日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システムの概要
第 2 章:DECwindows Motif の起動
第 3 章:ディスプレイ・サーバの構成
第 4 章:DECwindows の使用方法
付録 A :DECwindows システムのチューニング
付録 B :DECwindows Motif キーマップ名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

HP DECwindows Motif for OpenVMS
管理ガイド


目次 索引

M
Magic Cookie によるアクセス制御
    概要
    クライアントに対する指定
    無効にする
    有効にする
MIT-KERBEROS-5 プロトコル
    Kerberos によるアクセス制御も参照
MIT-MAGIC-COOKIE-1 プロトコル
    Magic Cookie によるアクセス制御も参照
P
PCF (Portable compiled format)
「Print」ダイアログ・ボックス
    論理名
R
RGB データベース
S
「Set Password」ダイアログ・ボックス
    位置の変更
「Start Session」ダイアログ・ボックス
    位置の変更
SYSTARTUP_VMS.COM
T
TCP/IP トランスポート
U
UAF パラメータ
    推奨する設定
UNIX との互換性 #1
UNIX との互換性 #2
W
WSA デバイス
X
X authority ファイル
X Display Information ユーティリティ (xdpyinfo)
Xinerama 拡張 (XINERAMA)
    有効にする
X Keyboard Compiler ユーティリティ (xkbcomp)
    コンポーネント・データベース
X Keyboard 拡張 (XKB)
XPROXYMANAGER
    グローバル・シンボル
    構成ファイル
    手動起動
    自動起動
X 設定ユーティリティ (xset)
X ディスプレイ・サーバ
    Magic Cookie によるアクセス制御
    SECURITY 拡張の利用
    X Keyboard キーマップ・ファイルの利用
    エラーしきい値
    エラー条件ハンドラ
    エラー報告
    拡張
    カスタマイズ
    カスタマイズ・パラメータ
    起動のカスタマイズ
    情報の表示
        論理名テーブル
    セーブ・アンダの利用
    セキュリティ
    セキュリティ・ポリシー・ファイルの利用
    セッション外にアクセス制御を指定する
    セッション内にアクセス制御を指定する
    トークン・ベースのアクセス制御
    特殊な要件
    トランスポート・タイムアウトの定義
    バッキング・ストアの使用
    プロセス優先順位の設定
    密度値
    ユーザ・ベースのアクセス制御
    要求の処理
X プロトコル #1
X プロトコル #2
アーキテクチャ
    ディスプレイ・サーバ
    フォント・サーバ
    プロキシ・サーバ
アカウント
    専用
アクセス許可ファイル
アクセス信頼ファイル
アクセス制御
    Kerberos #1
    Kerberos #2
    Magic Cookie #1
    Magic Cookie #2
    SECURITY 拡張の利用
    概要
    クライアント・アプリケーションに対する指定
    セキュリティ・ポリシー・ファイルの利用
    セッション外の接続に指定する
    セッション内の接続に指定する
    トークン・ベース
    ユーザ・ベース #1
    ユーザ・ベース #2
イメージ
    共有 #1
    共有 #2
    入力ドライバ
    ビデオ・ドライバ
インストール後の作業
    ソフトウェアのカスタマイズ
インターネット・プロトコル・バージョン 4 トランスポート
    IPv4 を参照
エラーしきい値
エラー条件ハンドラ
エラー報告
エラー・ログ・ファイル
カーソル・サイズ
拡張
    組み込み
    動的にロード可能
隠れたウィンドウの復元
カラー・データベース
学習支援システムのファイルがあるディレクトリ
画面
    幅と高さの定義
    密度
キーボード
    AccessX キーを有効にする
    X Keyboard のキーマップ・ファイルの作成
    カスタマイズ
    コンパイル済み X Keyboard キーマップ・ファイルのロード
    設定
    デフォルト・レイアウトの変更
    モデル番号
キーマップ
    設定
キーマップ・ファイルのディレクトリ
キーマップ名
    確認
共用メモリ
クライアント
クライアント/サーバ・モデル
クライアント領域
    変更
クライアント領域の変更
構成要素
    オペレーティング・システムで提供
コマンド・プロシージャ
    スタートアップで使用
コンソール・メッセージ
    表示
サーバ
    X ディスプレイ
    共有イメージ
    フォント
    プロキシ・サーバ
サーバ・パラメータ
    非 VGA デバイス向けの推奨設定
サーバ・プロセス
    シンボル
サーバ論理名テーブル
システム
    AUTOGEN の実行
    概要
    スタートアップで使用される論理名
    スタートアップ・ファイル
システム・パラメータ #1
システム・パラメータ #2
    Alpha システムで推奨される設定
    I64 システムで推奨される設定
処理
    スタートアップ
シンボルの定義
情報の表示
    xdpyinfoの利用
    xset ユーティリティの利用
    サーバ設定
    サーバ論理名テーブル
スクリーン・セーバ属性
スタートアップ
    コマンド・プロシージャ
    処理
セーブ・アンダ・オプション
セキュリティ
    パラメータ
セキュリティ・オプション
    セッションの最中にクライアント・オプションを更新する
セキュリティ拡張 (SECURITY)
    有効にする
    利用
セキュリティ・ポリシー・ファイル
セッション・マネージャ
    実行可能ファイル
    動作の変更
セッション・マネージャの動作の変更
専用アカウント
    セッション・マネージャのコマンド・プロシージャによる作成
    セッション・マネージャの実行可能ファイルによる作成
    セッション・マネージャのプロファイル・ファイルによる作成
他社製のフォント
チューニング
    非 VGA デバイス向けの
調整
    大量のメモリの使用のための
提供されているコンポーネント
データ・ファイル
ディスプレイ・サーバ
    X ディスプレイ・サーバを参照
ディスプレイ・デバイス
    サポートされているトランスポート名
    ディスプレイ名の形式
ディスプレイの設定
デスクトップ・セッション
    一時停止状態のセッションのアンロック
デバイス
    WSA
    グラフィックス
デバイス設定
    シンボル
デバイス・ドライバ #1
デバイス・ドライバ #2
トランスポート
    DECnet #1
    DECnet #2
    LAT #1
    LAT #2
    TCP/IP #1
    TCP/IP #2
    共有イメージ
    シンボルを使った指定
    設定例
    タイムアウトの定義
    ローカル #1
    ローカル #2
トランスポート層


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項