日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システムの概要
第 2 章:DECwindows Motif の起動
第 3 章:ディスプレイ・サーバの構成
第 4 章:DECwindows の使用方法
付録 A :DECwindows システムのチューニング
付録 B :DECwindows Motif キーマップ名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP DECwindows Motif for OpenVMS | HPE 日本

HP DECwindows Motif for OpenVMS
管理ガイド


目次 索引

第 3 章
ディスプレイ・サーバの構成

この章では,DECwindows ディスプレイ・サーバの構成方法に関する以下のトピックについて説明します。

  • ディスプレイ・サーバのカスタマイズ。 DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP ファイルの使用方法を説明し,指定可能なカスタマイズ・パラメータの一覧を示します。

  • ネットワーク・トランスポートの指定

  • アクセス制御の設定

  • マルチヘッド・システムの設定

  • デフォルトのキーボード・レイアウトの変更

  • 新しいフォントの指定

  • LBX プロキシ・サーバの設定



3.1 DECwindows ディスプレイ・サーバのカスタマイズ

ここでは,サーバ・カスタマイズ・パラメータを使用して, DECwindows ディスプレイ・サーバのデフォルトの動作を変更する方法について説明します。また,指定可能なパラメータと,クラスタ共通およびスタンドアロン・システムのパラメータを設定する方法について説明します。

3.1.1 DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP ファイルの使用方法

DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.TEMPLATE ファイルは,SYS$MANAGER ディレクトリにあります。このテンプレート・ファイルには, DECwindows Motif ディスプレイ・サーバ環境をカスタマイズするために必要な情報が格納されています。

ディスプレイ・サーバを起動すると,ディスプレイ・サーバは,論理名テーブル (DECW$SERVERn_TABLE) 内でデフォルトの属性を設定変更する論理名を探します。 第 2 章 で説明したように,論理名テーブルは, DECwindows のスタートアップ処理で作成され値が設定されます。 DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.COM ファイルで定義されている各パラメータについて,スタートアップ・プロシージャがディスプレイ・サーバ論理名テーブル中に論理名を作成します。

いくつかのパラメータは,スタートアップ・プロシージャ中でのみ使用されるため,ディスプレイ・サーバ論理名テーブルには一致する論理名がありません。これらのパラメータは,ディスプレイ・サーバ・プロセスを起動する際に使用されるシステム・パラメータを識別するか,他のパラメータと組み合わせて,ディスプレイ・サーバ論理名テーブルに追加する論理名の値を得るために使用されます。

プライベート論理名テーブル中に論理名が見つからないと,ディスプレイ・サーバはシステム論理名テーブルを参照します。サポートされている機能のうち,使用している OpenVMS のバージョンでは対応するパラメータがない機能については, DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.COM ファイル内で DCL コマンド DEFINE/SYSTEM を使用して論理名を定義します。

