日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共有データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:アプリケーションのトランスレート
第 10 章: ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージの間の相互操作性の確認
第 11 章:OpenVMS Alpha コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha へのアプリケーションの移行


目次 索引

R
Rdb/VMS
    Alpha上での同じ機能
Record Management Services
    RMSを参照
REMQUEx命令(VAX)
REPLACE文
    ソース行の複数のインスタンスのリスティング
    違い
        OpenVMS Alpha上のDEC COBOL
        OpenVMS Alpha上のDEC COBOL (例)
        VAX COBOL
        VAX COBOL (例)
        行番号
            OpenVMS Alpha上のDEC COBOL (例)
            VAX COBOL (例)
        コンパイラ・リスティング・ファイル内の行番号
/RESERVED_WORDS修飾子
    DEC COBOLのサポート
retadr引数
    $CRETVAシステム・サービスとの使用
    $CRMPSCシステム・サービスとの使用
    $EXPREGシステム・サービスとの使用
RISCアーキテクチャ
    特性
RMS (Record Management Services)
    Alpha で変更の無い
RMS特殊レジスタ
    RMS_CURRENT_STS
    RMS_CURRENT_STV
    RMS_STS #1
    RMS_STS #2
    違い
S
/SEPARATE_COMPILATION修飾子
    およびプログラム・リスティング
$SETAST システム・サービス
$SETPRT システム・サービス
$SETUAI システム・サービス
SIF (シンボル・インフォメーション・ファイル)
    形式
    使用方法
$SNDJBC システム・サービス
SS$_ALIGN
    シグナル・アレイ形式
SS$_HPARITH
    シグナル・アレイ形式
SS$_INVARG例外
    マッピング・メモリ
    マッピング・メモリ時の戻り
/STANDARD=OPENVMS_AXP修飾子オプション
    使用
        VAX COBOLプログラムでの
/STANDARD=OPENVMS_AXP修飾子オプション
    省略時の値
/STANDARD修飾子
    DEC COBOLのサポート
Store conditional命令 (STxC)
Symbol information files
    SIFを参照
SYMBOL_VECTOR
    相互操作性の考慮
SYS$LIBRARY:LIB
    に対するコンパイル
SYS$STARLET_C.TLB
    .Hファイルの提供
    LIB構造体上に潜在する影響
    RMS構造体上に潜在する影響
    STARLETSD.TLBに相当する機能
    "variant_struct"と"variant_union"の使用上の影響
    表記規則の固守
SYS.STB
    に対するリンク #1
    に対するリンク #2
SYS$UNWINDルーチン
SYSGEN (System Generation utility)
    System Generation ユーティリティを参照
SYSMAN (System Management utility)
    System Management ユーティリティを参照
System Dump Analyzerユーティリティ(SDA)
    OpenVMS Alpha
System Generation ユーティリティ(SYSGEN)
    デバイス構成機能
System Management ユーティリティ(SYSMAN)
    デバイス構成機能
T
TESTBITCCI命令
TESTBITSSI命令
TIE$EMULAT_TV.EXEイメージ
TIE$SHARE共有イメージ
TIE (Translated Image Environment) #1
TIE (Translated Image Environment) #2
TIE (Translated Image Environment) #3
TIE (Translated Image Environment) #4
    アクセス違反回避方法
    システム論理名
    自動起動
    自動ジャケットを有効にするための/TIE修飾子の使用
    制限事項
    説明
    統計とフィードバック
    トランスレートされたイメージの実行
    ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージ間の相互操作性
/TIE修飾子
    Digital Fortran for OpenVMS Alphaサポート
    コンパイラ相互操作性修飾子
/TIE修飾子
    DEC COBOLのサポート
TRAPB命令
    DEC C でのアクセス
U
$ULKPAG システム・サービス
$ULWSET システム・サービス
$UPDSEC システム・サービス #1
$UPDSEC システム・サービス #2
V
"variant_struct"
    SYS$STARLET_C.TLBの影響
"variant_union"
    SYS$STARLET_C.TLBの影響
VAX
    命令
        CALLx
        JSB #1
        JSB #2
        インタプリタ
VAX Ada
    DEC Adaを参照
VAX C
    DEC Cを参照
VAX COBOL
    DEC COBOLでサポートされない機能
    コマンド行修飾子
        詳細
        新規
        新規(表)
    最新の製品情報
        検索場所
VAX Environment Software Translator
    VEST を参照 #1
    VEST を参照 #2
VAX FORTRAN
    DEC Fortran for OpenVMS VAXを参照
VAX MACRO
    LIB$ESTABLISH ルーチン
    OpenVMS Alphaシステムへの再コンパイル
    移行の補助手段
    コンパイルされた言語としての
    システム・サービスによる置換
VAX Pascal
    DEC Pascalを参照
VAXCDEF.TLB
    新しいファイルによる変更
VAX MACRO-32 コンパイラ
    移行補助手段としての
VAX SCAN コンパイラ
VAXアーキテクチャ
    依存する
    一般的な説明
    レジスタ・セットの違い
VAX依存部分チェックリスト
VAX 命令
    DEC Cからのアクセス
    PALcodeでサポートされる
    インターロック命令
        DEC Cでのサポート
    実行時作成 #1
    実行時作成 #2
    実行時に作成される
    性能の減少
    特権付き命令
    動作の信頼性
        性能の低下による
    の動作への明示的な依存
    の変更
    ベクタ命令
VAX 命令の実行時作成 #1
VAX 命令の実行時作成 #2
VAX 呼び出し規則
    への依存
ヒープ・アナライザ
Version 2.3 -- 新規
    RMS特殊レジスタ
VEST/DEPENDENCY分析ツール #1
VEST/DEPENDENCY分析ツール #2
VEST (VAX Environment Software Translator) #1
VEST (VAX Environment Software Translator) #2
VEST (VAX Environment Software Translator) #3
VEST (VAX Environment Software Translator) #4
    DECmigrate,Translated Image Environment(TIE),トランスレートされたイメージのサポートも参照
    /FLOAT=D53_FLOAT修飾子
    /FLOAT=D56_FLOAT修飾子
    /OPTIMIZE=ALIGNMENT修飾子 #1
    /OPTIMIZE=ALIGNMENT修飾子 #2
    /OPTIMIZE=NOALIGNMENT修飾子
    /PRESERVE=FLOAT_EXCEPTIONS修飾子 #1
    /PRESERVE=FLOAT_EXCEPTIONS修飾子 #2
    /PRESERVE=INSTRUCTION_ATOMICITY修飾子 #1
    /PRESERVE=INSTRUCTION_ATOMICITY修飾子 #2
    /PRESERVE=INTEGER_EXCEPTIONS修飾子 #1
    /PRESERVE=INTEGER_EXCEPTIONS修飾子 #2
    /PRESERVE=MEMORY_ATOMICITY修飾子 #1
    /PRESERVE=MEMORY_ATOMICITY修飾子 #2
    /PRESERVE=READ_WRITE_ORDERING修飾子
    /PRESERVE修飾子 #1
    /PRESERVE修飾子 #2
    VAXシステムとAlphaシステムで実行される
    VAX命令の作成
    可能性
    検出ツールとしての
        制限事項
    シンボル・インフォメーション・ファイル(SIF)の使用
    代用イメージの作成
    相互操作性
    とページ・サイズ
    必要な資源
    分析機能
    分析ツールとしての
/VFC修飾子
VFU CHANNEL出力
VMS Mathematics (MTH$)ランタイム・ライブラリ
    互換性
Volatile属性
    DEC Cによるサポート
    共有データの保護 #1
    共有データの保護 #2


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