日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP DECwindows Motif for OpenVMS
DEC 入力サーバ・ライブラリ


前へ 次へ 目次





getExtICValuesCb

このコールバック関数は,拡張(非標準) XIC属性の値を取得するために呼び出されます。



フォーマット

int getExtICValuesCb (w, client_data, attribute, value_len, value, attr_flag)




引数



Widget w;  
Opaque *client_data;  
char *attributes;  
short *value_len; (呼び出し側へ返す)
Opaque **value; (呼び出し側へ返す)
DIMsAttributesType attr_flag;  




戻り値

1
コールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。コールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。



説明

getExtICValuesCbは,リソース DIMsNgetExtICValuesCbによって指定されるコールバック関数です。 DIMsNgetExtICValuesCbについては 第 1.4.13 項 を参照してください。 IMS はいくつかの拡張(非標準) XICの属性を定義することができ,クライアントはXGetICValues()を呼び出してこれらの属性の値を検索することができます。IMS に拡張XIC属性を追加する方法については, 第 1.4.5 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdataによって指定されるデータのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについては 第 1.4.54 項 を参照してください。
attributes 拡張XIC値の名称を指定します。
value_len valueフィールドのサイズ(バイト単位)を呼び出し側に返します。この属性のデータ型がstring_tでない場合,このフィールドは無視できます。 第 1.4.4 項 を参照してください。
value 属性値のポインタを呼び出し側に返します。 IMSプログラマは,このデータにメモリを割り当てなければなりません。このメモリは,IMSSLによって後で解放されます。
attr_flag 属性の型を指定します。データ型の定義については setExtICValuesCb の項を参照してください。




setICFocusCb

このコールバック関数は,入力コンテキストがフォーカスを取得した場合に呼び出されます。



フォーマット

int setICFocusCb (w, client_data)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;




戻り値

1
コールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。コールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。



説明

setICFocusCbは,リソースDIMsNsetICFocusCbによって指定されるコールバック関数です。 DIMsNsetICFocusCbについては, 第 1.4.14 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdataによって指定されるデータのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについては 第 1.4.54 項 を参照してください。




unsetICFocusCb

このコールバック関数は,入力コンテキストがフォーカスを失った場合に呼び出されます。



フォーマット

int unsetICFocusCb (w, client_data)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;




戻り値

1
コールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。コールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。



説明

setICFocusCbは,リソース DIMsNunsetICFocusCbによって指定されるコールバック関数です。 DIMsNunsetICFocusCbについては, 第 1.4.15 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdataによって指定されるデータのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについては 第 1.4.54 項 を参照してください。




resetICCb

このコールバック関数は,入力コンテキストが再設定される場合に呼び出されます。



フォーマット

int resetICCb (w, client_data, string, string_length)




引数



Widget w;  
Opaque *client_data;  
void **string; (呼び出し側へ返す)
int *string_length; (呼び出し側へ返す)




戻り値

1
コールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。コールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。



説明

resetICCbは,リソースDIMsNresetICCbによって指定されるコールバック関数です。 DIMsNresetICCbについては 第 1.4.16 項 を参照してください。現在の前編集セッションは,このコールバックが実行されてから終了します。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdataによって指定されるデータのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについては, 第 1.4.54 項 を参照してください。
string DIMsEncoding(w)によって与えられたエンコーディングで現在の前編集文字列を返します。 IMSプログラマは,このデータにメモリを割り当てなければなりません。このメモリはIMSSLによって後で解放されます。
string_length stringのバイト数を返します。




processEventCb

このコールバック関数は,入力コンテキストがIMS にイベントを転送する場合に呼び出されます。



フォーマット

int processEventCb (w, client_data, event, send_back)




引数



Widget w;  
Opaque *client_data;  
XEvent *event;  
Boolean *send_back; (呼び出し側へ返す)




戻り値

1
コールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。コールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。



説明

processEventCb は,リソースDIMsNprocessEventCb によって指定されるコールバック関数です。 DIMsNprocessEventCbについては, 第 1.4.17 項 を参照してください。

クライアントが XFilterEvent() を呼び出すと, XNFilterEventの値を取得するXGetICValues関数でIMS によって選択されたイベントがIMS に転送され,このコールバックを呼び出します (IMS に必要なイベントの選択方法については getFilterEventsCb の項を参照してください)。 IMS によっては,これらのイベントは,文字列の確定,前編集セッションの開始または終了,あるいはその他の状況を引き起こします。