3.1.2 ディスプレイ・サーバのカスタマイズ・パラメータ

表 3-1 に,パラメータとその型,デフォルト値,範囲をアルファベット順に示します。

表 3-1 DECwindows ディスプレイ・サーバのカスタマイズ・パラメータ
パラメータ デフォルト値 範囲
DECW$CLIENT_ERROR_THRESHOLD 整数 1  
DECW$CURSOR_SIZE 整数 32 16,32
DECW$DEFAULT_KEYBOARD_MAP 文字列 NORTH_AMERICAN_LK401AA  
DECW$DEVICE 文字列リスト    
DECW$FONT_SERVERS 文字列リスト    
DECW$IPV6_FONT_SUPPORT 文字列    
DECW$KEYMAP 文字列    
DECW$MONITOR_DENSITY 整数リスト 100  
DECW$PRIMARY_DEVICE 文字列    
DECW$RGBPATH 文字列 SYS$MANAGER:DECW$RGB.DAT  
DECW$SECURITY_POLICY 文字列    
DECW$SERVER_ACCESS_TRUSTED 文字列 SYS$MANAGER:DECW$SERVER_ACCESS_TRUSTED.DAT  
DECW$SERVER_ACCESS_ALLOWED 文字列 SYS$MANAGER:DECW$SERVER_ACCESS_ALLOWED.DAT  
DECW$SERVER_AUDIT_LEVEL 整数 0 0,1,2,4
DECW$SERVER_BELL_BASE_VOLUME 整数 50 0...100
DECW$SERVER_BUG_COMPATIBILITY 論理値 True  
DECW$SERVER_DEFAULT_BACKING_STORE 整数 0 0...2
DECW$SERVER_DEFAULT_VISUAL_CLASS 整数 デバイス依存 0...5
DECW$SERVER_DENSITY 整数 100 75,100
DECW$SERVER_DISABLE_BACKING_STORE 論理値 False  
DECW$SERVER_DISABLE_SAVE_UNDER 論理値 False  
DECW$SERVER_DISABLESCREEN 整数   0...15
DECW$SERVER_DISABLE_TEST 論理値 False  
DECW$SERVER_DUMP 論理値 False  
DECW$SERVER_EDGE_BOTTOM 整数リスト    
DECW$SERVER_EDGE_LEFT 整数リスト    
DECW$SERVER_EDGE_RIGHT 整数リスト    
DECW$SERVER_EDGE_TOP 整数リスト    
DECW$SERVER_ENABLE_ACCESSX 整数 0 0,1
DECW$SERVER_ENABLE_KB_AUTOREPEAT 論理値 True  
DECW$SERVER_ENABLESCREEN 整数   0...15
DECW$SERVER_ENQUEUE_LIMIT 整数 付録 A を参照  
DECW$SERVER_ERROR_LOG_TO_KEEP 整数 2  
DECW$SERVER_ERROR_THRESHOLD 整数 10  
DECW$SERVER_EXTENSIONS 文字列リスト XIE,DEC-XTRAP,MULTI-BUFFERING,SEC_XAG  
DECW$SERVER_FILE_LIMIT 整数 200  
DECW$SERVER_FONT_CACHE_SIZE 整数 0  
DECW$SERVER_FONT_CACHE_UNIT 整数 128  
DECW$SERVER_KEYCLICK_VOLUME 整数 0 0...100
DECW$SERVER_KEY_REPEAT_DELAY 整数 660 0...1000
DECW$SERVER_KEY_REPEAT_INTERVAL 整数 40 0...1000
DECW$SERVER_MOUSE_ACCELERATION 整数 2 0..2
DECW$SERVER_MOUSE_THRESHOLD 整数 4  
DECW$SERVER_ONLYSCREEN 整数   0...15
DECW$SERVER_PAGE_FILE 整数 付録 A を参照  
DECW$SERVER_PRIORITY 整数 6 1...15
DECW$SERVER_SCALE_BITMAP_FONTS 論理値 False  
DECW$SERVER_SCREENS 文字列リスト    
DECW$SERVER_SCREEN_SAVER_INTERVAL 整数 600  
DECW$SERVER_SCREEN_SAVER_PREFER_BLANKING 論理値 True  
DECW$SERVER_SCREEN_SAVER_TIMEOUT 整数 600  
DECW$SERVER_TRANSPORTS 文字列リスト    
DECW$SERVER_WSDEF 整数 付録 A を参照  
DECW$SERVER_WSEXTENT 整数 付録 A を参照  
DECW$SERVER_WSQUOTA 整数 付録 A を参照  
DECW$SERVER_XAUTHORITY 文字列    
DECW$SERVER_XKEYBOARD_COMPILED_DIR 文字列 SYS$COMMON: [SYS$KEYMAP.XKB .COMPILED]  
DECW$SERVER_XKEYBOARD_DIRECTORY 文字列 DECW$SYSCOMMON: [SYS$KEYMAP.XKB]  
DECW$SERVER_XKEYBOARD_LOAD_MAP 整数 0 0,1
DECW$SERVER_XKEYBOARD_MAP 文字列 DIGITAL_US_LK201  
DECW$START_FONT_SERVER 論理値   False
DECW$XPORT_SYNC_TIMEOUT 整数 30000  

以降の項では, 表 3-1 に示したすべてのパラメータの定義と例を示します。

DECwindows のスタートアップ・プロセス内で,ディスプレイ・サーバが独立プロセスとして起動されます。通常は,サーバ・プロセスに割り当てられるデフォルトの制限値で十分です。ただし,場合によっては,特定のパラメータを増やさなくてはならないことがあります。 DECW$PRIVATE_SERVER_SETUP.COM でシンボルを定義することで,サーバ・プロセスの制限値を調整することができます。

たとえば,以下の場合に制限値を増やす必要があります。

  • 大量のメモリの使用 -- これは,大きなピクスマップを多数使用するアプリケーションの実行によって起こります。
    大量にメモリを使用する環境向けに調整するには, DECW$SERVER_PAGE_FILE に割り当てられた値を増やします。これにより,サーバ・プロセスの PGFLQUOTA が調整されます。このパラメータは,システム・パラメータ VIRTUALPAGECNT とシステム・ページ・ファイルのサイズによって制限される点に注意してください。また,DECW$SERVER_WSDEF と DECW$SERVER_WSQUOTA の値を増やすことも検討してください。

  • 多数のフォントの同時利用 -- 参照されているフォント・ファイルのうち,フォント・キャッシュが有効になっているものは,そのフォントを参照しているすべてのクライアント・アプリケーションが終了するまで開かれたままになります。
    この状況に合わせて調整するには,DECW$SERVER_FILE_LIMIT の値を増やします。この値は,同時にアクティブになる可能性があるクライアント・アプリケーションのあらゆる組み合わせで使用されるフォントの合計数よりも大きくする必要があります。

