日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システムの概要
第 2 章:DECwindows Motif の起動
第 3 章:ディスプレイ・サーバの構成
第 4 章:DECwindows の使用方法
付録 A :DECwindows システムのチューニング
付録 B :DECwindows Motif キーマップ名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

HP DECwindows Motif for OpenVMS
管理ガイド


目次 索引

付録 A
DECwindows システムのチューニング

この付録では,DECwindows Motif システムの制限値とシステム・パラメータの推奨値の一覧を示します。

A.1 DECwindows アプリケーション向けの UAF パラメータの設定

DECwindows アプリケーションは,利用者登録ファイル (UAF) のリミットに敏感に反応することがあります。セッションの起動時やアプリケーションの起動時に問題が発生したり,エラー・メッセージを表示せずにアプリケーションが消えた場合は,セッションを開始した際のアカウントの UAF リミットを確認してください。

表 A-1 に,推奨される UAF リミットを示します。具体的な数値は,ガイドラインとして使用することを意図したものです。適切な UAF パラメータは,各自のアプリケーションとプロセスに依存します。詳細は,『HP OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

表 A-1 推奨される UAF リミットの設定値
リミット 設定 使用目的
ASTLM    100 非同期システム・トラップ (AST) キュー・リミット
BIOLM    100 バッファード入出力回数リミット
BYTLM 100000 入出力バイト・リミット
DIOLM    100 直接入出力回数リミット
ENQLM    300 同時発行ロック・リミット
FILLM    100 オープン・ファイル・リミット
MAXDETACH      0 単一のユーザ名に対する最大独立プロセス数
(0 = 無制限)
MAXJOBS      0 単一のユーザ名に対する最大アクティブ・プロセス数
(0 = 無制限)
MAXACCTJOB      0 単一のアカウントに対する最大アクティブ・プロセス数
(0 = 無制限)
PGFLQUOTA  70000 ページング・ファイル・リミット
PRCLM     10 サブプロセス作成リミット
TQELM     10 タイマ・キュー・エントリ・リミット
WSDEFAULT   1024 デフォルトのワーキング・セット・サイズ
WSEXTENT   8192 ワーキング・セット超過値
WSQUOTA   2048 ワーキング・セット制限



A.2 DECwindows アプリケーションおよびディスプレイ・サーバ用のシステム・パラメータの設定

ほとんどの DECwindows プロセス,特に DECterm ウィンドウは独立モードで動作するため,特定のシステム・パラメータの値を増やす必要があります。 表 A-2 および 表 A-3 に,そのようなパラメータとその最小設定値,加算値,Alpha システムと I64 システムでの使用方法を示します。 加算値 は, DECwindows Motif がリソースを利用できるように AUTOGEN がパラメータを増やす際の増分値です。

システム・パラメータの変更についての詳細は,『HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。

表 A-2 に,OpenVMS Alpha システムでのパラメータ,最小設定値,加算値,使用目的を示します。

表 A-2 Alpha システムでのシステム・パラメータの推奨される設定
パラメータ 最小値 加算値 説明
GBLSECTIONS     600     280 システム・グローバル・セクション
GBLPAGES  150000   92000 システム・グローバル・ページ・テーブル・エントリ
GBLPAGFIL    4096     768 システム・グローバル・ページ・ファイル・セクション・リミット
NPAGEDYN 1348576  300000 システム非ページング動的プール
PAGEDYN  704288  180000 システム・ページング動的プール
SWPOUTPGCNT     512      -- スワッピング前の最小プロセス・ページ・サイズ
MAXBUF    8192      -- 最大バッファ・サイズ
CHANNELCNT     255      -- システム永久入出力チャネル・リミット
PROCSECTCNT     128      -- プロセス・イメージ・セクション記述子リミット
WSMAX   12000      -- プロセス・ワーキング・セットの最大
CLISYMTBL     512      -- コマンド・インタプリタのシンボル・テーブルの最小サイズ
PQL_MPGFLQUOTA   32768      -- 最小ページ・ファイル制限
PQL_MASTLM     100      -- 最小 AST リミット
PQL_MBIOLM     100      -- 最小バッファード入出力リミット
PQL_MDIOLM     100      -- 最小直接入出力リミット
PQL_MFILLM     100      -- 最小オープン・ファイル・リミット
PQL_MBYTLM  100000      -- 最小バッファード入出力バイト・リミット
PQL_MPRCLM      10      -- 最小サブプロセス・リミット
PQL_MENQLM     300      -- 最小同時発行ロック・リミット
PQL_MWSDEFAULT    1024      -- 最小ワーキング・セット・デフォルト
PQL_MWSQUOTA    2048      -- 最小ワーキング・セット制限
PQL_MWSEXTENT    8192      -- 最小ワーキング・セット超過値
GH_RES_CODE    1584     560 常駐イメージ・コード粒度ヒント領域リミット
IMGREG_PAGES   10000    3160 共用可能アドレス・データを持つイメージをインストールするための最小予約ページ数