ただし,入力スタイルが on-the-spot の場合, 1つのKeyPressイベントでDIMsCommit,DIMsPreEditDone,および DIMsPreEditStartを同時に呼び出すことはできません。同時に呼び出すと,クライアントは,確定文字列およびコールバックを正しい順序で得ることができません。このため,KeyPressイベントでDIMsPreEditDoneとDIMsCommitを呼び出したあとで,対応するKeyReleaseイベントでDIMsPreEditStartを呼び出して次の前編集セッションを開始してください。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdataによって指定されるデータのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについては, 第 1.4.54 項 を参照してください。
event クライアントから転送するイベントを指定します。
send_back イベントをクライアントに返送するかどうかを指定します。 Trueが返されるとXFilterEventはクライアントにFalseを返し, Falseの場合,イベントはクライアントによって破棄されます。




setAreaCb

このコールバック関数は,XIC属性XNAreaの値を設定するために呼び出されます。



フォーマット

int setAreaCb (w, client_data, reason, attribut_flag)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;
int reason;
XRectangle *value;
DIMsAttributesType attribute_flag;




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。




説明

setAreaCbは,リソースDIMsNsetAreaCb によって指定されるコールバック関数です。 DIMsNsetAreaCbについては, 第 1.4.18 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdata によって指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについては, 第 1.4.54 項 を参照してください。
reason コールバックの理由を指定します。 DimCR_CreateICまたは DimCR_SetICValuesのいずれかを指定します。 DimCR_CreateICはクライアントのXCreateIC() によってコールバックが開始されることを意味し, DimCR_SetICValuesはクライアントのXSetICValues() によってコールバックが開始されることを意味します。
value XRectangle型の属性値へのポインタを指定します。
attribute_flag PreeditAttributeまたは StatusAttributeのどちらに属するか,XIC属性の型を指定します。 DIMsAttributesTypeのデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




setAreaNeededCb

このコールバック関数は,XIC属性XNAreaNeededの値を設定するために呼び出されます。



形式

int setAreaNeededCb (w, client_data, reason, value, attribute_flag)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;
int reason;
XRectangle *value;
DIMsAttributesType attribute_flag;




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。




説明

setAreaNeededCbは,リソースDIMsNsetAreaNeededCb によって指定されるコールバック関数です。 DIMsNsetAreaNeededCbについては, 第 1.4.19 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdataによって指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについては, 第 1.4.54 項 を参照してください。
reason コールバックの理由を指定します。 DimCR_CreateICまたは DimCR_SetICValuesのいずれかを指定します。 DimCR_CreateICはクライアントのXCreateIC() によってコールバックが開始されることを意味し, DimCR_SetICValuesはクライアントのXSetICValues() によってコールバックが開始されることを意味します。
value XRectangle型の属性値へのポインタを指定します。
attribute_flag PreeditAttributeまたは StatusAttributeのどちらに属するか,XIC属性の型を指定します。 DIMsAttributesTypeのデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。




setSpotLocationCb

このコールバック関数は,XIC属性XNSpotLocationの値を設定するために呼び出されます。



形式

int setSpotLocationCb (w, client_data, reason, value, attr_flag)




引数



Widget w;
Opaque *client_data;
int reason;
XPoint *value;
DIMsAttributesType attr_flag;




戻り値

1
このコールバックが正常終了した場合,IMSSLに1が返されます。このコールバックが異常終了した場合,IMSSLに0が返されます。




説明

setSpotLocationCbは,リソース DIMsNsetSpotLocationCbによって指定されるコールバック関数です。 DIMsNsetSpotLocationCbについては, 第 1.4.20 項 を参照してください。

w 入力コンテキストに対応するDIMsウィジェットを指定します。
client_data リソース DIMsNclientdataによって指定されるデータへのポインタを指定します。 DIMsNclientdataについての詳細は, 第 1.4.54 項 を参照してください。
reason コールバックの理由を指定します。 DimCR_CreateICまたは DimCR_SetICValuesのいずれかを指定します。 DimCR_CreateICはクライアントのXCreateIC() によってコールバックが開始されることを意味し, DimCR_SetICValuesはクライアントのXSetICValues() によってコールバックが開始されることを意味します。
value XPoint型の属性値へのポインタを指定します。
attri_flag PreeditAttributeまたは StatusAttributeのどちらに属するか,XIC属性の型を指定します。 DIMsAttributesTypeのデータ型については, setExtICValuesCb の項を参照してください。


前へ 次へ 目次



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項