  • 頻繁に要求を行うアプリケーション --  クライアント・アプリケーションによっては,X ディスプレイ・サーバからの応答が不要な要求を連続的に送るものがあります。これらの要求により,他のアプリケーションに割り当てられる処理時間に影響がでることがあります。これにより,ウィンドウ・マネージャなどの他のアプリケーションの動作が遅くなることがあります。
    応答時間を改善するには,DECW$SERVER_PRIORITY の値を変更することで,ディスプレイ・サーバ・プロセスの優先順位を調整します。

  • 多数のアプリケーションの同時使用 --  多数のクライアント・アプリケーションが同じディスプレイ・サーバに同時に接続される場合は,ネットワーク・トランスポート用にサーバのリソースの追加が必要になる場合があります。

DECwindows ディスプレイ・サーバのチューニングについての詳細は, 付録 A を参照してください。

DECW$SERVER_PRIORITY

DECW$SERVER_PRIORITY パラメータは,ディスプレイ・サーバ・プロセスの優先順位を制御します。このパラメータを使用すると,サーバ・プロセスの優先順位を下げることができ,大量の要求によって応答時間が長くなる状況でのシステムの性能を改善することができます。

サーバ・プロセスの最適な優先順位を推定します。有効な値は 1 (低い) から 15 (高い) です。最善の結果を得るには,中間値 4,5,または 6 (デフォルト) を使用することをお勧めします。優先順位を下げすぎると,入力デバイスの反応 (キーボードやマウスの動作) が悪くなります。

次のシンボル定義は,DECwindows のディスプレイ・サーバに優先順位 4 を割り当てています。



$ DECW$SERVER_PRIORITY == "4"

DECW$SERVER_WSDEF

このパラメータは, DECwindows のディスプレイ・サーバ・プロセスに適用するプロセス・リミット (ページレット単位) を定義します。 DECW$SERVER_WSDEF の値が DECW$SERVER_WSQUOTA よりも大きいと, DECW$SERVER_WSQUOTA の値が適用されます。ワーキング・セット・サイズを決定する方法については,『Guide to OpenVMS Performance Management』を参照してください。

次の論理名定義は,5000 ページレットのワーキング・セット・サイズを DECwindows ディスプレイ・サーバに割り当てています。



$ DEFINE DECW$SERVER_WSDEF 5000

DECW$SERVER_WSQUOTA

このパラメータは,DECwindows サーバに割り当てることができる最大の物理メモリ量 (ワーキング・セット) を定義します。ワーキング・セット・サイズの決定方法についての詳細は,『Guide to OpenVMS Performance Management』を参照してください。

次の論理名定義は,DECwindows サーバに割り当てる最大ページレット数として 10000 を指定します。



$ DEFINE DECW$SERVER_WSQUOTA 10000

DECW$SERVER_WSEXTENT

このパラメータは,DECW$SERVER_WSDEF によって割り当てられる領域よりも多くの領域が DECwindows ディスプレイ・サーバで必要な場合に,物理メモリの絶対的な上限を定義します。 DECwindows サーバに対して割り当てるページレットの総数は, DECW$SERVER_WSQUOTA を超えても構いません (追加のページレットが使用可能な場合は最大 DECW$SERVER_WSEXTENT の値まで)。ワーキング・セット・サイズの決定方法についての詳細は,『Guide to OpenVMS Performance Management』を参照してください。

次の論理名定義は,必要に応じて DECW$SERVER_WSQUOTA を超えない範囲で, DECwindows サーバに 20000 ページレットを割り当てます。



$ DEFINE DECW$SERVER_WSEXTENT 20000

DECW$SERVER_PAGE_FILE

このパラメータは,DECwindows ディスプレイ・サーバが使用できる最大の仮想メモリ量 (ページレット単位) を定義します。

次の論理名定義は,ページ・ファイルのサイズを 1000000 ブロックに増やします。



$ DEFINE DECW$SERVER_PAGE_FILE 1000000

DECW$SERVER_FILE_LIMIT

このパラメータは,サーバが同時にオープンできるファイルの最大数を定義します。また,最大同時クライアント接続数も表します。デフォルトは 200 ファイルです。

次の論理名定義は,サーバがオープンできるファイルの最大数を 275 に増やします。



$ DEFINE DECW$SERVER_FILE_LIMIT 275

DECW$SERVER_ENQUEUE_LIMIT

このパラメータは,プロセス間でリソース (特にファイル) を共有するために使用する未処理ロックの最大数を定義します。デフォルトは 512 ロックです。

次の論理名定義は,未処理ロック・リミットをデフォルトの倍の 1024 ロックに増やします。



$ DEFINE DECW$SERVER_ENQUEUE_LIMIT 1024


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項