日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システムの概要
第 2 章:DECwindows Motif の起動
第 3 章:ディスプレイ・サーバの構成
第 4 章:DECwindows の使用方法
付録 A :DECwindows システムのチューニング
付録 B :DECwindows Motif キーマップ名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

HP DECwindows Motif for OpenVMS
管理ガイド


目次 索引



この方法では,通常どおりセッション・マネージャが起動しますが,システム管理者がメニューをカスタマイズして,自動的に起動されないアプリケーションをすべて削除します。特定のアプリケーションを削除することで,ユーザのアプリケーションへのアクセスを制限することができます。

この方法では,セッション・マネージャのメニュー・バーが表示され,ユーザは,システム管理者が無効にしていないあらゆるダイアログ・ボックスと対話することができます。

セッション・マネージャのプロファイル・ファイルを変更するには,以下の手順を実行します。

  1. 専用アカウントで DECwindows システムにログインします。
    専用アカウントのユーザ名とパスワードを入力すると,セッション・マネージャが起動します。

  2. ユーザがログインしたときに表示するアプリケーションを,自動スタートアップ・リストに追加します。
    セッション・マネージャの [オプション] メニューから, [自動起動...] を選択します。セッション・マネージャによって,「自動起動」ダイアログ・ボックスが表示されます。
    このダイアログ・ボックスを使用して,自動スタートアップ・リストから, FileView などの不要なアプリケーションを削除します (「自動起動」ダイアログ・ボックスの使用方法についての詳細は,『日本語 DECwindows Motif for OpenVMS 操作ガイド』を参照してください)。

    注意

    自動スタートアップ・リストからウィンドウ・マネージャを削除しないでください。


    この例では,Bookreader をリストに追加して [了解] をクリックします。

  3. セッション・マネージャのメニュー・バーからアプリケーションを削除します。
    セッション・マネージャの [オプション] メニューから, [メニューバー...] を選択します。セッション・マネージャによって「メニュー・バー」ダイアログ・ボックスが表示されます。
    このダイアログ・ボックスを使用して,表示しないアプリケーションを削除します。 (「メニュー」ダイアログ・ボックスの使用方法についての詳細は,『日本語 DECwindows Motif for OpenVMS 操作ガイド』を参照してください。)
    [了解] をクリックし,変更を保存してダイアログ・ボックスを閉じます。

  4. セッション・マネージャの [オプション] メニューから [セッション・マネージャ保管] を選択して,メニュー・バーの設定を保存します。

  5. 表示しないメニュー項目を [オプション] メニューから削除します。
    セッション・マネージャの [オプション] メニューから [メニュー...] を選択し,セッション・マネージャの [オプション] メニューから以下のメニュー項目を削除します。
    [自動設定...]
    [メニュー...]
    [メニューバー...]
    [セッション・マネージャ保管]

    また,専用アカウントからのアクセスを禁止する,[セキュリティ] などのメニュー項目も削除します。
    項目を削除したら,[了解] をクリックしてダイアログ・ボックスを閉じ,メニューの設定を保存します。

  6. セッション・マネージャの [セッション] メニューから [セッション終了] を選択します。
    セッション・マネージャは専用アカウントをログアウトさせ,DECwindows のログイン・ボックスを表示します。

  7. 専用アカウントで再度ログインします。

変更内容をテストするために, DECwindows のログイン・ボックスから専用アカウントでログインします。デフォルトで Bookreader とセッション・マネージャが起動し,他のアプリケーションは起動できなくなっています。ログアウトするには,セッション・マネージャの [セッション] メニューから [セッション終了] を選択します。

アカウントを通常のアカウントに戻す場合や,システム・メニュー・バーから削除したダイアログ・ボックスを変更する場合は,専用アカウントの SYS$LOGIN ディレクトリにある VUE$PROFILE.VUE$DAT ファイルを削除するか名前を変更します。

4.4.8 カスタム Bookreader ディレクトリの作成

Bookreader を起動する際に,システムは論理名 DECW$BOOK を使用してファイル LIBRARY.DECW$BOOKSHELF を探します。デフォルトでは,論理名 DECW$BOOK は SYS$SYSROOT:[DECW$BOOK] に展開されます。 LIBRARY.DECW$BOOKSHELF が格納されたプライベート・ディレクトリを作成することができます。

そのためには,ディレクトリを作成し, DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM ファイル内にグローバル・シンボルを定義する必要があります。

