日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共有データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:アプリケーションのトランスレート
第 10 章: ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージの間の相互操作性の確認
第 11 章:OpenVMS Alpha コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha へのアプリケーションの移行


目次 索引

W
WRITE文
    LINAGE文との使用
アーキテクチャ
    依存する
あいまいな例外報告
アクセス・モード
    内部
アセンブリ言語
    Alpha上での性能
    システム・スービスによる置換
アプリケーション
    基準となる結果の設定
    サイズ
    使用される言語
    のサイズ
    の分析
アプリケーションの基準となる結果
    の設定
アプリケーションの分析
アラインされていない
    データ #1
    データ #2
    変数
アラインされていないデータ
    性能の減少
    性能の低下による
アラインメント
    データ・アラインメントを参照 #1
    データ・アラインメントを参照 #2
移行
    簡便
    サード・パーティ・プロダクト
    特権付きコード
    方法の選択
    ユーザ・モード・コード #1
    ユーザ・モード・コード #2
移行ツール
移行の計画 #1
移行の計画 #2
移行の方式
    ユーザ・モード・コードのための
移行方法
    
    選択 #1
    選択 #2
    の比較
    プログラム・アーキテクチャの依存
移行方法の選択 #1
移行方法の選択 #2
移植性
    互換性を参照
一般的な条件処理サポート・ルーチン
    LIB$DECODE_FAULT
    LIB$ESTABLISH
    LIB$MATCH_COND
    LIB$REVERT
    LIB$SIGNAL
    LIB$SIG_TO_RET
    LIB$SIG_TO_STOP
    LIB$SIM_TRAP
    LIB$STOP
移動
    符号付きデータ項目
        サイズへの配慮
    符号なしデータ項目
        サイズへの配慮
イメージ
    作成
    トランスレートされた
        作成
        条件処理
        ネイティブなAlphaイメージとの置換
        不可分性の保証
        リンク操作での使用
イメージ・インフォメーション・ファイル(IIF)
    IIFを参照
イメージ・インフォメーション・ファイル(IIF)
    Alphaソフトウェアで提供される #1
    Alphaソフトウェアで提供される #2
インクルード・ファイル
    Cプログラムのための
インターロック命令
エグゼクティブ・イメージ
    スライシング
エディタ
    Alpha で変更されない
オーバーフローの通知
書き込み可能なグローバル・セクション
仮想アドレスの操作
画面のフォーマッティング
記憶形式の違い
    倍精度データ
記憶形式の問題
    アーキテクチャの違いによる
機械語の作成
共有可能イメージ
    識別
    特権付き
    トランスレートされた
    トランスレートされたイメージとネイティブ・イメージの置換
共有データ
    不可分性の
    無意識に共有される
共用イメージ
    リンカ・オプション・ファイル変更要求
共用可能イメージ
    呼び出し
        違い
疑似コード・プレースホルダ
    DEC COBOLでサポートされない
クォドワード粒度
クラッシュ
    分析
グローバル・シンボル・テーブル
    GSTを参照
グローバル・シンボル・テーブル (GST)
グローバル・セクション
    アライメント
    書き込み可能な
    の作成
    マッピング
言語,プログラミング
    プログラミング言語を参照
コーディング
    アーキテクチャの違いに基づいた
コード移行の管理
コード管理システム (Code Management System)
    CMSを参照
コードの確認
コードの評価
    チェックリスト
コール・フレーム
    内容の解釈
コマンド行修飾子 #1
コマンド行修飾子 #2
    DEC COBOLのみ(表)
    VAX COBOLのみ(表)
コマンド・プロシージャ
コンパイラ
    Alphaシステム上での利用
    Alpha上で提供されている
    Alphaで使用可能な
    BLISS
    LIB$ESTABLISHルーチンの使用
    PALcodeビルトイン
    VAXシステムとAlphaシステム上のコンパイラ間での互換性
    VAXに依存している修飾子
    アーキテクチャの違い
    オプション
        例外報告
    が作成したメッセージ
    最適化
    修飾子
    違い
    データ
    ネイティブなAlpha #1
    ネイティブなAlpha #2
    ネイティブなAlpha #3
    粒度の指定
