日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システムの概要
第 2 章:DECwindows Motif の起動
第 3 章:ディスプレイ・サーバの構成
第 4 章:DECwindows の使用方法
付録 A :DECwindows システムのチューニング
付録 B :DECwindows Motif キーマップ名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

HP DECwindows Motif for OpenVMS
管理ガイド


目次 索引



プロキシ・サーバは,起動すると,/TRANSPORT 修飾子を使用して構成されたすべてのトランスポートに対してリッスンを行います。 TCPIP トランスポートが選択されている場合,プロキシ・サーバは,インタフェースが IPv4 互換であるか IPv6 互換であるかにかかわらず,構成されているすべてのインタフェースに対してリッスンを行います。

/DISPLAY 修飾子を使用すると, 第 4 章 で説明する追加のトランスポート名が使用できます。プロキシ・サーバ・プロセスによるトランスポート名 TCP および TCPIP の解釈は,DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM ファイルで定義されている DECW$IPV6_SUPPORT 論理名で決まります。

3.7.4 デフォルトのプロキシ・サーバ・プロセス属性の変更

表 3-4 に,SYS$MANAGER:DECW$LBXPROXY によって生成された RUN コマンド上で指定された,デフォルトの LBXPROXY プロセス属性を設定変更するための論理名の一覧を示します。

表 3-4 LBXPROXY プロセス属性論理名
論理名 RUN コマンドの修飾子
DECW$LBX_AST_LIMIT /AST_LIMIT
DECW$LBX_BUFFER_LIMIT /BUFFER_LIMIT
DECW$LBX_DUMP /DUMP
DECW$LBX_ENQUEUE_LIMIT /ENQUEUE_LIMIT
DECW$LBX_EXTENT /EXTENT
DECW$LBX_FILE_LIMIT /FILE_LIMIT
DECW$LBX_IO_BUFFERED /IO_BUFFERED
DECW$LBX_IO_DIRECT /IO_DIRECT
DECW$LBX_LOG /ERROR
DECW$LBX_MAXIMUM_WORKING_SET /MAXIMUM_WORKING_SET
DECW$LBX_PAGE_FILE /PAGE_FILE
DECW$LBX_PRIORITY /PRIORITY
DECW$LBX_PROCESS_NAME /PROCESS_NAME
DECW$LBX_QUEUE_LIMIT /QUEUE_LIMIT
DECW$LBX_WORKING_SET /WORKING_SET



3.7.5 プロキシ・サーバの停止

LBX プロキシ・サーバは自動または手動で停止できます。

LBX プロキシ・サーバを自動的に停止するには,サーバを起動する際に /ONEXIT=TERMINATE 修飾子を使用します。スタンドアロン・プロキシ・サーバの場合,LBXPROXY コマンド行,またはコマンド・プロシージャ SYS$MANAGER:DECW$LBXPROXY の lbxproxy-qualifiers パラメータでこの修飾子を指定します。

管理対象サーバの場合は,プロキシ・マネージャの構成ファイルの LBX サービス定義中の parameters 引数でこの修飾子を指定します。

注意

プロキシ・マネージャは,停止する際に,まだ停止していない管理対象プロキシ・サーバがあると,すべて自動的に停止します。



LBX プロキシ・サーバを手動で停止するには,DCL の STOP コマンドを使用します。

3.7.6 プロキシ・マネージャ構成ファイル

プロキシ・マネージャ構成ファイルには,プロキシ・マネージャがプロキシ・サービスを見つけるために必要となる情報が格納されます。構成ファイル内のそれぞれの行には,以下のいずれかを記述します。

  • コメント -- コメント行は,先頭を感嘆符 (!) で始めます。その行の他の文字はすべて無視されます。

  • 管理対象サービス・エントリ --  管理対象サービス・エントリの形式は次のとおりです。


    service-name MANAGED COMMAND command-file [parameters] 
    


    フィールドの意味は以下のとおりです。

    service-name 管理対象サービスの名前を指定します。サービス名では大文字と小文字は区別されません。サービス名が同じエントリがファイル内に複数含まれている場合は,最初のエントリだけが有効です。 LBX サービスでは,サービス名は LBX とする必要があります。サービス名では,スペース,タブ,改行文字を除き, X ポータブル文字集合の文字を使用する必要があります。
    command-file このサービスのプロキシ・サーバの新しいインスタンスを作成するために,プロキシ・マネージャが呼び出すコマンド・プロシージャの名前を指定します。 LBX サービスでは,この引数は,通常 SYS$MANAGER:DECW$LBXPROXY_SUB.COM になります。
    parameters command-file 引数で指定されたコマンド・プロシージャに渡すパラメータを指定します。 command-file 引数の後のスペースに続くすべての文字は,パラメータとしてコマンド・プロシージャに渡されます。 LBX サービスでは,コマンド・プロシージャは,引用符で囲まれた 1 つのパラメータとして 1 つ以上のコマンド修飾子が渡されることを期待します。