SYS$COMMON:[DECW$BOOK_LOCAL] というプライベート Bookreader ディレクトリを作成するには,以下の手順を実行します。

  1. ディレクトリを作成し,world に読み取りアクセスを許可します。次に例を示します。


    $ CREATE/DIRECTORY/PROTECTION=WORLD:R -
    _$ SYS$COMMON:[DECW$BOOK_LOCAL]
    

  2. Bookreader の LIBRARY.DECW$BOOKSHELF ファイルを新しいディレクトリにコピーします。


    $ COPY SYS$SYSROOT:[DECW$BOOK]LIBRARY.DECW$BOOKSHELF -
    _$ SYS$COMMON:[DECW$BOOK_LOCAL]/LOG
    

  3. SYS$MANAGER ディレクトリにコマンド・ファイル DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM が格納されていない場合は,テンプレート・ファイルをコマンド・ファイルとしてコピーします。


    $ COPY SYS$MANAGER:DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.TEMPLATE -
    _$ SYS$MANAGER:DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM/LOG
    

  4. ファイルを編集して,個人の Bookreader ディレクトリを指すようにグローバル・シンボル DECW$BOOK を定義します。
    次の行を追加します。


    $ DECW$BOOK == "SYS$COMMON:[DECW$BOOK_LOCAL]"
    

  5. 次のようにして DECwindows Motif を再起動します。


    $ @SYS$MANAGER:DECW$STARTUP RESTART
    



4.5 セッション・マネージャの動作の変更 ( Traditional DECwindows Desktop のみ)

いくつかの論理名を使用することで,DECwindows セッション・マネージャの動作を変更することができます。これらの論理名は,通常は使用しませんが,2 つのセッション・マネージャを同じシステムで動作させるなど,特別な状況で役立ちます。 表 4-7 に論理名とその意味を示します。

表 4-7 セッション・マネージャの論理名
論理名 意味
DECW$VUENOAUTOSTART セッション・マネージャの自動起動リスト中のアプリケーションの起動を抑制する。
DECW$VUENORESET セッション・マネージャの終了時のディスプレイ・サーバのリセットを抑制する。
DECW$VUELOGINOUTPUT セッション・マネージャからアプリケーションが起動されるに従って,ログイン・コマンド・ファイル (SYSLOGIN,LOGIN,DECW$LOGIN) からの出力を保存する。この情報には,「セッション・マネージャ」ウィンドウの [セッション] メニューにある「処理中」ダイアログ・ボックスの [出力表示] ボタンをクリックすることでアクセスできる。

これらの論理名は,DECterm またはログイン・コマンド・ファイル (SYSLOGIN,LOGIN,DECW$LOGIN) で定義します。これらの論理名を設定するには,論理名に任意の値を定義します。次に例を示します。


$ DEFINE DECW$VUENOAUTOSTART 1



4.6 システム・リソース・ファイルの変更

ほとんどの DECwindows アプリケーションには,DECwindows 環境をカスタマイズし,設定を保存するためのオプションが表示されたダイアログ・ボックスがあります。たとえば,セッション・マネージャの[オプション] メニューを使用すると,多くの事前に定義された設定を参照し,新しい設定を選択して保存することができます。

ただし,設定を変更して保存するためのダイアログ・ボックスがすべてのアプリケーションにあるわけではありません。たとえば,アプリケーションの中には,アプリケーションのメイン・ウィンドウのサイズと位置を変更して保存できるものもあれば,そうでないものもあります。ダイアログ・ボックスで変更できない設定を変更して保存するには, DECW$XDEFAULTS.DAT ファイルにリソースを指定します。

警告

以下の理由から,リソースを変更する際には十分に注意してください。

  • 「オプション」ダイアログ・ボックスを使用して, DECW$XDEFAULTS.DAT ファイルで指定した設定を変更することはできません。

  • 将来の DECwindows のリリースでは, Xdefaults ファイルに追加したオプションが,アプリケーションのダイアログ・ボックスに含められる場合があります。そのような変更を反映するためには, DECW$XDEFAULTS.DAT ファイルを変更する必要があります。

  • このバージョンの DECwindows では,リソースのエラーは処理できません。リソース・ファイルに構文エラーがあると,DECwindows はエラー・メッセージを表示せずに失敗します。