コンパイラ・リスティング・ファイル
    ソース行の複数のインスタンス
    分割コンパイル
コンパイル
    コマンド
コンパイル・プロシージャ
互換性
    OpenVMS VAXとOpenVMS Alpha
    ORGANIZATION INDEXEDファイル,読み込み
    固定長レコード
    コンパイラにより指定された粒度
    トランスレーションによる
    トランスレーションの使用による
    ネイティブなAlphaイメージとトランスレートされたイメージの混在
    ファイルの互換性
サード・パーティ・プロダクト
    の移行
再コンパイル
    アーキテクチャ依存の影響
    エラーの解決
    コマンドの変更
    制限事項
    トランスレーションとの比較 #1
    トランスレーションとの比較 #2
    ネイティブな Alpha イメージの作成 #1
    ネイティブな Alpha イメージの作成 #2
最適化
    プログラム構造との関係
最適化された
    コンパイラ
最適化されたコード
再リンク
    コマンドの変更
    ネイティブな Alpha イメージの作成
算術演算
    ライブラリ
        互換性
    例外
        サポート・ルーチン
            LIB$DEC_OVER
            LIB$FIXUP_FLT
            LIB$FLT_UNDER
            LIB$INT_OVER
算術演算例外
    正確な
        VEST修飾子
    即時報告
    報告
シグナル・アレイ
    形式
    明示的な依存
システム
    サービス
        $CRETVA
        $CRMPSC
        $DELTVA
        $LCKPAG
        $LKWSET
        $MGBLSC
        $UPDSEC
システム空間
    アドレスの参照
    アドレスのを参照
    アドレスを参照する
システム・コード・デバッガ
    デバッガも参照
システム・サービス
    Alphaでの異なる動作
    $CMEXEC
    $CMKRNL
    $CREPRC
    $CRETVA
    $CRMPSC #1
    $CRMPSC #2
    $CRMPSC #3
    $CRMPSC #4
    $DELTVA
    $DEQ #1
    $DEQ #2
    $ENQ #1
    $ENQ #2
    $EXPREG
    $GETJPI
    $GETQUI
    $GETSYI #1
    $GETSYI #2
    $GETUAI
    $LCKPAG
    $LKWSET
    $MGBLSC #1
    $MGBLSC #2
    $PURGWS
    $SETAST
    $SETPRT
    $SETUAI
    $SNDJBC
    $ULKPAG
    $ULWSET
    $UPDSEC
    VAX MACROコードの置換
    解説書に記述されていない
    非同期
    メモリ管理
    メモリ管理機能
        ページ・サイズへの依存
    ユーザ作成の
    呼び出しインタフェースの無変更
システム・シンボル・テーブル (SYS.STB)
    に対するリンク
システム・ダンプ・ファイル
    分析
システムの戻りコード, 違い
    規則違反のコーディング
システム・ライブラリ
    に対するコンパイル
システムワイド論理名
自然にアラインされたデータ
出力ファイル
    表示
    フォーマッティング
初期化されていない変数
処理ハンドラ
    動的に設定
診断メッセージ機能
    VEST
    コンパイラ
シンボル
    再定義
        DEC C のVAX Cとの互換性
シンボル・インフォメーション・ファイル (SIF)
    形式
シンボル・インフォメーション・ファイル (SIF)
    使用方法
シンボル・ベクタ
    Alphaシステムでのユニバーサル・シンボルの宣言
    レイアウトの制御
実行時に作成されるVAX命令
実行時ライブラリ・ルーチン
    D56形式へのアクセス
実行スレッド
    同期に関する影響 #1
    同期に関する影響 #2
自動変更コード
ジャケット・ルーチン #1
ジャケット・ルーチン #2
    自動的に作成される
    代用イメージの作成
条件コード
    識別
条件処理
    Alphaシステム
    アラインメント・フォルトの報告
    オーバーフローの通知
    算術演算例外
    シグナル・アレイ形式
    条件コード
    条件ハンドラ
        指定
    条件ハンドラの作成
    トランスレートされたイメージと
    ハードウェア例外処理
    メカニズム・アレイ形式
    ランタイム・ライブラリ・サポート・ルーチン
条件付きコンパイル指示文
    DEC C と VAX C との相違点
条件ハンドラ
    動的な設定 #1
    動的な設定 #2
    動的な設定 #3
    動的なハンドラの設定


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