    現在, DECwindows Motif で提供されている唯一の管理対象サービスは LBX です。

  • 非管理対象サービス・エントリ --  非管理対象サービス・エントリの形式は次のとおりです。


    service-name UNMANAGED address
    


    フィールドの意味は以下のとおりです。

    service-name 非管理対象サービスの名前を指定します。サービス名では大文字と小文字は区別されません。サービス名が同じエントリがファイル内に複数含まれていると,マネージャは,アクティブで利用可能なプロキシ・サーバが見つかるまで各エントリを順に試します。サービス名では,スペース,タブ,改行文字を除き,X ポータブル文字集合の文字を使用する必要があります。
    address プロキシ・サーバのアドレスを, ICE (Inter-Client Exchange) 形式で指定します。


    現在, DECwindows Motif でサポートされている非管理対象サービスはありません。



3.7.7 プロキシ・マネージャの起動

プロキシ・マネージャは, DECwindows Motif のスタートアップ時に自動的に起動するように構成することも,後から手動で起動するように構成することもできます。

DECwindows Motif のスタートアップ時にプロキシ・マネージャを自動的に起動するには, SYS$MANAGER:DECW$PRIVATE_APPS_SETUP.COM ファイルを編集します。セッション・マネージャ環境のカスタマイズについての詳細は, 第 4 章 を参照してください。

表 3-5 では,このファイル内のプロキシ・マネージャを制御するシンボルについて説明します。

表 3-5 プロキシ・マネージャを制御するグローバル・シンボル
シンボル 説明
DECW$PROXY_MANAGER_CONFIG プロキシ・マネージャの構成ファイルの名前を指定します。このシンボルを定義することにより,DECwindows のスタートアップ処理によってプロキシ・マネージャが起動されます。このシンボルで指定されたファイル名は, DECW$PROXY_MANAGER_OPTIONS シンボルで指定された構成ファイルより優先されます。デフォルトの構成ファイル SYS$MANAGER:DECW$LBXPROXY.DECW$PMCFG がインストール時に提供されます。このファイルには,LBX サービス用のサービス・エントリが 1 つあります。
DECW$PROXY_MANAGER_LOG プロキシ・マネージャがイベントを記録するために使用するログ・ファイルの名前を指定します。プロキシ・マネージャが起動してこのシンボルが未定義の場合,デフォルトでログ・ファイルは SYS$MANAGER:DECW$PROXYMANAGER.LOG になります。
DECW$PROXY_MANAGER_OPTIONS プロキシ・マネージャの起動時に,XPROXYMANAGER コマンド行に追加する修飾子を指定します。 DECW$PROXY_MANAGER_CONFIG シンボルで指定された構成ファイルは,このシンボルで指定されたどの値よりも常に優先されます。
DECW$PROXY_MANAGER_QUOTAS プロキシ・マネージャを起動するために使用する RUN コマンド行に追加する修飾子を指定します。

注意

プロキシ・マネージャ・プロセスが動作している最中に DECwindows Motif を再起動しても,プロキシ・マネージャは自動的に再起動されません。 DECwindows のスタートアップ時にプロキシ・マネージャを必ず (関連するオプションとともに) 再起動させるには, DECwindows を再起動する前にプロキシ・マネージャ・プロセスを停止します。

DECwindows のスタートアップの一部としてプロキシ・マネージャを再起動する場合は,プロキシ・マネージャ・プロセスの所有者は DECwindows Motif のスタートアップ・コマンドを実行したユーザになります。 DECwindows がシステムのスタートアップの一部として起動された場合は,所有者は SYSTEM アカウントです。 DECwindows が別のアカウントから起動される場合は,そのアカウントの所有者に対して X ディスプレイ・サーバへのアクセスが許可されていることを確認してください。



プロキシ・マネージャを手動で起動するには,XPROXYMANAGER コマンドを使用します。


XPROXYMANAGER [qualifiers] 

たとえば,構成ファイル SYS$MANAGER:DECW$LBXPROXY.DECW$PMCFG とログ・ファイル SYS$MANAGER:DECW$PM.LOG を使用してプロキシ・マネージャを起動するには,次のコマンドを使用します。


$ XPROXYMANAGER/CONFIGURATION=SYS$MANAGER:DECW$LBXPROXY.DECW$PMCFG -
_$ /LOG=SYS$MANAGER:DECW$PM.LOG

指定可能な修飾子とその値についての詳細は,XPROXYMANAGER コマンドのオンライン・ヘルプを参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