日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共有データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:アプリケーションのトランスレート
第 10 章: ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージの間の相互操作性の確認
第 11 章:OpenVMS Alpha コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha へのアプリケーションの移行


目次 索引

E
$ENQ システム・サービス #1
$ENQ システム・サービス #2
$EXPREG システム・サービス
    Alphaシステム上のメモリの割り当て
    コード例
F
/FLOAT
    浮動小数点形式の指定
/FLOAT=D53_FLOAT
/FLOAT=D56_FLOAT
/FLOAT修飾子
    DEC COBOLのサポート
デザイン・コメント
    DEC COBOLでサポートされない
Fortran
    /CHECK修飾子
    トランスレートされたイメージに必要な修飾子
freeルーチン
    メモリの割り当て
G
$GETJPI システム・サービス
$GETQUI システム・サービス
$GETSYI システム・サービス #1
$GETSYI システム・サービス #2
    システム・ページ・サイズの確認
    ホスト・アーキテクチャの判断
$GETUAI システム・サービス
GST
G浮動小数点データ型 #1
G浮動小数点データ型 #2
H
HW_MODELキーワード
    ホスト・アーキテクチャの判断
.Hファイル
    SYS$STARLET_C.TLBからDECthreadsサポートへ
    SYS$STARLET_C.TLBにより提供される
H浮動小数点データ型 #1
H浮動小数点データ型 #2
H浮動小数点データ型 #3
H浮動小数点データ型 #4
H浮動小数点データ型 #5
I
IEEE データ型
    リトル・エンディアン
IEEE浮動小数点
    DEC Cでの指定
IEEE浮動小数点データ型
    DEC Adaによりサポートされる
IIF (image information files)
    Alphaソフトウェアで提供される #1
    Alphaソフトウェアで提供される #2
inadr引数
    $CRETVAシステム・サービスとの使用
INSQUEx命令(VAX)
    DEC Cからのアクセス
Interrupt priority level
    IPLを参照
IPL (interrupt priority level)
    Alphaでの保持
    高度の
J
Jacketルーチン
    非標準呼び出しで作成された
JSB VAX命令 #1
JSB VAX命令 #2
L
Language Sensitive Editor (LSE)
    Program Design Facility(PDF)
        DEC COBOLでサポートされない
$LCKPAG システム・サービス #1
$LCKPAG システム・サービス #2
LIB$DECODE_FAULT
LIB$DEC_OVER
LIB$ESTABLISH ルーチン #1
LIB$ESTABLISH ルーチン #2
LIB$ESTABLISH ルーチン #3
LIB$ESTABLISH ルーチン #4
LIB$ESTABLISH ルーチン #5
LIB$ESTABLISH ルーチン #6
    Alphaシステムでのサポート
LIB$FIND_IMAGE_SYMBOLルーチン
LIB$FIXUP_FLT
LIB$FLT_UNDER
LIB$FREE_VM_PAGEルーチン
    ページ・サイズへの依存
LIB$GET_VM_PAGEルーチン
    ページ・サイズへの依存
LIB$INT_OVER
LIB$MATCH_CONDルーチン #1
LIB$MATCH_CONDルーチン #2
LIB$REVERT ルーチン #1
LIB$REVERT ルーチン #2
LIB$REVERT ルーチン #3
LIB$SIGNAL
LIB$SIG_TO_RET
LIB$SIG_TO_STOP
LIB$SIM_TRAP
LIB$STOP
LINAGE句
    違い
        WRITE文の使用
        大きな値の扱い
LINAGE文
    違い
Linker ユーティリティ
    /BPAGEオプション
    /NONATIVE_ONLYオプション
    ファイル変更オプション
$LKWSET システム・サービス #1
$LKWSET システム・サービス #2
    ページ・サイズへの依存
Load locked命令 (LDxL)
M
MACRO--32コンパイラ
MACRO--64アセンブラ
MACROコードの置換
mallocルーチン
    メモリの割り当て
MB命令
    DEC Cからのアクセス
/MEMBER_ALIGNMENT修飾子
    DEC Cでのデータ・アラインメントの制御
$MGBLSC システム・サービス #1
$MGBLSC システム・サービス #2
$MGBLSC システム・サービス #3
MMS (Module Management System) #1
MMS (Module Management System) #2
MOVE文
    違い
        符号付きデータ項目の参照
        符号なしデータ項目の参照
    違い (例)
MTH$ RTL
    トランスレートされた
    トランスレートされたイメージにより呼び出された倍精度浮動小数点関数
MTH$ルーチン
    互換性
N
/NATIVE_ONLY修飾子 #1
/NATIVE_ONLY修飾子 #2
    相互操作性
O
OpenVMS Alphaオペレーティング・システム
    互換性の目的
    診断メッセージ機能
/OPTIMIZE=ALIGNMENT
/OPTIMIZE修飾子
    プログラム中の
OTS$CALL_PROC RTLルーチン
    コールバックを可能にする
P
PALcode (privileged architecture library)
PC #1
PC #2
    Alphaシステム上のシグナル・アレイ内の
    変更
PCA (Performance and Coverage Analyzer)
    アラインされていないデータの検出 #1
    アラインされていないデータの検出 #2
    イメージの実行
    性能に大きな影響を与えるイメージの識別
pcc
    DEC C互換性モードとしてサポートされる
クラッシュ・ログ・ユーティリティ・エクストラクタ (CLUE)
PDP-11互換モード
Performance and Coverage Analyzer
    PCAを参照
#PRAGMA NO_MEMBER_ALIGNMENT
/PRESERVE=FLOAT_EXCEPTIONS
    TIE条件ハンドラに必要なトランスレーション修飾子
/PRESERVE=INSTRUCTION_ATOMICITY
/PRESERVE=INTEGER_EXCEPTIONS
/PRESERVE=MEMORY_ATOMICITY
/PRESERVE=READ_WRITE_ORDERING
Privileged architecture library
    PALcodeを参照
Procedure signature blocks
    PSBを参照
Program counters
    PCを参照
PS
PSBの作成
PSL
PSL (Processor status longwords)
    Alphaシステム上のシグナル・アレイ内の
PSW #1
PSW #2
$PURGWS システム・サービス


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項