日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システムの概要
第 2 章:DECwindows Motif の起動
第 3 章:ディスプレイ・サーバの構成
第 4 章:DECwindows の使用方法
付録 A :DECwindows システムのチューニング
付録 B :DECwindows Motif キーマップ名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

HP DECwindows Motif for OpenVMS
管理ガイド


目次 索引



ここでは,DECwindows のデフォルトのログイン環境を改善またはカスタマイズする方法について説明します。

4.3.1 アプリケーションのスタートアップ性能の向上

コマンド・プロシージャ SYLOGIN.COM や LOGIN.COM が大きいと,アプリケーションのスタートアップに時間がかかります。 SYLOGIN.COM や LOGIN.COM の中で行っている操作の多くは, DECwindows アプリケーションのスタートアップでは意味がありません。そこで, DECwindows アプリケーションのスタートアップ性能を向上させるために, SYLOGIN.COM ファイルや LOGIN.COM ファイルを条件付きにすることをお勧めします。

DECwindows アプリケーションの起動時には,最小限の SYLOGIN.COM コマンドおよび LOGIN.COM コマンドだけを実行します。通常,実行が必要なコマンドは, DECW$USER_DEFAULTS の再定義 (存在する場合) と, DECwindows アプリケーションのコンテキストから参照するその他論理名の定義です。

次のコード・セグメントは,SYLOGIN.COM および LOGIN.COM 内で, DECwindows に必要なコマンドの直後に挿入することができます。


$ mode = f$mode() 
$ tt_devname = f$trnlnm("TT") 
$ session_mgr_login = (mode .eqs. "INTERACTIVE") .and.  - 
      (f$locate("WSA",tt_devname) .ne. f$len(tt_devname)) 
$ session_detached_process = (mode .eqs. "INTERACTIVE") .and. - 
      (f$locate("MBA",tt_devname) .ne. f$len(tt_devname)) 
$ if session_mgr_login .or. session_detached_process then exit 



4.3.2 ログイン画面のカスタマイズ ( Traditional DECwindows Desktop のみ)

DECwindows Motif のログイン画面をカスタマイズして,別のロゴを表示したり,画面の色を変更することができます。ログイン画面をカスタマイズするには,リソース定義が格納されている SYS$MANAGER ディレクトリに, DECW$LOGIN.DAT という名前のファイルを作成します。 SYS$MANAGER:DECW$LOGIN.DAT 内のカスタム・リソース定義は, SYS$COMMON:[DECW$DEFAULTS.SYSTEM]DECW$LOGIN.DAT に格納されている弊社提供のリソース定義とマージされて,新しいログイン画面が構成されます。

カスタマイズしたリソース・ファイル DECW$LOGIN.DAT は,新しいバージョンの DECwindows Motif ソフトウェアにアップグレードしたときに上書きされないように, DECW$SYSTEM_DEFAULTS ディレクトリではなく SYS$MANAGER ディレクトリに格納してください。また,SYS$MANAGER ディレクトリにファイルを保存することで,弊社が提供しているファイルをカスタム・ファイルによって置き換えてしまうのを防ぐことができます。

表 4-4 に示すリソースを定義することで,ロゴの位置と色,および「Start Session」画面の背景色を変更することができます。

表 4-4 ロゴの移動とログイン画面の色の変更
リソース 説明
rootColor 画面の背景色
logoColor ロゴの色 (デフォルトは赤紫色)
logoX ロゴの x 位置 (デフォルトは 0)
logoY ロゴの y 位置 (デフォルトは 75)
centerLogoX 論理値。true (デフォルト) の場合,ロゴは画面の左右方向の中央に配置される。

たとえば,x=100,y=600 の位置にロゴを表示するには,次のリソース定義を SYS$MANAGER:DECW$LOGIN.DAT ファイルに追加します。


decw$login.logoX: 100 
decw$login.logoY: 600 
decw$login.centerLogoX: false 



表 4-5 に示すリソースを定義することで,「Start Session」ダイアログ・ボックスと「Set Password」ダイアログ・ボックスの位置を変更することができます。