  • 大きな DECW$XDEFAULTS.DAT ファイルを使用すると,アプリケーションの起動性能が大幅に低下します。

リソースを使用してアプリケーションの設定を変更するには,論理名 DECW$USER_DEFAULTS が指すディレクトリにファイル (DECW$XDEFAULTS.DAT) を作成します。このファイルで,変更したいアプリケーション設定のリソースを指定します。また,変更が 1 つのアプリケーションに特有の場合は,アプリケーションのリソース・ファイル (たとえば DECW$MAIL.DAT) を変更することもできます。

DECW$XDEFAULTS.DAT ファイル内の各リソース指定は,明示的な構文規則に従う点に注意してください。リソース構文についての詳細は,『VMS DECwindows Guide to Xlib (Release 4) Programming: MIT C Binding』または『X Window System』を参照してください。

アプリケーション固有のリソースに関しては,『日本語 DECwindows Motif New Desktop使用概説書』および『日本語 DECwindows Motif for OpenVMS 操作ガイド』を参照してください。

4.7 クライアント・アクセス制御の指定

クライアント・アプリケーションが X ディスプレイ・サーバに接続する際に,サーバは,どのアクセス制御方式を使用するかを,現在の X authority ファイルを参照して決定します。 X authority ファイルでは,クライアントの接続先のワークステーションに基づいて,使用するプロトコルを識別します。 X authority ファイルを変更するには,「Security Options」ダイアログ・ボックスを使用します。

4.7.1 セキュリティ・オプションの設定

このワークステーション上のクライアント・アプリケーションが X サーバに接続する際に使用するアクセス制御方式を指定するには,以下の手順を実行します。

  1. デスクトップに応じて以下のどちらかを実行します。

    • Traditional Desktop の場合は,セッション・マネージャの [オプション] メニューから [セキュリティ...] を選択します。

    • New Desktop の場合は,スタイル・マネージャの [J-Security] コントロールをクリックします。


    「Security Options」ダイアログ・ボックスが表示されます。

  2. 「Client Access Control」領域で,以下の項目のいずれかを選択します。
    「Authorized Users List」
    「Kerberos」
    「Magic Cookie」

  3. [了解] をクリックし,変更を適用して「Security Options」ダイアログ・ボックスを閉じます。
    以降,現在のユーザによってこのシステムから実行されるすべてのクライアント・アプリケーションでは,ローカルの X サーバに接続する際にこのアクセス制御方式が適用されます。

    注意

    クライアント・アクセス制御設定に対する変更は,現在のユーザのデフォルトの X authority ファイルのエントリ (ローカルおよび DECnet) の内容だけに影響を与えます。システム上の他のアクセス制御設定には影響しません。



4.7.2 セッションの最中にセキュリティ・オプションを更新する

場合によっては,現在のセッションに対して別の X authority ファイルを指定したいことがあります。しかし,セッションの最中にセキュリティ・オプションを変更すると,クライアント・アプリケーションが以降 X サーバにアクセスできなくなることがあります。この状況は, DECwindows Motif セッションの実行中に以下の順序で作業を行うと発生します。

  1. クライアント・アクセス制御の方法をトークン・ベースのアクセス制御に変更またはリセットする。

  2. セッションで使用している現在のディスプレイ・デバイスに対して,別の X authority ファイルを指定する。

別の X authority ファイルを指定すると,セッション中にアクセスを許可するために使用した元の設定が適用されなくなり,またクライアントは新しい設定を使用することはできません。

セキュリティ・オプションを更新してクライアントとサーバの許可エントリを同期させるには,以下の手順を実行します。

  1. セッション・マネージャ ( Traditional DECwindows Desktop の場合) またはスタイル・マネージャ ( New Desktop の場合) の [オプション] メニューから [セキュリティ...] を選択します。

  2. 「Security Options」ダイアログ・ボックスで,以下のどちらかを実行します。

    • Magic Cookie によるアクセス制御の場合は, [Create Cookie] をクリックします。

    • Kerberos によるアクセス制御の場合は,「Client Access Control」領域の「Kerberos」オプションの選択を解除し, [適用] をクリックします。次にオプションを再度選択して,[適用] をクリックします。


    どちらの操作でも,新しい X authority エントリがサーバと代替 X authority ファイルの両方に作成されます。

セッション・マネージャやスタイル・マネージャにアクセスできない場合は, DECwindows Motif セッションを終了して再起動します。現在のセッションを終了することで,サーバがデフォルトの状態に復元されます。

4.7.3 ログイン時のアクセス制御を有効または無効にする

DECwindows Motif では,デフォルトではアクセス制御は有効になりません。代わりに,スタートアップ時にサーバによって設定されるアクセス制御を使用します。

