMODIFIERS 
 * environment. There are 4 modifiers that can be set according to locales : 
 * "zh_tw_exam", "zh_cn_exam", "ko_kr_exam", ja_jp_exam". For example, 
 * 
 *  $define XMODIFIERS "@im=ko_kr_exam" 
 *      $mc decw$cardfiler -xnllanguage "ko_KR.deckorean" 
 */ 
 
#include 
#include 
#ifdef VMS 
#include "DIMsDef.h" 
/* #include  */ 
#else 
#include 
#endif 
static char my_dictionary[26][2] =  {0xa1, 0xa1, 
                                         0xa1, 0xa2, 
                                         0xa1, 0xa3, 
                                         0xa1, 0xa4, 
                                         0xa1, 0xa5, 
                                         0xa1, 0xa6, 
                                         0xa1, 0xa7, 
                                         0xa1, 0xa8, 
                                         0xa1, 0xa9, 
                                         0xa1, 0xaa, 
                                         0xa1, 0xab, 
                                         0xa1, 0xac, 
                                         0xa1, 0xad, 
                                         0xa1, 0xae, 
                                         0xa1, 0xaf, 
                                         0xa1, 0xb1, 
                                         0xa1, 0xb2, 
                                         0xa1, 0xb3, 
                                         0xa1, 0xb4, 
                                         0xa1, 0xb5, 
                                         0xa1, 0xb6, 
                                         0xa1, 0xb7, 
                                         0xa1, 0xb8, 
                                         0xa1, 0xb9, 
                                         0xa1, 0xba, 
                                         0xa1, 0xbb}; 
 
typedef struct { 
   char data[1]; 
   int  num_char; 
} MyDataRec, *MyData;  /* This is the input context specific data */ 
 
static int CreateICCallback(w, client_data, widget_data) 
Widget w; 
Opaque *client_data; 
Opaque **widget_data; 
{ 
    MyData my_data = (MyData)XtMalloc(sizeof(MyDataRec)); 
 
    if (!my_data) 
 return 0; /* fail */ 
 
    my_data->num_char = 0; 
    *widget_data = (Opaque *)my_data; 
 
    return 1; /* success */ 
} 
 
static int DestroyICCallback(w, client_data, widget_data) 
Widget w; 
Opaque *client_data; 
{ 
     MyData my_data = (MyData)DIMsUserData(w); 
     
     if (my_data) 
 XtFree((char *)my_data); 
 
     return 1; /* success */ 
} 
 
static int GetFilterEventsCallback(w, client_data, mask) 
Widget w; 
Opaque *client_data; 
unsigned long **mask; 
{ 
   *mask = (unsigned long *) XtMalloc(sizeof(unsigned long)); 
 
/*  Since this IMS supports root-window style only, so just KeyPress 
    events are necessary */ 
 
   **mask = (unsigned long)(KeyPressMask); 
 
   return 1; 
} 
 
static int ProcessEventCallback(w, client_data, event, send_back) 
Widget w; 
Opaque *client_data; 
XEvent *event; 
Boolean *send_back; 
{ 
 
    MyData my_data = (MyData)DIMsUserData(w); 
    Display *dpy  = XtDisplay(w); 
 
    *send_back = True; 
 
    switch (event->type) 
    { 
       case KeyPress : 
     { 
  KeyCode keycode = event->xkey.keycode; 
  KeySym keysym; 
  char second_char; 
  XTextProperty text_property; 
  char *text_list[1]; 
  char text[3]; 
 
  keysym = XKeycodeToKeysym( dpy, keycode, 0 ); 
  if ((keysym >= XK_A && keysym <= XK_Z) || 
      (keysym >= XK_a && keysym <=XK_z)) 
  { 
     if (my_data->num_char) 
     { 
        if (keysym >= XK_a) 
    second_char = keysym - XK_a; 
        else 
        second_char = keysym - XK_A; 
        if (second_char == my_data->data[0]) 
        { /* two consecutive key are equal, send commit string */ 
    text[0] = my_dictionary[second_char][0]; 
    text[1] = my_dictionary[second_char][1]; 
    text[2] = '\0'; 
    text_list[0] = text; 
    XmbTextListToTextProperty(dpy, text_list, 1, 
     XCompoundTextStyle, &text_property); 
    DIMsCommit(w, (char *)text_property.value, 
    strlen((char *)text_property.value)+1); 
    XtFree((char *)text_property.value); 
    *send_back = False; /* the key is used by IMS, 
      no need to return to client */ 
        } 
        my_data->num_char = 0; /* reset to 0*/ 
     } else { 
        my_data->num_char = 1; 
        if (keysym >= XK_a) 
    my_data->data[0] = keysym - XK_a; 
        else 
        my_data->data[0] = keysym - XK_A; 
        *send_back = False; 
     } 
  } 
      break; 
     } 
      default : 
     break; 
    } 
 