表 4-5 「Start Session」ダイアログ・ボックスと「Set Password」ダイアログ・ボックスの位置の変更
リソース 説明
centerStartSessionX 論理値。true (デフォルト) の場合,「Start Session」ダイアログ・ボックスは左右方向の中央に配置される。
centerStartSessionY 論理値。true (デフォルト) の場合,「Start Session」ダイアログ・ボックスは上下方向の中央に配置される。
centerSetPasswordX 論理値。true (デフォルト) の場合,パスワードの期限切れを示す「Set Password」ダイアログ・ボックスは,左右方向の中央に配置される。
centerSetPasswordY 論理値。true (デフォルト) の場合,「Set Password」ダイアログ・ボックスは上下方向の中央に配置される。

たとえば,「Set Password」ダイアログ・ボックスを x=100, y=600 の位置に表示するには,次のリソース定義を SYS$MANAGER:DECW$LOGIN.DAT ファイルに追加します。


decw$login.centerStartSessionX: false 
decw$login.centerStartSessionY: false 
decw$login.HiddenShell.x: 100 
decw$login.HiddenShell.y: 600 

「Set Password」ダイアログ・ボックスを x=30,y=100 の位置に表示するには,次のリソース定義を SYS$MANAGER:DECW$LOGIN.DAT ファイルに追加します。


decw$login.centerSetPasswordX: false 
decw$login.centerSetPasswordY: false 
decw$login.SetPasswordShell.x: 30 
decw$login.SetPasswordShell.y: 100 



「Start Session」ダイアログ・ボックスにノード名が表示されないようにするには,次のリソース定義を SYS$MANAGER:DECW$LOGIN.DAT ファイルに追加します。


decw$login.displayNodeName: false 



4.3.3 ログイン前にカスタム・メッセージを表示する (New Desktop のみ)

システム管理者などの特権ユーザは, New Desktop でのセッション・ログインの前に,カスタム・メッセージ (挨拶文,セキュリティ・アップデート,システム・ブロードキャストなど) を表示することができます。

DECwindows Motif は,セッションのスタートアップ時に,メッセージ・ファイル SYS$MANAGER:DECW$GREET.TXT を探します。ファイルが見つかると,メッセージ・ファイル中の文章が表示されたウィンドウが,ログイン・ダイアログ・ボックスの前に表示されます。ユーザは,Return キーを押すか [了解] をクリックして先に進み, New Desktop セッションにログインします。ファイルが見つからない場合は,このウィンドウは表示されず,ユーザは直接 New Desktop セッションにログインすることができます。

カスタム・メッセージを作成するには,以下の手順を実行します。

  1. SYSTEM (または他の特権アカウント) でログインします。

  2. 以下の場所のどちらかにファイル DECW$GREET.TXT を作成します。

    • スタンドアロン・システムの場合は,ファイルを SYS$SPECIFIC:[SYSMGR] ディレクトリに作成します。

    • クラスタ全体でメッセージを表示する場合は,ファイルを SYS$COMMON:[SYSMGR] ディレクトリに作成します。

  3. 表示するメッセージ・テキストを入力します。テキストは,現在 CDE$SYSTEM_DEFAULTS:[CONFIG]XCONFIG.DAT および CDE$SYSTEM_DEFAULTS:[CONFIG.%L]XRESOURCES.DAT で定義されているフォント・ファミリと言語に従って表示されます。現在のフォント・ファミリと言語でサポートされているプリント可能なすべての文字を表示することができます。
    また,明確なサイズ要件がない点に注意してください。メッセージ・ウィンドウは動的にサイズが変わります。非常に長い行 (長すぎて画面自体に収まらない行) は切り捨てられます。

    注意

    テキストまたは書式制御文字を含まない行は無視されます。メッセージ・ファイルに空白行を挿入するには,行の先頭に 1 つ以上のスペース文字 <sp> を入力します。

  4. ファイルを保存してデスクトップ・セッションを再起動します。



4.3.4 推奨パスワード・リストを無効にする (New Desktop のみ)