DECwindows のセッション・マネージャに対して,ログイン時にアクセス制御を明示的に有効または無効にするよう指示するには,次の論理名のどちらかを定義します。


$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DECW$LOGIN_ACCESS_CONTROL ENABLE
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DECW$LOGIN_ACCESS_CONTROL DISABLE

論理名が定義されていない場合や, "SERVER" など他の値が定義されている場合は, DECwindows のログインではアクセス制御は有効にも無効にもされません。

ほとんどの場合,論理名を定義する必要はありません。

4.7.4 信頼ユーザによる一時停止状態のデスクトップ・セッションのアンロックを有効にする

DECwindows Motif ユーザに対し,Screen Lock 機能を使用して一時停止状態にした DECwindows Motif セッションのアンロックを許可することができます。

信頼ユーザを指定するには,次のようにシステム論理名 DECW$TRUSTED_UNPAUSE を定義します。ここで,username は OpenVMS ユーザを表します。


$  DEFINE/SYSTEM DECW$TRUSTED_UNPAUSE "username"

画面のアンロックが正常に機能するように,セッション・ユーザと指定した信頼ユーザは,同じレベルのパスワード・アクセスを共用する必要がある点に注意してください。

4.8 プリント・フォーマットのカスタマイズ

ここでは, DECwindows Motif ソフトウェアのプリント・フォーマットを定義し,論理名および関連するプリント・フォーマットの一覧を表示する方法について説明します。構成によっては, DECwindows Motif のカスタマイズ作業の中で,プリント・フォーマットを指定するための論理名を定義します。

システムを起動する前に,OpenVMS スタートアップ・プロシージャを編集して,プリント・キューとプリント・フォーマットを関連付ける論理名を定義します。このスタートアップ・プロシージャは,その後 DECwindows Motif のスタートアップ・プロシージャを呼び出します。また,これらの論理名は,ログイン・コマンド・ファイルに追加することもできます。

4.8.1 プリント・フォーマットの定義

DECwindows Motif の多くのアプリケーションは,「Print」ダイアログ・ボックスを使用してファイルや画面をプリンタのキューに登録します。デフォルトでは,システム上のすべてのプリント・デバイスが「プリンタ」リスト・ボックスに表示されます。しかし,論理名を定義することで,プリント・キューにプリント・フォーマットを関連付けることができます。論理名は,OpenVMS のスタートアップ・コマンド・プロシージャ内で, DECwindows Motif のスタートアップ・プロシージャを呼び出す前に定義します。プリント・キューのリストはコンマまたはスペースで区切り,最初のキューがデフォルトの選択肢になります。

「Print」ダイアログ・ボックスに表示されるプリンタ・キューの一覧をカスタマイズするには, 表 4-8 に示す論理名のいずれかを定義します。この方法は,システム上のすべてのキューの名前を「Print」ダイアログ・ボックスに表示するよりも高速です。これは,キューのほとんどが,想定しているプリント・フォーマットに該当しないためです。次の例は, OpenVMS のスタートアップ・ファイル内でプリント・フォーマットの論理名を定義する方法を示します。


    $ Define DECW$PRINTER_FORMAT_TEXT   "CLUSTER_LN03,CLUSTER_PRINT, - 
    _$ ANSI_ARTWRK,ANSI_PROTON" 
    $ Define DECW$PRINTER_FORMAT_LINE   "CLUSTER_PRINT" 
    $ Define DECW$PRINTER_FORMAT_ANSI2  "CLUSTER_LN03,ANSI_ARTWRK,ANSI2_PROTON" 
    $ Define DECW$PRINTER_FORMAT_ANSI   "CLUSTER_LN03,ANSI_ARTWRK,ANSI_PROTON" 
    $ Define DECW$PRINTER_FORMAT_PS     "PS_ARTWRK,PS_PROTON" 
    $ Define DECW$PRINTER_FORMAT_REGIS  "SYS$NULL" 

たとえば,DECW$PRINTER_FORMAT_ANSI2 が CLUSTER_LN03,ANSI_ARTWRK, ANSI2_PROTON として定義されている場合,「プリント・フォーマット」リスト・ボックスから「ANSI2」を選択すると, CLUSTER_LN03,ANSI_ARTWRK,および ANSI2_PROTON だけが「プリンタ」リスト・ボックスに表示され, CLUSTER_LN03 がデフォルトの選択肢となります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項