表 A-3 に,OpenVMS I64 システムでのパラメータ,最小設定値,加算値,使用目的を示します。

表 A-3 I64 システムでのシステム・パラメータの推奨される設定
パラメータ 最小値 加算値 説明
GBLSECTIONS    1000     400 システム・グローバル・セクション
GBLPAGES  150000   92000 システム・グローバル・ページ・テーブル・エントリ
GBLPAGFIL    4096     768 システム・グローバル・ページ・ファイル・セクション・リミット
NPAGEDYN 4194304  300000 システム非ページング動的プール
PAGEDYN 4194304  180000 システム・ページング動的プール
SWPOUTPGCNT     512      -- スワッピング前の最小プロセス・ページ・サイズ
MAXBUF    8192      -- 最大バッファ・サイズ
CHANNELCNT     255      -- システム永久入出力チャネル・リミット
PROCSECTCNT      64      -- プロセス・イメージ・セクション記述子リミット
WSMAX  131072      -- プロセス・ワーキング・セットの最大
CLISYMTBL     512      -- コマンド・インタプリタのシンボル・テーブルの最小サイズ
PQL_MPGFLQUOTA   32768      -- 最小ページ・ファイル制限
PQL_MASTLM     100      -- 最小 AST リミット
PQL_MBIOLM     100      -- 最小バッファード入出力リミット
PQL_MDIOLM     100      -- 最小直接入出力リミット
PQL_MFILLM     100      -- 最小オープン・ファイル・リミット
PQL_MBYTLM  100000      -- 最小バッファード入出力バイト・リミット
PQL_MPRCLM      10      -- 最小サブプロセス・リミット
PQL_MENQLM     300      -- 最小同時発行ロック・リミット
PQL_MWSDEFAULT    4096      -- 最小ワーキング・セット・デフォルト
PQL_MWSQUOTA    8192      -- 最小ワーキング・セット制限
PQL_MWSEXTENT   16384      -- 最小ワーキング・セット超過値
GH_RES_CODE    3072    1450 常駐イメージ・コード粒度ヒント領域リミット
IMGREG_PAGES   10000      -- 共用可能アドレス・データを持つイメージをインストールするための最小予約ページ数



A.3 非 VGA デバイス向けのサーバ・パラメータの設定

グラフィックスを頻繁に使用するアプリケーションや 3D アプリケーションでは,システム・リソースへの要求が大きいため, DECwindows の X ディスプレイ・サーバを個別にチューニングする必要があります。 3D アクセラレータが搭載されたシステムでは,サーバ制限値の調整が必要な場合があります。これは,物理メモリが 64 MB しか搭載されていないシステムで複雑なクライアントを動作させる場合の推奨される最小値です。

表 A-4 に,非 VGA デバイス向けに推奨される最小制限値を示します。これらのサーバ制限値を設定するには, DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.COM ファイルでグローバル・シンボルを定義します。このファイルが存在しない場合は, 第 3.1 節 で説明しているように,ファイル SYS$MANAGER:DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.TEMPLATE を SYS$COMMON:[SYSMGR]DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.COM にコピーします。

表 A-4 非 VGA デバイス向けの最小サーバ制限値
制限
DECW$SERVER_FILE_LIMIT   400
DECW$SERVER_ENQUEUE_LIMIT  2000
DECW$SERVER_WSDEF 10240
DECW$SERVER_WSQUOTA 16384

アニメーション・アプリケーション向けのチューニング

大規模なモデルや組み立て部品のアニメーションを長時間にわたって行うアプリケーションでは,以下のサーバ・ワーキング・セット制限と値を設定することで,性能が向上する場合があります。

制限
DECW$SERVER_WSDEF 10240
DECW$SERVER_WSQUOTA 20480

注意

これらのパラメータは,128 MB 以上の物理メモリがないかぎり,これ以上増やさないでください。

メモリを大量に使用するアプリケーション向けのチューニング

メモリを大量に使用するアプリケーション (HP Secure Web Browser など) を,かなりの量の物理メモリ (512 MB 以上) が搭載されたシステム上で動作させる場合は,以下のサーバ制限と値を設定することで,性能が向上することがあります。

制限
DECW$SERVER_FILE_LIMIT    6000
DECW$SERVER_WSDEF   32768
DECW$SERVER_WSQUOTA   65536
DECW$SERVER_PAGE_FILE_QUOTA 2000000

チューニングの必要性を判断する

パラメータを増やす必要があるかどうかを判断するには,ディスプレイの負荷が最も高いときにサーバ・プロセスを監視します。ワーキング・セットの使用量が最大値に近い場合は,サーバ・パラメータ DECW$SERVER_WS* の値を調整する必要があります。

ただし,必要な場合以外は大きな値を設定しないでください。これらの値を大きくしすぎると,性能が低下するおそれがあります。 DECwindows サーバの最善の性能は,アプリケーションが必要とするメモリ量と使用可能な物理メモリによって変わります。

次回サーバを再起動すると,新しい値が有効になります。最初にチューニングを行ってある程度使用した後で,サーバで障害が発生するか,必要以上に応答が悪い場合は,メモリを使い果たしているか,メモリが断片化している可能性があります。特に要求の激しいアプリケーションでは,サーバの DECW$SERVER_PAGE_FILE_QUOTA の値をより大きくする必要があります。サーバのページ・ファイル制限は,システム・ページ・ファイルから決定されます。

サーバのエラー・ログ SYS$MANAGER:DECW$SERVER_0_ERROR.LOG に, xxx: Out of memoryという文が含まれている場合は,サーバのページ・ファイル制限を増やします。この制限値を設定するには,ファイル DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.COM 内の DECW$SERVER_PAGE_FILE_QUOTA パラメータを変更します。マルチヘッド構成では,システム要件を満たすために, DECW$SERVER_PAGE_FILE_QUOTA パラメータを増やす必要がある点に注意してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項