New Desktop に期限切れのパスワードでログインしたときでも,推奨パスワード・リストが表示されないようにすることができます。

推奨パスワード・リストを抑制するには,システム論理名 CDE$NOGENPWD にゼロ以外の値を定義します。次に例を示します。


$  DEFINE/SYSTEM CDE$NOGENPWD 1



4.3.5 UNIX スタイルのファイル名のサポートを有効にする (New Desktop のみ)

ファイル・セレクション widget およびファイル・マネージャで,ファイル名とデバイス名を UNIX スタイルで表示することができます。

この機能を有効にすると,ファイルとディレクトリは,ディレクトリ・ツリーを区切る際に大括弧の代わりにスラッシュを使用するなど, UNIX のパス名規約に従って表示されます。また,UNIX スタイルのパス名表示では,デバイス名は大文字に変換されず,大文字と小文字の違いが保持されます。

以降の項では,この機能を有効にする方法を簡単に説明します。

「File Selection」ダイアログ・ボックスで UNIX スタイルのファイル名の表示を有効にするには,以下の論理名の 1 つ以上にゼロ以外の値を設定します。

DECC$FILENAME_UNIX_ONLY (CRTL モード)
DECW$XM_FORCE_UNIX_NAMES_TO_VMS

これらの論理名を SYS$MANAGER:SYLOGICALS.COM ファイルに追加することで,システム全体で定義することができます。また,各ユーザの DECW$LOGIN.COM ファイルまたは LOGIN.COM ファイルに追加することで,ユーザごとに定義することもできます。

「File Selection」ダイアログ・ボックスで,UNIX 形式で表示する場合でも,選択されたファイル名は OpenVMS 形式で返すようにするには,論理名 DECW$XM_UNIX_NAMES_TO_VMS を定義します。これにより,UNIX 形式でファイル名を表示する一方で, OpenVMS 形式のファイル名を必要とするその他のアプリケーションが,「File Selection」ダイアログ・ボックスと正常にやり取りすることができます。

ファイル・マネージャで UNIX スタイルのファイル名の表示を有効にするには,論理名 CDE$DTFILE_UNIX_NAMES にゼロ以外の値を設定します。

この論理名をシステム全体で定義するには, SYS$MANAGER:SYLOGICALS.COM ファイルに追加します。ユーザごとに定義するには,各ユーザの DECW$LOGIN.COM ファイルまたは LOGIN.COM ファイルに追加します。

4.4 スタートアップ環境のカスタマイズ

ここでは,アプリケーション・カスタマイズ・パラメータを使用して, DECwindows Motif のデフォルトのスタートアップ環境を変更する方法について概要を説明します。

4.4.1 DECW$PRIVATE_APPS_SETUP ファイルの利用

DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.TEMPLATE ファイルは,SYS$MANAGER ディレクトリにあります。このテンプレート・ファイルには, DECwindows Motif のスタートアップ環境をカスタマイズするために使用できる情報が格納されています。

このファイルを使用することで, 表 4-6 に示すクライアント領域を変更することができます。デスクトップに依存するパラメータには注が付けられています。 New Desktop 環境固有の追加パラメータについては,『日本語 DECwindows Motif New Desktop使用概説書』を参照してください。