    return 1; 
} 
 
IgnorXErrors(dpy, event) 
    Display *dpy; 
    XErrorEvent *event; 
{ 
    return 0; 
} 
 
       
main(argc, argv) 
int argc; 
char **argv; 
{ 
    Widget toplevel; 
    XtAppContext app_context; 
    DIMsClassCtx ctx; 
    char *zh_tw_server_strings[] = {"_XIM_zh_TW@zh_tw_exam"}; 
    char *zh_cn_server_strings[] = {"_XIM_zh_CN@zh_cn_exam"}; 
    char *ko_kr_server_strings[] = {"_XIM_ko_KR@ko_kr_exam"}; 
    char        *ja_jp_server_strings[] = {"_XIM_ja_JP@ja_jp_exam"}; 
    XIMStyle support_styles[1] = {XIMPreeditNothing | XIMStatusNothing}; 
    DIMsLocaleInfoRec locale; 
    DIMsStringListRec server_names; 
    DIMsSupportStylesRec im_styles; 
    Cardinal n; 
    Arg al[40]; 
    DIMsVersionRec im_version; 
 
 
    XtSetLanguageProc(NULL, NULL, NULL); 
 
    toplevel = XtAppInitialize(&app_context, "example", NULL, 0, 
    &argc, argv, NULL, NULL, 0); 
 
 
/* set up DIMs Class */ 
/* This example targets to work for 4 locales: zh_TW, ja_JP, zh_CN, ko_KR. 
   Therefore many DIMs class contexts are created */ 
/* create contexts for locales zh_TW, ja_JP, zh_CN, ko_KR */ 
 
    locale.language = "zh_TW"; 
    locale.num_support_codesets = 0; 
    locale.support_codesets = NULL; 
 
    server_names.num_of_strings = 1; 
    server_names.string_names = zh_tw_server_strings; 
 
    im_styles.num_support_styles = 1; 
    im_styles.support_styles = support_styles; 
 
    n = 0; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNlocale, &locale);n++; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNserverName, &server_names);n++; 
    /* use Xi18n protocol */ 
    im_version.highest_major_version = 3; 
    im_version.highest_minor_version = 0; 
    im_version.lowest_major_version = 3; 
    im_version.lowest_minor_version = 0; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNversion, &im_version);n++; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNsupportStyles, &im_styles);n++; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNcreateICCb, CreateICCallback);n++; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNdestroyICCb, DestroyICCallback);n++; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNprocessEventCb, ProcessEventCallback);n++; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNgetFilterEventsCb, GetFilterEventsCallback);n++; 
    XtSetArg( al[n], DIMsNtransport, "X/");n++; 
    ctx = DIMsClassCtxCreate(NULL, "zh_tw_xi18n_exam", al, n); 
 
    locale.language = "zh_CN"; 
    server_names.string_names = zh_cn_server_strings; 
    XtSetArg( al[0], DIMsNlocale, &locale); 
    XtSetArg( al[1], DIMsNserverName, &server_names); 
    ctx = DIMsClassCtxCreate(ctx, "zh_cn_xi18n_exam", al, n); 
 
    
    locale.language = "ko_KR"; 
    server_names.string_names = ko_kr_server_strings; 
    XtSetArg( al[0], DIMsNlocale, &locale); 
    XtSetArg( al[1], DIMsNserverName, &server_names); 
    ctx = DIMsClassCtxCreate(ctx, "ko_kr_xi18n_exam", al, n); 
 
    
    locale.language = "ja_JP"; 
    server_names.string_names = ja_jp_server_strings; 
    XtSetArg( al[0], DIMsNlocale, &locale); 
    XtSetArg( al[1], DIMsNserverName, &server_names); 
    ctx = DIMsClassCtxCreate(ctx, "ja_jp_xi18n_exam", al, n); 
 
    XSetErrorHandler(IgnorXErrors); 
 
/* Initialize IMSSL */ 
    DIMsSLInitialize(toplevel, ctx); 
 
/* Realize widget hierrachy */ 
    XtRealizeWidget(toplevel); 
 
/* Initialize protocol layer */ 
    DIMsProtoInit(toplevel, app_context); 
 
    XtAppMainLoop(app_context); 
} 


前へ 次へ 目次



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項