表 4-6 変更可能なクライアント領域
クライアント領域 グローバル・シンボル デフォルト
アプリケーション
Bookreader のオンライン・ブック・ディレクトリ DECW$BOOK SYS$SYSROOT:[DECW$BOOK]
FileView のコマンド・ファイル・ディレクトリ VUE$LIBRARY 1 DECW$SYSCOMMON: [VUE$LIBRARY.USER], DECW$SYSCOMMON: [VUE$LIBRARY.SYSTEM]
FileView の公用プロファイル・ファイル・ディレクトリ VUE$LIBRARY_WRITE 1 SYS$COMMON:[VUE$LIBRARY.USER]
コンソール・ウィンドウ
コンソール・ウィンドウへのシステム・メッセージの表示を有効または無効にする DECW$CONSOLE_SELECTION 無効
コンソール・ウィンドウの位置を指定する DECW$CONSOLE_GEOMETRY -0,-0
デスクトップ
セッションのスタートアップ時に実行するデスクトップ DECW$START_NEW_DESKTOP True ( New Desktop を実行)
ディスプレイ・デバイス
SET DISPLAY コマンドのパラメータ DECW$APPSNODE
DECW$APPSSERVER
DECW$APPSSCREEN
ノード 0
サーバ 0
画面 0
TCP/IP トランスポート上の IPv6 のサポートを有効または無効にする DECW$IPV6_SUPPORT なし
例と自習書
プログラム例のディレクトリ DECW$EXAMPLES 2 SYS$SYSROOT:[SYSHLP.EXAMPLES.DECW]
学習支援システムのファイルがあるディレクトリ DECW$CBI SYS$SYSROOT:[SYSCBI.DECW$CBI]
キーマップ
キーマップ・ファイルのディレクトリ DECW$KEYMAP DECW$SYSCOMMON: [SYS$KEYMAP.DECW.USER], DECW$SYSCOMMON: [SYS$KEYMAP.DECW.SYSTEM]
ログイン
LOGINOUT ログ・ファイル DECW$LOGINLOG なし
loginout 中に複数の接続を使用 DECW$LOGINMANY False
ログイン・ロゴ DECW$LOGINLOGO 1 なし
ログイン・ロゴをサブプロセスで実行 DECW$LOGINLOGOSUB 1 False (独立プロセス)
loginout 中に指定された X authority ファイルからデータを提供 DECW$LOGIN_XAUTHORITY SYS$LOGIN: DECW$XAUTHORITY.DECW$XAUTH
プロキシ・マネージャ
プロキシ・マネージャ構成ファイル DECW$PROXY_MANAGER_CONFIG なし
プロキシ・マネージャ・ログ・ファイル DECW$PROXY_MANAGER_LOG なし
プロキシ・マネージャ・アプリケーションを起動する際のデフォルトのコマンド行オプション DECW$PROXY_MANAGER_OPTIONS /PORT=6500/TRANSPORT= "LOCAL,TCPIP,DECNET"
プロキシ・マネージャを独立プロセスとして起動する際のデフォルトのコマンド行オプション DECW$PROXY_MANAGER_QUOTAS /PROCESS_NAME=DECW$PROXY
セッション管理
セッションを実行するコマンド DECW$SESSIONMAIN 1 Run SYS$SYSTEM:DECW$SESSION
セッションをリセットするコマンド DECW$SESSIONEND 1 なし
セッション・ログの有効化または無効化 DECW$SESSIONLOG 1 True (ログ・ファイルはオン)
システム・スタートアップ
DECwindows のスタートアップ完了時に実行する DCL コマンド DECW$MAINAPP 1 Run SYS$SYSTEM:DECW$STARTLOGIN
ユーザ認証完了後に実行するコマンド・プロシージャ DECW$SESSIONCOM SYS$MANAGER:DECW$STARTSM.COM
DECwindows Motif の SYLOGIN コマンド・プロシージャ DECW$SYLOGINCOM なし
UNIX との互換性
UNIX との互換性のための論理名を定義 DECW$UNIXLOGICALS True
ユーザ・リソース
正しいユーザ・リソース値でシステムを初期化するためのコマンド DECW$SESSIONINIT Run SYS$SYSTEM:DECW$WSINIT
ユーティリティ
X ウィンドウ・システム・ユーティリティ・ディレクトリ DECW$UTILS SYS$SYSROOT:[SYSHLP. EXAMPLES.DECW.UTILS]

1 Traditional DECwindows Desktop のみ。
2別のディレクトリを指すようにこのシンボルを再定義する場合は, DECW$UTILS シンボルの定義もそれに合わせて変更する必要があります。

上記の領域のいずれかをカスタマイズするには, SYS$MANAGER: DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.TEMPLATE ファイルを SYS$MANAGER: DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM にコピーします。次に例を示します。


$ COPY SYS$COMMON:[SYSMGR]DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.TEMPLATE -
_$ SYS$COMMON:[SYSMGR]DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM/LOG

次に,ファイルを編集して,該当するシンボルを変更します。

以降の項では,テンプレート・ファイルを使用して, DECwindows のクライアント環境をカスタマイズする例を示します。

このファイルには, Cluster Common セクションと Cluster Member Workstation-Specific セクションの 2 つのセクションがあります。適切なセクションに新しいシンボルを追加します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項